Jeremy のことが知りたくて ~ ジェレミー・ブレット(Jeremy Brett)を愛するかたへ

英グラナダ・テレビでシャーロック・ホームズを演じた俳優の人生を言祝いで

前回の続きではなく、今日は短い記事になってしまいますが、写真をご紹介します。Jeremy Brett InformationのウェブサイトをつくっているRebeccaが、For fans of Jeremy Brettというファン・フォーラムでこの4月2日に紹介した写真です。少し小さくしてのせます。ファン・フォーラムの場所はこちらです。
http://jeremybrett.livejournal.com/292880.html


「今日、flickr(オンラインの写真共有サービス)で、この写真をみつけました。お店のウィンドウの写真です。ウィンドウには、ホームズを演じているジェレミーの写真がサインして置いてあります。何と書いてあるのか正確には読めないのですが、Smiths Snuff Shopと書いてあるのでしょうか?これは、LondonのCharing Cross Roadの74番地にある、Leicester Squareの近くのSmith & Sonsという煙草商のウィンドウです。ジェレミーはこのお店の常連だったのでしょうか?」

この後、ジェレミーの写真の部分だけをRebeccaは取り出しています。そして元々のflickrのサイトへのリンクがあって、そちらにはもっと大きな写真があります。

お店の人はジェレミーのファンなのでしょうね。このお店には今もジェレミーの写真が飾ってあるのでしょうか。誰かお店にいってみて話をきかなくちゃね、というコメントが書かれています。

私は、ロンドンにジェレミーの写真がこのように飾ってある煙草屋があるのを思い描いています。ジェレミーのこの写真ははじめてみました。Rebeccaもはじめてだそうです。雰囲気のある良い写真だと思います。このようにして今も新しい発見があって、ジェレミーを愛する人たちが一緒に楽しむことができるのはうれしいことだと思います。

ウェブで調べたら、「Smith's Snuff Shop」というお店の名前がみつかり、住所もRebeccaが書いたとおりです。Smith & Sonsというのが正式な名前、Smith's Snuff Shopが通り名なのかもしれません。Snuffは嗅ぎ煙草のことだそうです。

RM
関連記事

コメント

こんにちは。こちらには初めて書き込みさせていただきます。
この写真は私がりえさんのブログで紹介させていただいた、88~89年のロンドンでの写真の中にあります。
リンクをはっておきますので、よろしかったらご覧下さい。

NRさん、コメントしてくださってとてもうれしいです。りえさんのブログから来てくださったのですね。そしてリンク先を拝見して、またうれしくてにこにこしています。もちろん、以前りえさんのところで読んでいたのですが、同じ煙草屋さんにある、まったく同じジェレミーの写真だったとは!NRさんが88~89年にご覧になったジェレミーの写真と同じものを、2011年にイギリスのジェレミーファンがみつけて英語圏のフォーラムで多くのファンが喜び(あの写真は、別の会員限定のフォーラムにもRebeccaが紹介してくれて、皆はじめてで大好評でした)、それを日本の私がブログでご紹介して、NRさんがコメントしてくださる...。ジェレミーの笑顔がみえるような気がします。

Rebeccaも他の人達も、このことを知ったら喜んでくれると思うのですが、NRさんは英語圏のファンフォーラムに参加して、写真を紹介なさいませんか?すでにNRさんもご存知かもしれませんが、Rebeccaが新しいフォーラムをたちあげたのです。そこでちょうど、The Secret of Sherlock Holmesを当時見た人の話なども書かれています。

リンク先にあるジェレミーのいたずら描きは、パイプはみたことがあるような気がしますが、あの似顔絵は他ではみたことがありません。すごーく貴重です。楽屋の外でのジェレミーの写真も、皆喜ぶでしょう。

ただ、大切な思い出の写真がネットの海にただようのがおいやだとしたら、それもとてもよくわかりますので、どうぞご自分のお気持ちを大切になさってください。あ、もしもこの件でメールを下さるようでしたら、bending_the_willow アットマーク yahoo.co.jpです。

一つ質問をさせてください。この煙草屋にジェレミーの写真があることは、ファンの間ではよく知られていたのですか?それとも偶然にみつけられたのですか?

お返事有難うございました。
ファンフォーラムの中で、この写真をご存知の方がいなかったというのは不思議な気がしましたが、私のような、限られた時間しかロンドンに滞在できない外国人の方が、歩き回り写真を撮りまくって(笑)記録に残すものなのだなと気づきました。

私があの写真を見つけたのは偶然なのですが、当時は他のファンの知り合いもなく、ファンの間であの店が知られていたかどうかは分かりません。ごめんなさい。

ファンフォーラムは実は今まで見ていませんでした。
私があの当時撮った写真は、どれも画質が悪いのが残念ではありますが(当時の簡素なカメラで撮っているので)、しまい込んでいるよりは、皆さんに見ていただいた方がきっといいでしょうね。

こちらには貴重なインフォメーションが沢山掲載されていて、それを調べられてきたRMさんの行動力に頭の下がる思いです。
ブログをお休みされると書かれていましたが、お疲れが出ていらっしゃるのでしたら、また書こうというお気持ちになるまで、少しゆっくりなさって下さいね。



こちらこそ、お返事ありがとうございます。そうですか、あらかじめ情報があってたずねたわけではないのですね。それはやはりご縁というものでしょうね。ロンドンを歩き回った、すばらしい思い出の内の一つですね。

記事であげたファンフォーラム以外に登録者限定のものがあったのですが、一週間前に閉じられて、Rebeccaがそれと同時に新たにフォーラムをはじめました。新しいところも、登録するともっと多くのスレッドを読むことができます。ご参考までに。http://jeremybrett.info/forum/

このブログのことをほめてくださって、ありがとうございます。少しお休みして、また書こうと自然に思える時がきたら、もどって来ようと思っています。その節目の時にお話できて、とてもうれしかったです。

この写真は!

どこかで見覚えあると思っていたら、NRさんの写真と同じ!
今もあったんですね!
悔しいです、レスター・スクエアだったら見に行けば良かったですー(>_<)

しかし、今も変わらぬディスプレイ。
良いなぁ、こういうところがイギリスっぽくて。
こうして今もジェレミーがたばこ屋さんで敬愛されていることが、嬉しいです♪
素敵な情報を有り難うございました。

こんにちは!NRさんに教えていただくまでは、この写真を撮るときだけジェレミーの写真を飾ったのかしら、とか、ある一時期だけ飾ってあったのかしら、とか思っていたのですが、どうもずーっとここにあるような感じですね。りえさん、次にロンドンにいらっしゃるときは、是非いらしてくださいね。

再びこんにちは。
私があの写真を撮った時は、外を通る人に見えるように、ウィンドウに飾ってありました。
「The Secret Of Sherlock Holmes」の公演中で、チラシも一緒に飾られていました。
お店側はジェレミーさんのサイン入り写真を飾らせてもらう事で宣伝になり、ジェレミーさん側はチラシを置いてもらう事で舞台の宣伝になる、という相互援助(笑)だったのだろうと思っています。
舞台終了後にまた私がこの店の前を通った時には、もうこの写真はウィンドウからはなくなっていました。
店内までは入りませんでしたが、恐らく店内のどこかに移動させたのでしょう。
今もまだ飾ってあったとは、本当に嬉しいですね。

フォーラムに未だに行っておらず、申し訳ありません。
私のような者は、こういった昔話は何とかできるものの、今現在の時点からジェレミーさんを見て熱く語れるかというと、皆さんにはついていけなさそうだと臆してしまいます。

NRさん、こんにちは。なるほど、それではジェレミーの写真が今飾ってあるのはNRさんがご覧になったのとは別の場所、店内のどこかなのかもしれませんね。上演期間中に飾ってあった、外に面したウィンドウだと、色があせてしまうからかもしれませんね。ちなみにお店をうつした写真には2010年8月20日に撮った、という注釈がついています。ずっとお店で大切にされているようですね。教えてくださってありがとうございました。

フォーラムはご参考までにURLを書きましたが、かえってお気をつかわせてしまったようで申し訳ございません。どうぞ気になさらないください。

それから、悲しいニュースなのですが、ジェレミー・ポールがお亡くなりになったようです。新聞のサイト上などでの正式な追悼記事はウェブ上にはまだないようですが。近々このブログに記事を書こうと思っています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://upwardjb.blog112.fc2.com/tb.php/138-09d350c1

 RM

Author: RM
コメントは承認後に公開されます。古い記事へのコメントも大歓迎です。2010年8月7日に始めました。
私の記事へのリンクはどうぞご自由になさって下さい。
和訳には間違いがあるかもしれません。最近は必ず英語原文を併記・またはアドレスを書いて読めるようにしていますので、どうぞそちらも参考になさってください。

全ての記事を表示する

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

QR