Jeremy のことが知りたくて ~ ジェレミー・ブレット(Jeremy Brett)を愛するかたへ

英グラナダ・テレビでシャーロック・ホームズを演じた俳優の人生を言祝いで

9月末で署名活動が終わるこの活動について、最近のニュースをお伝えしています。今日は俳優のJames Purefoy(ジェームズ・ピュアフォイ)からのメッセージのご紹介で、はじめてのテレビ撮影でジェレミーに助けられたことを書いています。ジェレミーが若い俳優にとても親身になってあげていたことを知って、うれしい気持ちです。若者を励まして、それぞれの才能をのばしてあげたいという気持ちを常に持っていたのだと思います。ちょうど前回は、ジェレミーが若い俳優達の教育・活動の場をつくりたいと考えていたこと、今年の命日を期に、ファンの手でジェレミーの母校に奨学金制度ができたことをお伝えしたところでした。
ジェレミー・ブレット奨学金ができました

ジェレミーが若者に接する態度に、いつも同じ感想ですが、ジェレミーらしいなあ、と思うのです。ジェレミーにBAFTA賞を!(4)でご紹介した、13歳の時に子役としてジェレミーと同じ舞台にたった人の文章を思い出します。

以下の文章を書いた James Purefoy(ジェームズ・ピュアフォイ)は「ボスコム渓谷の惨劇」(1991)でJames McCarthy(ジェームズ・マッカーシー)を演じました。1964年生まれだそうですから、撮影時は26歳くらいでしょう。1988年にRoyal Shakespeare Companyに入団していますから、舞台の経験はすでに積んでいます。でもテレビの仕事はこれがはじめてだったと書いています。(IMDbによるとこの前に1作あるのですが、彼にとっては数に入らないほどのものだったのでしょう。)

「ジェレミーにBAFTA賞を!」の活動に署名をして、ジェレミーのことをこのように言っています。
http://www.bafta4jb.com/2011/06/a-statement-from-james-purefoy/

私のテレビでの最初の仕事は、シャーロック・ホームズのなかの1作でした。その時ジェレミーに「僕は撮影のこともカメラのことも、何も知らないんです」と言いました。ジェレミーは親切に私の面倒をみてくれて、撮影の時はいつも助監督が私を現場に呼んで、撮影をみせてくれるように、はからってくれました。ジェレミーは辛抱強く私に、全部のカメラレンズについて、それがどんなふうに映像をとるかを説明し、カメラの技術を教えてくれて、私が経験するすべての面でなにかと助けてくれました。私は人として、そして俳優としてのジェレミーをこころから賞賛します。まったく何の躊躇もなく、「ジェレミーにBAFTA賞を!」というこの活動の署名簿の中に、私の名前を加えます。

「Jeremy kindly took me under his wing [...]」というのを「ジェレミーは親切に私の面倒をみてくれて」と訳しました。英語の慣用句なのでしょうが、ジェレミーは本当に大きな翼を持っていて、その翼でまわりのたくさんの人をあたたかく包んでくれたのだと感じます。

ジェレミーは撮影の技術的な面にも興味を持っていた、とMichael Coxが言っていました。だからこうして、若い人にカメラの技術まで、教えてあげられるのですね。ジェレミーが撮影の全般にわたって積極的に関わっていた様子を、「美しき自転車乗り」などの監督のPaul Annett(ポール・アネット)の言葉としてご紹介したことがあります。
ウェブサイト "Jeremy Brett Information" のご紹介(7)ホームズ撮影舞台裏の写真

署名がまだのかたは、署名方法についてはどうぞこちらをご覧くださいませ。
ジェレミーにBAFTA賞を!(10); 署名方法
ウェブ上には名前が出ないようにして署名することもできます。コメントなどは書かないで大丈夫です。お名前(ウェブ上匿名可)と、国名(Japan)と、メールアドレス(ウェブ上では非表示)を書いてくだされば署名ができます

イギリス以外の国からの署名、国境をこえた世界中からの署名は、アカデミーを動かす大きな要素の一つになると信じています。

RM
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://upwardjb.blog112.fc2.com/tb.php/193-31dae97d

 RM

Author: RM
コメントは承認後に公開されます。古い記事へのコメントも大歓迎です。2010年8月7日に始めました。
私の記事へのリンクはどうぞご自由になさって下さい。
和訳には間違いがあるかもしれません。最近は必ず英語原文を併記・またはアドレスを書いて読めるようにしていますので、どうぞそちらも参考になさってください。

全ての記事を表示する

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

QR