Jeremy のことが知りたくて ~ ジェレミー・ブレット(Jeremy Brett)を愛するかたへ

英グラナダ・テレビでシャーロック・ホームズを演じた俳優の人生を言祝いで

シェイクスピアの喜劇、Love's Labours Lost(恋の骨折り損)のBerowne(ビローン)役は、りえさんが最近の記事で紹介していらっしゃいましたが、ジェレミーのお気に入りの役の一つだったようです。演劇学校でも、そしてりえさんの記事中にあるようにThe National Theatre にいた時も演じています。
第2章 バイオグラフィー 13

それ以外にオーディオブックにもなっていて、やはり同じBerowne役を演じているのですが、それが今年の8月にAudibleで発売になりました。それを今日はご紹介します。

このオーディオブックは元はLPとして発売されました。LPの発売年(録音年?)は1974年のようですから、The National Theatreで1968年に演じた後、ということになります。(図書館カタログのサイトで1974年となっていました。)
http://www.worldcat.org/title/loves-labours-lost/oclc/152677504

このLPのレビューが載っている音楽雑誌 Gramophone の記事はこちらです(1975年10月号)。
http://www.gramophone.net/Issue/Page/October%201975/141/774608/

その後1996年にカセットテープになりましたがこれも絶版となっていましたので、中古のLPかカセットテープをさがして購入するしかありませんでした。今回はじめて、デジタルデータとして誰でもが購入可能になったのです。

Audibleはご存知の方も多いでしょうが、オーディオブックなどの音声データのダウンロード販売サイトです。数年前にアマゾンが買収しました。そのためでしょうか、Amazon.comにあるリンクからAudible.comに飛ぶ方が定価より安く購入できて$8.43、1ドル80円として674円です。(それともAmazon.comからの方が安いのは、登録しているからでしょうか?私は双方に登録済みです。)

Love's Labours Lostの、Amazon.comとAudible.comのそれぞれのアドレスです。
http://www.amazon.com/dp/B005G16Y2G/
http://www.audible.com/pd/?asin=B005FYF2O0

どちらにもサンプルオーディオのプレイボタンがあります。同じ箇所の5分程度のサンプルを聴けるのですが、そのうちのかなりの部分で、ジェレミーの声を聴くことができます。シェークスピアの喜劇を演じるジェレミーをどうぞお楽しみください!実に生き生きとしています。何が好きって、声とセリフ回しと情感です。それでセリフの意味はわかるか、ですって?わかりません。

「恋の骨折り損」の粗筋は、こちらのページで読みました。
http://www.geocities.jp/todok_tosen/shake/lll.html

このページの下の方にある、「ことばコトバ言葉」というところの一番はじめには、サンプルオーディオの冒頭部分にあったビローン(ジェレミー)のセリフが英語と日本語で書いてありますが、まあこうやって文字でみてさえ、よくわかりません。このページの一番上には「全編がことば遊びの劇。しかもラテン語を使った洒落が多発するので難解さでは随一。」と書かれています。

というわけで、今のところかなりの部分を、ここちよい音楽のようにきいているのです。いつかちゃんとわかるようになりたいものです。なお、「恋の骨折り損」はもちろん著作権はきれていますから、Project Goutenbergその他で無料でテキストを読むことができます。

これをフォーラムで紹介したら、何人かが喜んでコメントを書き込んでくれました。喜んでくれたのがうれしいのと同時に、英語圏の人達は、私のように音楽としてではなく劇として楽しめるのだろうと思って、とてもうらやましく思いました。ジェレミーにとってシェークスピアは特別な魅力を持っていたと思うので、シェークスピア役者としてのジェレミーを感じるためにも、私もシェークスピア作品のことを知りたいし、聴いて少しはわかるようになりたいのですが、うーん、道は遠いです。でも、いろいろと知りたいことがあるのはうれしいことですよね。

私はジェレミーの声が大好きなので、絶版のままのオーディオブックが、これからもどんどん発売されることを切望しています。Audibleを「Jeremy Brett」で検索してみつかるのは今のところこの作品と、"Scenes from Shakespeare" という、いろいろな録音から名台詞を集めた抜粋版の2つなのですが、検索しても出てこないけれどもジェレミーが演じている作品が、いくつかすでにAudibleで発売されています。後日ご紹介する予定です。

RM

追記:日本のiTunes Storeからも購入できることに気がつきました。Love's Labours Lostで検索するとみつかります。ただし上記Audibleでの価格よりも高く、1500円です。
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://upwardjb.blog112.fc2.com/tb.php/227-acaf16b1

 RM

Author: RM
コメントは承認後に公開されます。古い記事へのコメントも大歓迎です。2010年8月7日に始めました。
私の記事へのリンクはどうぞご自由になさって下さい。
和訳には間違いがあるかもしれません。最近は必ず英語原文を併記・またはアドレスを書いて読めるようにしていますので、どうぞそちらも参考になさってください。

全ての記事を表示する

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

QR