Jeremy のことが知りたくて ~ ジェレミー・ブレット(Jeremy Brett)を愛するかたへ

英グラナダ・テレビでシャーロック・ホームズを演じた俳優の人生を言祝いで

The Secret of Sherlock Holmesの第一幕の音声が3つのパートにわかれてYouTubeにあることは、ご存知の方も多いでしょう。こちらが第一幕のパート1です。


第二幕の音声はずっと聴くことができなかったのですが、Jeremy Brett InformationのRebeccaがアップロードしてくれました。第一幕も第二幕もこのページで聴くことができますし、右クリックでダウンロードもできます。
http://www.jeremybrett.info/st_holmes.html

個人的な使用に限ってどうぞお楽しみください。第一幕が開くと、バイオリンの音に続いてWatson (Edward) の独白がはじまります。Jeremy Paulによるシナリオは米アマゾンで購入できます。
http://www.amazon.com/dp/0887347088



The Northern Musgraves Sherlock Holmes Societyが発行した機関誌、「The Ritual」の1995年秋号は、Jeremyの追悼号です。ここにEdwardが書いている文章の一部を引用します。The Secret of Sherlock Holmesに出演することになった時のEdwardの気持ちが書いてあります。

I remember that before we started to rehearse The Secret of Sherlock Holmes I went to the phone several times with the intention of telling Jeremy that I couldn't do it - I hadn't been on a stage for several years and found the idea of two-handed play somewhat daunting. In fact I never picked up the phone. I knew Jeremy wouldn't hear of it.

Jeremy was always positive, optimistic and so encouraging. It was much the same when I joined the series after David had left. It must have been a very difficult time for Jeremy, but you would never have guessed. His concern and care were overwhelming.

[...]

I owe him a great deal. I shall miss him.

「The Secret of Sherlock Holmesのリハーサルがはじまる前に、『僕にはできない』とJeremyに電話しようと何度も思った。もう何年も舞台にたっていないし、二人芝居ということに少しおじけづいていた。でも結局電話しなかった。Jeremyは聞き入れないことがわかっていたから。

Jeremyはいつも前向きで楽観的で、まわりの人を元気づけてくれた。グラナダ・シリーズでDavidが抜けた後に僕がはいった時もそうだった。Jeremyにとっても、ひどく困難な時だったはずなのに、彼がどれほどの心遣いを示してくれたことか。

僕はJeremyに感謝してもし尽くせない。Jeremyがいなくなって寂しくなる。」



Edwardはいつも率直で謙虚で、Jeremyへの友情と感謝を語ってくれました。Edwardに手紙を書いて返事をもらった人が、フォーラムで一部を見せてくれたことがありました。便箋にかなりぎっしりと書かれた返事のなかで、Jeremyとグラナダシリーズへの気持ちを書いてくれているのです。そうやって一人一人に返事を書いているEdwardを想像して、Edwardのことがさらに好きになりました。

RM
The Sherlock Holmes Society of Londonのウェブサイトに、Edwardの追悼記事が載りました。
http://www.sherlock-holmes.org.uk/press_cutting.php?id=256

一部を引用します。

As Jeremy Brett's health deteriorated and his own performance became erratic, Edward Hardwicke sometimes seemed to be the one fixed point in the series, the anchor that saved it, usually, from its own eccentricities.

Jeremyの健康状態が悪くなって演技に影響するようになった後期、Edwardはグラナダ・シリーズにおいて、the one fixed point(動かない点)であり、シリーズを守る錨のようだった、と書いています。

the one fixed pointという言葉は多分、ドイルの「His Last Bow (最後の挨拶)」の中の最後のシーンでホームズがワトスンに言う、"Good old Watson! You are the one fixed point in a changing age."(「相かわらずだねえ、ワトスン君は。時代は移ってゆくけれど、君はいつまでも同じだ。」延原謙訳)というせりふから来ているのだと思います。これは、ワトスンと、引退後のホームズが久しぶりに会って、「しばらくはむつまじく語りつづけていた」後に、ホームズがワトスンに言うものです。しばらくぶりに会った友人への、ホームズ流の感謝と友情のこもった言葉のように感じます。

Jeremyの精神状態や演技が揺れ動いても、そこにいてきちんと受け止めてくれたEdward。JeremyもEdwardがthe one fixed pointであったことをちゃんと知っていたはずです。ホームズにとってワトスンがそうであったように、Edwardは最良の友人だと言っていたのですから。

今は二人にありがとうと言うこと以外には考えられません。

RM
Edwardを偲んで書き始めたのが、こんなに続くとは思っていませんでした。特にはじめの数回は、書くことでなぐさめられ、読んでくださる方がいらっしゃることでなぐさめられたと感じています。ありがとうございました。



以前、葉月さんとりえさんのブログのコメント欄にも書いた、グラナダ・シリーズの番外編の2つのビデオをご紹介します。どちらもEdwardが素敵なのです(そしてもちろんJeremyも素敵です)。

一つ目は失敗シーンです。いつみても声をあげて笑ってしまいます。Edwardの顔と、Jeremyの顔をどうぞご覧ください。

RARE OUTTAKE - Disappearance of Lady Carfax


二つ目のクリップでは「This is your Life」という番組の司会者が、Edwardをこの番組に招待するためにグラナダ・シリーズの撮影現場に潜入します。ホームズの撮影中におこなうその招待場面も含めて番組中で放映する目的で、密かにカメラがまわっています。撮影中に台本にはないことがおこるわけです。Jeremyをはじめとして皆が秘密を守っていて、Edwardだけが知りません。

This is your Life


Jeremyがやさしく微笑んでいて、スタッフと笑みをかわすのがみえます。Edwardもいつもながらあまり表情にださないけれどもびっくりしてちょっとうれしそうで、ちょっと照れくさそうです。撮影現場のよい雰囲気を感じることができます。この時のことを書いた文章をJeremyの追悼特集記事の中にみつけました。後日書き写そうと思います。Jeremyはその日の長い撮影の最後で疲れていたけれども、その余分な撮影をEdwardのために続けた、JeremyがEdwardをとても好きで大切に思っていたのが、はたでみていてもわかった、とその人は書いていました。

RM

(追記)Jeremy Paulの追悼記事がThe Guardianのウェブサイトにアップロードされました。やはりJeremyの奥様のJoanと同じ、膵臓ガンだったそうです。

仕事上の業績以外に、お母様は女優のJoan Haythorneであること(彼女はJeremyのはじめての映画、Svengali (1954) に出演しています)、奥様の女優のPatricia Garwoodとは、彼女が18歳で「ピーター・パン」の劇中のウェンディを演じた時に知り合ったこと、クリケットが好きだったこと、4人のお嬢さんがいて、家族を大切にしたことなども知ることができて、丁寧にこころをこめて書かれた追悼記事だと思います。演劇評論家が書いていますので、個人的にも知り合いだったのではないでしょうか。よい追悼記事が書かれたことを喜びたいと思います。写真もとてもよいものが使われています。
http://www.guardian.co.uk/tv-and-radio/2011/may/25/jeremy-paul-obituary
BBCが制作した、現代に舞台をうつしたドラマ「Sherlock」が、2つの部門でBAFTAを受賞しました。
Sherlock wins two trophies at Bafta TV Awards
http://www.bbc.co.uk/news/entertainment-arts-13468256

その一つは助演男優賞です。Watsonを演じたMartin Freemanの受賞が決まった時のビデオがこちらです。
Sherlock Holmes actor Martin Freeman wins Bafta
http://www.bbc.co.uk/news/entertainment-arts-13495014

私は先々週の日曜日に「Sherlock」をみました。まだ第一話(A Study in Pink)だけですが、とても面白かったです。この世界は現代であり、しかも「Sherlock Holmes」「Doctor Watson」と名乗る人がいても誰も笑い出さない、いわばパラレル・ワールド。その世界で、私たちの誰もが知っている(と思っている)SherlockとJohnが何を感じ、何をするのだろう。

私は第一話に限っていえば、John Watsonを演じたMartin Freemanにひかれました。Sherlock Holmesはまだ今のところ、私には何者かわかっていない感じです。そしてそれは多分第一話をみる限りでは正しくて、Johnが「こいつは何者だろう」と思いながらもひかれていくのと同時並行の過程なのだと思います。

そのMartin FreemanがEdward Hardwickeに言及し、Edwardをたたえてくれました。

FREEMAN HONOURS LATE SHERLOCK HOLMES STAR HARDWICKE
http://www.express.co.uk/posts/view/248367/Freeman-honours-late-Sherlock-Holmes-star-Hardwicke
Sherlock star Benedict Cumberbatch set for Hobbit role
http://www.bbc.co.uk/news/entertainment-arts-13496401

(bbc.co.ukより)
Freeman also played tribute the late actor Edward Hardwicke, who played Dr Watson to Jeremy Brett's Sherlock Holmes in the Granada TV adaptation in the 1980s and 90s.

Hardwicke died last week aged 78.

Freeman said: "He was a great Watson, they were really good adaptations, it was great television.

"I found out when a friend texted me while we were filming the second series of Sherlock, and I texted him back and said hopefully I'll pick up the torch."

「彼はすばらしいWatsonでした。Sherlockの第二シーズンを撮影中に、Edwardが亡くなったことを友達が携帯メールで知らせてくれました。彼のともした灯を絶やさずに伝えたい、と友達に返事をしました。」

Benedict Cumberbatch(ホームズを演じている俳優)もMartin Freemanも、グラナダ・シリーズをみて育ったと、「Sherlock」についてのブログを書いていらっしゃるナツミさんが教えてくださいました。今回MartinがEdwardをたたえてくれたことを、とてもうれしく思いました。そしてEdwardのともした灯は私たちのこころの中とスクリーン上に長く残るとともに、新しい形でも継承されることを確信しました。JeremyもEdwardもそれを喜んでくれるでしょう。

Edwardが「Sherlock」に少しでもゲスト出演することができていたらと思うと残念です。EdwardもMartinも、「Love Actually」(2003)に共に出演しましたが、一緒のシーンがあったかどうかは知りません。今度観てみたいと思っています。

RM

(追記)BAFTAはイギリスのアカデミー賞です。JeremyにBAFTAを、という活動に賛同してくださるかたで、サインがまだの方は、このブログの一番上を読んでいただけるとうれしいです。ウェブ上に名前が出ない形でのサインもできます。
ここ数日間、日記のようにとりとめのないことを書いていましたが、いただいた拍手でこころがあたたかくなっています。ありがとうございました。悲しく寂しいこころは、以前は一人でかかえていくものだと思っていましたが、私はさびしがりやになったようです。



EdwardとJeremyの友情を言祝いで、私の好きなエピソードの一つをご紹介します。JeremyとEdwardがHigh-fiveをしているところを想像してみてください。片手を頭の高さにあげてぱちっと叩き合う、あの仕草です。「やったね!」という仕草です。(「ハイ・タッチ」は和製英語だそうです。)

'And Here There Are Genuine Tears."
Daniel Stashower, The Armchair Detective, pp. 86-90, Vol.29, 1996.

Mr. Brett was an animated and quirky interview subject. An actorly superstition holds that it is bad luck to speak of Shakespeare's Macbeth in a theater. Over the course of two evenings Mr. Brett took great delight in trying to coax the offending title out of me: "That was the year," he would say, his voice falling to a dark whisper, "that I toured with...the Scottish play..." I had spent enough time around theater people to know that if I rose to the bait―"You mean Macbeth?"―tradition would require me to run into the hall, turn three times and spit on the floor in order to ward off bad luck. I kept my mouth shut. Later, when I spotted a friend of Mr. Brett's spitting mightily into a fire bucket, I knew the actor had sprung his trap. His laughter echoed through the wings, followed by the peculiar sight of Sherlock Holmes giving Dr. Watson a high-five.

劇場関係者達の中では、「マクベス」と口に出して劇場内で言うと縁起が悪いという迷信があり、かわりに「Scottish play」と言ったりします。「マクベス」と言ってしまった場合には廊下やロビーなどに出て、3回まわってつばを吐いて、悪い運を避けるのが習わしです。それでジェレミーがインタビューアをひっかけようとして、「その年は...」と言って声を低めてささやくように、「僕は『スコットランドの芝居』で各地の劇場をまわっていて...」と話し、「『マクベス』ですね?」とインタビューアに言わせようとしていました。でもインタビューアはひっかからなかったのです。後でJeremyの友達がそのわなにひっかかって、消火用の砂バケツにつばを吐いているのをインタビューアはみつけます。

「Jeremyの笑い声が舞台そでにこだましていました。そしてシャーロック・ホームズがドクター・ワトスンにハイ・ファイブをするという、奇妙で不思議な光景をみることができました。」

JeremyとEdwardは、笑いとユーモア、という点でも、かけがえのない友達だったのだと思います。

RM
Edwardがグラナダシリーズのことを話しているのをきいたり読んだりすると、Edwardはいつも、楽しかった、幸せだった、笑いにあふれていた、と言っています。それを読んで私も幸せになります。シリーズの後期には、Jeremyの健康状態もどんどん悪くなり、予算も限られるようになり、ドイルの原作もドラマ化にふさしいものが底をつく、というように大変なこともあったと思いますが、Edwardはいつもおだやかな表情と声で、楽しかった、と言ってくれます。


Edwardのことを思うとき、思いやりにあふれた、やさしくおだやかな紳士(gentlemanであり、gentle manである人、JeremyがHolmesを演じながら、Watson=Edwardを評したように...)ということがまず思い浮かびますが、ユーモアが好きな一面を、Edwardを偲ぶスレッドで紹介してくれた人がいました。どこの国でもお通夜では、送る人について、それぞれが好きな挿話を語るのが習わしだから、と言いながら。

あるシャーロッキアンの集まりで、彼女が所属するグループの会長(女性)がEdwardに紹介された時、会長はうれしくて舞い上がって、Edwardのことと、Edwardのお父様(有名な俳優)のことをほめちぎったそうです。そうしたらEdwardは表情をかえずに、「父はひどい男でした」。会長が凍り付いたのをみてEdwardは、冗談ですよ、あなたをかついだんです、と言って笑い出したそうです。

この話をきいて、Edwardがどんなふうに笑ったか、私は想像できるような気がしました。Jeremyが一風かわったユーモアを発揮するエピソードはききますが、Edwardについてはあまりきかないので、これを読んでうれしくなりました。Edwardはもともとコメディが好きで、コメディを演じるのが好きだったそうですね。


また、他の人は別のスレッド(The Hug and Vent Thread、悲しいことやおこっていることを書いて、思いを共有するスレッド)にこう書いていました。

「私たちにはつらい一週間でしたね。皆が悲しみの中でも最善のやりかたですごすことができていますように、そしてEdwardのご家族とご友人に私たちの気持ちが届きますように。

Edwardは私たちにたくさんの幸せな思い出を残してくれました。Edwardに直接会うことができなかった私も、彼のことを親しく感じて、彼から力をもらいました。そして本当にたくさんのこれからの世代の人も、私と同じように感じると思います。」


こうしてEdwardを愛する人が、それぞれにEdwardを偲んで投稿しているのを読むことで、こころがなぐさめられました。

RM
昨日はあまりに個人的な感慨を書きすぎたかなあ、と少し赤面しています。引用に関しても説明が簡単すぎる気がします。でもしばらくこんな感じが続くかもしれませんし、すぐに終わってしまうかもしれません。

Elementary My Dear Watson: An Interview with Edward Hardwicke (Part 1/2)
Short documentary from a BBC talk show called "Daytime Live" from 2003.


Elementary My Dear Watson: An Interview with Edward Hardwicke (Part 2/2)
http://youtu.be/d1FBZznsoXU

これは北米版のグラナダシリーズのDVDにおさめられた、2003年のインタビューです。

Edwardが亡くなった知らせをきいて、これをしばらくぶりにみました。とてもおだやかでリラックスした自然な語り口で、一緒に部屋にいて話をきいているような気持ちになります。グラナダシリーズのことを話すとき、まるでひと月前のことを話すようにもきこえました。思い出を話しているというよりも、もっと確かな何かを、手でさわれる何かを、空気をともなった何かのことを話しているようにもきこえました。

一方で、EdwardはJeremyが亡くなった後もいろいろな役を演じて充実した俳優人生を送り、グラナダシリーズのファンの手紙に気持ちのこもった返事を書いてくれました。フランスで奥様と幸せな生活をおくっていたのだと思います。Jeremyのいない世界で人生を生きてきたEdward。それを感じさせる場所が、このインタビューにもそこここにあります。

そしてこれからは、私たちはJeremyもEdwardもいない世界を生きる。私たちもこれからの世代も、JeremyもEdwardもいない世界で、JeremyとEdwardに魅了され続ける。

そんなことを感じていました。

RM
ブログをお休みしていましたが、少し書いてみようと思います。今までは、ある程度まとまったものを書きたくて、主題に関係することを集めたり、リンクを貼ったり、日本語訳をつけたりしていましたが、これからはとりとめないぶらぶら歩きを少ししてみようと思います。情報の提供という面では失格となるでしょう。でも読んでいただけたらうれしいです。不定期の更新になるかもしれません。



Edwardが亡くなって、泣きながら眠りました。私の中で何かが動いているのだと思います。

Holmesian netにEdwardを偲ぶスレッドがたてられ、しばらく声をきかなかった懐かしいメンバーも含めて、次々と悲しみと感謝の声を書き込んでいました。懐かしい人達、私をやさしく迎え入れてくれた人達。まだ1年たっていないのに懐かしさを感じるのは、それが過ぎ去ってしまって帰らない日々だからでしょうか。私がはじめて投稿したスレッドは、今はもうありません。

私が知らないメンバーで、病気でしばらく書かなかったけれども、という人もEdwardを偲ぶスレッドに参加していました。この世を去ったEdwardが皆をつなげてくれています。

ありがとう、Edward、ありがとう、あの時の優しい人達。そのメンバーの一部は、今は別のフォーラムに集っています。でもやはりあの日々が懐かしい。Edwardが生きていた頃、日本にこれほどの悲しみがまだなかった頃。



以下はRebeccaがtumblr(ブログの一種)で引用していた、Jeremyの言葉です。私はIMDbに書かれていたのを読んだことがありますが、IMDbにはもともとの出典は書かれていませんでした。今回も引用元は書いていないので、どんな記事(インタビュー)なのかくわしくはわかりませんが、ジェレミーにとってエドワードがどんなに大切な存在だったかがわかります。

“When I came out of the asylum, the person who collected me was Edward Hardwicke. He took me to an Italian restaurant. I had a pasta and a glass of red wine. He then drove me back to my home where we sat and had a cup of tea. It was Edward Hardwicke. He is one of the loveliest people, and I suppose he is the best friend that any man has ever had… in life. Which is after all how Doyle describes Watson.” - Jeremy Brett
(Jeremyが精神科を退院した時、Edwardが病院に迎えに来てくれたことを話しています。友達として何にも代え難い存在であり、それはドイルが描いたワトスンそのものであることを。)

RM
Edward Hardwickeが亡くなったというお知らせが、ついさっきフォーラムに書き込まれました。今度は最初から情報源がはっきりしていて、もしかしたら間違いでは、という望みを持つこともできませんでした。
http://www.thestage.co.uk/news/newsstory.php/32212/sherlock-holmes-actor-hardwicke-dies
先日、ご病気だということを知り、案じていました。

ジェレミーが両手を広げて迎えてくれているでしょう、という人、そして、私もそう思います、でもなんて寂しいのでしょう、という人。そして、ありがとう、の言葉。

エドワードの笑顔を思い浮かべています。

RM


http://jeremybrett.info/Holmes_Bw/imgpages/image029.html

(追記)
英Telegraph紙の追悼記事:http://www.telegraph.co.uk/news/obituaries/culture-obituaries/tv-radio-obituaries/8519646/Edward-Hardwicke.html
英Guardian紙の追悼記事:http://www.guardian.co.uk/tv-and-radio/2011/may/18/edward-hardwicke-obituary
"Actor Edward Hardwicke's legacy will live on in theatre' from Stourbridge News
http://www.stourbridgenews.co.uk/news/9035154.Actor_Edward_Hardwicke_s_legacy_will_live_on_in_theatre/
Two photos of Edward as a baby on the National Portrait Gallery website
http://www.npg.org.uk/collections/search/portraitLarge/mw69040/
http://www.npg.org.uk/collections/search/portraitLarge/mw69041/


エージェントによると、ガンのためにChichester(チチェスター)のホスピスで数週間をすごした後16日に亡くなったそうです。78歳でした。緩和ケアのもと、家族に見守られたおだやかな最期だったと信じています。
以上は、英Daily Mirror紙の追悼記事からの情報による:http://www.mirror.co.uk/news/top-stories/2011/05/18/sherlock-holmes-dr-watson-actor-edward-hardwicke-dies-115875-23139515/
ブログお休み中ですが、短い記事を書きます。悲しいニュースですが、ジェレミー・ポールがお亡くなりになったそうです。いくつかのフォーラムに書き込まれた中でも、情報源をきちんと書いているものを私は二カ所で読みましたので、間違いないようです。新聞の追悼記事などはまだ出ていません。ジェレミー・ポールはジェレミーの親しい友人の一人であり、The Secret of Sherlock Holmesの脚本を書き、その他グラナダシリーズのいくつかの脚本も担当しました。(Speckled Band, Naval Treaty, Wisteria Lodge, Musgrave Ritual, Problem of Thor Bridge, Master Blackmailer, Last Vampire, Three Gables, The Red Circle)

この知らせの情報源のひとつは、Hounds of the Internetを介したMichael Coxからのものでした。それによると、ジェレミー・ポールは先週の火曜日にガンのためにこの世を去ったそうです。Hounds of the Internetは1995年に、ジェレミーが亡くなったことを世界中のファンに悲しみとともにいちはやく伝えた、ホームズファンのメーリングリストですので、15年以上の時間を経てジェレミーの大切な友人の死を伝えたことに感慨を持ちます。そして、ジェレミーの世代の人がこの世を去ることに寂しさをおぼえます。

もう一つ情報源がはっきりしている投稿では膵臓ガンとなっていて、71歳だったそうです。数ヶ月前にジェレミー・ポールと連絡を取り合った、という人の投稿もありました。膵臓ガンというのが本当なら、ジェレミーの奥様Joanと同じ病気で、早期発見が困難で進行がはやいガンですから、長く患うことなく世を去ったのかもしれません。それをよかったと言ってよいのか、わかりません。一方、The Secret of Sherlock Holmesが再演されたのを見届けてこの世を去ったことに関しては、間に合ってよかったとこころから思います。

今週はじめに、私の昔の知人がガンで亡くなったことを知りました。スキルス胃ガンで、みつかったときは末期だったそうです。三十代でした。今週もまた、生と死について感じる日々となりました。

RM

(追記)前列左からJeremy Brett, Jeremy Paul, 後列左からEdward Hardwicke, Michael Coxです。Jeremy Paulが The Musgrave Ritualの脚本で The Edgar Allan Poe Award を受賞したときの写真です。皆、とてもいい顔をしています。

大きな写真はJeremy Brett Information でご覧になれます。http://jeremybrett.info/behind/images/021.jpg

 RM

Author: RM
コメントは承認後に公開されます。古い記事へのコメントも大歓迎です。2010年8月7日に始めました。
私の記事へのリンクはどうぞご自由になさって下さい。
和訳には間違いがあるかもしれません。最近は必ず英語原文を併記・またはアドレスを書いて読めるようにしていますので、どうぞそちらも参考になさってください。

全ての記事を表示する

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

QR