Jeremy のことが知りたくて ~ ジェレミー・ブレット(Jeremy Brett)を愛するかたへ

英グラナダ・テレビでシャーロック・ホームズを演じた俳優の人生を言祝いで

今日はAudibleにあるオーディオブックのご紹介です。前回オーディオブックをご紹介した時の記事はこちらでした。
Love's Labours Lost (1974) のオーディオブック再発売

ジェレミーが録音に参加しているオーディオブックについては、多くの人が参考にする代表的なジェレミーのファンサイトにも、現在手に入る作品のきちんとしたリストがありません。映像作品についてはどこのサイトも充実しているのですが。

欧米ではオーディオブックで本を読む(聴く)ことが生活の一部になっている、ときいたことがあります。米国では車で長時間移動するためでしょう、はやくから市場が確立していたそうです。イギリスでも、ネットからダウンロードするオーディオブックの販売サイトであるAudibleの売り上げが順調に伸びているようです。

それなのに、Audibleにジェレミーの声がきける作品がいくつもあることが、なぜ英米のファンの間でもあまり知られていないかというと、一つには多くの俳優が参加している作品が多く、個々の俳優の名前で検索してもひっかからないことが多いからだと思います。

多くの俳優が参加している作品が多い、ということと関係しますが、私はなぜ若い時の、声だけの、そして時にはあまり出番が多くない録音であっても、オーディオブックにも興味があるのかしらと考えると、それはジェレミーの修業時代という感じがするからかもしれません。すでに名をなしている多くのシェークスピア俳優にかこまれて、どんなだったかを想像しています。

また、ジェレミーのホームズにはおそらく古典劇での経験が多く生かされているのでしょう。その意味でもシェークスピアを演じるジェレミーに興味があります。実際プロデューサーのMichael Coxは "A Study in Celluloid" の中で、ホームズを演じる俳優としてハムレットを演じることができるのと共通の資質を備えた俳優を考えています。

And, of course, Jeremy had all the basic characteristics the part demands: the voice, the presence, the energy, the bearing of a gentleman and the classical training. For the Hamlet of crime fiction, you need an actor who has played Hamlet.

そしてもちろんジェレミーは、ホームズを演じるのに必要な資質をすべて備えていた。存在感、活力、紳士としての身のこなし、そして古典劇を演じる訓練を受けていること。推理小説の「ハムレット」には、ハムレットを演じた俳優が必要なのだ。


Hamletを演じた時の写真で、以前もご紹介したものを再度載せます。

他にもこちらにたくさんありますが、特に上にあげた写真が好きなのです。
http://jeremybrett.livejournal.com/106370.html

前回ご紹介したAudibleのAudiobookは1974年に最初に発売されたLove's Labours Lost(恋の骨折り損)でしたが、今回のRichard II(リチャード二世)はそれよりもさらにさかのぼる1961年で、ジェレミーは20代後半です。Hamletを演じたのが1961年ですから、この作品の発売はHamletと同じ年になりますが、このオーディオブックの実際の録音はそれよりも少し前でしょう。最初はLPとして、その後カセットテープとして発売され、2010年12月にAudibleのカタログの中にはいりましたが、リチャード二世を演じたSir John Gielgudのみキャストとして名前があがっているので、ジェレミーの名で検索してもヒットせず、この再発売に気がついたのは発売後かなりたってからのことでした。

ちなみにSir John Gielgudは「Dorian Grayの肖像(1976)」でLord Henry Wottonを演じた俳優といえばおわかりでしょうか。ジェレミーがこの有名な俳優を "Johnny G" と呼んで、カナダ出身の若い俳優Larry Lambの度肝を抜いた話が、Larry Lambの自伝に書かれています。

長くなりましたので、ご紹介を二回に分けます。

RM
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://upwardjb.blog112.fc2.com/tb.php/268-80ce50db

 RM

Author: RM
コメントは承認後に公開されます。古い記事へのコメントも大歓迎です。2010年8月7日に始めました。
私の記事へのリンクはどうぞご自由になさって下さい。
和訳には間違いがあるかもしれません。最近は必ず英語原文を併記・またはアドレスを書いて読めるようにしていますので、どうぞそちらも参考になさってください。

全ての記事を表示する

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

QR