Jeremy のことが知りたくて ~ ジェレミー・ブレット(Jeremy Brett)を愛するかたへ

英グラナダ・テレビでシャーロック・ホームズを演じた俳優の人生を言祝いで

前回ジェレミーの若い頃の舌癒着 (tongue-tie) に触れました。今回もそれに関係するお話から始めます。

今日書きたいのは
母のことなど:1984年のインタビューより
という昨年書いた記事で引用した部分の続きです。その後半部分を再度書いた上で、今日のところに続きます。

書誌情報についてはeBayに出た切り抜きの画像には題しか載っていませんでしたが、昨年の記事にも書いたとおり、おそらくこれであっているでしょう。
The More than Elementary Mr. Jeremy Brett
Woman and Home interview by Marianne Gray, June 1984

「役者の道にすすむように励ましてくれたのは母です。母は美しくて魅力にあふれていて、半分がアイルランド人、全部がクエーカーでした。私達の家はイングランド中央部にある大きな屋敷で、コベントリーから少しはずれた田舎にありました。母はこの家をいわば『フラワー・パワー』(訳注:慣習にとらわれずに愛と反戦をひろめる、60-70年代のヒッピーたちの運動)のやりかたで切り盛りしていたんです。いつも困っている人を連れてきて住まわせていました。Westonという名の一家全員が戦争の間ずっと厩舎にいたことを覚えています。母は家にいつも音楽と活気をもたらしました。」

彼女は、4人兄弟の末っ子のジェレミーをロンドンの演劇学校 セントラル・スクール・オブ・スピーチ・アンド・ドラマに行かせてくれた。RとSの発音がうまくできないのが最初は不安だった。発音はイートン校にいたときずっと不名誉に思っていたことで、特に自分の名前を言うときに恥ずかしさを感じた(「ジェウェミー (Jewemy) って言った?」)しかし演劇学校で十分な教育をうけて、いよいよ俳優への道を歩き出した。

"It was my mother who encouraged me to act. She was a dazzling woman, half Irish and fully Quaker, and ran our home, a large country house deep in the Black Country outside Coventry, in a sort of "Flower Power" way, always filling it with people that she'd picked up. I remember her bringing home a whole family called Weston during the war and all of them stayed in our stables. She brought music and life."

She sent her youngest of four boys off to London's Central School of Speech and Drama. Briefly daunted by a vocal problem in having difficulty in pronouncing his R's and S's, a stigma which dogged him at Eton, especially with his name ("Jewemy"?), he was trained up and set off on his acting life.


舌癒着で"r"と"s"の発音がうまくできなかったということは以前から知っていましたが、うかつにも、Jeremyという名前に"r"が含まれていることにこの記事を読むまで気づきませんでした!自分の名前は"Jeremy"だと言うと、"Jewemy"?と聞き返されたら、そしてそれがからかいの種としてだったら、いやな気持ちだったでしょう。それでも俳優になりたいという意思は子供の頃から変わらなかったのですね。

さらに芸名となったBrettにも"r"がありますね。Brettは最初に父につくってもらったスーツの仕立て屋の名前だということは、何度かインタビューで話しています。私のブログでは、たとえばこちらで触れています。
ひじのすり切れたセーター、はじめてのスーツ、父の乗馬ズボン(2)

このBrettという名前を選んだときに、もしかしたらジェレミーのこころの中には、ここにも自分をずっと悩ませてきた"r"があってちょうどよい、という若者らしい挑戦心があったかもしれない、と今回あらためて想像しました。


仕立て屋の名前がBrettということからの連想で、2010年のTom and Jerry Meet Sherlock Holmes(トムとジェリー シャーロック・ホームズ)のお話をします。このアニメーション映画にBrett Jeremy(ブレット・ジェレミー)という仕立て屋が出てくることをご存知のかたもいらっしゃるでしょう。この名前はもちろんジェレミーとジェレミーのホームズを愛するひとへのひそかな目配せなのですが、それが仕立て屋の名前であるということも、さらにうれしく感じました。Brettの名が仕立て屋に由来することを知っているひとが製作に関わっているのでしょう。

この作品でホームズの声を演じているのは、イギリスの俳優Michael York(マイケル・ヨーク)です。十数年前に彼の読むオーディオブックThe Lion, the Witch and the Wardrobe(ライオンと魔女 ナルニア物語)を買って以来、私はこのオーディオブックや彼のほかの朗読が大好きですし、インタビューでそのお人柄も感じています。マイケル・ヨークは1942年生まれですからジェレミーより9歳下です。舞台でもオーディオブックでもジェレミーと共演していますし、彼とジェレミーが(ほかの友人たちも一緒だったかもしれませんが)ある舞台を観にいったときの小さなエピソードを、フォーラムのメンバーから教えてもらったことがありました。「伝聞の伝聞」とでもいうべき内容ですからここには書きませんが、マイケル・ヨークのホームズを聴いて、今はないフォーラムとともにそのことを懐かしく思い出します。

そのマイケル・ヨークが"Brett Jeremy"という仕立て屋の名前をホームズとして口にしたときに、ジェレミーの姿と声がこころの中に浮かんだだろうと想像して、あたたかい気持ちになりました。

RM

追記:マイケル・ヨークの自伝をGoogle BooksのSnippet view(断片表示)で断片的に読むことができましたので、ジェレミーと共演した舞台の題Any Just Cause (1966)と、兄弟の役だったことが載っているところを、資料として引用しておきます。

After recording a television drama, I returned to the theater in a new play called Any Just Cause in which Jeremy Brett was my brother and Phyllis Calvert my mother. Reviews were excellent apart from a crucial one from the Sunday Times, ever in disagreement.


Accidentally on Purpose
by Michael York
Pocket Books, 1993/02/01
ジェレミーには舌癒着 (tongue-tie) の障害があって、17歳で手術を受けるまではRとSがうまく発音できなかったということは、インタビューでよく話していましたし、このブログでも何度か触れました。
俳優であることの重圧:インタビュー記事 When the lights went out (1990) より
短所・長所:1989年のインタビューより

今日は1985年の雑誌インタビューから、少し引用してみます。

Interview with Jeremy Brett
by Rosemary Herbert
The Armchair Detective, Vol.18, No.4, Fall 1985

17歳まで、舌癒着のままでした。それからロンドンのセントラル・スクール・オブ・スピーチ・アンド・ドラマへ言って、どうやって発音するかを学びなおしました。

I didn't have the condition corrected until I was seventeen. And then I went to the Central School of Speech and Drama in London to relearn how to speak.


生まれてからずっと舌癒着のままで17歳まですごしたのですから、手術後すぐにRとSが発音できるようになったのではなく、あらためて学びなおして練習したのですね。今でも毎朝声を出して練習しているとも、何度か言っていました( The New York Times, May 26, 1985; Stage struck, issue 1, 1990)。

次にこれから少し後の部分、「俳優の道にどんなふうに入ったのですか」という質問への答えの途中からで、有名な舞台演出家に17歳のときに会ったことを話しているのを引用します。

Old Vic劇場で「大王タマレイン」の演出をしていたTyrone Guthrieに会って、言いました。「僕はしゅごくしゅごく俳優になりたいんです。 ("I want to be an actor vewy vewy much.") 」この馬鹿な若者に彼は困惑していました。私は自分を大柄な大人にみせようとして、兄のコートを着ていたのを覚えています。彼は、セリフなしの役ならやらせてもいいと言って、「それがいやなら、その発音をどうにかしにセントラル・スクールへ行って勉強するんだね。」そうしました。

[...] I walked into Tyrone Guthrie, who was doing Tamerlane the Great at the Old Vic. And I said, "I want to be an actor vewy vewy much." He was kind of overwhelmed at this idiot. I remember I was wearing my brother's coat to make me look bigger. And he said I could have a walk-on part in Tamerlane. "Or," he said, "you should go with that r sound to Central School," which I did.


「しゅごくしゅごく」と訳しましたが、ここは原文では"very very"を"vewy vewy"と書き表していて、'R'の音がうまく発音できなかったというところです。これは17歳の時ということですが、17歳で手術をした、その前なのか後なのかがここだけでははっきりしないのですが、私は手術後ではないかと推測します。手術で舌癒着もなおったし、子供の頃から俳優になろうと決めていたのだから、さあ、と意気込んで演出家に会いに行ったのではないでしょうか。でも実際には、手術だけではジェレミーの発音は以前とそんなにかわらなかったのだと思います。

そして兄の大きめのコートを借りて着ていたというのが、微笑ましく感じられました。3人のうちの、どのお兄様のコートでしょう。若い頃のジェレミーは華奢な感じでしたね。イートン校での写真を見たことがあるかたもいらっしゃるでしょう。
http://www.jeremybrett.info/eton.html

RM
今日は、4歳のときにお母さんの仕事場であるロケ地でジェレミーと会った女の子の話で、女の子はのちに女優になったEmilia Foxです。彼女の母親はJoanna Davidで、Rebecca (1979) でジェレミー演じるMaxim de Winterの二度目の妻の役でした。Emilia Foxは十数年後、1997年の"Rebecca"で同じ役を演じていて、これはその頃のインタビュー記事からです。

Family
The Times, January 4, 1997

冒頭部分では「彼女は4歳の時に母につれられてCornwall(コーンウォール)に行った。とても楽しかったけれども、小さすぎて母親の仕事のことはよくわからなかった。だが母と共演したジェレミー・ブレットがとても優しくしてくれたことはいつも思い出す」とあります。その後から、彼女の言葉です。

「ジェレミーはとても素敵なひとでした」と22歳のMillieは言う(家族や友達はEmiliaのことをそう呼ぶ)。「ジェレミーは私にとても優しくしてくれました。プレゼントをしてくれて、一つはきれいなネックレスで、コーンウォール石でできていました。もう一つは赤い水玉のハンカチで、両方とも大事にしています。」

"Jeremy was absolutely lovely," says 22 year old Millie, as she is known to her family and friends. "I remember that he was very sweet to me. He gave me presents, one was a beautiful necklace made of cornish stone and the other was a red spotted handkerchief. I treasure them."


4歳の女の子に優しくて、その子を楽しませているジェレミーって、想像できます。その女の子がそれをずっと覚えていて、22歳になってもプレゼントを大事に持っているんですね。ネックレスとハンカチを優しくて素敵なおじさんからもらったら、私も大喜びでずっと忘れないでしょう。

ちなみにCornish stone (元の記事では小文字で始まっていましたが、多分大文字始まりが正しいのでしょう)というのは陶芸にも使われる、長石と石英を含む石だそうです。
http://ceramicdictionary.com/en/c/783/cornish-stone

そして39歳の、2014年のインタビューでもハンカチのプレゼントに触れていて、「まだ持っています」と言っています。多分ネックレスも持ってますね。
https://www.hampsteadtheatre.com/news/2014/01/the-sunday-times-emilia-fox-interview/

それだけのことですけど、嬉しく読みました。

RM
今日はネット上で読める新聞から引用しましょう。前回ご紹介したテレビ番組中のインタビューで、ホームズの持つ静けさについてジェレミーが話していましたね。こちらの記事のインタビューでも話しています。掲載されたBeaver County TimesはPennsylvaniaの新聞で、1991年11月13日付ですからアメリカツアーの時です。

Jeremy Brett reprises his role as Sherlock Holmes
by Lee Winfrey
Beaver County Times, Nov 13, 1991
http://news.google.com/newspapers?id=D7UiAAAAIBAJ&&pg=1217,2695166

Floridaの新聞にも同じ記事があります。ただし記事の最後の部分が省略されています。

Brett delves into Holmes' character
Ocala Star-Banne, Nov 13, 1991
https://news.google.com/newspapers?&id=z8tOAAAAIBAJ&pg=3514,1575850

最初はこんなです。情熱的に語るジェレミーの様子が想像できます。

ジェレミー・ブレットはシャーロック・ホームズを研究し演じることにこの9年間没頭してきたが、20世紀においてもっとも有名なこの探偵の奥深さ、生き生きとした個性、そして性格を、いまだに驚きと情熱をあらわにしながら語る。

Immersed for the last nine years in the study and depiction of Sherlock Holmes, Jeremy Brett still speaks with wonder and enthusiasm about the depth, color and character of the 20th century's most famous detective.


このあと、いろいろと興味深いことをジェレミーが話しています。撮影がはじまる前にホームズについて研究したとき、役に入るためにどんな手がかりを使ったのか、どんなふうにしてホームズという役に近づいていったのかという問いにジェレミーが答えた部分です。そして、ホームズの静けさにも触れています。

多分 --- 滑稽にきこえるのを承知で言うんですけど、でも本当なんです --- ホームズの歩き方がわかったと思った時、ホームズに近づけました。あの歩き方はおもに靴のせいです。挿絵にある先のとがった靴が重要なんです。

それから手の動きがわかりました。ただ、まだつかめていないのは、ホームズの中の静けさです。ホームズは話し始めると止まらないんです。ずっと話しながら静けさを保つには、どうしたらよいのでしょう。

自分の演技で好きでないのは、突然鼻の穴をふくらませたり唇をゆがめたりするところです。そんなふうにしているつもりはないんですけどね。ホームズを演じるのはわくわくします。冒険する男ですから、彼に次にどこに連れていかれるのか、全くわかりません。

"Probably — I know this sounds ridiculous, but it's true — it was when I thought I learned how he walked. That's largely the result of the shoes, the boots with pointed toes that are pictured in the books.

"Then came the hands. The thing I still can't do is his stillness. I find that impossible to get. He never stops talking. How do you keep still when you talk?"

"The things I hate about my performance are when I suddenly see a flare of a nostril or the twist of a lip, and I didn't mean that. He's exciting to play because he's such an adventure. I never know where he's gong to take me next."


まず歩き方のところ、"the boots with pointed toes that are pictured in the books"と言っています。bootsとありますが、イギリスではくるぶしを覆う長さがあればbootと言うと辞典にありました(ランダムハウス英和大辞典)。「ブーツ」と訳すといわゆる長靴を想像しがちですので「靴」と訳しておきました。いくつか挿絵をみると、ホームズの靴はいずれも先がとがってみえました。当時のはやりだったのでしょうか。
(追記:この頃の靴について、さきさんに教えていただきました。コメント欄をご覧ください。)

ジェレミーの手の動き、独特ですよね。ホームズ以外を演じているときや普段も、手の動きも含めた身のこなしが素敵ですけど、ホームズの時は格別ですね。皆様いっぱい思い浮かぶでしょうが、私が今思い出したのは、The Copper Beeches(「ぶなの木屋敷の怪」)で221Bを訪ねてきたヴァイオレット・ハンターを部屋から追い出す仕草。「追い出す」なんて言ったらおこられるかもしれませんが、「さあ話はすんだのだから」という素っ気なくも優雅な手の動き。あの独特な動きがなかったら、単なる失礼な人になってしまいますね。

そして静けさ。「静けさをまだ表現できていない」と言っています。眉や鼻や唇が動いてしまう、と前回のインタビューでも実演まじりに話していました。私たちはたとえば口の端のひそかな動きだけで、ホームズの感情を感じますが、ジェレミーとしては、動きを介して内面を感じさせるだけではなく、完全な静寂の中でもと思っているのでしょう。でも、表情も何も動かしていないけれども、私たちの目が釘づけになる瞬間はたくさんありましたよね。たとえば前回のインタビュー映像に挿入されていた、221Bの窓からモリアーティをみるホームズ、表情がまるで動いてなかったことにあらためて気づきました。

この引用部分からも、ジェレミーが演じることに求めるものの高さと深さを感じます。

それ以外にもホームズの静けさにふれたジェレミーの言葉としては、4年前になりますが「おはなのはなし:インタビュー "Holmes' Encore" (1992)より」で引用したものがあります。この頃は原文併記を原則としていなかったので、あらためてここに引用しましょう。訳も少しかえました。

Holmes' Encore
by Elizabeth Trembley
The Armchair Detective, Vol.25, No.1, 1992

ホームズは内に秘めたエネルギーを持ったままで、外には大いなる静けさをあらわす男と私はとらえていて、そういうホームズを演じているとき、石のように不動でいると思っています。ところが実際は体がピクピクと動いて、鼻の穴を膨らませて、眉をつりあげたりしているんです。ひとには痙攣している大げさな俳優と思われているでしょうね。

I see Holmes as great stillness with tremendous energy. I think when I'm doing it I'm still as stone. But I twitch, my nostrils flare, my eyebrows arch. It comes across as an over-the-top twitching actor.


内に秘めたものと、外にあらわれる静けさと、両方を同時に表現するのが課題だったのでしょう。演じることに情熱を傾けている感じが伝わります。最後のあたりは例によって、きいている人をクスッと笑わせるジェレミーですね。



さて今日は8月7日、ここを始めたのが2010年8月7日の土曜日ですから6年たちました。あの日、三方を高いビルに囲まれた吹き抜けの広場にテーブルと椅子が置いてあるところで、コーヒーを買って日陰の場所を選んですわって、本を読んだり考えたりしていました。その一年前の同じ日に、人生がひっくり返るような、生まれたばかりの赤ん坊の目で世界をみるような経験をしたことを思い出していました。(でもある意味では人生はひっくり返らず私は何も変わらず延々と続いているし、ある意味では毎夜眠りのうちに意識を失っては生まれかわっています。)

そして突然、ブログを始めようと思いたちました。あの夏の日の青空とコーヒーから6年、そしてあのひっくり返った日からの7年を考えると楽しいことも悲しいこともあって、でも過ぎてしまえばすべて、ありがたく思います。これから終わりまでの月日も楽しいことも悲しいこともあって、でも振り返れば懐かしい日々でありますように。ご縁があってここに来てくださる皆様にとっても。

そして今日はEdward Hardwickeのお誕生日です。おめでとうございます。(そして今日がワトスンの誕生日と考えているひともいますね。ブログをはじめて2年目の「かどをまがって」のコメント欄で、ナツミさんに教えていただいたのでした。3年目の「Edward Hardwicke のお誕生日です」の記事の追記に、この説についての情報があるウェブサイトを書いています。)

RM

 RM

Author: RM
コメントは承認後に公開されます。古い記事へのコメントも大歓迎です。2010年8月7日に始めました。
私の記事へのリンクはどうぞご自由になさって下さい。
和訳には間違いがあるかもしれません。最近は必ず英語原文を併記・またはアドレスを書いて読めるようにしていますので、どうぞそちらも参考になさってください。

全ての記事を表示する

05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

QR