Jeremy のことが知りたくて ~ ジェレミー・ブレット(Jeremy Brett)を愛するかたへ

英グラナダ・テレビでシャーロック・ホームズを演じた俳優の人生を言祝いで

前回のインタビューの、今度は最後の部分を引用しましょう。Edward Hardwicke(エドワード・ハードウィック)がグラナダ・シリーズ全体を振り返ったのち、ジェレミーを偲んでいます。インタビューのタイトルは"Elementary My Dear Watson: An Interview with Edward Hardwicke"で、北米版のDVDの特典としてついていたものです。映像の最後には2003年と書かれていますから、撮影は2002年か2003年くらいでしょう。

二つに分けてYouTubeにアップロードされたうちの、今回は二つ目の部分、その7分27秒からです。
https://youtu.be/d1FBZznsoXU?t=7m27s

トランスクリプトは前回同様、For Fans of Jeremy Brettというファン・フォーラムからです。
http://jeremybrett.livejournal.com/42035.html

今回引用する部分のはじめと終わりは以前にご紹介したことがあります。
Edward Hardwickeのジェレミーを語る言葉;Elementary My Dear Watson (2003) より

この時はFor Fans of Jeremy Brettにあるトランスクリプトではなく、IMDbにある引用集を使ったため、途中の一部が含まれていませんでした。今日はあらためて、映像にある部分を続けたかたちで引用します。

グラナダ・シリーズの撮影は、本当に幸せな時間でした。二人のすぐれたプロデューサー、Michael CoxとJune Wyndham-Daviesがいて、ホームズの物語について知り尽くしていました。魅力的な出演者ばかりで、皆このシリーズに出られることをこころから喜んでいました。私には生涯の友達がたくさんできて、今もよく会っています。そしてジェレミーがすべての中心でした。こころが広くて、すばらしくユニークなジェレミーがいてこそのシリーズでした。

とても幸せな日々で、ジェレミーが亡くなったのは本当に残念でさびしいことです。すごくさびしいです。撮影が終わってからはジェレミーと会う機会は少なかったけれども、フランスにいる私によく電話をかけてくれました。ジェレミーは冗談を思い出して、その冗談の締めの一言が思い出せないまま電話を切って、でも後ですぐかけ直してくれたりしました。彼は素晴らしい人で、もうこの世にいないのはとても残念です。そして悲しいことに、その仕事に見合っただけの栄誉をうけませんでした。あの演技に対して何の賞もうけなかったのです。でもジェレミーのホームズはこの先も忘れ去られず残ると確信しています。彼は素晴らしいホームズだったのですから。

The whole series was a hugely happy occasion. Two wonderful producers, Michael Cox and June Wyndham-Davies, who were wonderfully knowledgeable about the stories. Lovely casts of people, these people were thrilled to be in it, they were thrilled to be in it. I made lifelong friends of a number of people I see frequently. And, as I say, dominated by Jeremy; hugely generous, umm, wonderfully eccentric.

But it was a very, very happy time and he's deeply and sadly missed. I mean, I miss him, I miss – although we didn't see a lot of each other after we'd finished he used to phone me in France and, uh, come up with jokes and he would never remember the tag and he'd have to put the phone down and ring back. But, umm, he was a-an extraordinary man and a great loss and sadly, I feel, not honored enough for what he did; he didn't get any gongs for that performance. And it will be remembered, I'm sure, because I think he was an extraordinary Holmes.

Transcript: http://jeremybrett.livejournal.com/42035.html

エドワードは静かな表情と話し方です。ひとによっては、そっけないと感じるかもしれません。ジェレミーの冗談のところでも笑わないし、さびしいと言う時もジェレミーは何の栄誉も受けなかったというところでも、悲しみも残念な気持ちも、おもてにはっきりとはみせません。でも聴いている私たちには、エドワードがこころの底でずっと同じ思いを抱いていたことがわかります。長くかわらない、こころからの気持ちだということがわかります。

そして、ジェレミーのホームズは忘れ去られることはなく、人々はずっと覚えているだろうとエドワードが語ったこのインタビューから15年ほどたった今、このことを疑う余地はまったくありません。

RM
今日はEdward Hardwicke(エドワード・ハードウィック)へのインタビューから引用します。

前回、「どうしてもエドワード単独へのインタビューの内容が、記憶からすりぬけてしまいます」などと書いてしまいましたが、エドワードへのインタビュー映像 "Elementary My Dear Watson: An Interview with Edward Hardwicke"での内容はよく覚えています。北米版のDVDの特典だったとてもよいインタビューで、以前こちらで触れたことがあります。
2011年5月22日

このDVDセットの前の版にもついていたかもしれませんが、私が持っているのはこちらです。
https://www.amazon.com/dp/B000RPCJB6

このDVDセットについていたインタビューは、YouTubeに二つに分けてアップロードされています。インタビュー全体ですから引用の範囲を越えていますが、そう長くはない映像だということもあって、こちらにアドレスを書きます。今日私が引用するところは4分38秒からです。
https://youtu.be/UCYzvzp9Z_Q?t=4m38s

もとのDVDで字幕はついていませんでした。でもFor Fans of Jeremy Brettというファン・フォーラムにトランスクリプトがありますので、これを使わせていただきます。
http://jeremybrett.livejournal.com/42035.html

この部分を選んだのは、映像作品での監督と俳優の関係や、役作りの一端がわかる気がしたからです。日本語訳は読みやすいように、段落を二つに分けました。

「修道院屋敷」は私がワトスンを演じるようになって最初に撮影した作品でした。Peter Hammond(ピーター・ハモンド)が監督で、この後もグラナダ・シリーズで多くの作品を監督しています。彼はこの時、私にとってものすごく意味がある解釈や指示をくれて、私のワトスンのとらえ方に大きな影響を与えてくれました。多分誰かが、ピーター・ハモンドは助けになってくれるはずだと思って選んだのだと思います。

「修道院屋敷」に、ホームズが部屋の中で歩きながら状況を分析し推理しているシーンがあって、ハモンドが私に「ここで吸ってほしいな。」私が「何がいいだろう。」「紙巻きタバコを吸ってください。」それでタバコを手にして吸ったら、彼が「いや、そうではなくて、タバコを顔に近いところで持ったままにして、その手をあまり遠くには動かさないで。」 たいして意味がなさそうにきこえるだろうけど、その時に演じている状況にあてはめたらすぐにわかりました。「ああそうか、この間(かん)の時間と、没頭しているところをあらわしているんだ。」これが自分のこころの中で、ワトスンがどういう人間かを判断して理解するきっかけになりました。なぜかはわからないし、今ここで説明はできないのですけど。

"The Abbey Grange" was the first one I was involved in. And a director called Peter Hammond, who subsequently did a lot of them, umm, did it and he gave a couple of notes which were hugely important to me and they made a lot of difference to the way I looked at the part. And I think it had been a deliberate choice, I think somebody thought, "He can help.” There was a sequence in "The Abbey Grange" where Holmes is pacing around trying to work this thing out and Hammond said to me, uh, "I want you to smoke." And I-I said, "Yes, what, smoke what?" He said, "Cigarettes, I want you to smoke cigarettes." So I (took a) cigarette and he said, "No, no, no," he said, "Keep the cigarette very close to your face, don't move it away too far." And, it doesn't really mean anything in its explanation but in the context of what we were doing it immediately made me think, "Yes, that suggests time and concentration." And it somehow triggered something in the back of my head that made me think “Watson", I don't know why and I couldn't explain it to you today.

Transcript: http://jeremybrett.livejournal.com/42035.html

これをはじめて聴いた時、わからないなりに、なんて面白いんだろうと思いました。タバコを吸う仕草一つに、その時の状況と、その状況の中であらわれるワトスンの性質が見てとれるのですね。自分が持っているイメージを具体的な形で監督が口にして指示を出して、それを俳優が受け止めて、役ができていく。監督もすごいけど俳優もすごい。あうんの呼吸という感じがします。

"Yes, that suggests time and concentration." とエドワードが思ったところ、どう解釈するかむずかしいのですが、私なりに考えてみました。ここは一度立ち去った屋敷にもどってからの場面ですね。原作では食堂に2時間こもって、となっています。グラナダ版が2時間を想定しているかはわかりませんが、この場所に長くこもってホームズの調査を見守り、彼の推理をたどっているワトスンは、こういう時にタバコをおおきな仕草でスパスパと吸う性質(たち)ではなく、そしてまたワトスンが静かにタバコをくゆらすのを私たちがみて、この部屋で長く推理に没頭している二人を感じるということではないでしょうか。

ジェレミーとエドワードが映像作品と舞台をくらべて、いろいろと話していましたが、このような目立たない、かすかな仕草・演技が映像作品では意味を持つのですね。観ているひとが仕草の意味を明確にみてとってはいなくても、意識下で全体として感じたり、演じている俳優本人が役を理解して役を生きる助けになったりするのでしょう。「なぜかはわからないし、今ここで説明はできない」("I don't know why and I couldn't explain it to you today.")というほど微妙なことなのですね。

そしてこのインタビュー全体をとおして、エドワードの自然な謙虚さとおだやかさがあらわれていて、何度聴いても静かな懐かしさを感じます。

RM
二人のワトスンそれぞれと共に演じた中でどの話が一番好きか、とジェレミーがインタビューで尋ねられて答えているところを引用します。インタビューアはDavid Stuart Daviesです。ジェレミーは一番好きな話は選べないと言って、好きなシーンをあげています。

この内容は二つに分けてDavid Stuart Daviesの著作にも書かれていますから、これを読むのははじめではありません。でも本では一部でしたし、亡くなる年の2月かそれ以降にジェレミーが語った言葉だということを、このインタビュー記事を読んではじめて知りました。1995年のはじめにジェレミーのフラットで最後に会った時のインタビューに、ジェレミーが掲載雑誌Scarlet Streetの出版人であるJessie Lilleyにそのあと電話で話した内容も加えたインタビュー記事だと書かれています。ジェレミーとDavid Stuart Daviesが最後に会ったのは1995年2月のはずですから、この時かそれ以降です。

SSはインタビューアです。中でジェレミーがTedと言っているのは、Edward Hardwickeのことです。

Dancing in the Moonlight: Jeremy Brett, A Last Talk with David Stuart Davies and Jessie Lilley
Scarlet Street, No. 20, Fall, 1995

SS: 二人の違うワトスン、David Burke (デイビッド・バーク)とEdward Hardwicke(エドワード・ハードウィック)とで、どの話が一番好きですか。
JB: 選ぶことはどうしてもできません。二人はそれぞれ独自の素晴らしさを持ったワトスンでした。とても好きなシーンはいくつもあります。「踊る人形」で土地の警察が私が何者かを知らなかった時に、デイビッドが私のために口を開いた、あの時の様子がとても好きでした。前に出て「こちらはシャーロック・ホームズ氏です」と告げた、あの時です。「最後の事件」での演技にも感動しました。Ted(テッド)が「空き家の怪事件」で帰ってきた友を前に気を失って、その後の安堵がはっきりとみてとれたことにもこころうたれました。気持ちが繊細でもろいワトスンをみせてくれました。「マスグレーブ家の儀式書」でも見事な演技でした。あれは私たちの作品の中で最高のものの一つだと思います。

SS: Tell us, which were your favorite episodes with your different Dr. Watsons, David Burke and Edward Hardwicke?
JB: I cannot possibly choose. They were both splendid Watsons in their own individual way. There are moments I'm fond of. I loved the way David stood up for me in THE DANCING MEN, when the local police didn't know who I was. He stepped forward: "This is Sherlock Holmes." I was very touched by his performance in THE FINAL PROBLEM. Ted's faint and obvious relief at his friend's return in THE EMPTY HOUSE was also very touching. He showed such vulnerability. He was so very good in THE MUSGRAVE RITUAL, which is one of the best we ever did.


「踊る人形」でのシーンを見直しました。二人は屋敷に歩いて入ってきて、先にホームズが口を開き歩みをとめる。ワトスンはさらに歩いてホームズより前に出てとまる。ワトスンはホームズのために先に出たのですね。この後のジェレミーの演技も見事でした。"Mr Hilton Cubitt ... " と言いかけて "... was my client."と過去形で言う時の表情に、ホームズの感情があらわれていました。

「空き家の怪事件」でのワトスンが失神するシーンは、目に焼き付いています。この時のことをエドワードが話しているインタビューがあるとよいのですが。気をつけておきましょう。(どうしてもエドワード単独へのインタビューの内容が、記憶からすりぬけてしまいます。)「マスグレーブ家の儀式書」については具体的なシーンは言及していませんが、どこのことでしょうね。名シーンがたくさん思い浮かびます。

そして、このように二人のワトスンの演技を思い出して讃えている言葉が、亡くなる年、すでにホームズを演じ終わり、心臓の状態がとても悪いことがわかって間もない頃のジェレミーの口から出ていたことを知って、ジェレミーはどんな気持ちでどんな口調で語っただろうかと思っています。

RM
今日二つ目の記事です。しばらく前からここでご紹介したいと思っていたことがもう一つあるのです。Colin Jeavons(コリン・ジェボンズ)のとても素敵な写真をみつけました。

一月ほど前にこの記事を書きました。
Colin Jeavonsについてきかれて:1992年の雑誌インタビューより

それをきっかけに、コリンの近況がネット上にあるといいのだがと思って検索してみました。

コリンについては以前にも何回か書いています。たとえばこちらでは、2013年に"The Black Country Bugle"という週刊の新聞のウェブサイトに載ったコリンの写真をご紹介しました。
私たちの大好きな...

こちらでは2007年の(過激な)音楽ビデオに出た時のことを書いています。
Colin Jeavonsのこと(5)

今回は、まずはコリンの息子さんの一人がFacebook上のコリンのファングループに送った写真です。1枚目は2016年、お隣はお友達だそうです。2枚目も2016年、3枚目は撮影の年はわかりませんが、同じ頃でしょう。
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=10153952311103767
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=10154239875273767
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=10153948490018767

こちらはTumblrからです。このTumblrのページの持ち主が上のFacebookのグループを立ち上げたひとのようです。1枚目はコリンと奥様の笑顔。いい写真ですね!
https://inspectorhamster.tumblr.com/post/139631829187
2015年9月、50回目の結婚記念日の時だそうです。
https://inspectorhamster.tumblr.com/post/140309207732
こちらがその時からさかのぼること50年、1965年9月11日、結婚式の日の写真です。
https://inspectorhamster.tumblr.com/post/139631941492

(Tumblrのそれぞれのページで下にスクロールすると、"MORE YOU MIGHT LIKE"という写真があらわれて、他にもご夫婦でうつっている写真があります。"MORE YOU MIGHT LIKE"の内容は、誰がこのページをみても同じなのかがよくわからないのですが。)

お二人のお幸せそうな様子を拝見してうれしいです。どうぞこれからもお元気で。

RM
補遺・備忘録として、二つのことを書きます。

1. まわりの状況に敏感なジェレミー

前回の記事のコメント欄でことりさんが、ジェレミーは「自分達俳優の周りでスタッフの誰が何をしていて、カメラの向きがどうで、その中で自分達がどういう動きをして、それが映像になるとどう映っているか、そういうことをすごく意識している」と書いていらっしゃいました。それで思い出したインタビューが二つあるのですが、それはまた後日。

今日は連想で、こんなのを。プロデューサーのMichael Coxが著したA Study in Celluloid (1999)には写真が何枚か載っていますが、その一枚にはこんなキャプションがついています。

「最後の事件」のロケ地でのジェレミー。
この写真はアシスタントディレクターのLes Davisを写したものだが、50ヤード離れていてもカメラのシャッターの音がジェレミーにはちゃんときこえる。

Jeremy on location for The Final Problem.
The subject of the photo was Les Davis, first assistant director, but Jeremy could hear a camera shutter fifty yards away.


その写真は以前、ジェレミーのファンサイト(多分For Fans of Jeremy Brett)で見ましたが、今回さがしたらドイツスイスの新聞のウェブサイトにありました。2015年の記事で、上から三つ目の写真です。
http://www.jungfrauzeitung.ch/artikel/139092/

右手に登山用の杖を持ったジェレミーが、左手を大きく横に広げています。実際の本の写真でも画質は悪くて表情はみえないのですが、これ、ジェレミーは絶対にこにこ笑っていますね!

英語に自動翻訳して読んだら、グラナダシリーズの「最後の事件」のロケ地に関する詳しい情報を、ドイツのシャーロック・ホームズ協会がさがしている、という記事でした。情報はみつかったでしょうか。
(それにしてもこうして自動翻訳すると、ドイツ語と英語の近さがよくわかります。フランスのジェレミーのファンサイトも、フランス語から英語への自動翻訳で十分に理解できます。)


2. ジェレミーが出演している作品のYouTubeへのアップロード

このところネットのファングループ、SNSなどで話題になっていますが、ジェレミーが出演しているBBCの作品が、ファンによってYouTubeにアップロードされました。

これは1975年放映のLove's Labour's Lostで、Martin Shawが主演、Jeremy BrettがBerowneを演じた作品です。ここに書いた語をキーワードとしてYouTubeを検索すれば容易にみつかるはずです。

これはビデオにもDVDにもなっていません。直接アドレスを書かないのは、これは放映当時に家庭用ビデオデッキで録画されたものとは思えず、有料ダウンロードサイトに由来する映像だと考えるからです。BBCがはじめたウェブサイトから、イギリス国内の人に限ってBBCの作品をダウンロードできました。このサイトはしかし、今年11月に閉じることになってしまいました。
http://www.radiotimes.com/news/2017-05-26/bbc-store-to-close-as-corporation-admits-defeat-in-the-face-of-streaming-service-rivals

ここからダウンロードできるなかで、市販されたことのないジェレミー出演作品は、この一作でした。ビデオにもDVDにもなっていない、ジェレミーが出演しているBBCの作品はたくさんあります。それがリストに加わること、そしてイギリス限定のサービスではなくどこからでも購入できるようになるのを待っていましたが、終わることが決まってとても残念です。

直接アドレスは書きませんが、興味のあるかたはYouTubeで検索してみてください。この映像の由来が私の考えるとおりなら少々問題がありますが、すでにファンの間では知られつつありますから、この映像がネットに存在することをここでもお知らせします。この作品の内容についてはまたいつか書くかもしれません。ジェレミーは舞台でもオーディオブックでも、同じ役を演じています。

1968年のThe National Theatreでの舞台の写真("Joan Plowright and Jeremy Brett in Love's Labours Lost in 1968")はこちらでご紹介しました。
ジェレミーの80回目のお誕生日、そしてNational Theatreの50年

オーディオブックについては以前こちらに書きました。
Love's Labours Lost (1974) のオーディオブック再発売

RM

 RM

Author: RM
コメントは承認後に公開されます。古い記事へのコメントも大歓迎です。2010年8月7日に始めました。
私の記事へのリンクはどうぞご自由になさって下さい。
和訳には間違いがあるかもしれません。最近は必ず英語原文を併記・またはアドレスを書いて読めるようにしていますので、どうぞそちらも参考になさってください。

全ての記事を表示する

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

QR