Jeremy のことが知りたくて ~ ジェレミー・ブレット(Jeremy Brett)を愛するかたへ

英グラナダ・テレビでシャーロック・ホームズを演じた俳優の人生を言祝いで

Interview6.jpgInterview7.jpg
Interview8.jpgInterview_4.jpg
Interview5.jpgInterview2.jpg
(追記:写真ふやしちゃいました。12月25日)

クリスマスに関係する記事を、と思った時に、このインタビューを思い浮かべました。クリスマスに関わる事を話しているのです。Wyndham's Theatreでの劇上演に触れていることなどから、それは1988年のクリスマスのこと、そしてこのインタビュー自体は1989年の春に行われたのではないかと思っています。

トランスクリプトはこちらから頂きました。
http://jeremybrett.livejournal.com/31541.html

ここでご紹介するトランスクリプトの部分に相当するのは、1分6秒から2分30秒です。


(トランスクリプト中の "MM" は司会者のMike Morrisの頭文字です。)
MM: Now I know if you get the details wrong you get slaughtered. (JB picks up his two pipes)
JB: I brought these because I haven't got the one I'm being given because I'm not allowed to see that until lunchtime. I'm told that's very special, because I was robbed when I was doing, I think, 'The Greek Interpreter' and we had some VIPs round and they stole my pipe. I think it was either the young Conservatives or the Royal Ballet - I bet it was the young Conservatives! Anyway, I think I'm getting something like that, which has an amber stem. This is the one, which he smoked - this is all in the books - in 'The Copper Beeches'. That's a lovely pipe, you can gesture with it.
MM: Now he used that -
JB: - In his disputatious moods.
MM: Yes.
JB: And this, in his meditative. (Puts it in his mouth) Just like Popeye! You hold it there, as it gets very hot, by the base.
MM: Getting the details right, if you get the detail wrong, absolute mayhem breaks loose, doesn't it.
JB: I'm getting around 3000 letters a week and many of them are saying 'listen, you left out this' or 'you left out that'. And it's, that's really exacting.
MM: There could be 6000 letters this week saying -
JB: - Why am I wearing an earring!
JB: (laughs) Well I tell you exactly why, I found it on Clapham Common, which is near where I live. I found it just before Christmas and I thought that must be for me, it's my Christmas present from up there (points upwards), from somewhere.
MM: So anybody watching who has lost a ring on Clapham Common -
JB: - (laughs) I'm going to lose it again!
MM: - It's now being worn by Sherlock Holmes.


前半はパイプの話をしています。後半が「クリスマスプレゼント」のイヤリングの話です。

私はジェレミーのこういうところも好きなんです。いえ、全部好きなんですけど(うふふ)。もうすぐクリスマスという時に家の近くのクラパム・コモンでイヤリングをみつけて、これは天上からの自分へのクリスマスプレゼントだと思って身につけて、番組中でそれを話して、そして司会者が視聴者に向かって「クラパム・コモンでイヤリングを無くした人は...」と話し始めると、「それじゃ今度は僕が無くしてしまうことになるね!」って言ってあっはっは、と笑う。

私はジェレミーが心の中で少し、これはJoanからのプレゼントじゃないかと思っていたような気がするのです。そんなに深刻に真面目に、ではなくて、イヤリングをみつけた時にすぐそばにJoanの存在が感じられて、あたたかい気持ちになったのではないか、と。ジェレミーが天を指さしてにっこりする顔をみると、そういう気がします。でも必要以上にイヤリングそのものに執着するのではなく、楽しんで身につけているから、あっはっは、と笑えるのでしょう。ああ、そういうところが好きだなあ、明るくて、生きることに勇敢で強い人だなあと思います。

感受性が強くて愛情深い分、ジョーンを失った悲しみは生涯癒えなかった、そしてその悲しみが双極性障害を悪化させたのですが、でもその一方で、いえ、悲しみを知る人だったからこそ、ジェレミーはジョーンをいつもそばに感じていたのだと思います。他のインタビューでも、ジェレミーは空を舞う鳥に彼女を感じていました。
ジェレミーの悲しみと、あたたかさ(3); 1991年のダラスの新聞から(2)

皆様、今日という日を楽しく、あるいはこころおだやかにお過ごしでありますように。

RM

追記:引用部分を一行長くしました。また、司会者の言葉の和訳の「クラパム・コモンでイヤリングを無くした人はご連絡を」の「ご連絡を」を削りました。コメント欄をご参照下さい。
関連記事

コメント

クリスマスプレゼントだ

写真増えていてビックリ!私へのプレゼントですよ。
違うかたちのパイプをくわえて見せてくれて楽しいインタビューですよね。イヤリングの話、今解ったので嬉しい~。そうか、天からの贈り物だと思っていたんですね、ジェレミーらしいと感じます。私もジェレミーのこういうところ大好きです。

わあ、うれしい!

だいさん、そうなんです、どうしても写真を増やしたくなっちゃって。喜んで下さって幸せです!最初の1枚はホームズの顔だし、3枚目のジェレミーは楽しそうでやさしい目をしていますよね。6枚目は昨日からあった写真ですが、なんてかわいらしい笑顔なんでしょう。

イヤリングを天からの贈り物だと思うようなジェレミーのそういうところ、だいさんもお好きなんですね、うれしいです!

ありがとうございます!

RMさん、こんにちは~。
このクリスマスイブに私にも似たような体験がありました。ジェレミーの思いがなんとなく分かる気がして…私も幸せです。
ところで『シャーロック・ホームズの冒険―NHKテレビ版』が復刊ドットコムで得票数が282票を超え、復刊交渉準備に入ったそうですよ!
復刊すると嬉しいですね~~~\(^o^)/

心が温かくなりました

拝見するのが一日遅れてしまいましたが、ジェレミーの温かい笑顔と声、何より素敵なクリスマスプレゼントです!
RMさん、ありがとうございます。本当に、文字通り「あっはっはっ」という屈託のない笑いですね!「ポパイ顔」もチャーミングです。

道に落ちているイヤリングを天からの贈り物だと「わかる」心、その心こそが天に祝福されているのですね。
RMさんの記事と「好き」と「幸せ」に溢れたこのコメント欄を読ませていただけて、私も素敵な贈り物をいただいたのだと思います。
遅ればせながら、RMさんと皆さんにメリークリスマスをいわせてください!

司会者さんの「あなたのイヤリングは今シャーロック・ホームズが着けてますよ!」というコメントも、しゃれっ気があって素敵!もし私が落とし主だったら絶対取りに行かずに、毎日にやにやしちゃいます。

メリークリスマス!

みんみんさん、こんにちは!みんみんさんも、大切な方を近くに感じながら過ごしていらっしゃるのですね。そしてジェレミーの思いもおわかりになるのですね。大好きなジェレミーが、みんみんさんとそういう気持ちを共有できる人であることがとてもうれしいし、そしてジェレミーを通じてみんみんさんともお知り合いになれて、幸せです。

復刊交渉準備の件、知りませんでした。りえさんのところで知って、私も二年くらい前に投票しました。復刊するといいですね!

ナツミさん、こんにちは。そして私と皆様への「メリークリスマス」、ありがとうございます!ジェレミーの笑顔と声、よろこんでくださってうれしいです。ホームズのジェレミーも素敵だけど、素顔のジェレミーも本当に素敵ですよね!

「天に祝福されている」心、本当にそうですね。美しい言葉を書いていただきました。私たちはジェレミーのその心にふれて、自分の心の中に贈り物をいただける。幸せな気持ちです。

そう、その言葉の前までしか引用しませんでしたが、司会者の「シャーロック・ホームズが着けてますよ!」っていうのもいいですね。「ご連絡を」という言葉を和訳には付け足しましたが、少し勇み足の訳に感じられたので訂正しました。ありがとうございました!ホームズ(ジェレミー)が身につけていることを知ったら、落とし主だったら、(そしてそれが私だったら!)それこそ天にものぼる気持ちになりますね!

あわわ・・・

違う部分を引用したコメントをしたことで、話をややこしくしてしまったようですみません!

マイク・モリス氏は「ご連絡を!」と続けようとしていたのですよね。

それをジェレミーがいち早く察して、「それじゃ今度は僕が無くしてしまうことになるね!」と返したので、即座に「シャーロック・ホームズが…」というコメントに切り替えたのでしょうね。
う~ん、頭の回転の速い二人の会話です。

訳すということは、外国語をそのまま日本語にするのではなく、話している人の意図を汲み取って新たに言葉を組み立てるということで、そのためには日本語を補ったり削ったりしなくてはならないのですね。
適切に伝えるためには、単に言葉に関する知識だけじゃなく、「トークショーでこういう流れになったら、たいていこんな言葉が続くな」というような洞察も必要なんですね。「ご連絡を」と付け足してくださったRMさんのご判断は正しかったのではないかと思います。

つくづく訳って「離れ業」。来年も勉強させていただけたら嬉しいです。
そして、英語学習者としてあらためて動画を見せて(聞かせて)いただくと、ジェレミーの言葉って本当に聞いていて心地いいですね。

あ、いえいえ

私も最初は「ご連絡を!」と続けようとしていたと思っていたのですが、そうではない可能性もあるなあと思って、私の訳は勇み足に思えたのです。ただ、これはご本人でないとわかりませんね。突然視聴者の方をみながら司会者が話し始めたのをみて、私も(そしてジェレミーも:)「ご連絡を!」の方を予想したのだと思います。でもたしかに司会者が切り替えたのでしたら、これも見事ですね。

>「ご連絡を」と付け足してくださったRMさんのご判断は正しかったのではないかと思います。

ありがとうございます。でもどちらにもとれるようにということで、「ご連絡を」はこのまま省いておきますね。

>ジェレミーの言葉って本当に聞いていて心地いいですね。

はい!ホームズの時も好きですが、ジェレミーとしての声と口調が本当に好きです。あるヨーロッパの国の人が(忘れましたが、英語母語話者ではありませんでした)、ジェレミーがあるインタビューで「Oh, good!」という、その一言でさえ、なんと美しくて魅力的なんでしょう、と書いていて、それを読んだとたんに彼女がどのインタビューのどの部分を言っているかがわかりました。そして欧州の言語で育った人にもジェレミーの声と口調は特別なんだなあ、と思いました。別のアメリカの人がホームズとしてのジェレミーについて、すべての子音と母音をこんなに見事に発音する人がいることに驚いた、とも書いていました。言葉についてはちゃんとはわかりませんが、インタビューを読むといつも、こころをひらいている人のあたたかさをその中に感じます。

可愛い笑顔

トップ画像を観ていたら、ジェレミーの声が無性に聞きたくなって今日はこちらからお邪魔します(ウフフッ)

みなさんのコメントを読んでいたら、同じ気持ちだぁ~!!
嬉しくなっちゃいます。

わあ、うれしい!

トビィさん、今のトップ画像を見てここにいらしたということは、あの写真の元になった、この記事を覚えていて下さったということでしょうか。そして探して下さったということですね?わあ、うれしい!

あらためて読んでみたら、あの写真のことをコメント欄で「かわいらしい笑顔」と書いていて、トップ画像につけた言葉とまったく同じ形容をしていたのですね。この時55歳だと思うのですが、この笑顔、可愛いとしか言いようがないですね!

久しぶりにこのインタビューをききました。やっぱりあたたかくて、素敵な声ですね。

>みなさんのコメントを読んでいたら、同じ気持ちだぁ~!!
嬉しくなっちゃいます。

本当に!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://upwardjb.blog112.fc2.com/tb.php/234-a27c07bd

 RM

Author: RM
コメントは承認後に公開されます。古い記事へのコメントも大歓迎です。2010年8月7日に始めました。
私の記事へのリンクはどうぞご自由になさって下さい。
和訳には間違いがあるかもしれません。最近は必ず英語原文を併記・またはアドレスを書いて読めるようにしていますので、どうぞそちらも参考になさってください。

全ての記事を表示する

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

QR