Jeremy のことが知りたくて ~ ジェレミー・ブレット(Jeremy Brett)を愛するかたへ

英グラナダ・テレビでシャーロック・ホームズを演じた俳優の人生を言祝いで

今年の8月と9月に、イギリスでThe Merchant of Venice: ヴェニスの商人 (1973) とThe Good Soldier: 良き兵士 (1981) のDVDが発売になります。
http://www.amazon.co.uk/dp/B004W2JWAQ/
http://www.amazon.co.uk/dp/B004W2OYN6/

どちらもジェレミーの出演作品です。The Good Soldierはアメリカで発売されましたが、デジタル化処理などはおこなわれていなくて、画像はかなりぼやけていました。今回のものが新たな画像処理後だといいなあと思っています。The Merchant of Venice は私の知る限りではDVDは英米では発売されたことはありませんでしたが、イタリアとオランダで発売されたものを、輸入版として英米のアマゾンで購入することはできていました。

今まで購入することが可能だった作品とはいえ、あたらしくDVDが発売されるのは、本当にうれしいです。今日はThe Merchant of Veniceの話題を少し。りえさんがブログで、ここのページから数ページにわたってこの作品を紹介なさっています。http://blog.goo.ne.jp/rie_002/e/98f3f4464814afde3b0edf90221dee62

The Merchant of VeniceのDVDに、特典映像がこれまで以上にあることを願っています。私が持っているのはイタリアからの輸入版で、特典映像では監督(だと思うのですが)がイタリア語でしゃべっています。(本編は英語音声とイタリア語音声の両方が入っているのですが。)そしてこの特典映像中にはいくつかの宣伝用写真や撮影中のスナップ写真がつかわれていて、これがとてもうれしいのです。撮影中の写真はグラナダ・シリーズのものを多くみることができますが、私はそういう写真をみるのがとても好きです。現在のThe Merchant of Venice 特典映像中の写真はほとんどがシャイロック役のローレンス・オリビエのものなので、ジェレミーの写真ももっとみたいなあ、と思います。

ジェレミーが俳優の道に進むのに大きな役割をはたしたオリビエとの共演は、スクリーン上ではこの作品でしかみることができません。このThe Merchant of VeniceはもとはThe National Theatreで上演されたもの、それをあらためてフィルムにおさめる現場で、ジェレミーは何を感じ、何を考えていたのかしら、と写真をみながら思います。

ジェレミーは多くのインタビューでオリビエのことに触れていますし、BBCラジオのインタビューではオリビエからもらったメモやメッセージや書きものはすべて今でも持っている、と言っていました。その内の一つはいつも持ち歩いていたようで、アメリカでのインタビューでもインタビューアにみせています。その一方で、オリビエはかなり癖の強い人だったことが、ジェレミーの親友のRobert Stephensの自伝などを読んで、わかってきました。俳優にとって神様のようだったオリビエ、強い個性でThe National Theatreをひっぱっていったオリビエ、そのもとでのジェレミーの4年間。彼とのスクリーン上での共演をこの作品で楽しむことができます。

宣伝用写真1枚と、撮影中の写真2枚をご紹介します。クリックで大きくなります。1枚目はアントーニオを後ろからみつめるバッサーニオ。2枚目は乗馬から帰ってきてのシーンの撮影前後だと思います。3枚目ではオリビエの後ろにいます。おそらく撮影を見守っているのでしょう。

TheMerchantOfVenice5.jpg
TheMerchantOfVenice4.jpg

Jeremy Brett InformationのRebeccaが、はじめてみる写真をフォーラムとTumblr(ブログ)に投稿してくれました。これも乗馬服姿で戸外にいる写真です。下のアドレスは、フォーラムに投稿してくれた分のリンク先です。どこかに再投稿なさる場合は、「Jeremy Brett Informationから」というクレジットを入れてくださるとうれしいです。
http://jeremybrett.info/On%20Screen/MerchantofVenice1973/img174.jpg

RM
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://upwardjb.blog112.fc2.com/tb.php/157-321d2842

 RM

Author: RM
コメントは承認後に公開されます。古い記事へのコメントも大歓迎です。2010年8月7日に始めました。
私の記事へのリンクはどうぞご自由になさって下さい。
和訳には間違いがあるかもしれません。最近は必ず英語原文を併記・またはアドレスを書いて読めるようにしていますので、どうぞそちらも参考になさってください。

全ての記事を表示する

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

QR