Jeremy のことが知りたくて ~ ジェレミー・ブレット(Jeremy Brett)を愛するかたへ

英グラナダ・テレビでシャーロック・ホームズを演じた俳優の人生を言祝いで

しばらく本やオーディオブックや映像のご紹介をして、ジェレミーの言葉を紹介していなかったのですが、そうしたらまた、言葉にふれたくなってきました。これもとてもよいインタビュー記事です。いつもながらまっすぐに話してくれています。元の記事はこちらで読めます。
http://jeremybrett.livejournal.com/105878.html

写真でもジェレミーはこちらをまっすぐ見ています。投稿した人も書いていますが、多分Claphamの家で撮った写真なのでしょう。赤い靴下にもご注目を!記事の日時については投稿者も知らないとのことでしたが、双極性障害での入院のことを3年前としているので、1989年か、1990年のはじめだと思います。(追記:The Brettish Empireでこの記事から一部を引用しているのに気がつきました。それによると The London Times、 2/18/90の記事だそうです。)

以前このブログで、 "Dancing in the Moonlight" の中の、「若くして死への扉の際にたったことにより、JBはいのちへの畏敬の念と、ただ在ることへの魂の喜びを感じるようになった。」という文章をご紹介しました。
大病の後に:Dancing in the Moonlightより

この、16歳の大病の時のことをジェレミー自身が話しているという意味でも、このインタビューは心にのこっています。はじめからそこまでをご紹介します。抄訳です。あ、それから「地面からいつもちょっと浮いていた」男の子というのも可愛いですね!

When the lights went out
「光が消えたとき」

ジェレミー・ブレットは多くの人々から、彼こそがシャーロック・ホームズだと思われている。その彼が3年前に精神の病を患ったのは、前年の妻の死を十分に嘆き悲しむことができなかったこと、ホームズを演じるという重荷、そして過労が原因だったと彼は感じている。

「子供の頃は自分の体を道具のように思う以外は、体や健康のことを考えることはありませんでした。子供の頃、ほとんどいつも4分の1インチ(約0.6センチ)地面から浮いていました。すごく元気にかけまわっていたんです。4人の男の子のうちの一番下で、大切に可愛がられて育ちました。庭、馬、アーチェリー、プール、スカッシュコートとテニスコート、自由、子供時代に誰でもがほしがるようなものに囲まれて。」

「イートン校にいた16歳の時に、ダイビング競争で優勝しました。 テムズ川の河口に飛び込むのですが、僕は優勝したので、他の生徒よりも長く水の中にいることになって、きたない水が耳に入って耳がはれてしまいました。それがもとでリウマチ熱にかかり、ひどい状態になりました。X線でみると僕の心臓は普通の2倍の大きさになっていたのです。」彼は家に送り返され、8週間のあいだ鎮静剤が必要な病状で、8ヶ月の間ベッドから離れられなかった。その間に背が4インチ伸びた。

「その年で重い病気をしたことで、人生が完全に変わりました。自分では知らずに、死の淵の手前まで行ったのです。真実をかいま見た時、人は違う人間として戻ってくることになります。」


「真実をかいま見た時」と意訳したところの原文は "When you touch the petticoats of comprehension" で、直訳すれば「理解のペチコートに触れた時」となります。これはイディオムとしてはみつからないので、以前私が他の言葉使いについてフォーラムで尋ねた時にイギリスの人が答えてくれたように、言わば「ジェレミー語」なのだと思います。
ジェレミー語;1988年のインタビューから

この訳であっているか、完全に自信があるとは言えません。でもひとにとって一番大切な「理解」というのは、自分とは何か、生きるとは何か、ということだと思うのです。16歳の時にジェレミーは死への扉の手前まで行って、その真実に触れたのではないか、と思うのです。

RM
関連記事

コメント

ありがとう…

RMさん、本当にいつもいい記事を書いて下さって、どうもありがとう!!!
本当に何も言葉が浮かばない…涙が自然と溢れ出ました…何が心に響いたのか…実は分かりません…だけどこのブログの、多分RMさんが訳した文章の中の何かに…心の琴線が触れた…あぁ、それはきっとRMさんの優しさかもしれない…どうもありがとうございます。

みんみんさん

私の気持ちを、そして私がちゃんと伝えられたとしたら、ジェレミーの気持ちも受け止めてくださって、ありがとうございます!ジェレミーは本当に、私たちにたくさんのことを感じさせてくれますね。ジェレミーに出会えてよかった。そしてみんみんさんにも出会えてよかった!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://upwardjb.blog112.fc2.com/tb.php/280-262ddbde

 RM

Author: RM
コメントは承認後に公開されます。古い記事へのコメントも大歓迎です。2010年8月7日に始めました。
私の記事へのリンクはどうぞご自由になさって下さい。
和訳には間違いがあるかもしれません。最近は必ず英語原文を併記・またはアドレスを書いて読めるようにしていますので、どうぞそちらも参考になさってください。

全ての記事を表示する

05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

QR