Jeremy のことが知りたくて ~ ジェレミー・ブレット(Jeremy Brett)を愛するかたへ

英グラナダ・テレビでシャーロック・ホームズを演じた俳優の人生を言祝いで

プロモーション・ツアーでアメリカをまわっていた時に収録されたラジオ番組から、Joanのことを話している箇所を中心にご紹介してきました。このあと、ジェレミーは当時の世界情勢にふれ、最後に自分で5曲目を紹介し、別れを告げます。

これを最初にきいたとき、ラジオ番組で俳優が世界情勢にふれる、というのは日本ではあまり考えられないので、少し驚きました。そのあといろいろなインタビューや記事を読んで、ジェレミーが世界の政治情勢や世界平和を含めて、いろいろなことに興味を持っている、視野の広い人であることがわかってきました。たとえば以前ご紹介した「Scrawl」のインタビューでも世界情勢にふれています。

今回、「ジェレミーの悲しみと、あたたかさ」というタイトルで、2つのインタビューを紹介してきました。ジェレミーは悲しみを経験することで、より強くよりあたたかく生きた人だと思います。その一方で、ジェレミーはとても多面的な人で、ある面だけを強調しすぎると他の面が目に入らなくなってもったいない、と感じたりもしています。たとえばとても子供っぽくてかわいらしい面もあって、ジェレミーのcuddlyなところが好きだ、という人がいました。この言葉もはじめて知ったのですが、「抱きしめたくなるような」という意味だそうです。ジェレミーのことを知れば知るほどその魅力を感じます。

でも日本にたくさんの悲しみが生まれた今、ジェレミーのある面をご紹介したいという気持ちが生まれて、何回かにわたって書きました。もう少し続けるつもりでしたが、3月くらいから私の中に生まれたさびしさが、少しずつ育ってきているようです。数日前から、ここをお休みすることを考えていました。無理をしないようにして、しばらく書く事をやめます。定期的に見に来てくださる方を、お一人知っています。また、mixiで励ましてくださった方がお一人いらっしゃいました。コメントを下さった方、拍手を下さった方、以前メールでお話ししたことのある方にもご心配をおかけしないように、お休みのご挨拶を書きました。そんなに長くお休みすることなく、また書きたくなるかもしれません。それではその時まで。

RM
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://upwardjb.blog112.fc2.com/tb.php/137-2b22c78d

 RM

Author: RM
コメントは承認後に公開されます。古い記事へのコメントも大歓迎です。2010年8月7日に始めました。
私の記事へのリンクはどうぞご自由になさって下さい。
和訳には間違いがあるかもしれません。最近は必ず英語原文を併記・またはアドレスを書いて読めるようにしていますので、どうぞそちらも参考になさってください。

全ての記事を表示する

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

QR