Jeremy のことが知りたくて ~ ジェレミー・ブレット(Jeremy Brett)を愛するかたへ

英グラナダ・テレビでシャーロック・ホームズを演じた俳優の人生を言祝いで

前回と同じ新聞記事からで、前回の引用箇所のすぐ後からです。

Tough Job Trying To See The "Lady"
by Edwin Howard
The Southeast Missourian, Dec 13, 1963
https://news.google.com/newspapers?id=vsEfAAAAIBAJ&pg=1087,6772903

ブレットはロンドンで三つのミュージカルに出演したが、マイ・フェア・レディの舞台には出ていなかった。Laurence Olivier(ローレンス・オリビエ)のもとで"St. Joan"(聖ジョーン)に出演していたときに、オーディションを経てフレディ役に決まった。

「『聖ジョーン』で舞台にあがっていた私をワーナーブラザーズが買い受けた、その48時間後にはふりしきる雨の中でセント・ポール教会の前にたって、キャブ(馬車やタクシー)をとめようとしていました。ここカリフォルニアにいたんですけど、まるでイギリスを離れていないようでした。」

ブレットは重要な歌、「君住む街角で」を歌うということで少し緊張している。「できるだけたくさんリハーサルをするつもりです。オードリーと一緒じゃないとちょっと難しいんですけど。オードリーはミュージカル映画に出たことがあるから、私ほどリハーサルが必要じゃないんです。口の動きをテープとあわせるのはとても難しい。どこで息を継いだか、どれだけ音をのばしたかを正確に覚えている必要があります。」


Brett, who has done three stage musicals in London but not "My Fair Lady," won the Freddie role through a try-out while he was appearing in Laurence Oliver's production of "St. Joan."

"Forty-eight hours after they bought me out of 'St. Joan," Brett told me, "I was standing in front of St. Paul's in the pouring rain trying to hail a cab—only I was here in California. It was as if I'd never left home."

Brett is a bit nervous about his big "Street Where You Live" number. "I'm getting in as much rehearsal as I can," he said, "though it's a bit difficult without Audrey. Of course, she has done film musicals and doesn't need as much rehearsal as I do. I find synchronizing my mouth movements to the playback extremely difficult. You have to remember exactly where you took every breath and exactly how long you held every note."


いくつか私がはじめて知ったことがあります。一つはマイ・フェア・レディの撮影開始はSaint Joan(「聖ジョーン」、「聖女ジャンヌ・ダルク」)のすぐ後だったということ。舞台の上から連れ去られたという解釈もあるかもしれませんが、多分そこまでではなくて、公演期間はまだ続いていた、あるいはもしかしたら公演期間が終わった直後だったかもしれませんね。

ちなみにSaint JoanもBernard Shaw(バーナード・ショー)の作品です。ジェレミーはDunois(デュノワ)を演じました。この作品についてはたとえばこちらをどうぞ。Jeremy Brett Informationのページです。
http://jeremybrett.info/st_stjoan.html

ジェレミーがDunoisを演じている小さな写真がBrettish Empireにあります。このページの下から2番目の写真です。
http://www.brettish.com/early-stages.html

Jeremy Brett Informationにもありますように、後にジェレミーはオーディオブックでもDunoisを演じています。私はこのLPを持っているのですが、これがデジタル化されて販売されたらお知らせしましょう。Dunoisは軍の若き指揮官にして、ジャンヌ・ダルクのほぼ唯一の友人でした。

さて、もう一つ新たに知ったのは、あの最初の、雨のセント・ポール教会前のシーンが、ジェレミー出演シーンの内で最初の撮影(あるいはリハーサル)で、しかもイギリスをたって48時間後、多分スタジオ到着後それほどたたないうちだったということ。あの情景を思い浮かべると、ジェレミーが「イギリスにいるみたい」と思ったのも無理はないですね。

あのシーンのセットでの写真がJeremy Brett Informationに何枚かありますが、スタジオに着いてすぐだったことを思いながらみると、また新たに想像の翼を広げることができます。たとえばこれなんて、今到着して着替えてきました、さあリハーサルを、という感じにもみえますね。左は監督です。
http://jeremybrett.info/photos/MFL/imgpages/image006.html
(いつもお伝えするとおり、このサイトはかつて写真の番号をかえてアップロードし直したことがありますので、今後別の写真にかわっているかもしれません。)

さらにもう一つ知ったこと。いえ正確には推測できること。ジェレミーがリハーサルを重ねていた時には、おそらく自分の歌声の録音にあわせて練習していたこと、そして自分の歌が使われず吹き替えられることを知らなかったのではないでしょうか。もちろんこの時のジェレミーの言葉が、制作者から本当のことを言うのをとめられていた上での言葉、という可能性もあります。でもここまで熱心に語るということから、ジェレミーはこの時は自分の歌の録音が使われると思っていた、と私は推測します。皆様はどうでしょう。


引用しなかった部分で、撮影はクリスマスの少し前に終わる予定と書かれていて、これが12月13日の記事ですから、これは撮影も終盤にかかっていた時のインタビューですね。My Fair Lady撮影中のインタビューというのはこれしか知らないので、その頃のジェレミーの様子を想像しながら読みました。

RM
発売が延期になって長いこと待たされていたMy Fair Ladyの50周年記念Blu-rayが発売になり、りえさんのブログでそのご紹介がありましたね!
「マイ・フェア・レディ」50周年記念4Kブルーレイ
そしてこちらの記事のコメント欄では、 「マイ・フェア・レディ」の映画館でのリバイバル上映のことも含めて、ブログ「オードリー・ヘプバーンといつも2人で」のみつおさんと、お話がはずんでいます。
ジェレミー、お誕生日おめでとう♪

Blu-ray評については、こちらの記事も充実した内容だったので、後で読むためにアドレスを書きとめておきます。
http://bluray.highdefdigest.com/13753/myfairlady50thanniversaryedition.html

ついでと言ってはなんですが、A Picture of Katherine Mansfield (1973) のDVD評のアドレスも二つ。はじめの記事には大きな写真が2枚ついています。
https://theleastpictureshow.wordpress.com/2015/10/05/dvd-review-a-picture-of-katherine-mansfield/
http://www.entertainment-focus.com/tv-review/a-picture-of-katherine-mansfield-dvd-review/


さて今日書こうと思ったのは、My Fair Ladyを撮影している時のジェレミーに思いを馳せることができる、1963年の新聞記事です。この中にジェレミーの言葉が含まれていて、My Fair Lady撮影中のジェレミーへのインタビューというのは、これ以外では私はまだ読んだことがないです。

もっともジェレミーへのインタビューといっても、撮影セットを取材していて、その時たまたまリハーサルをしていたのがジェレミーだったということで、ジェレミー目当てのインタビューというわけではありません。無理もないですね、まだ若い、一般には知られていない俳優だったでしょうから。でもこの広いセットにたまたまジェレミーがいたことに感謝です!

まずは今日の引用部分は、ジェレミーの言葉が書かれている部分の少し前です。

Tough Job Trying To See The "Lady"
by Edwin Howard
The Southeast Missourian, Dec 13, 1963
https://news.google.com/newspapers?id=vsEfAAAAIBAJ&pg=1087,6772903

ほとんど正方形に区画されたウィンポール街のセットはまだ撮影には使われていないのだが、そこに"My Fair Lady"に出演する俳優をみつけた。Freddieを演じるジェレミー・ブレットで、彼の美しい歌 "The Street Where You Live"(君住む街角で)のリハーサルと、Elizaの "Show Me"(私にみせて)にあわせた動きの確認中だった。どちらの歌もこの通りで歌われる。金髪の小柄なダンサーBecky Vornoが振り付け師のHermes Panと共に仕事をしていて、歌の時のステップをヘップバーン嬢に教えているのだが、このリハーサルでは代役としてElizaを演じている。

On the almost block-square Wimpole Street set, yet to be used, I found one real live "My Fair Lady" actor. Jeremy Brett, who plays Freddie, was rehearsing his beautiful song, "The Street Where You Live," and his movements for Eliza's "Show Me" number, which will be done on the street. Becky Vorno, a tiny blonde dancer who works with Choreographer Hermes Pan, then teaches her steps to Miss Hepburn, was standing in for Eliza in the rehearsal.


あのシーンのリハーサルですね。そしてリハーサルではもちろん、ジェレミーは歌っていたのですね。この後にジェレミーの言葉が書かれていますが、それはまたあらためて(次回?)ご紹介しましょう。

オードリー・ヘップバーンの歌声は以前の版ですでに聴くことができるようになっていましたが、残念ながら今回のBlu-rayの特典映像にも、ジェレミーの歌声は入っていなかったようですね。でも私は想像力の信奉者で、ジェレミーがどんなふうに歌ったか、想像できるのです。

吹き替えの歌になるということ、どの時点で知ったのでしょう。落胆が大きかったこともまた想像に難くありません。

でも私たちファンは、若いジェレミーの声と姿と演技を楽しんでジェレミーの歌声を想像して、この映画を堪能するのが一番で、ジェレミーもそれを望んでいると信じています。

RM
なぜか少し寂しい気持ちがする夜なので、ジェレミーの茶目っ気のある発言を書きたくなりました。

The Guardianの記事からです。1975年5月ですから41歳ですね。この記事は以前にもご紹介しましたが、素敵な写真が3枚ついていますので、はじめての方は是非どうぞ!

From the archive, 20 May 1975: Archetypal English fashion for men
The Guardian, 20 May 2015
http://www.theguardian.com/fashion/2015/may/20/english-fashion-richard-briers-jeremy-brett-1975

このブログでご紹介したのは以下の2回です。
白いカーディガン、ペルーの帽子;1975年の新聞記事より
ひじのすり切れたセーター、はじめてのスーツ、父の乗馬ズボン(1);1975年の新聞記事より

今日はこちらです。お金をかけたお洒落や最新のファッションには特に興味がないとは言え、いま気に入っているものがある、というところです。

いまブレットが魅了されているのは、厚底靴だ。「ぐらぐらして転んでドアで頭を打ってしまうけど(彼は厚底靴なしで6フィート1インチある)、でもすごく楽しいです。3人兄がいるんですが、突然僕が一番大きくなるんですから。」居間を歩きまわって、ちょっと照れながらぐらぐら歩きを実演してくれた。

The one fashion item that really appeals to Brett are platform shoes. "I fall about and hit my head on doors (he's 6ft. 1in. without them), but they're fun. I have three brothers and now suddenly I'm the tallest." He walks around the sitting room a bit shyly to demonstrate.


ジェレミーが厚底靴をはいている写真、一枚だけみたことがあります。小さくてわかりにくいでしょうが、上から3枚目の写真のジェレミーの靴、おわかりになりますか?1975年のテレビドラマ"The School for Scandal"に出演した俳優達がうつっています。以前はクリックすると大きな写真になっていたのですが。
http://jeremybrett.livejournal.com/89128.html

以前に参加していたフォーラムでもこの写真が話題になって、いかにも70年代ファッションね、と誰かが言っていました。こういう靴って、70年代にはやったのですね。(いえ、私も70年代を知っていますが、ファッションには疎かったので。)

兄弟4人のうちで、ジェレミーよりもっと背が高い兄が一人か二人(か三人)いるということでしょうか。大人になってから4人が、背がわかる形で横に並んでいる写真は残念ながらみたことがありません。三人が一緒の写真はあるのですが、ジェレミーは二人の兄の後ろに控えて、にこにこと笑っています。背の比較はできないけど、弟という感じが出ていて微笑ましいです。

引用した文章の最後、"shyly" とあったので「照れながら」としましたが、ジェレミーのことだからきっと、「照れたふり」で、でも実際は楽しみながら、そしてもちろんインタビューアを楽しませながら、ですね!目はいつものように笑っていたことでしょう。

笑う、と言えば、最初の“fall about"は辞書でひくと「⦅英略式⦆笑いころげる.」(プログレッシブ英和)とあったので、最初は「笑いころげてドアに頭をぶつける」と訳したのですが、上では実際に転ぶ方をとりました。理由の一つは、笑いころげるところを「照れながら」実演するって難しいだろうなあと思ったからです。(でもジェレミーなら、できるかも!)


さて、最近は土日に更新が多かったのですが、今週の土日は留守にしますので今日書きました。携帯電話を持たない私はコメントの承認もできません。しばしのお別れです。元気にかえってきます!

RM
ジェレミーが雑誌The Armchair Detectiveからうけた二回のインタビューの内容は、とても充実していて興味深く、このブログでも何回かご紹介しました。インタビューの一回目は1985年の号に掲載されて、これは「最後の事件」の撮影が終わってアメリカにいた時のものです。このインタビューからは、一番最近ではこちらに書きました。
恐怖の感情:1985年のThe Armchair Detective のインタビューより

このインタビューから、もう少し引用しましょう。グラナダ・シリーズがはじまった当初は、原作をテレビ用に変えたがる脚色家と、できるだけそのまま映像化したいジェレミーとの間で意見の相違がありました。そのことに触れた後です。

脚色家たちは、文学作品ををそのまま映像にするなんて、そんなこと無理だと言いました。でも「踊る人形」の最初のシーンでホームズが推理の道筋をワトスンに説明するところ、あそこでは原作に書かれたそのままをワトスンに語ったのです。「一度やらせてほしい」と頼んで、やっと撮影の最後の日に機会をもらいました。昼食のための休み全部を使って、歩き回って練習しました。撮影班から顔にカメラを向けられて、ただ一回の撮影に臨みました。僕は震えていたし、ワトスンは心配してたくさん汗をかいていました。だってその時は、僕と制作側の対決だったんですから。その後すぐにスタジオの空気はかわりました。ホームズ映像化への情熱が高まっていったんです。

They said I couldn't lift literature and make it into a visual art. But in "The Dancing Men," in that first speech, I did exactly the book. I said, "Give me a chance." And, the last day of shooting, they did. I spent the entire lunch break walking up and down, practicing. They turned the camera on close-up, and I went at it in one take. I was shaking. Watson was absolutely pouring with sweat for me because it was me versus the studio at that time. [Soon afterward] the studio atmosphere changed. The enthusiasm began to grow.

Interview With Jeremy Brett
by Rosemary Herbert
The Armchair Detective, Vol.18, No.4, Fall 1985

ジェレミーとDavid Burke(デイビッド・バーク)は心の中ではとても緊張していたのですね。そんなふうにはみえませんでしたが。映像化されなかったはずだったこの場面を、是非にと頼んで入れてもらったことは何度か読みましたが、ここまで具体的なこの時の描写は、私はこのインタビューがはじめてでした。これを読んで特に興味深かったのはこんなことです。これが最終日に、多分おまけのように与えられた撮影だったこと、だからこそジェレミーにとっては失敗は許されない、ただ一度のチャンスだったこと、原作をそのまま演じることが可能だと納得してもらうための真剣勝負の対決で、デイビッドにもそれがわかっていたこと、そしてこのあと流れがかわったこと。


ところで、ジェレミーがこう語っているインタビューはどれだったかしら、と以前から気になっていたのですが、それには理由があります。以前というのは、下にあげた記事のコメント欄でさきさんが「『踊る人形』でホームズの髪型が一瞬で変わりますよね? オールバックで登場したホームズが,なぜワトスンは南ア株券へ投資しないと決めたのがわかったか,を説明するシーンでは横分けになり,再び顕微鏡の前に戻るとオールバックになっている。 」と書いていらっしゃるのを読んだ時でした。
グラナダシリーズのblooper(間違い、へま)その1

私は髪型が変わったことに気がついていなくて、びっくりしました。

その時にこうお返事しました。「あるインタビューではかなり詳しく話していて、それがみつかったらいつか記事で紹介させてくださいね。監督をはじめとする製作陣は、原作ほぼそのままの台詞は無理だとして変えていたところを、ジェレミーが試しにやらせてくれと頼んで、昼食をとらずに覚えた台詞を緊張の中で演じたことを話していました。デイビッド・バークも心配してドキドキして汗をかいていた、とジェレミーは書いていたような記憶があります。ジェレミーの髪型がこの前後でかわったのを知ることで、スタッフの昼食休憩後に行われたこのシーン収録の時に思いを馳せることができます! 」

そして今日、このインタビューをみつけてジェレミーの言葉と再会して、あらためてその時のことを思いました。制作側は撮影することには同意しても、実際にそのフィルムを使うとはほとんど考えていなかったので、髪型をきちんと合わせることに注意を払わなかったのではないでしょうか。あの髪型の違いの向こうにはそんな事情があったのではないかと想像するのも、おもしろいです。

RM
今日11月3日はジェレミーと、ジェレミーの二度目の奥様、Joan Wilson(ジョーン・ウィルソン)のお誕生日です。

数字に弱い私がこの日を忘れない理由の一つは、祝日だということ。そして最近はあまりききませんが、この日は晴れの特異日という言い方もされますね。秋の晴れの日とジェレミーのお誕生日とが私の中ではつながっているので、よいお天気が続く秋の日には、ああそろそろ、と思い出します。

去年のこの日はどんなことを書いたかしら、お天気のことはあったかしらと見てみたら、気持ちがとっ散らかっていると書いていて、ちょっと笑ってしまいました。このブログに自分のことはあまり書かなかったつもりなのに、それでもある種の日記のような役割も果たしているのですね。なぜとっ散らかっていたか、思い出しました。でも肝心の去年のお天気はよくわかりませんでした。

さて、ちょうど今日ご紹介するところも、お天気に関係があります。前々回の「Claphamに住んだ理由:1988年頃の記事より」の続きです。「カリフォルニアの香りとイギリスのよさをあわせもつような場所をロンドンのどこかにみつけたいと思ったのです」とジェレミーが言っている、その後の言葉です。

ここは光がいっぱいで、眺めが素晴らしくて、ロンドンを見渡す感じです。この家のダイニング・ルームからビッグ・ベンが見えますよ。

カーテンはかけたくないんです。せっかくの光が弱くなってしまうから。かわりに大きな植物を置いています。窓がおだやかにみえて、でも日の光の明るさをさらに感じさせてくれます。カリフォルニアの感じがすごくするんです。ここでは奇跡のように、太陽を一日中みることができます。光の色がピンクから黄色に、そして燃えるような赤にかわって、夜にはもう魔法のようです。


"This place has plenty of light, spectacular views and a feeling of being above so much of the city. You can see Big Ben from my dining room window.

"I didn't want to use curtains here because it would diminish the light. Instead I've just used big plants to soften the windows but emphasise the light. It's a very California feeling. What is miraculous about this place is that you can see the sun the entire day. The colours range from pink to amber to fire red and at night it's simply magic."

On the Holmes Front
by Marilyn Murray Willison
Sunday Mirror magazine (?), November 13 1988 (?)

この記事が11月13日付けというのが正しければ、インタビューを受けた時も秋の光の中だったのでしょうね。この記事の写真が載っているサイトは以前こちらでご紹介しましたが、白い壁にたくさんの絵、鉢植えがみえる明るい室内です。
ジェレミーの写真(若い頃の写真と、Claphamの家での写真)

そしてジェレミーが生まれた1933年11月3日はどんなお天気だったでしょう。晴れだったらいいなあ。でも秋らしくちょっと寂しげな日にジェレミーが生まれたというのもまた、いいですね。秋の美しさは、その寂しさの中にもあると思いますから。

RM
前回の続きはちょっと時間がなくて先延ばしで、別のことを書きます。

俳優Tim McInnernyはBBCのSherlockのクリスマス特別版でSir Edwinという役を演じるそうです。彼はグラナダ版のThe Red Headed League(赤髪連盟)では質屋の店員、その正体は犯罪者、というJohn Clayを演じました。以下の記事にそのことと、ジェレミーのことがちょっとですが触れられていました。

'People want something physical': Tim McInnerny on Beloved Clara at the Yeovil Literary Festival
The Western Gazette, October 26, 2015
http://www.westerngazette.co.uk/People-want-physical-Tim-McInnnerny-Beloved-Clara/story-28054747-detail/story.html

でもSherlockクリスマス特別版が、彼がホームズものに出演する最初というわけではない。ジェレミー・ブレットがホームズを演じた「赤髪連盟」では、二役を演じた。

「ジェレミーは最高のホームズでした」と彼は言う。「ジェレミーは素晴らしかった。我々がホームズをどんな人間としてみるか。彼がそれを変えたのです。」

But this is not his first brush with Holmes, having played two roles in the Jeremy Brett version of The Red-Headed League.

"Jeremy was the best ever Holmes," he remembers. "He was extraordinary, and he changed the way that people perceived the character.


本題からはそれますが、おもしろいなあと思うのは、彼が演じたのがtwo rolesとしているところです。質屋の店員のVincent Spauldingと、高貴な血をひくと自分のことを言う、犯罪者John Clayですね。John ClayがVincent Spauldingとして質屋に入り込んだわけですが、こういう場合でも英語では普通にtwo rolesって言うのでしょうか。

それはともかく「ジェレミーは素晴らしかった」なんて、言ってもらわなくてもわかっていますけど(うふふ)、でもこうして当時共演した俳優が30年たってもそう言ってくれるというのは、うれしいです。1956年生まれだそうですから、この撮影当時は20代の終わりです。堂々とジェレミーのホームズとわたりあっていますね。その青年の目にうつったジェレミー。今でも何か具体的に覚えているでしょうか。きいてみたいです。

BBCのSherlockではどんな人物を演じるのでしょう。私はSherlockに関してはものすごく遅れているのですが、検索して知ったところによると、彼が演じるSir Edwinと同じ名前の人物は以前のエピソードに出てきていて、この時は違う俳優が演じたそうですね。たまたま名前が同じ違う人物ではなく、何か関連があると考えるほうが良さそうということでした。

Sherlock Christmas special: Mark Gatiss and Steven Moffat reveal new details
Den of Geek, 27 October 2015
http://www.denofgeek.com/tv/sherlock/33528/sherlock-christmas-special-mark-gatiss-and-steven-moffat-reveal-new-details

Lately, we've learnt that Blackadder alumnus Tim McInnerny (he most famously played Lord Percy Percy and Captain Darling in the BBC comedy) will be appearing as Sir Edwin, a name shared with Simon Kunz' character from His Last Vow. Is that just a coincidence? It would seem unlikely.


彼の演じるSir Edwinに、John Clayとの何かの関連もちらっとあったりすると、おもしろいのですが。

RM

 RM

Author: RM
コメントは承認後に公開されます。古い記事へのコメントも大歓迎です。2010年8月7日に始めました。
私の記事へのリンクはどうぞご自由になさって下さい。
和訳には間違いがあるかもしれません。最近は必ず英語原文を併記・またはアドレスを書いて読めるようにしていますので、どうぞそちらも参考になさってください。

全ての記事を表示する

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

QR