Jeremy のことが知りたくて ~ ジェレミー・ブレット(Jeremy Brett)を愛するかたへ

英グラナダ・テレビでシャーロック・ホームズを演じた俳優の人生を言祝いで

ラジオ番組 Desert Island Discsは、無人島に行くことになったら持っていくであろう音楽をゲストが5曲選んで、それを流しながら番組のホストと話をするというものです。1991年にジェレミーがアメリカ・ツアーに行ったときにアメリカで収録されたものの録音が残っていて、以前こちらでその一部、ハムレットを演じたときのことと、南アメリカへのヒッチハイクの旅について話している部分をご紹介しました。今日は奥様Joanの話をしている部分を一部抜粋してご紹介します。

はじめから年代を追って話をしてきて、南アメリカへの旅と、Alec Guinessと共演した芝居の話をします。「その次はどんなことが起きたんですか?」と司会者が問うのに答えて、

それから「Design for Living」の芝居に出ました。その時は知らなかったのですが、最愛の人が僕をみていました。彼女はステージにいる僕をみたのです。一度彼女にたずねたことがありました... 。ちなみに彼女の名前はJoan(ジョーン)といいます。Joanie(ジョーニー)は...(司会者が「彼女は普通に観客として劇を観に来たのですか?」とたずねるのに対して)芝居に出ていた僕を観に来たのです。彼女が言うには「あなたのせりふを聴いていたんじゃないのよ。あなたの足の動かし方をみていたの。」それをきいて、顔が真っ赤になりました。(司会者が笑う。)

他の機会には、ジェレミーは「Joanは僕が片方の足からもう片方へ、重心を移すやりかたが好きだった」と言っています(引用されているのですが、出典はわかりません)。Joanは多分、ジェレミーの独特な身のこなしが好きだったのですね。


1975年には、「The Rivals」の撮影中でした。そしてそのとき僕たちは出会ったのです!彼女がそのお膳立てをしたのじゃないかと思うのです。というのは僕以外にも主要な出演者はいたのに僕が選ばれたのですから。カメラの前ではじめて出会い、話しているところを4分間収録するはずが、2時間半カメラの前で話し続けました。そして1978年に結婚した時、新郎の付添人をつとめてくれた友人が、結婚のプレゼントとしてカットされた部分を贈ってくれました。僕らが暗い中でその映像をみたのは幸いでした。だって顔が赤くなっていましたからね!

二人が出会ったのは、Joanがプロデューサーだった番組「Classic Theatre」で、ジェレミーが出演している「The Rivals」を放送するのに先立って、アメリカの視聴者にこの作品とその脚本家Sheridanの紹介をするためにつくられた番組(Classic Theatre Preview, 1975年11月放映)の収録の時でした(新聞のテレビ欄より)。ちなみに結婚の年については、別のインタビュー(Evening Times, 1986年8月)ではジェレミーは1976年と言っていますし、The New York TimesのJoanの死亡記事や、Boston GlobeのJoanを紹介する記事では1977年、The GuardianやThe New York Timesのジェレミーの死亡記事では1978年となっています。ウェブサイト Jeremy Brett InformationをつくっているRebeccaは頭を抱えていて、ロンドンのとある女性が後で困ると知っていたら、ジェレミーももっとはっきりさせてくれたでしょうに、とぼやいていました。私は、二人が人生のパートナーとして生きることを決めたのが1976年、アメリカで結婚披露のパーティをひらいたのが1978年なのではないかと思っています。そしてDancing in the Moonlightにも記述がある1977年11月22日というのは、公式な結婚届けの日にちではないでしょうか(アメリカにもイギリスにも戸籍制度はないそうです)。


僕たちは誕生日が同じなんです。(司会者の「いつですか?」の問いに)11月3日です。(「おめでとうございます」)はい、もうすぐです。義理の母とすごす予定にしていて、楽しみにしています。僕たちはとても愛しあっていました。(どんな仕事をしていたのですか?)彼女は「Mystery!」をつくったんです。(え、本当ですか!)

Joanとジェレミーは同じ誕生日でした。誕生年に関しては、Joanが3歳2歳年上だと書いているウェブサイトもあるようですが(Brettish Empire)、今のところはっきりとはわからない、と多くの人が考えているようです。というのは死亡記事でも、Joanは本人の意思で年齢を明らかにしていなかった、とされていますし、Massachusettsにあるお墓の墓石にも生年は書かれていないのです。(ウェブ上でお花を捧げることができるサイトに、お墓の写真があります。http://www.findagrave.com/cgi-bin/fg.cgi?page=gr&GRid=6839525)ただ、私もJoanはジェレミーとほぼ同じ年齢か少し上だと想像しています。(追記:genealogy(系譜学)の専門家によると、データベースによればJoanは5歳年上だそうです。)

「Mystery!」はアメリカの公共放送サービス(PBS)の番組です。ジェレミーのホームズはアメリカではこの番組で放送されました。

Joanとの出会いを話すところでは、はじめはこころなしか、声が悲しげにきこえますが、その後はとても楽しそうに話しています。「彼女は『Mystery!』をつくったんです。」と言うところは、本当に誇らしげです。この音声は以前のThe Jeremy Brett Archiveにはあったのですが、Jeremy Brett Informationにはまだアップロードされていません。アップロードされたら、またお知らせします。

このあと、Joanがどんな女性だったかをジェレミーが話しています。続きは次回ご紹介します。

RM
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://upwardjb.blog112.fc2.com/tb.php/131-08acaba2

 RM

Author: RM
コメントは承認後に公開されます。古い記事へのコメントも大歓迎です。2010年8月7日に始めました。
私の記事へのリンクはどうぞご自由になさって下さい。
和訳には間違いがあるかもしれません。最近は必ず英語原文を併記・またはアドレスを書いて読めるようにしていますので、どうぞそちらも参考になさってください。

全ての記事を表示する

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

QR