Jeremy のことが知りたくて ~ ジェレミー・ブレット(Jeremy Brett)を愛するかたへ

英グラナダ・テレビでシャーロック・ホームズを演じた俳優の人生を言祝いで

2004年に第二版が出版されたSherlock Holmes on Screen: The Complete Film and TV History という本の新しい版が、1月末にアマゾンから購入可能となる予定です。(アマゾンでは1月末出版となっていますが、出版社のサイトでは出版の日付は2011年9月と書かれていて、こちらではすでに購入可能のようです。)私は旧版は持っていませんが、新版はアマゾンに予約済みです。

http://www.amazon.co.jp/dp/085768776X

今までの版では著者はAlan Barnesとなっていましたが、新版にはBBCのSHERLOCKのプロデューサーの一人でもあるSteven Moffatも著者として加わっている 序論を書いているようです。(アマゾンで以前は「著者」の1人となっていたので、このように書いてしまいました。ナツミさんのコメントで気づきました。ありがとうございます。)

フォーラムの"Books Every Holmesian Should Have" (シャーロッキアンなら持っておきたい本)というスレッドで名前が出ていましたので、新版が届くのを楽しみにしています。

「四つの署名」のスレッドで、この本から一部を引用してくれた人がいました。新版発売の前でしたから、第一版か第二版からの引用でしょう。そこからさらに一部を引用します。グラナダ版の「四つの署名」の撮影がどのようにおこなわれたか、その一端がわかるからです。

Sherlock Holmes on Screen by Alan Barnes

After filming the first series of Granada's 'The Return of Sherlock Holmes', Jeremy Brett was admitted to London's Maudsley Hospital, necessitating a postponement of The Sign of Four, a feature-length special designed to bridge the gap between the two series of The Return - and intended, more importantly, as Granada's contribution to the Holmes centenary. The film eventually started production on the 19th of January 1987, ranging between Manchester, Liverpool, Yorkshire, Norfolk, London, Gloucestershire and Malta before concluding on the 10th March.

[...] Whether clambering around the upper reaches of Pondicherry Lodge (filmed at a Gothic pile in Harrogate, rather than Norwood) or crinkling in amused fellow-feeling as Thaddeus explains his addiction to the hookah, [Jeremy Brett] is riveting to watch from start to finish.

[...] The flashback to Small's acquisition of the Agra treasure, which comes as a convoluted let-down after the riverboat chase, was filmed in Malta. Though not required, Brett was taken along in an effort to complete his recuperation.


これを読んで驚くのは、撮影が1987年1月19日から3月10日までの約50日で、その間の撮影の場所はマンチェスター、リバプール、ヨークシャー、ノーフォーク、ロンドン、グロスターシャー、そしてマルタ島にまで及んだということです。本当に複雑でハードな撮影だったのだと思います。またアグラの財宝をめぐる回想シーンはマルタ島で撮影され、ジェレミーは俳優としての出演シーンはなかったのですが、病からの回復期にあるジェレミーのためを思って、撮影に同行できるようにしたそうです。これはエグゼクティブ・プロデューサーだったMichael Coxの本にも書かれていました。ジェレミーはその時どんなだったかしら、と思いを巡らしてみます。

さらに前々回の記事中のインタビューで、屋根を歩くシーンについてジェレミーが話していましたが、あれは舞台となるポンディシェリ・ロッジがあるはずのノーウッドではなく、ゴシック様式の建物が並ぶハロゲイトで撮影された、ということです。それではあれは全部が本当の映像で、実際にあんなに高い屋根の上だったのですね!私はあの映像はあまりにも美しくてあまりにも危険で、本当に高い屋根の上で撮影したとはちょっと信じられなくて、セットと風景を合成したのかもしれない、などと思っていたのです。あれが本当だったということにも、こころうたれました。そしてジェレミーは高いところが苦手だったというのですから!
SignOfFourRoofs2.jpg

「四つの署名」の撮影がどのように行われたかを、本からの引用でご紹介しました。

RM
関連記事

コメント

ご紹介ありがとうございました

私もこの本は持っていなくて、欲しいなあと思っていたので、この記事でのご紹介が決め手となって購入ボタンをぽちっと押してきてしまいました!
SHERLOCKの写真が表紙にあり、モファットさんが序論を書いていらっしゃるのですね!SHERLOCKもしっかりと「ホームズ映像史」の一部になったのですね。

私もここに個人的なことを書いてしまいますが、引越しをしていてすっかりネットからもホームズからもご無沙汰してしまっていたので、この本が届く頃には新しい環境でいつもの調子に戻れていますように、とちょっと祈るような気持ちでぽちっとしたところもあります。

RMさんは、マンチェスター行きの切符を買いにいかれたでしょうか。
私も、ああいう風に言ったジェレミーの気持ちを想像しながら、ちょっとずつ、ちょっとずつ進んでいこうと思います。

ところで、あの場面が実際に高いところで撮影されたというのはすごいですね!ちらっと見える背景からも、相当高所だと思われますよね!
文字通りホームズになりきらないと、あれは歩けません。

「四つの署名」はスピーディ&スリリングで、舞台の広がりも感じられて大好きなのですが、ホームズとワトスンの移動距離を遥かに超える範囲を駆け回って撮影されたものなのですね。
地図を見ながら、あらためてDVDを観てみたいと思います!

マルタ島でのジェレミーが何を考えてどんな風に撮影を見守っていたのか、私もついつい想像してしまいます。

おお、予約のお仲間が

お一人増えました!そう、SHERLOCKも含めて「ホームズ映像史」を楽しめるようになるのですね。モファットさんは本文ではなく序論を寄せているということ、先日までは「著者」となっていたので間違って書いていました。ナツミさんのおかげで気がついて訂正しました。どうもありがとうございました。モファットさんが何を書いているか、楽しみです。

はい、「マンチェスター行きの切符」を昨日買いました。予定はまだ先、でも少しずつ用意をしなければなりません。先のことを思いなやまず、以前のことにとらわれず、一歩一歩、と自分に言いきかせました。ナツミさんも本が届く頃までに、なのですね。

インタビューでのジェレミーは、表面的な言葉でなく、いつも生きた言葉を話している、という感じがします。「マンチェスターまで行けたらきっと大丈夫」というのもその一つで、ずっとこころに残っていました。

「四つの署名」のあの場面のあの高さ!高いところが特に苦手ではない私でも、目がくらんでとても歩けないと思います。もしかしたらスタッフは、あの場面には代役をたてることを考えていたかもしれない、とさえ想像しています。ジェレミーのことを誇りに思う、という言い方は日本語ではちょっとおかしいかもしれませんが、いつもそう思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://upwardjb.blog112.fc2.com/tb.php/243-66796e78

 RM

Author: RM
コメントは承認後に公開されます。古い記事へのコメントも大歓迎です。2010年8月7日に始めました。
私の記事へのリンクはどうぞご自由になさって下さい。
和訳には間違いがあるかもしれません。最近は必ず英語原文を併記・またはアドレスを書いて読めるようにしていますので、どうぞそちらも参考になさってください。

全ての記事を表示する

05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

QR