Jeremy のことが知りたくて ~ ジェレミー・ブレット(Jeremy Brett)を愛するかたへ

英グラナダ・テレビでシャーロック・ホームズを演じた俳優の人生を言祝いで

ここには情報を主体として書く事にして、自分の気持ちはあまり書かないつもりでしたが、何を書くか、に自分の気持ちがあらわれるということに、あらためて気づきました。またこんなに続けて書くつもりもなかったのですが、寝苦しい夜に書きたくなります。忙しくなったら、無理をしないようにゆっくりと書いていこうと思っています。

読んでいるかたのうち、お一人でも喜んで下さるような情報を書けたら、という気持ちは常にあります。それが原点であることを忘れないようにしたいです。その意味では、ジェレミーの最期の日々のことを読んで、悲しい思いをする方もいらっしゃるかもしれない、と思ったりもします。お詫びせねばならないかもしれません。でもあらためてこう思いました。ジェレミーは、ひとはあのように生き、あのようにこの世を去ることができる、そしてからだは失われてもなお、失われないものがあるということを教えてくれたという意味で、私にとって道を照らす灯りなのだと。

「情報」という堅苦しい言葉を透かしてみると、私はここを今みて下さっているかもしれない方に、この先ここをみつけて下さる方に、今と未来の自分自身に、そしてジェレミーに手紙を書いているような気がします。

お一人、ジェレミーのことをほとんど知らずに、でも数回のぞいてくださったかたがいらっしゃるのを知っています。私が当初ブログの設定がよくわからずに、自分の足跡を残してきたからでしょう。読んでいただけるというのは、うれしいことだということがわかりました。私が「情報を主体として」という自分が発した言葉にからめとられずにすんだのは、純粋な情報(本はどこで買えるか、など)そのものには興味がないそのかたがいらしたからかもしれません。感謝いたします。ちょっと恥ずかしいけど。

RM
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://upwardjb.blog112.fc2.com/tb.php/28-a01f05e7

 RM

Author: RM
コメントは承認後に公開されます。古い記事へのコメントも大歓迎です。2010年8月7日に始めました。
私の記事へのリンクはどうぞご自由になさって下さい。
和訳には間違いがあるかもしれません。最近は必ず英語原文を併記・またはアドレスを書いて読めるようにしていますので、どうぞそちらも参考になさってください。

全ての記事を表示する

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

QR