Jeremy のことが知りたくて ~ ジェレミー・ブレット(Jeremy Brett)を愛するかたへ

英グラナダ・テレビでシャーロック・ホームズを演じた俳優の人生を言祝いで

ただ今日一日のあれやこれやの一番最後に、この写真(スクリーンキャプチャ)を載せたくなった、それだけです。

Six1.jpg
Six2.jpg
Six3.jpg

RM
関連記事

コメント

ふふ(^_^)

このシーン、だ〜〜い好きです♪

やることをため過ぎちゃって(夏休みの宿題はギリギリでないとやらなかった人です・汗)、ちょっと落ち込んでたんですが、笑顔になりました。
ありがとうございました!

驚いたこと、嬉しかったこと

RMさん、皆さん、こんにちは。

一つ前の記事でもRMさんやトビィさんがおっしゃっていますが、本当に役柄になりきってしまう役者さんなのですね。2枚の写真の落差に驚きました。
収容所の場面の写真の、悲痛な表情には胸が痛みます。当事者でなくとも、そのものの写真でなくとも、こんなに鮮烈に痛みを伝えることができるのですね。そして、ジェレミーは本当に胸を痛めていたのでしょうね。

その後でこの記事の写真を見ることができて、救われました。
私はもともとホームズが好きで、そこからジェレミーも好きになったのですが、シャーロック・ホームズという人間を知れば知るほど、「なりきる」のは並大抵のことではないと思ってしまいます。ものすごく消耗することではないでしょうか。
だからこんな穏やかな写真を見ると、ホームズになりきるということは、彼の苦しみだけではなく、喜びも追体験できるということだったのだな、と嬉しくなります。RMさん、素敵な写真をありがとうございました!

相次いでのお客様がうれしくて

おはようございます、たまごさん、ナツミさん。
コメントは承認後に表示されるようにしているので、お気がつきにならなかったでしょうが、コメント投稿の時間をみると、お二人は今朝の相次いでのお客様でした。ここには珍しいことで、朝からにっこりです。そして昨日はこころがざわざわする中で、0時少し前にどうしても載せたくなった写真だったので、お二人が喜んで下さったことがうれしいです。
夕方、またあらためてお返事します。

たまごさん、こんばんは。
たまごさんとの共通点をまたみつけてしまいました!私も子供の頃、8月31日は大変な思いをしました。そして私も昨日はいろいろなことが滞って、気持ちが落ち込み気味だったので、何か気持ちが明るくなる写真をブログに飾りたくなったのです。たまごさんにも喜んでいただいけて、なおさらうれしくなりました。大好きなレストレードも含めて、このシーンはいいですよね!


ナツミさん、こんばんは。
そうなんです、他の役者さんのことをよくは知りませんが、それでも、ジェレミーは並外れて「なりきる」タイプの俳優だという気がします。「The Deputy」では、この司祭の人生を言わば毎回生きるのですから、大変だっただろうと思います。

>シャーロック・ホームズという人間を知れば知るほど、「なりきる」のは並大抵のことではないと思ってしまいます。ものすごく消耗することではないでしょうか。

多分私はまだ、ホームズという人間のことがよくわかっていないのです。私はまだジェレミーを通じてしか、ホームズを感じることができないでいます。(そしてそれは、ホームズと出会う幸せなやりかたの一つですね。もちろん最初に原作でというのも、間違いなくとても幸せな邂逅ですね。)

でもジェレミーが、ホームズの中にものすごく複雑で、時にひきずりこまれそうな暗さと深さを見ていた、ということは感じることができます。その上で、ナツミさんがお書きになったのを読んで、あらためてホームズを演じることで、大変な思いもたくさんしたのだろうなあと感じました。

>ホームズになりきるということは、彼の苦しみだけではなく、喜びも追体験できるということだったのだな、と嬉しくなります。

本当ですね。ジェレミーは陰の部分も光の部分も含めて、やはりホームズを好きだったのだと思います。もうホームズを演じたくない、ホームズは好きではない、と言ったこともありましたが、でもDavid Stuart Daviesがどこかでそう書いていましたが、どんなインタビューでもホームズのことを熱心に話していました。多分いつも、目を輝かせて話していたのだと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://upwardjb.blog112.fc2.com/tb.php/363-8713dcf9

 RM

Author: RM
コメントは承認後に公開されます。古い記事へのコメントも大歓迎です。2010年8月7日に始めました。
私の記事へのリンクはどうぞご自由になさって下さい。
和訳には間違いがあるかもしれません。最近は必ず英語原文を併記・またはアドレスを書いて読めるようにしていますので、どうぞそちらも参考になさってください。

全ての記事を表示する

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

QR