Jeremy のことが知りたくて ~ ジェレミー・ブレット(Jeremy Brett)を愛するかたへ

英グラナダ・テレビでシャーロック・ホームズを演じた俳優の人生を言祝いで

ジェレミーが生まれて子供時代を過ごしたBerkswell のお屋敷(The Grange)のことは、りえさんのブログでご存知の方が多いと思います。そこへ向かう途中で会った方が譲って下さった本、「Berkswell Miscellany, Vol.5」には「The Grangeでの生活」という一章があって、それをりえさんが訳して下さいました。
The Grangeでの生活

The Grangeに2回いらした時のことも書いていらっしゃいます。
ジェレミー生家 The Grange
ジェレミーの生家「The Grange」 再訪

その時にりえさんがお会いになった現在の持ち主のことは、ジェレミーもインタビューで話していて、以前この記事でご紹介しました。
「私が子供だった頃」

そのお屋敷が現在新たな持ち主をさがしています。このことを知った時、私は寂しい気持ちにおそわれました。りえさんを通じて、今の持ち主がどんな方か、どんな気持ちでThe Grangeにお住まいかを知ったことで、言わば「どこかの誰か」ではなくなったご夫婦がいま家を手放されるということに、時が流れてうつっていくことを感じたからです。

そして、りえさんがどんなお気持ちだろうか、と思いました。現在の持ち主とお手紙のやりとりをなさっていらして、すでに知っていらっしゃるかもしれません。今りえさんのブログは更新がとまっていますが、ネットに復活なさってここに来て下さった時に、このことをお知りになるかもしれません。あるいは今もここに時々来て下さっているかもしれません。どの場合でも、悲しく思われるだろうと感じました。

そんな複雑な気持ちがあって、ここに書くことをためらっていました。

でも今日、街を歩きながら思いました。現在の持ち主のご夫婦は、The Grangeを大切に思いながら住んでいらしたけれども、他の場所で新しい生活をはじめる決心をなさったのでしょう。何にでも始まりがあれば、終わりがあります。そして終わりがあるから始まりがあります。新しい始まりが、ご夫婦に新しい幸せな瞬間を運んでくることを祈っています。そしてThe Grangeを離れた後も、ご夫婦のこころに、そこが懐かしい場所として生き続けることを信じています。ちょうどジェレミーのこころにThe Grangeが生き続けたように。

時は過ぎていくし、それはこころ痛むことでもあるけれども、時が過ぎることは自然の理(ことわり)でもあります。私が生まれ5歳まで過ごした家は、戦前に祖父母が建てた家でした。私がはたちくらいの頃だったでしょうか、祖母はこの家をたたんでマンションに引っ越しました。祖母の胸にはどれほどの思いが去来したでしょう。でも祖母はその思いを胸に、自分でそれを決めて、新しい場所で新しい生活に入りました。

それを思い出した時、The Grangeの持ち主がかわることを、事情を何も知らない私がいたずらに悲しむのではなく、今の持ち主のお二人にとって、新しい生活が幸せなものでありますように、と遠くから祈りたい気持ちになりました。

不動産業者のウェブサイトでの紹介はこちらのページです。
http://search.knightfrank.com/STR120124
美しい写真をたくさん見ることができます。また、View MapをクリックするとGoogle Mapが表示されますので、お屋敷のまわりをGoogle Mapの写真上で歩くこともできます。

なおこのウェブサイトでは、すでに売れた場所は概要のみが紹介されているようですので、持ち主が変わった後は、リンク先はみられなくなるのではないかと思います。

RM
関連記事

コメント

本当に悲しいですが・・・

いつもながら情報を有難うございます。

本当に悲しいというか、残念ですが、RMさんの仰るとおり、
新しいスタートをお祈りするしかないですね。
今度住まれるおうちも、素敵なお庭があって、それをご夫婦で楽しまれながら、お住まいになられるイメージです。
私は、現オーナー様との素敵な思い出をいつまでも心に刻み付けておきます。

ちなみに、価格もさすが、というお値段でした。
今は、イギリスも不況だし、為替レートも安いですから2億台ですんでますが、
最高値の為替の時でしたら、4億ほど。
ため息のお値段ですね。
さすがジェレミーが住んでいた物件は、クラパムコモンを含め、お高いです。

りえさん、こんにちは。

りえさんのブログの記事も拝見しました。リンクもありがとうございました。

りえさんはご夫婦のいらっしゃるThe Grangeへまた行くことを楽しみにしていらしたと思うので、さぞお悲しみでしょう。お知らせするのをためらっていました。でも、ご夫婦と連絡がとれなくなってしまう前に、と思いまして。本当ですね、新しいおうちでも、ご夫婦で庭仕事も楽しまれますように。

お値段、高いですね。敷地の広さにもびっくりしました。たとえ買えても(いえ、逆立ちしても買えませんが)維持が大変ですね。あのお屋敷を大切に思う、いいかたが買ってくださるとよいですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://upwardjb.blog112.fc2.com/tb.php/306-fb7b5546

 RM

Author: RM
コメントは承認後に公開されます。古い記事へのコメントも大歓迎です。2010年8月7日に始めました。
私の記事へのリンクはどうぞご自由になさって下さい。
和訳には間違いがあるかもしれません。最近は必ず英語原文を併記・またはアドレスを書いて読めるようにしていますので、どうぞそちらも参考になさってください。

全ての記事を表示する

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

QR