Jeremy のことが知りたくて ~ ジェレミー・ブレット(Jeremy Brett)を愛するかたへ

英グラナダ・テレビでシャーロック・ホームズを演じた俳優の人生を言祝いで

ここ数日間、日記のようにとりとめのないことを書いていましたが、いただいた拍手でこころがあたたかくなっています。ありがとうございました。悲しく寂しいこころは、以前は一人でかかえていくものだと思っていましたが、私はさびしがりやになったようです。



EdwardとJeremyの友情を言祝いで、私の好きなエピソードの一つをご紹介します。JeremyとEdwardがHigh-fiveをしているところを想像してみてください。片手を頭の高さにあげてぱちっと叩き合う、あの仕草です。「やったね!」という仕草です。(「ハイ・タッチ」は和製英語だそうです。)

'And Here There Are Genuine Tears."
Daniel Stashower, The Armchair Detective, pp. 86-90, Vol.29, 1996.

Mr. Brett was an animated and quirky interview subject. An actorly superstition holds that it is bad luck to speak of Shakespeare's Macbeth in a theater. Over the course of two evenings Mr. Brett took great delight in trying to coax the offending title out of me: "That was the year," he would say, his voice falling to a dark whisper, "that I toured with...the Scottish play..." I had spent enough time around theater people to know that if I rose to the bait―"You mean Macbeth?"―tradition would require me to run into the hall, turn three times and spit on the floor in order to ward off bad luck. I kept my mouth shut. Later, when I spotted a friend of Mr. Brett's spitting mightily into a fire bucket, I knew the actor had sprung his trap. His laughter echoed through the wings, followed by the peculiar sight of Sherlock Holmes giving Dr. Watson a high-five.

劇場関係者達の中では、「マクベス」と口に出して劇場内で言うと縁起が悪いという迷信があり、かわりに「Scottish play」と言ったりします。「マクベス」と言ってしまった場合には廊下やロビーなどに出て、3回まわってつばを吐いて、悪い運を避けるのが習わしです。それでジェレミーがインタビューアをひっかけようとして、「その年は...」と言って声を低めてささやくように、「僕は『スコットランドの芝居』で各地の劇場をまわっていて...」と話し、「『マクベス』ですね?」とインタビューアに言わせようとしていました。でもインタビューアはひっかからなかったのです。後でJeremyの友達がそのわなにひっかかって、消火用の砂バケツにつばを吐いているのをインタビューアはみつけます。

「Jeremyの笑い声が舞台そでにこだましていました。そしてシャーロック・ホームズがドクター・ワトスンにハイ・ファイブをするという、奇妙で不思議な光景をみることができました。」

JeremyとEdwardは、笑いとユーモア、という点でも、かけがえのない友達だったのだと思います。

RM
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://upwardjb.blog112.fc2.com/tb.php/146-51622bcc

 RM

Author: RM
コメントは承認後に公開されます。古い記事へのコメントも大歓迎です。2010年8月7日に始めました。
私の記事へのリンクはどうぞご自由になさって下さい。
和訳には間違いがあるかもしれません。最近は必ず英語原文を併記・またはアドレスを書いて読めるようにしていますので、どうぞそちらも参考になさってください。

全ての記事を表示する

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

QR