Jeremy のことが知りたくて ~ ジェレミー・ブレット(Jeremy Brett)を愛するかたへ

英グラナダ・テレビでシャーロック・ホームズを演じた俳優の人生を言祝いで

今日のお話をする前に、少しだけ。ここ数日のイギリスでの暴動のニュースに、こころを痛めているかたもいらっしゃるでしょう。りえさんも心配していらっしゃるだろうと思っています。Clapham Junctionも大変なことになっていたようですが、大勢の人達が掃除道具持参で集まって、後片付けをする写真が多くのニュースサイトに掲載されました。(下のリンク先では、暴動に負けずに街を元通りにするという決意をこめて、皆で笑顔でブラシを高くかかげています。)
http://www.bbc.co.uk/news/magazine-14475741



前回から、ハワイでジェレミーと偶然出会って共にすごしたMyers氏のことと、Myers氏が撮ったジェレミーの写真のことをお話しています。もともとのMyers氏の文章のご紹介はこちらで、そしてこの写真についての前回の私の文章はこちらでご覧ください。

どのような経緯で、以前のフォーラムのメンバーがMyers氏と連絡をとるようになり、どんな返事が返ってきたかについては、くわしくは述べません。以前のフォーラムがどこか推測がついて、そこに登録して入れる方は、そちらに記されていますのでお読み下さい(新しいフォーラムの方にはくわしくは書かれていません)。今回の一連のできごとについて、"A joint operation" と書いてくれた人がいたとおり、多くの人が関わったりサポートしたりしています。私の英語はつたないものですから、その間の私の役割は、最初に元の記事のアドレスを投稿した以外は、「そこにいること」、「共によろこぶこと」だけでした。それでも今はないスレッドの一員として、あのあたたかく楽しい雰囲気の中でのメンバー間の感想の共有、相談と報告、賞賛と励ましを懐かしく思い出します。

Myers氏とのやりとりを教えてもらう中で、Myers氏自身がとてもすばらしい感覚を持った人であると感じました。それは元の記事を読んだ時から感じていたことでもありました。短い時間の中で、ジェレミーのことをこれだけ深く直観的に理解したのですから。

「ジェレミーの観察眼、外界を見る目は、彼が自分の内面の感覚や感情を見る目を反映して、彼独自の味わいを持っていました。美しさへの感受性がとてもゆたかで、彼が口にする言葉は、まるで内面の深いところから今日初めて生まれた言葉であるかのように、すべてが深い意味を持っていました。」

「彼ほど、高貴な輝きを放って内側から自然にあふれる自由な魂を感じさせてくれた人を他に知りません。」


ジェレミーもまた、感覚のするどい、あたたかい人柄のMyers氏と出会えたからこそ、ハワイのマウイ島の美しい自然を全身で感じて、目にみえるものをこえた何か、聖なるもの、大いなるものに触れることができたに違いありません。Myers氏はジェレミーが、舞台の緊張と日々の喧噪からしばし逃れたい気持ちで飛行機に飛び乗ったと感じたようです。もちろんジェレミーは明るく、人といるのが大好きな人ですが、静けさを必要とする時があったに違いありません。私はMyers氏に、そしてジェレミーとMyers氏を出会わせた何かに、深い感謝の念をいだきました。

感謝の気持ちを持っているのは私だけではありません。Myers氏も二人を出会わせた何かへの感謝をこめて、このようなことを書いてくれました。そして何度かのやりとりの中で繰り返し同様のことを述べています(メール転載の許可をメンバーは得ていますが私自身はもらっていませんから、翻訳のみ、そして概要だけを書きます。)

「私は今でも不思議な気持ちで思い出します。あと30秒遅ければ私の車は走り出していて、ジェレミーに会うこともなく、こんなことは何もおこらず、おきなかったということも知らずにいたでしょう。人と人は偶然に出会うことはない、とずっと思っていました。何かが人を引き寄せて出会わせるのだと思っています。この世をこえた大きな何かによっておきるのだ、と。私とジェレミーもそうだったと思っています。一瞬のうちに忘れられない確かなつながりが生じて、私たちのこころはかよいあいました。」

Myers氏が今もその時のことを大切に思っているということを強く感じさせてくれます。ジェレミーとハワイで出会ったのは1976年11月ということですので、すでに30年以上たっていることになります。(実はこの日付については謎があって、Myers氏が再度連絡してくださることになっていますが、まだ連絡はありません。)

どんな写真かということについては、今回はまだ話が及びませんでした。前回も申し上げましたが、Myers氏との約束により、写真は登録会員のみが入ることができる二カ所にアップロードされています。私のこれまでの記事から推測がつくかたは、直接その場所へいらしてください。ただ、写真を転載しないでくださいますよう、お願いいたします。

RM
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://upwardjb.blog112.fc2.com/tb.php/180-9db60a47

 RM

Author: RM
コメントは承認後に公開されます。古い記事へのコメントも大歓迎です。2010年8月7日に始めました。
私の記事へのリンクはどうぞご自由になさって下さい。
和訳には間違いがあるかもしれません。最近は必ず英語原文を併記・またはアドレスを書いて読めるようにしていますので、どうぞそちらも参考になさってください。

全ての記事を表示する

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

QR