Jeremy のことが知りたくて ~ ジェレミー・ブレット(Jeremy Brett)を愛するかたへ

英グラナダ・テレビでシャーロック・ホームズを演じた俳優の人生を言祝いで

昨日の朝、イギリス時間では5月1日に、"Posthumous BAFTA for Jeremy Brett (BAFTA4JB)" のFacebookにBAFTA4JB事務局からの残念なニュースが書き込まれました。1月末のBAFTA(英国映画テレビ芸術アカデミー)の会議で、今回の請願についての討議がされたそうですが、理事会は最終的に、すでにこの世を去った人には賞を贈らないという方針をくつがえさないと決定したそうです。

(生前ホームズの演技で何の賞も受けなかったジェレミーにBAFTA賞を、という活動のこれまでについては、以下の「ジェレミーにBAFTA賞を!」のカテゴリの記事をご覧ください。)
http://upwardjb.blog112.fc2.com/blog-category-5.html

BAFTA4JBの公式ウェブサイトでの今回の発表はこちらで読めます。
http://www.bafta4jb.com/2012/05/no-bafta-for-jeremy-brett/

その後、記念植樹の話などがFacebookに出ていてまだ動きがあるようですし、今は事務局も忙しいと思いますので、もう少し待ってから文章を翻訳転載する許可をお願いしてみようと思っています。

本当に残念です。でも上記の発表にもありますが、この活動をする中で、ジェレミーと、ジェレミーがなしとげたことがあらためて世界中で認められたと感じています。本当に多くの国の人達から署名が集まっていました。そして、このブログを通じて署名をして下さった皆様に、心から感謝申し上げます。りえさんのブログ、ナツミさんのブログ、そして「シャーロック・ホームズの世界」のmixiでも告知をしていただきました。近いうちにそれぞれのブログのコメント欄への書き込みや主催者へのメッセージで、この残念なニュースをご報告させていただくつもりです。

ジェレミーの仕事仲間のお名前を多くみたこと、ジェレミーの3人の子供もまた署名をなさっていたことなど、こころに残ることがたくさんありました。今は亡きエドワード・ハードウィック、ジェレミー・ポールの署名もありました。

この活動のことをお知らせしたいというのは、このブログをはじめるきっかけの一つでした。受賞がかなわなかったのは本当にかなしいのですが、活動の広がりや、ジェレミーの知人友人などの支援の言葉にわくわくして、こちらに記事を載せた時の気持ち、遠くの思いがけない国の人からの署名や、日本からの署名を署名簿にみた時のうれしい気持ちは、大切にこころの奥にしまっておきます。

どうもありがとうございました。

RM
関連記事

コメント

とても残念です

こんにちは!
年明けから私事が多くなりまして、RMさんのブログからもホームズからもご無沙汰しておりましたが、久々の書き込みがお祝いとなることができず、とても残念です。

私などが代表者づらをするのもなんですが、BBCの現代版SHERLOCKのファンの中にも、今回のことをとても残念に思ってる方がいらっしゃるようです。友人が、SHERLOCKのファンサイト「Sherlockology」さんのツイート内容を教えてくれました。
日本時間で5月2日、夜の7時51分頃投稿されたものです。
検索すれば出てくる内容なので転載しても大丈夫かとは思いますが、不都合があればコメント非承認にしていただければ幸いです。

@Sherlockology
Very sad to hear the news from @bafta4jb that @BAFTA will not be honouring Jeremy Brett with a posthumous Award: http://bit.ly/Ik3GRQ :o(

@Sherlockology
For many people Jeremy Brett will ALWAYS be THE Victorian #Sherlock Holmes & with or without a @BAFTA Award, his legacy will always live on.

BAFTAという一つの賞については残念でしたが、「今」ジェレミーを思う人がこんなにもたくさんいる、という事実を知ることができたこと、そしてほんの少しでも関わらせていただけたことは、私にとってとても幸せなことでした。RMさん、教えていただいてありがとうございました。
今後も、彼に何らかの贈り物を、という活動は続いていくのですね。何らかの形で参加していければ嬉しいです。

言葉もありません…。

本当に残念です。
でもこの賞のお陰で、RMさんとも知り合う事ができ、ジェレミーの事をたくさん教えて頂けた事、本当に嬉しく思います。
ありがとうございます。

ナツミさん

「Sherlockology」は有名なSHERLOCKのファンサイトですね。よく名前をみかけます。いちはやくニュースをツイッターで流して、ジェレミーのホームズをあらためて讃えてくれたのですね。紹介してくださってありがとうございます。

>「今」ジェレミーを思う人がこんなにもたくさんいる、という事実を知ることができたこと、

本当に私もそうなんです!あんなにたくさんの国の人が署名をするとは思っていませんでしたし、演劇・テレビ関係者や著述家なども、多く名前を連ねていました。あらためてジェレミーのホームズが持つ力を感じました。本当に愛されているのだと思います。ジェレミーと、グラナダシリーズに関わったたくさんの人達の情熱と努力は報われたのですね。

ナツミさん、この署名活動の紹介をブログでしてくださって、本当にありがとうございました。

みんみんさん

本当にそうです、この活動のことをお知らせしたいというのが、このブログをはじめるきっかけの一つでしたから(もう一つはハワイでのジェレミーのことをお話したいということでした)、この活動のおかげでみんみんさんとお知り合いになれたのですね!

賞のことは残念で、特に事務局の人達の努力には頭が下がりますが、ジェレミーは今回のことを通じてできた人と人とのつながりを、何より喜んでくれるのではないかと思います。

みんみんさんも署名をしてくださって、ありがとうございました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://upwardjb.blog112.fc2.com/tb.php/282-8d06b411

 RM

Author: RM
コメントは承認後に公開されます。古い記事へのコメントも大歓迎です。2010年8月7日に始めました。
私の記事へのリンクはどうぞご自由になさって下さい。
和訳には間違いがあるかもしれません。最近は必ず英語原文を併記・またはアドレスを書いて読めるようにしていますので、どうぞそちらも参考になさってください。

全ての記事を表示する

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

QR