Jeremy のことが知りたくて ~ ジェレミー・ブレット(Jeremy Brett)を愛するかたへ

英グラナダ・テレビでシャーロック・ホームズを演じた俳優の人生を言祝いで

ジェレミーが若い頃の自分の顔のことにふれている記事を、もう一つご紹介します。これはカナダの新聞の1976年の記事で、カナダのストラトフォード・フェスティバルに出演していた時のものです。この時ジェレミーは43歳ですね。"Brett back to movies"という題名で、経歴の初期の頃をのぞいて舞台で演じてきたが、これからは映画にももどりたい、と言う趣旨の記事です。


1965年以来、彼はイギリスの舞台で知られていて、15の重要な役を演じている。映画については1964年に8番目の、そして最後の映画に出演した。「マイ・フェア・レディ」のフレディである。映画に対する情熱をその後失っていた、写真の自分はチョコレートの兵士のように見えて、「中身がつまった役」が来なかったから、と話した。

カナダの太平洋岸を見た後、「ハリウッドへ行って、ドアをいくつか叩いてみます。ロバート・レッドフォードがインフルエンザにかかっていることを期待しながら。」

Since 1965, he has distinguished himself in 15 important roles on the British stage. He performed in eighth and last movie in 1964 when he played Freddy in My Fair Lady. He said he had lost his enthusiasm for films because when photographed he looked like a chocolate soldier and he never had "a role with any meat in it."

He said that after he sees Canada's Pacific coast he will be "off to Hollywood to knock on doors hoping that Robert Redford has the flu."

Ottawa Citizen, Oct 28, 1976



最後のところは、いかにもジェレミーらしいですね。こういうちょっとクスッとするようなことを言うんですよね。そして自分を冗談の種にもできるんです。

最初の方で、「マイ・フェア・レディ」が8番目で最後となっていますが、これは謎です。「マイ・フェア・レディ」は多分5番目で、その後あまり年をおかずに "Act of Reprisal" を撮っていると思います。「8番目」と書いてあることについては、若い頃の未発見の映画があったりするなら、とても面白いのですが。ちなみにジェレミーが言っている数字が違っていることは何回か経験していて、多分勢いで話しているのだろう、と微笑ましいのが半分、困るのが半分です。もちろん、ジェレミーが間違えた訳ではなく、記者が間違えて書いている場合もあると思いますので、全部ジェレミーのせいにしては可哀想ですが。でもたとえば、自分は137人目のホームズだ、というジェレミーのこの具体的すぎる数字に根拠があるかについては、Michael Coxも疑っているようです(「Jean Conan Doyleとジェレミー(4)」)。

ちなみに2012年にギネスに認定された時は、ホームズの映画とテレビが254本、そこでホームズを演じた俳優は75人以上となっています。ジェレミーがあげた137人という数は舞台も入れているのだと思いますが、さて実際に調べたのでしょうか。これはジェレミーが何かの資料で、今まで言われているだいたいの数字を知って(たとえば100人以上はいるだろう、ということを読んで)、137という数字を何故か思い浮かべたのではないかと私は推測しているのです。なにしろ直感の人ですから(うふふ)。もしも私の推測が間違っていて、本当に人数を調べたのでしたら、「ジェレミー、ごめんなさい!」

下はギネスの認定を伝えるウェブサイトです。
http://www.guinnessworldrecords.com/news/2012/5/sherlock-holmes-awarded-title-for-most-portrayed-literary-human-character-in-film-tv-41743/

本題にもどりましょう。「チョコレートの兵士」というのは、みかけはきれいだけど兵士としては役に立たない、ということで、バーナード・ショーの戯曲に由来する言葉だそうです。みかけだけの役ではない、中身がつまった、血と肉を備えた人物を演じたいと思った若い頃のジェレミーにとって、クローズアップでハンサムさを隠せない映像作品ではなかなかそういう役がつかず、舞台の方がそのような人物を演じる機会を得られたのでしょうね。

私も年を重ねてからのジェレミーの方が好きです。特に最初の頃はそうでした。でも今は、生をうけてから去るまでの月日をこの世界で過ごした、ひとりの人を感じているので、若い頃の顔もしみじみとみつめることが多いです。

RM
オーストラリアからeBayに出された雑誌の記事から、ジェレミーが自分の顔のことを話している部分を引用します。出品者が大き目の写真をつけてくれたので、中身を読むことができました。出品者の説明によれば、“Woman's Day” という雑誌の、1987年7月6日号だそうです。「四つの署名」の宣伝用写真と、撮影時の写真がついていました。


ブレットは一目で虜になりそうな美男子で、あっと言う間にロンドンとニューヨークの劇場で好評を得るようになった。(略)

このころブレットは、主に舞台で主役級を演じる俳優で、唯一の有名映画での役は、レックス・ハリスンと共演した「マイ・フェア・レディ」で、ハンサムだけどそれだけ、というフレディを演じたものだった。アメリカのテレビ・プロデューサーのジョーン・ウィルソンと再婚する少し前、今から8年くらい前になって、その輝きをカメラの前でも次第にみせるようになった。「それまでは、写真にきれいにはうつっていましたが、そんなことは全然意味がなかったんです。でも、年齢が私の顔に足跡をたくさん残していくので、どんどん興味深い顔になっています。」そして「興味深い」顔のおかげで、彼はホームズを演じるのに理想的になっている。

Dashingly handsome as a young man, he quickly made a reputation in both London and New York [....]

At this point, Brett was still primarily a leading stage actor. His only major film role had been as the foppish Freddie in My Fair Lady with Rex Harrison and it wasn't until about eight years ago, not long before he married his second wife, the American television producer Joan Wilson, that he began to look more striking in front of a camera. "Before that, I photographed rather prettily, which was not the point at all. But since age has smacked me full in the face, it has become more and more interesting." And this "interesting" face makes him ideal to play Holmes.

Woman's Day, July 6, 1987


"age has smacked me full in the face" のところ、意訳しましたが、年齢がぴしゃりと音をたてて、顔をたたいていく、という感じなのでしょうか。(追記:今気がつきましたが、スヌーピーがチュッとキスする、あれも"SMACK!" でした。ただ、その場合の前置詞は辞書では"on"になっています。)

ジェレミーがとても美しかったことは、特に若い頃はむしろ、ジェレミーの行く手を阻むものだったようですね。このハンサムな男の価値は顔だけで演技はできないだろうと思われたり、当時流行の社会派リアリズムのドラマにはお呼びがかからなかったり。そしてジェレミーにとっては、自分はハンサムなだけで、経験がもたらすものが顔にまだあらわれていない、という気持ちもあったのでしょう。だから、美しいということ自体はなんの意味もない、重要ではない、と思っていたのでしょう。

それに比べて今は自分の顔はだんだん"interesting"になっている、という言葉が、面白くて好きです。ジェレミーは美しく生まれた後で、年を重ねて生きることであの顔を育てたのですね。でも私たちからすれば、"interesting"よりも別の表現をしたくなります。だからこの記事の筆者もこの言葉をそのまま使うのはためらわれて、引用符でくくったのでしょう。

RM
少し前に、エドワードの短いメッセージとサイン入りの写真がeBayに出品されましたので、画像をいただいてきました。1989年11月4日、ManchesterのPalace Theatreで、と出品者の説明にはあります。この日付と場所からわかりますが、"The Secret of Sherlock Holmes"上演の、最後のころです。
http://www.jeremybrett.info/st_holmes.html

EdwardHSigned.jpg

エドワードが書いているのは、"What's Jeremy done this time?" です。私はこれは、このサインを頼んだ人がジェレミーに関して何かをエドワードに話したのを受けて、その返事も兼ねて「今度はジェレミーは何をしたんですか?」と書いたのだろうか、と思っていました。でも、これは具体的にはわからないけれども楽しいことを想像して、笑っていいものなのか、それとも何か困ったことが起きていたことが想像できる状況で、笑うに笑えないのか。私にはわかりませんでした。

それで、フォーラムでこの写真を紹介した後で質問しました。これはどういう意味なんでしょう?この状況って、笑えるものみたいですか、それとも何か困ったことが起きたのでしょうか。

そうしたら、一人が答えてくれました。

後ろにあるニューススタンドに、「シャーロック・ホームズ、命にかかわる襲撃を受ける」("Murderous Attack on Sherlock Holmes") って見えるでしょう。エドワードはちょっとふざけたんだと思います。「今度はジェレミーは何をしたんだろう?」これは「ジェレミーはホームズに何をしたんだろう」って冗談で言っているのでしょう。ジェレミーはホームズにちょっと愛憎相半ばするところ(a bit of a love/hate relationship)があったでしょう。だからこれって面白いんです。

なるほど!私はすっかり勘違いしていました。これはサインを頼んだ人への言葉ではなく、この写真の中にいるエドワードとしての言葉だったのですね。写真自体は「高名な依頼人」の宣伝用写真だと思います。エドワードが新聞にいそいで目をとおしながら、「今度はジェレミーは何をしたんだろう?」

そう考えると、いろいろなことが思い浮かびます。まず何より、エドワードがユーモアのある人だったこと。そして、本来はホームズとワトスンがいるこの写真の中の世界に、ジェレミーとエドワードがいるこの世界がまじっているのが面白いと思いました。

そしてあらためて思うのですが、ジェレミーにとって、ホームズと付き合うのは大変なことだったでしょう。そしてエドワードは俳優としても友人としてもそれが理解できて、近くでそれを感じていたことでしょう。でもいたずらに深刻にならず巻き込まれずにジェレミーのホームズに寄り添って、必要な時には受け止めている感じがして、エドワードらしいと感じました。

エドワードがなくなったときの追悼記事の中に、エドワードはグラナダ・シリーズにおいて、the one fixed point(動かない点)であり、シリーズを守る錨のようだった、という言葉がありました。(「The One Fixed Point」)このthe one fixed pointは、ドイルの「His Last Bow (最後の挨拶)」の中の最後のシーンでのホームズの言葉に由来します。

この写真に書かれたエドワードの言葉を知って、こうしてジェレミー(ホームズ)に少しくらい何かがあっても落ち着いていて、時にちょっとふざけてユーモアの種にさえするエドワード(ワトスン)がそばにいてくれて、よかったなあと思いました。そしてますますエドワードが好きになりました。

RM
ちょっと間があきました。このところの悪天候ですが、おかわりありませんか。

短いですが、ある新聞記事からの引用です。"The Secret of Sherlock Holmes"上演中の記事です。


劇場の楽屋では、よいにおいのタバコを吸い、幕が降りたあとのいつものシャンペンを手にして、世界中からやってくる人たちをあたたかく迎えている。一番若いのはアメリカ・ダラスから来た3歳のエイブラハムで、「僕の一番若いファンで、本物のシャーロッキアンです」とブレットは言う。何歳であろうと彼のことを「ジェレミー」と多くの人が呼び、彼からは "love"とか"darling"とか呼ばれている。

He inhales from a perfumed cigaret, sips his regular post-performance glass of champagne, and warmly welcomes a stream of guests from around the world. The youngest is 3-year-old Abraham from Dallas, "my youngest fan and a true Sherlockian," Brett says. Whatever their age, many call him Jeremy; they are "love" or "darling" in return.

The Globe and Mail, August 7, 1989



3歳だろうと何歳だろうと、誰であろうと、Mr BrettではなくJeremyと呼ぶ。これはカナダの新聞なのですが、こうして特筆すべきことなんですね。そしてやっぱり、誰とでも友達になれるジェレミーらしいと思います。

私がりえさんのブログに最初に書き込んだときは、「ジェレミーさん」でした。私が今「ジェレミー」と呼ぶのは、りえさんのブログのコメント欄で育ったからです。りえさんのブログは私の大切なふるさとの一つです。

"love"とか"darling"はどう訳していいかわかりませんので、そのままにしましたが、ジェレミーの声がきこえてきそうです。3歳の男の子が観に来てくれて、ジェレミーはうれしかったでしょうね!

RM
前回「ネット上のphoto archiveから(5);ANP Historisch Archief」で、裏焼きの写真の話をしました。どこか違和感を感じた時に少し注意してみるようにしたら、左右が反転している写真が10種類以上あったと書いたのですが、つい先程また見つけました。それが、おそらく100回以上は目にしているおなじみの写真、皆様も多分よくご存知のものなので、びっくりしてしまいました。

2月6日は「ボヘミアの醜聞」でIrene Adlerを演じたGayle Hunnicut(ゲイル・ハニカット)の71回目の誕生日だ、という投稿をフォラームで読んだのが発端です。それでなんとなく、ゲイル・ハニカットが写っている「ボヘミアの醜聞」の宣伝写真数枚を眺めていました。そして今日、その1枚のなかのジェレミーをみていて、急に気がつきました。クリックで大きくなります。(追記:今ではこの画像を見ると「むずむず」するようになったので、クリックしないと見えないように変更しました。こちらをクリックしてください。)
Source: http://jeremybrett.info/Holmes_C/images/Colour_Holmes%20%2846%29.jpg

これは宝島社のDVDムックの表紙にもなっていますから、言わば「おなじみ」を通り越しています。ある意味ではホームズらしい、ちょっとエキセントリックな表情をしていると、意識下では感じていたはずです。あれれ、でも...。

そこで、これを左右反転させてみます。クリックで大きくなります。
Colour_Holmes (46) flopped

いかがですか ?! 私の間違いじゃないですよね?

上の写真をあまりに見慣れていて、構図においては下の写真の方がむずむずします。でも顔は、特に目元口元は、こちらの方がいつものジェレミー・ホームズですよね?ホームズは完全なオールバックではなくて、作品によって程度が違いますが髪の分け目がわかります。この写真では反転させると分け目が普段のジェレミーと同じ、左側になっています。ね、下の写真が本来の向きですよね?

ああ、はじめに写真を反転させたときは、100%の自信があったのですが、うだうだ考えるにつれて、今は80%に下がってしまっています。ご意見をどうぞきかせてくださいませ。

「ボヘミアの醜聞」からスクリーンショットをとってみました。
SCAN.jpg

RM

追記:トビィさんへのコメントで「そうなんです、1枚目が見慣れた写真で、これ以外(つまり2枚目)は今まで見たことがありません」と書きましたが、2枚目に相当する向きの写真も、後日みつけました。両方が存在するのですね。

ネット上のphoto archiveにある、ジェレミーの写真をご紹介する5回目です。前回までの記事はこちらです。
ネット上のphoto archiveから(1);ArenaPALとMirrorpix
ネット上のphoto archiveから(2);Corbis
ネット上のphoto archiveから(3);Photoshot
ネット上のphoto archiveから(4);TopFoto


今日ご紹介するのは、ANP Historisch Archiefという名前のサイトで、オランダ語で書かれているようです。なんとなくネット上の写真サイトをふらふらとしていて、ここをみつけたのが1年数ヶ月前でした。アドレスはこちらです。
http://www.anp-archief.nl/

そして"Jeremy Brett"でいつものように検索したら、2枚の写真がヒットしました。これが検索結果のページですが、うまく飛ばないようでしたら、右上の検索窓に"Jeremy Brett"と入れて下さい。
http://www.anp-archief.nl/search?q_mm=jeremy+brett

2枚の写真は下の二つです。
http://www.anp-archief.nl/page/196086/nl
http://www.anp-archief.nl/page/206445/nl

嬉しいことにwatermark(透かし、ロゴ)なしの、とてもよい画質の写真です。1枚はすでにみたことがありました。以前このブログでも紹介しましたが、私の知る限りでは、ジェレミーのファンサイトにおいては "For fans of Jeremy Brett"というフォーラムに最初にアップロードされたもので、"The Rivals (1970)"の写真です。"The Rivals" については、最近「第四の壁を破る;The Rivals (1970)」で内容を少し書きました。

1枚目は "786×800px 101kb"と書いてあるところをクリックすると、最大の大きさになります。そうして最大にした時のファイルのアドレスがこちらです。
http://www.anp-archief.nl/attachment/196086
2枚目では "800×568px 105kb"と書いてあるところをクリックしますと、こちらです。
http://www.anp-archief.nl/attachment/206445

この2枚目は "Country Matters: An Aspidistra in Babylon (1973)" からで、私は当時、この写真をはじめてみました。フォーラムに投稿して喜ばれたので、私も嬉しかったのですが、何かが意識下でひっかかっていました。その翌日、はたとあることに気がつきました。

それで、急いで再度書きました。「これは裏焼きだと思います。皆さんはどう思いますか?」

そしたら「どうしてこれが裏焼きだと思うのですか?私が思うのは、ジェレミーは水平にひっくり返してもそうでなくても、ものすごくハンサムだ、ってことだけですけど。」

それで私はつたない英語を並べて説明しました。「ジェレミーのあごには、ポツンとなにかあるでしょう。あごの左側のはずなんです。それから眉の間のしわは右の方が深くて、そして三つ目には、ジェレミーは鼻の骨を折ったので、鼻の形が少し非対称なんです。」

みんな、同意してくれました。もう一つその時には気がつかなかったのですが、帽子についているリボンの結び目(と言っていいのでしょうか)が、本当は左にあるべきなのに、右にありますね。やはり裏焼きです。

それで、お問い合わせ係のようなところのメールアドレス宛にメッセージを送ったのですが、1年4ヶ月たった今も「梨の礫(なしのつぶて)」です。私の英語は多分とても変だし、一度アップロードした写真を修正するのも面倒なので、相手にされなかったのでしょう。それはそれで仕方ありません。

実は裏焼きの写真はたくさん見かけます。多分10種類くらいは見たことがあって、表と裏と両方のバージョンをみるものと、裏しか見ないものとがあります。ビデオテープ・DVDの表紙の写真、宣伝用写真としてプリントされたもの、デジタルファイルで右左ひっくり返っているものなどです。今回のような若い頃のものは気づきにくく、年を重ねた後のものは、比較的よくわかります。やはり誰でも年をとると、顔にもその人の表情の癖が蓄積していくのでしょうね。ホームズでは髪の分け目がわかりませんが(追記:あるいは、わかりにくいですが)、それがわかる写真では、分け目の位置も何か違和感を感じる元になります。ジェレミーの髪の分け目は一般に左に寄っていますから。

意識下で何かひっかかるものがある写真は、写真修正ソフトなどで水平方向に反転してみると、「ああ!こちらが私の知っているジェレミー!」とお思いになるかもしれません。

RM
前回の記事で、ジェレミーがブロードウェイの劇場で演じていた時に、劇場の外にいた麻薬中毒の人たちがジェレミーに手をふってくれるようになった、という話をとりあげました。ジェレミーはつまづきそうになって、多分あの笑顔であやまったので、彼らも警戒心を捨て去ってジェレミーに手をふるようになったのだろうなあ、と想像しました。

この話を読んだとき、去年の7月にTumblrに書かれた文章が、連想で思い浮かびました。

ブロードウェイのBrooks Atkinson Theatreでの1985年の公演、"Aren't we all?"を観に行った女性が、ジェレミーと劇場の外で目があった時のことを思い出している文章です。母親と一緒にこの芝居を見に行った彼女は、明るい黄色のドレスにハイヒールといういでたちでした。楽屋口でジェレミーを待ちたかったのですが母親にせかされて、でも地下鉄乗車用コインがみつからないふりをしてぐずぐずしていたら、ジェレミーが出てきました!そして彼女の方をみました!

「ジェレミーは『Hello』という感じで眉をちょっとあげました。あるいは、そんなに鮮やかな黄色のドレスをはじめてみたから眉をあげたのかもしれません。そして私にすごくあたたかく微笑みかけたので、膝ががくがくしました。3インチのハイヒールをはいている身にはすごく危険です!」


ジェレミーの笑顔、想像できますよね!


そしてもう一つ、劇場の外の路上にいる男たちからの連想で去年の3月にTumblrに書かれた文章も思い出しました。

日記のような文の最後に、たまたま半時間一緒だったホームレスの男が言った言葉が書かれています。彼はジェレミーのシャーロック・ホームズが好きで、こう言いました。“I miss him so much!” (彼が亡くなったのは本当に悲しい!)


こうやっていろんな人がジェレミーのことを今も思っているのですね。実際にジェレミーと会った人や、テレビの中のジェレミーと出会った人。30年ほど前には黄色いドレスの少女だった女性や、今はホームレスの男性。そして世界中のたくさんの人たち。

そんなことを感じました。

RM

 RM

Author: RM
コメントは承認後に公開されます。古い記事へのコメントも大歓迎です。2010年8月7日に始めました。
私の記事へのリンクはどうぞご自由になさって下さい。
和訳には間違いがあるかもしれません。最近は必ず英語原文を併記・またはアドレスを書いて読めるようにしていますので、どうぞそちらも参考になさってください。

全ての記事を表示する

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

QR