Jeremy のことが知りたくて ~ ジェレミー・ブレット(Jeremy Brett)を愛するかたへ

英グラナダ・テレビでシャーロック・ホームズを演じた俳優の人生を言祝いで

Alan Rickman(アラン・リックマン)といえば、Harry Potterの映画でSnape先生を演じた俳優ですね。ジェレミーに演じてほしかった役柄についてフォーラムで話題になったことがありましたが、シェークスピア劇を除けば、複数の人が賛成し私もなるほどと思ったのは、このSnape先生と、ミュージカル「オペラ座の怪人」の「怪人」です。(「ジェレミーに演じてほしかった役柄」という話題で悲しくなったかたがいらしたら、申し訳ございません。当時も、「悲しまずに楽しくおしゃべりしましょうね」という前置きで、この話題がはじまっていました。)

その、Snape先生を演じたAlan RickmanがAnna Masseyの葬儀で、Annaを讃える弔辞(eulogy)を述べたそうです。イギリスの俳優Stephen FryのTwitterに、15日に書き込みがありました。

「Anna Masseyの葬儀から今戻った。Alan Rickmanがすばらしい弔辞でAnnaを讃えた。Notting Hillでのこころを打つ葬儀だった。Annaが亡くなったのは本当に残念だ。」

ちなみにStephen Fryはジェレミーとアナの一人息子、ディビッドの大学時代からの友人でもあります。「Anna Masseyに感謝したいこと」という記事でご紹介したStephen Fryの自伝に、大学時代のDavidが登場します。

Alan Rickmanに話をもどすと、AlanとAnnaが親しい友人だったということは、これを読むまで知りませんでした。ネットで調べたところ、たとえばこちらに二人が一緒の写真が2枚あります。
http://www.ashleyfamilyfoundation.org.uk/trustee-projects/cries-from-the-heart/28-human-rights-watch-2004.html
2004年におこなわれた、Human Rights Watchという人権監視団体のためにお金を集めるチャリティ・イベントの時の写真です。

そしてAnnaの自伝「Telling Some Tales」にも何カ所か、Alanについて書いているところがありました。2カ所をご紹介します。原文は最後に記しますが、1カ所目では、演技する時の集中力がすばらしい俳優としてAlanを含む3人をあげていて、こういう俳優と共演する時は、自分も役の中にまっすぐに入って行くことができて、舞台への恐怖を感じることがない、と言っています。次に引用するところでは、休暇にAlanとそのパートナーも含めて、楽しくすごしたこと、休暇が終わった後、舞台で自分が演じる役について不安をおぼえていたので、ある午後Holland Parkを歩きながらAlanと検討を加え、Alanがその役柄についてすばらしい意見をいってくれたおかげで、どういう人物かが形をなしてきて、演じるのが実に楽しかった、と書いています。

私は2年前まではHarry Potterの映画を楽しみにしてファン・サイトを定期的に訪れたり、関係する記事を読んだりしていました。今はジェレミーで手一杯で(うふふ)、Harry Potterの最後の2作(3本の映画)はまだ観ていませんし観る予定もありませんが、Alan RickmanはSnapeをどんなふうに演じたかしら、と気になっていました。Alan Rickmanの声はvelvet voiceとよく評されるようですが、ジェレミーもそう言われていましたね。ジェレミーならSnapeをどんなふうに演じたでしょう。

Harry Potterには、ジェレミーと何度も共演しているMaggie Smith、The National Theatreにジェレミーと同時期に在籍していたMichael Gambon、The Master Blackmailerでジェレミーと共演したRobert Hardyが出ていることには以前ふれましたが、Alan Rickmanもアナの友人という形でジェレミーとある種のつながりがあったことをはじめて知りました。

RM

(原文)In The Reluctant Debutante [Celia Johnson] displayed a comedic timing that took your breath away. It was extraordinary to be on stage with her, because her concentration took you right into the world of the play, and enabled you to focus with great precision. I have only met two other actors in my career that had this enviable gift, Anthony Quayle and Alan Rickman. There is great reassurance in the air when you act with such players. They prevent stage fright. (pp.55-56)



To clear my head and fill my lungs with sea air, Richard Wilson and I planed to go on holiday together to Crete. [...] After a few days Alan Rickman and his partner, Rima Horton, joined us. This was a delightful surprise. They stayed in a near by cottage. [...] One day, though, Richard hired a car and we went on a grand tour of the area. [...]

Alan is very clever at finding out-of-the-way places of interest, and we stopped at several small churches off the beaten track, and wandered around picturesque villages buying the odd memento, breathing in the pine-scented air, and laughing the while. [...]

The holiday was a great success, and everyone remained good friends. [...]

I had agreed to go back to the National, where Peter Hall was directing The Importance of Being Earnest, with Judi Dench as Lady Bracknell. I was to be Miss Prism, [...]

Margaret Rutherford had played Miss Prism so uniquely in Anthony Asquith's film of the play that I felt daunted by the prospect of tackling the part. I asked Alan Rickman if he would talk about the character with me. He agreed, and one afternoon we walked around Holland Park, and he gave me some brilliant ideas. [...] Gradually a truthful portrait emerged, not just for effect, but grounded in reality. I was so grateful to Alan, for he headed me in a safe direction and I relished the rehearsals and the run. (pp. 178-180)

追記:Stephen Fryのtweet のアドレスは https://twitter.com/stephenfry/status/91912741002018816
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://upwardjb.blog112.fc2.com/tb.php/171-0face844

 RM

Author: RM
コメントは承認後に公開されます。古い記事へのコメントも大歓迎です。2010年8月7日に始めました。
私の記事へのリンクはどうぞご自由になさって下さい。
和訳には間違いがあるかもしれません。最近は必ず英語原文を併記・またはアドレスを書いて読めるようにしていますので、どうぞそちらも参考になさってください。

全ての記事を表示する

05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

QR