Jeremy のことが知りたくて ~ ジェレミー・ブレット(Jeremy Brett)を愛するかたへ

英グラナダ・テレビでシャーロック・ホームズを演じた俳優の人生を言祝いで

今日は1973年のインタビューから一部をご紹介します。ホームズの頃の記事は多く読むことができるのですが、ホームズ以前はあまりみつかりません。その意味でもこれは興味深いです。この記事は切り抜きのかたちでeBayに出品されたので、その画像から文字を読み取りました。

ちょうどCampden Hillの家へ引っ越した直後にこのインタビューはおこなわれています。そこでジェレミーが貧乏に(!)、そして幸せに暮らしていると話しているのが、私にはうれしいです。この家はAnnaの自伝やDavidへのインタビュー記事ではしばしばNotting Hillの家として言及される家で、ジェレミーがGary Bondと住んだ家、子供だったDavidがよくたずねた家であり、二人がこの家を離れた後、Davidが最上階の独立したフラットに住むようになりました。

Campden Hillをりえさんが紹介してくださった記事は、こちらにあります。
クラパム以前のジェレミーのお家 Campden Hill Square
りえさんにこの家のことをお伝えした時は、まだこのインタビューに出会っていませんでした。別のインタビュー "Why I Live in Clapham; The Holmes Front", Evening Standard (March 20, 1991) で、ジェレミーが一言、この家についてふれていたのを読んだだけでした。また日をあらためて、この家のことをジェレミーがどう言っているかを書いてみようと思います。

今日はこのインタビューから、ジェレミーがAnna Masseyのことを話しているところをご紹介します。

"The Real Jeremy Brett - Alive and Well in 'Exquisite Poverty'."
Interview by Kenneth Passingham
TV Times, February 24-March 2, 1973

彼は1958年に結婚した。「Annaは20歳、僕は24歳でした。何でもできると思い込む年齢ですよね。僕たちはかなり激しい3年間をおくりました。正確には結婚というより格闘のような。後悔はしていませんが、もう一度、とは思いません。

離婚後僕たちは、息子のことをまず第一に考えて、自分たちのことはその次にしよう、と決めました。今までそんなふうにやってきて、うまくいっているのは主にAnnaのおかげです。

彼女のことを女優としても人としても、とても誇りに思っています。Annaは最高の母親で、すばらしい前妻です。彼女がもう一度結婚することをこころから望んでいます。僕と、じゃありませんけど。僕は子供はもういなくていいです。10人の名付け子(godchildren、洗礼式に立ち会った子)がいますし、孤独を感じたりすることはありません。僕は外向的でちょっと放浪癖があって、友人がたくさんいるんです。

Annaのことをこんなふうにほめていました。ジェレミーはいつもこころからひとをほめます。ジェレミーはAnnaのおかげだといっていますが、Annaも、「私たちが困っているときには、ジェレミーがいつでも助けてくれることを知っていた。彼はやさしくて思いやりのある人だった」と書いていました。Annaが再婚した時はジェレミーは心から喜んで、バスエッセンスを贈り、The Secret of Sherlock Holmesを演じていた劇場のボックスシートと幕間のシャンパンをプレゼントしました。(「Anna Masseyの自伝と、Penhaligonのバスオイル」より)

このインタビューをみつけたのは去年で、その頃はまだAnnaが生きていました。今はもう二人ともこの世にいないのだとあらためて思いながら、読み返しました。

ジェレミーが自分のことを「something of a gipsy」(ここでは「放浪癖がある」と訳しました)と言っているのも興味深いです。ホームズ以前の別のインタビューを読んだり、南アメリカでのヒッチハイクの旅のことを知ったり、ハワイでのジェレミーのことを読んだりして、私は最近ジェレミーのこういうところも強く感じるようになりました。ホームズもBohemian soulを持つとワトスンによって描写されていることもあわせて考えると、おもしろいと思います。

RM

(原文)
He married in 1958. "Anna was 20, I was 24. You think you can do anything at that age. We had a fairly wild three years - more like a wrestling match. I don't regret it, but I shall never try again.

"After the divorce, we decided our son would come first and we'd come second. That's the way we've tried to do it and it's mainly due to Anna that it's worked.

"I'm proud of her as an actress and as a person. I think she's a smashing mother and a great ex-wife. I'm hoping very much that she'll marry again. Not me. I don't want any more children. I have 10 godchildren now. And loneliness doesn't come into it. I'm an outgoing person, something of a gipsy, and I have more than my fair share of friends."
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://upwardjb.blog112.fc2.com/tb.php/164-5ffa0ca1

 RM

Author: RM
コメントは承認後に公開されます。古い記事へのコメントも大歓迎です。2010年8月7日に始めました。
私の記事へのリンクはどうぞご自由になさって下さい。
和訳には間違いがあるかもしれません。最近は必ず英語原文を併記・またはアドレスを書いて読めるようにしていますので、どうぞそちらも参考になさってください。

全ての記事を表示する

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

QR