Jeremy のことが知りたくて ~ ジェレミー・ブレット(Jeremy Brett)を愛するかたへ

英グラナダ・テレビでシャーロック・ホームズを演じた俳優の人生を言祝いで

前回の記事で、Michael Coxの講演の録音を聴いた感想を書きましたが、実はマイケルが話しているのをこれまでにも聴いたことがあります。ドキュメンタリーTime Shift(BBC4)の第5シーズンで2007年に放送された、"A Study in Sherlock" という番組に出演しています。この番組にマイケルが出演したということは宝島社のDVDムックの解説ページで知りました。「映画やTVにおけるシャーロック・ホームズの歴史を解説した番組」と書かれています。この番組の全部を以前はGoogle Video で、今はYouTubeでみることができます。
http://www.youtube.com/watch?v=9JvU9Lry9Q4

38分のビデオです。エドワード・ハードウィックも出演していますし、もちろんグラナダシリーズも大きくとりあげられています。(ちなみにこれをきいたときは、マイケルの声や話し方について特に何とも思わなかったんです。講演の時は、イヤホンをつけて声だけに集中していたせいでしょうか。あはは。)

この番組はワトスンがナレーターとして語る、という形をとっています(残念ながらエドワードではありません)。画像はとてもきれいですし、いろいろな作品のホームズをみることができます。話にはきいていた、世評の高いロシア版のホームズ、ジェレミーが自分にとってのホームズだと言っていた、ラスボーンのホームズ、品格のあるピーター・カッシングのホームズ、以前ちらっと触れた、マイケル・ケインのバカなホームズなどなど。

途中でワトスンの描かれ方について触れたところで、約12分からエドワードが、約13分からマイケルが話しています。その後約24分からグラナダシリーズの映像が流れ、すぐにマイケルが話し始めます。約25分からエドワードが、約29分からマイケルがジェレミーのことを話します。グラナダシリーズ以外からの引用としては、約27分から以前ご紹介した1988年のWogan interviewでのジェレミーの映像の一部が、約31分からこれも以前ご紹介した1995年のラジオ番組での躁鬱病友の会のためのアピールの音声の一部が流れます。

この二つについては元の番組が放送された時に家庭用録音機でとられたものがYouTubeにありますが、今回のものは映像も音声もそれよりもはるかにきれいです。テープがBBCに残っていることはほぼ確実で、本当によかったと思います。1995年のラジオ番組はジェレミーの公の場での最後の声で、放送は9月3日、亡くなったのは9月12日です。録音は8月23日に行われたと書いているサイトがありました。

ご参考までにこの二つの番組を以前ご紹介した記事へのリンクです。
ジェレミーの笑顔
(Wogan interview)
The Week's Good Cause (1995) その3
(躁鬱病友の会のためのアピール)

RM
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://upwardjb.blog112.fc2.com/tb.php/255-5c1e103e

 RM

Author: RM
コメントは承認後に公開されます。古い記事へのコメントも大歓迎です。2010年8月7日に始めました。
私の記事へのリンクはどうぞご自由になさって下さい。
和訳には間違いがあるかもしれません。最近は必ず英語原文を併記・またはアドレスを書いて読めるようにしていますので、どうぞそちらも参考になさってください。

全ての記事を表示する

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

QR