Jeremy のことが知りたくて ~ ジェレミー・ブレット(Jeremy Brett)を愛するかたへ

英グラナダ・テレビでシャーロック・ホームズを演じた俳優の人生を言祝いで

前回の記事の2枚目の写真の笑顔をみて、別の作品のこの笑顔を思い出しました。
OnApproval1.jpeg

これは On Approval (1982) の宣伝用写真です。この作品は大好きで、何度みたか知れません。ジェレミーが出演したコメディで一番好きです。DVDにはなっていません。

この4人しか出てこない、と言ってもいい劇です。細かく言えばお屋敷の使用人が数人出てきますが、ほぼしゃべらず、そして出てきてすぐに屋敷を逃げ出してしまいます。

音楽も幕開けと最後の部分、そして中程で一回のみしか流れず、後はただただ四人のせりふと所作にひきよせられ、笑って堪能するばかりです。四人とも本当に見事です。カップルをつくるのは、この写真の対角線の二組なのですが、最後は雪にふりこめられたお屋敷に、上の二人が下の二人によって取り残されてしまいます。

ジェレミーはおしゃべりが楽しくて魅力的で、でも自分では気づいていないけど身勝手で、お金も使い果たしていて、でもやっぱりすごく魅力的な独身の貴族(公爵)です。ジェレミーはコメディのセンスも抜群ですね。他の三人も素晴らしいということもあって、セリフのタイミングと言い回し、表情の変化、しぐさに、何度みても笑ってしまいます。

ジェレミーはコメディを演じるのもとても好きだったのですね。以下はウェブサイト Brettish Empire で紹介されていたもので、「三銃士」に出演していた頃のインタビュー記事です。

"HE'S A 20TH CENTURY ROBIN HOOD" 25 February 1967
More often than not, Jeremy is cast as a dashing, romantic hero.
'That sort of part brings in the fan letters, but I would love to do some comedy. To make people laugh is the greatest gift of all.

しばしばジェレミーは恋愛劇でさっそうとした男性を演じるが、「そういう役でたくさんファンレターをもらいますが、コメディも演じたいのです。人を笑わせるのは、なによりすばらしい才能ですから。」


この作品についてはたくさん書きたいと思いながら後回しになっていたのは、まとまったものを書こう、という気持ちがまたでてしまっていたせいでした。それを捨てて今日はただ前回の記事からの連想で、この写真をご紹介するくらいでやめておきます。またいつか。

とにかくだーい好きなコメディなんです!

RM

関連記事

コメント

(*^_^*)

RMさん、こんにちは!
大切な作品ですものね。
『その気』になる時をお待ちしてま~す(*^_^*)
いつもありがとうございます!

ありがとうございます!

わあ、そう言っていただけるとうれしいです!
もともとの劇のセリフが読める戯曲集を買ったくらい好きなんですよ。YouTubeにもある、個人が録画した映像しかなくて、画質がとても良いとは言えないのですが、もう何度みたかわかりません。
ゆっくりご紹介しますね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://upwardjb.blog112.fc2.com/tb.php/273-2fe3ff00

 RM

Author: RM
コメントは承認後に公開されます。古い記事へのコメントも大歓迎です。2010年8月7日に始めました。
私の記事へのリンクはどうぞご自由になさって下さい。
和訳には間違いがあるかもしれません。最近は必ず英語原文を併記・またはアドレスを書いて読めるようにしていますので、どうぞそちらも参考になさってください。

全ての記事を表示する

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

QR