Jeremy のことが知りたくて ~ ジェレミー・ブレット(Jeremy Brett)を愛するかたへ

英グラナダ・テレビでシャーロック・ホームズを演じた俳優の人生を言祝いで

1989年におこなわれ、2002年に「Scrawl」という雑誌に載ったインタビューを2回に分けて紹介します。
http://homepage.virgin.net/questing.beast/scrawl_pdfs1.htmの「Scrawl 2002」の下、「Jeremy Brett」の文字のある項目中の「download as PDF (98kb)」クリックすると、pdfファイルのダウンロードがはじまります。

これはインタビューから13年後、ジェレミーが亡くなった後にはじめて活字になったものです。以前紹介したハワイでのジェレミーを書いた文章も25年以上前の思い出を文字にしたもので、マーカスも22年たって写真集を出版して思い出を記しましたが、ジェレミーと会った人が忘れられない強い印象を持ち続けていることに、ここでもこころを打たれます。内容もとてもよいもので、The Secret of Sherlock Holmesが友情の物語であるという理解、世界情勢にもこころを痛めていたこと、義理の息子への愛情と理解などがうかがえます。ユーモアをまじえてこれから演じたい役について語るところもあります。一部を翻訳して引用します。インタビューアの前書きからはじまります。


1989年の終わり近くにジェレミー・ブレットと会って話したことを、私は今でもはっきりと覚えていて、喜びとともに思い出す。そのインタビューはある雑誌のためにおこなわれたものだったが、編集者と出版社の人間が、音楽チャートにのりはじめた、とあるデュオのほうが若者に受けがよいと考えたために、結局雑誌には掲載されなかった。それから10年以上がたって、そのデュオも雑誌も今はなく、ジェレミー・ブレットも悲しいことに亡くなってしまった。だが別の言い方をすれば、そのデュオも雑誌も今はないけれども、ジェレミー・ブレットは今でもその名前をよく知られていて永遠に生き続けている。特に、今までもこれからも最高であろうシャーロック・ホームズを演じたことによって。そして世界中にいるたくさんのファンに愛されている。

「私たちはいま世紀末にあって、富める者はさらに持つようになり、貧しい者は永遠にかえりみられない。」

ジェレミー・ブレットは、今出演している劇「The Secret of Sherlock Holmes」中のホームズの台詞から引用した。

「僕はホームズの頃にもどりたいとは思いません。多くの人々がどんなに貧しかったかを僕たちは本当には知りませんから。そして今は男女が友達になれますが、その頃はお互いを理想化して祭り上げて、男はクラブへ行き、女は家でお茶を飲むしかなかったのです。今はその頃とは違っていて、僕は今の方がずっと好きです。もっとも今は男性どうしの友情が難しくなってしまった。紳士が通うクラブは今や最後の砦で、女性はそこで何がおきているかがわからないので、砦を攻め落としたいと思っているんですよ。

「男性が腕を組んで歩いてくるのを見ると妙な気持ちがするようになった。ホームズとワトスンはそうしていたものです。親子が道を横切るときのようにね。この芝居の意味は、最も純粋で素朴な友情をみることができる点だと思います。これは二人の男の劇なんですよ。二人とも孤独で、一人は天才、一人は立派な市民です。彼らの友情は澄み切った水のように純粋です。そして昔風のこと、つまり尊敬、信頼、思いやり、よいマナー、そういった多くのことがその頃は大切にされていました。

「(演じる役が固定されてしまうのは怖くないですか?)演じる役のイメージに固められてしまうことを恐れていたら何も演じられないですよ。僕は今までハムレットやマキシム・ド・ウィンター(「レベッカ」の主人公)の役に固められたとも言えるけれども、次はドクター・フー(SFテレビドラマの主人公)を演じるように言われて、ドクター・フーの役柄に固められるかもしれない!幸いなことに、僕とホームズはもののみかたが違っている。でももしもホームズを演じることで型にはめられるとしても、天才の型にはめられるなんて素敵だから、気にしませんよ!

「(実際にはどんな役を一番演じたいですか?)今演じているこれをきちんと演じたいんです!これは生涯をかけて追い求めるものです。ハムレットを演じることと同じようにね。決してこれで充分と言えるようにはならないのです。

「劇場で演じることで、子供たちがホームズを崇拝していることに気づきました。ホームズは『地上のスーパーマン』なのです。バットマンもコロンボも、ホームズからはじまっていると思います。現在の物語で、ホームズ、そしてワトスンの影響をうけていないものはとても少ないと思っています。

「ホームズは孤独癖のある男なので、演じるのは難しいのです。カメラや観客に、彼があまり表に出そうとしないことをどうやったらみせられるでしょう。彼が天才であること、拳闘と剣の名手であること。整理整頓がなってない、パイプとたばこを吸う、コカインとモルヒネも。そして彼はコメディアンでもあるのですよ!僕はいつも彼の中に新しいことをみつけています。あらゆる種類の、彼独特の性質をね。」

"And he's such a comedian!"と言う時のジェレミーの声の調子を想像できる気がします。
次回へ続きます。

RM
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://upwardjb.blog112.fc2.com/tb.php/20-c8926df2

 RM

Author: RM
コメントは承認後に公開されます。古い記事へのコメントも大歓迎です。2010年8月7日に始めました。
私の記事へのリンクはどうぞご自由になさって下さい。
和訳には間違いがあるかもしれません。最近は必ず英語原文を併記・またはアドレスを書いて読めるようにしていますので、どうぞそちらも参考になさってください。

全ての記事を表示する

05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

QR