Jeremy のことが知りたくて ~ ジェレミー・ブレット(Jeremy Brett)を愛するかたへ

英グラナダ・テレビでシャーロック・ホームズを演じた俳優の人生を言祝いで

昨日の記事を読み返して言葉足らずの気がして、何だかいろいろと補足したくなってきました。いえ、思い過ごしで、そんな必要はないのかもしれませんが。

一つは、私はジェレミーがいつも重圧に苦しんでいたと考えているわけではない、ということ。ジェレミーは新しいことに挑戦するのが好きで、演じることを楽しみ、俳優を天職と考えていた、と思っていて、多分それはここを読んでくださる多くのかたも同様に思っていらっしゃるでしょう。だからこそ、昨日のあの部分が私のこころに残ったのです。ひとにはさまざまな面があって、あれもまたジェレミーの一面なのだろうなあ、と思って。

もう一つは、ジェレミーがオイディプスを演じたオーディオブックについて。耳で聴いてほとんど理解している、という訳ではまったくなくて、ソフォクレスが書いた悲劇「オイディプス」を大学時代に読んだので推測がつくだけで、私の英語の理解はまったくお恥ずかしいものです。ただ、ジェレミーの他のオーディオブックはシェークスピアが多いので、それに比べれば、フランス語から現代英語に翻訳した「地獄の機械」の方がまだわかる、という意味でした。

なんか、今日はよくわからない記事を書いてしまったので、おまけ(?)として、ジェレミーの優雅に踊るような筆跡のカードをおみせしましょう。eBayに出品されていたものです。クリックで少し大きくなります。(ごめんなさい、クリックでは大きくなりません。)この2つの「S」と「J」の並びがなんとも美しいですよね!


RM
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://upwardjb.blog112.fc2.com/tb.php/290-6fa38191

 RM

Author: RM
コメントは承認後に公開されます。古い記事へのコメントも大歓迎です。2010年8月7日に始めました。
私の記事へのリンクはどうぞご自由になさって下さい。
和訳には間違いがあるかもしれません。最近は必ず英語原文を併記・またはアドレスを書いて読めるようにしていますので、どうぞそちらも参考になさってください。

全ての記事を表示する

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

QR