Jeremy のことが知りたくて ~ ジェレミー・ブレット(Jeremy Brett)を愛するかたへ

英グラナダ・テレビでシャーロック・ホームズを演じた俳優の人生を言祝いで

前回の記事で

からだを使って何かをする能力にもたけていたところも(ヴァイオリンの指使いも、ダンスも、マントを翻すことも、ソファを飛び越えることも...)若い時からホームズの頃までかわらなかったのですね

と書きました。それで今回も私の得意な芋づる式連想で、ダンスやバレエに関わることを少し書いてみましょう。踊ることに関しては何回か触れました。
バレエ;1988年のインタビューから
Wild gymnastic dances:1984年の記事より

今日はジェレミー自身が踊ったのではないのですが、Martha Graham Dance Company(マーサ・グレアム・ダンスカンパニー)の公演に俳優として関わった時のことを書きましょう。

マーサ・グレアムはモダンダンス確立の中心人物で、私も名前だけはきいたことがあります。1991年に96歳で亡くなりました。ジェレミーが参加したのは、1985年にニューヨークで三週間行われた"Song"の公演です。これについて書かれた部分がある、いずれもThe New York Timesの記事を、ネット上で読むことができます。

DANCE: MARTHA GRAHAM GIVES PREMIERE OF 'SONG'
by Anna Kisselgoff
The New York Times, April 3, 1985
http://www.nytimes.com/1985/04/03/arts/dance-martha-graham-gives-premiere-of-song.html

DANCE: GRAHAM WRAPS UP SEASON
by Anna Kisselgoff
The New York Times, April 23, 1985
http://www.nytimes.com/1985/04/23/arts/dance-graham-wraps-up-season.html

FROM SHERLOCK TO MODERN VILLAIN
by Judy Klemesrud
The New York Times, May 26, 1985
http://www.nytimes.com/1985/05/26/arts/from-sherlock-to-modern-villain.html

はじめの記事からです。

「わたしはシャロンのばら、野のゆり。」このよく知られた言葉は聖書の「雅歌」の一節だ。イギリスの俳優ジェレミー・ブレットがこの一節を朗読するにつれて、マーサ・グレアム・ダンスカンパニーのThea Nerissa Barnesがこころにうったえかけるようなステップで歩むと、ダンサーはまさに誇らしげに咲く花になっている。

''I AM a rose of Sharon, a lily of the valleys.'' These familiar words come from the Bible, and more specifically from ''The Song of Songs.'' And when Thea Nerissa Barnes of the Martha Graham Dance Company steps sensuously forward while Jeremy Brett, the British actor, speaks these lines, she is unabashedly a flower abloom.


「雅歌」(あるいは「ソロモンの雅歌」)は男女の恋の歌だそうです。恋の言葉をジェレミーはどんな優雅さと情熱で口にしたでしょうね。

ミス・グレアムの作品の見事さは、踊りが音楽にあっているのと同じように、発せられた言葉のリズムが音楽にきちんとあっていて、そしてもっと重要なことに、その言葉が踊りにあっていることだ。ミス・グレアムは今までも少なからぬダンス作品の中で朗読を使ってきた。しかし今回自分の主題にどうしても必要な要素に思い当たって、それをとりいれた。

その彼女の主題とは、こころにしみる愛だ。それは時に誇りたかく官能的な愛でもある。この作品の元になった聖書の「雅歌」あるいは「ソロモンの雅歌」とも呼ばれる一編は、愛を歌う叙情詩である。そしてミス・グレアムの作品の場合は、叙情詩として詩の読み手が自分の感情を歌うだけではなくて --- それは彼女の本来のスタイルではないから --- この作品"Song"全体で、愛するひとにやさしく触れ続ける。

そしてもしかするとブレット氏の声が本当に言葉をやさしく撫でているようであるのをきくとき、神秘的にも観客のこころにこの作品の主題がしみてくるのかもしれない。今の多くのテレビ視聴者はブレット氏を、ミステリー・シリーズの中で現在演じている役、シャーロック・ホームズとして知っている。彼はもちろんシェークスピア俳優でもあって、そのシェークスピア的な味わいが舞台袖からただよってくるようにしたのは大成功だ。ブレット氏は舞台上には出てこないが、その声は観客のこころにひびき続ける。

Miss Graham's achievement has been to see that the rhythm of the spoken words fits the music as much as the dancing fits the music - and more importantly, that the words fit the dancing. Miss Graham has used narrators and speech in quite a few other works. But here she has hit upon an element fundamental to her subject.

That subject is sensuous love, unabashedly erotic at times. ''The Songs of Songs,'' sometimes called ''The Song of Solomon'' is an outright love lyric. And while nothing in Miss Graham's canon can be totally lyrical - it is not her innate style - she has managed to make the theme of ''Song'' one long caress.

And perhaps this is felt most uncannily in the way Mr. Brett's voice seems to actually caress the words. Most television viewers of the moment know Mr. Brett as Sherlock Holmes, a part he is currently playing on a mystery series. He is, of course, also a Shakespearean actor and it is a coup, in fact, to have this Shakespearean resonance waft out from the wings. Mr. Brett is offstage, but he does not go unheard.


今回は特に訳すのが難しくて、自信がないところがいくつかあります。おかしいと思われたら、どうぞ原文もごらんください。マーサ・グレアムの踊りのスタイルというのが私にわかっていれば、もっと理解しやすかったかもしれません。

ジェレミーの音楽的な声とリズムが、音楽にも踊りにも見事にあっていたのですね。そしてこのダンスの主題である"sensuous love"(「こころにしみる愛」と訳しました)を感じさせてくれたということでしょう。 "Mr. Brett's voice seems to actually caress the words"のところ、「本当に声が言葉をやさしく撫でているようだ」としました。「詩の朗読のCD」でご紹介した 愛の詩を思い出しながら想像すると、私にとってこんな感じなのです。

俳優としてモダンダンスの公演に参加したこと、そしてそれが愛をテーマとしたものだったことは、ジェレミーにとって思い出深かったことでしょう。

RM
前回「ジェレミーのことですから、マントを翻す練習も徹底的に行ったのでしょうね」と書きましたが、ジェレミーが役になりきるための努力を惜しまないことをご存知のかたなら、うなずいて下さるでしょう。どの役者もそうでしょうが、ジェレミーにとっては特に、その人物が持っている技術・特技をできるだけ本物らしく演じるということが、とても重要なことだったようです。たとえばホームズのヴァイオリンもそうですね。

それで思い出した文章があります。ヴィクトリア期のホラー小説を元にした1966年のテレビドラマ"The Lost Stradivarius"に関する記事の一部です。このドラマでジェレミーが演じたSir John Maltraversは、若き貴族で音楽の才能があり、奇妙な経緯でStradivariusのヴァイオリンを、大学の寮の自室でみつけます。このヴァイオリンの虜になるのですが、しだいに恐ろしい出来事がおこるようになります。1966年1月の放送ですから、撮影時はジェレミーは31歳か32歳でしょう。

このドラマの写真三枚を以前こちらでご紹介しました。
ネット上のphoto archiveから(7);Getty Images その2

さて、それでは以下の記事から引用します。このドラマを含むテレビシリーズ"Mystery and Imagination"のscript editor(脚本編集者)が書いたものです。

My search for the supernatural
by Terence Feely
TV Times, 29 January, 1966

この役を演じるためにジェレミー・ブレットは、熟練のヴァイオリン奏者なら当然の、複雑な指の動きを身につけなければならなかった。

ブレットは、気味がわるいほど難なく正確に指使いを習得したので、指導したヴァイオリン教師を驚かせ動揺させた。皆は落ち着かない気持ちで、もしかしたら物語と同じように奇妙なことがおきているのかもと思い始めた。

彼のヴァイオリン演奏の演技はそれほどみているひとを圧倒するので、実際そうかもしれないといまだに思っている...。

To play the central role, Jeremy Brett had to master the intricate finger movements of an accomplished violinist.

Brett so staggered his tutor by the uncanny ease and accuracy with which he took to the violin that one began to wonder, uneasily, if life were, perhaps, going to imitate fiction.

His performance is so compelling that one is still not quite sure....


これはこのドラマシリーズの制作者側の言葉ですから少し差し引くとしても、このシリーズに出演した俳優の中でも特に名前をあげて書きたくなるくらい、不思議なほど見事で、役がのりうつったようだったいうことでしょう。そしてその、演じている役というのが、あるヴァイオリンの虜になって、最後にはこのヴァイオリンにまつわる邪悪な超自然の存在によって、身を滅ぼしていく人物なのです。

こういう、役になりきる(becomerである)ところ、そのための努力も人一倍するし、からだを使って何かをする能力にもたけていたところも(ヴァイオリンの指使いも、ダンスも、マントを翻すことも、ソファを飛び越えることも...)若い時からホームズの頃までかわらなかったのですね。この経験も役立ったのでしょう、ホームズとしてヴァイオリンを弾く様子も素晴らしかったですね。

RM
前回からの流れで、Draculaのお話をします。Draculaの写真は以前4回にわたってご紹介したように、New York Public Library Digital Collections でたくさんみることができます。
舞台 Dracula(1978-1979)の写真(その1)
舞台 Dracula(1978-1979)の写真(その2)
舞台 Dracula(1978-1979)の写真(その3)
舞台 Dracula(1978-1979)の写真(その4)

また、Draculaの頃のアメリカでの新聞もネット上でいくつか読めて、Los Angeles、およびChicagoでのDracula公演時の新聞インタビューを以前ご紹介しました。
舞台 Draculaの頃のインタビュー;新聞記事(1979)より
舞台 Draculaの頃のインタビュー(その2);新聞記事(1978)より

今日は雑誌Scarlet Streetからです。これは1992年ですから、上の二つのインタビューとはちがって、Dracula公演時ではなくホームズを演じていた時のインタビューです。

Sherlock Holmes as Dracula
by Jessie Lilley
Scarlet Street, No.8/Fall, 1992

Scarlet Street: ブロードウェイでドラキュラ伯爵を演じたんでしたっけ?

Jeremy Brett: いや、私は西海岸のドラキュラだったんです。4週間ブロードウェイに行ってドラキュラを演じないかと言われたんですが、残念ながら他の仕事があったので。ちょうどMax De Winterを演じたRebeccaの撮影が終わったところで、その後に飛行機でロサンジェルスに戻っていた時でした。ニューヨークの最高のプロデューサーの二人、Elizabeth McCannとNelle Nugentが連絡してきて、「あなたにドラキュラを演じてほしいんですけど」と言いました。それで「舞台をみせてもらえますか?」と頼みました。ニューヨークでは、あのすばらしいFrank Langellaがドラキュラを演じていました。第二幕の終わりまでには「ああ、是非ともこの役を!」と思っていました。「ブレットさん、このひとに一週間教わってください」と二人が言うので、「一週間?ええと、何を習うんですか?」「マントの練習です。」

SS: マント?

JB: 最初に舞台に出てくる時、ドラキュラは羽織っていた美しいマントを脱いで「こんばんは、Seward先生。ご機嫌うるわしくおいででしょうね。」そして手から離して見事に回転させると(マントには重りがつけてありました)、飛んでいったマントが後ろにいるメイドの腕におさまるという演出なんです。Frankが演じたとき、劇場全体、大喝采でした。観客がまるまる1分間拍手し続けたのを覚えています。私が最初の夜にこのシーンを演じた時、アドレナリンが駆けめぐったおかげで、マントがドアから飛び出して、闇の中をコウモリのように飛んでいってしまいました。

SS: ああ、それは困った!

JB: マントがどこかへ行ってしまった!マントはメイドに完全に覆いかぶさっていたんです。メイドはベルベットの重いマントの下で息ができなくなってジタバタしていました。まったくたいしたアドレナリンです。


SS: Didn't you play Count Dracula on Broadway?

JB: No, I was the West Coast Dracula. I was asked to go to Broadway for four weeks, but unfortunately, I had to do something else. You see, I'd just finished playing Max De Winter in REBECCA, and I was flying back to Los Angeles. I was approached by Elizabeth McCann and Nelle Nugent, two of New York's finest producers. They said, "We want you to play Dracula." So I said, "Well, can I see it?" I went to see it in New York and it was being played by the brilliant Frank Langella. I remember, by the end of Act Two, thinking, "God! Yes, please!" They said, "We're sending you for a week's rehearsal, Mr. Brett, with this gentleman." And I said, "A week? Well, what's it for?" They said, "To practice the cape."

SS: The cape?

JB: On his first entrance, Dracula removes his beautiful cape and says, "Good evening, Dr. Seward. I hope you're feeling well this evening." And with that he releases the clasp of the cape and twists it with enormous dexterity—the cape was weighted—so that it lands behind him in the maid's arms. Well, when Frank did it he brought the house down; I remember the audience applauded for a full minute. The first night I did it, with the adrenaline pumping through my veins, the cloak went straight out of the door and flew like a bat into the night!

SS: Oh, no!

JB: Lost my cape; it went all over the maid. She was fighting for air under all the velvet. Sheer adrenaline.


ジェレミーのことですから、マントを翻す練習も徹底的に行ったのでしょうね。見事なマントさばきは、写真でもみることができます。でも初日は勢いあまって、マントが飛びすぎちゃったということでしょう。こう話している時のジェレミーの表情が想像できますよね。あのいたずらっぽい笑顔でしょう。

具体的な描写のところ、日本語訳が間違っていないことを願っています。状況を想像しながら訳しているのですが。わからないのは、ドアからコウモリのように飛び出していったマントがメイドに完全に覆いかぶさったというところです。うーん、ジェレミーとドアとメイドの位置関係がわからない。ドアというのは舞台にしつらえた部屋のドアですね、もちろん劇場自体のドアではなく。マントは舞台上で大きくカーブを描いて飛んだのでしょうか。私の英語理解が間違っているのでしょうか。いえ、こんなことを言うのは野暮で、ジェレミーの話をくすくす笑いながらきくのが一番よいのかもしれませんね。(でも私の訳が間違っていたらごめんなさい。)

あのマントにはおもりが入っていたのですね。それできれいに翻るのでしょう。別のインタビューでは、あのマントは30ポンド(13.6キログラム)の重さで、あれを劇的な身振りで激しく振り回したので左腕が「ドラキュラ肘(ひじ)」になったと言っています。("He also has what he called 'Dracula elbow' in his left arm from flinging his 30-pound cape around dramatically." Chicago Tribune, February 16, 1979) 

ジェレミーは左利きだから「ドラキュラひじ」を患ったのは左腕なんですね。

RM
なぜか今日は、書きかけては頓挫するということを3、4回繰り返しています。それでインタビューを紹介するのはやめて、久しぶりに写真にします。

このところご紹介していたRebecca(1979年1月放送)の頃の写真をみてみましょう。下にあるのはDraculaの舞台にたっていた時のインタビューで撮影された写真で、日付は1978年11月27日となっています。

私はこの写真をはじめてみたとき、ちょっといつものジェレミーの印象と違うなあと思いました。どことはっきりと言えないのですが。特に1枚目かしら。お鼻かなあ。でもこの写真どちらも好きです。デジタルコンテンツを販売するGetty Imagesにある写真で、画像埋め込み機能がついているのでそれを利用しました。クリックするとGetty Imagesのページに飛びます。




この写真をみた時にもう一つ気がついたのは、水玉のネクタイです。これどこかでみたなあと思って、一つ思い出したのはこちらです。下のリンクをクリックすると、アメリカの放送局WHYYのページに飛びます。
http://www.whyy.org/tv12/50/1984.html

1984: Spotlight turns on
[...]
British actor Jeremy Brett, best known to Mystery! fans as Sherlock Holmes, gets wired for sound before being interviewed by WHYY's Patrick Stoner as part of the Emmy-nominated Spotlight series.

1984年に、ある番組でインタビューされる前にピンマイクをつけてもらっているところ、という説明です。同じネクタイですね。先の写真とは、1978年と1984年と時期は違いますが、同じアメリカでのインタビューです。このネクタイはアメリカの家においていたんでしょうね。他の写真でもこのネクタイがみつかるでしょうか。

(追記:さきさんがもう一枚あるのを教えてくださいました!コメント欄をご覧ください。その写真はイギリスでの写真でしたので、このネクタイ、「アメリカの家においていた」ということでもないみたいです。)

ああ、なぜか書き始めては頓挫ばかりしていた今日の記事、今回は終わりまで行き着きました。

RM
BBC制作のドラマ"The Musketeers"が、「マスケティアーズ パリの四銃士」という題でNHKで放送されていることは、以前ナツミさんのブログで知りました。このドラマでDavid Burke(デイビッド・バーク)の息子 Tom Burke(トム・バーク)が Athos (アトス)を演じていることをご存知の方もいらっしゃるでしょう。

今度の日曜日午後11時からが第六回ですから、シリーズ1、エピソード6の"The Exiles"であるはずです。日本語の題は「国王の母」となっています。エピソード6はAramis(アラミス)に焦点があたっている回で、トム演じるアトスは特別に活躍するというわけではないのですが、折々にみせるリーダーらしい振る舞いと、落ち着いた声をきくことができます。

そしてこの"The Exiles"にデイビッド・バークが出演していることは以前ご紹介しました。
David BurkeとTom Burkeの共演と、二人のインタビュー記事

この回についてのBBCのページはこちらです。キャストの12番目にFather Duvalという役名と、David Burkeの名前がありますね。
http://www.bbc.co.uk/programmes/b03xklh5

デイビッドが演じるFather Duvalは、ある村の教会の老神父で、最初に出てくるのはテーマ音楽が流れる直前です。出演場面は少ないですし、残念ながらトムと一緒の場面はないのですが、それでもうれしいです。

この神父は、人間らしい情と少しの愚かさを持つ、ごく普通の純朴な村の神父です。目立つ役ではありませんし出演時間も短いのですが、この回での重要な役の一人で、こういう普通のひとを演じて作品をささえるのも、とても上手です。私はテレビをみる環境にはないのですが、「マスケティアーズ パリの四銃士」をみていらっしゃるかたは、どうぞ今回ちょっと注意してご覧になってください。


このブログでデイビッドやトムのことにふれた記事のいくつかを下にあげておきます。
いろいろな写真、その1(David Burkeの息子、Tomのことも少し)
今日はDavid Burkeのお誕生日です
David Burkeのインタビュー記事(2012)
Mr Binksのこと(1)、でも脱線してTom Burkeのこと
David Burke, Anna Calder-Marshall, Tom Burkeの写真

デイビッドも参加した去年の9月12日のClaphamでの集まりについては、こちらでふれました。
今日で二十年です そして「こころは一緒」:1995年のインタビューより

その時のデイビッドの挨拶の映像がYouTubeにあります。
05 - David Burke speech


さて、今日の話題はジェレミーからはそれましたので、この機会にもう一つ別のことを。去年の今頃は、第二次世界大戦中に北アフリカからイギリスへ送られた手紙を、Benedict Cumberbatch(ベネディクト・カンバーバッチ)が読んでいる朗読をきいていました。車を走らせながら時折涙を流していたことを思い出します。
朗読のご紹介(でもジェレミーのではありません)

私が朗読やオーディオブックをとても好きなことはその時にも書きましたが、ますます好きになっています。ジェレミーのオーディオブックも大好きで、機会があったらもう少しいろいろ書きたいと思っているのですが、今日はベネディクトからの"Sherlock"つながりで、BBC版でハドスンさんを演じているUna Stubbsの朗読をご紹介しましょう。ハドスンさんが好きで朗読が好きな方がいらしたら、その方に。

日本を舞台にしたお話を読んでいます。これはStory Tellerという、朗読のカセットと本がセットになっているシリーズの中の一冊で、こちらにこのシリーズの本のタイトルと朗読者のリストがあります。それぞれのタイトルをクリックすると、YouTubeへとびます。Una Stubbsが朗読しているのは6冊、他にはジェレミーつながりだと、たとえばJoss Acklandの名前もみえます。 "The Copper Beeches"(「ぶなの木屋敷の怪」)でMr. Rucastle(ルーカスル)を演じた俳優ですね。
https://storytellerwebsite.wordpress.com/the-collection/story-teller-1/

1983年出版ですが、すでに絶版ですのでYouTubeへのリンクを貼ってももよいでしょう。こちらがUna Stubbsが朗読している"The Mighty Prince"で、クリックするとテーマ音楽が終わって朗読がはじまるところからです。画面を大きくすると本の文字も読めます。
https://youtu.be/U7W9dBFz3KQ?t=17s

投稿した人の説明には"A traditional Japanese tale of a prince who learns to look at life in a new way."(日本のむかし話で、若殿が今までとは違う生き方をするようになる話)と書かれています。このシリーズはイギリスでとても多くの子供達が楽しんだそうですから、日本を舞台にしたお話がその中にあったということをうれしく思いました。そしてそれをUna Stubbsが読んだということも。

RM

 RM

Author: RM
コメントは承認後に公開されます。古い記事へのコメントも大歓迎です。2010年8月7日に始めました。
私の記事へのリンクはどうぞご自由になさって下さい。
和訳には間違いがあるかもしれません。最近は必ず英語原文を併記・またはアドレスを書いて読めるようにしていますので、どうぞそちらも参考になさってください。

全ての記事を表示する

05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

QR