Jeremy のことが知りたくて ~ ジェレミー・ブレット(Jeremy Brett)を愛するかたへ

英グラナダ・テレビでシャーロック・ホームズを演じた俳優の人生を言祝いで

前回の記事でホームズの食事のことを話題にしましたので、食事つながりで今日は、ジェレミーとマンチェスターのミッドランドホテルで一緒に食事をしたアメリカのご夫婦の言葉を引用してご紹介します。ミッドランドホテルはご存知のように、グラナダシリーズ撮影中のジェレミーの定宿でした。

1991年8月、"The Master Blackmailer"(犯人は二人)を撮影中だったそうです。また、レストランでの食事の前、ピアノ・バーでのことも書かれています。それからジェレミーがお母様のことを話しているところもありますが、これは別の機会にご紹介しましょう。


「今すごく幸せな気持ちなんですよ。ほら、あのかわいい赤ちゃん。」
その女の赤ちゃんは1歳くらいで、お母さんの肩越しにジェレミーといないないばあをして遊んでいました。お母さんは私たちの前にすわっていて、ピアノを聴いています。「すごく好きな曲です。」ジェレミーが言いました。それは「私を月に連れていって」で、この曲をきくといつも私はジェレミーのことを思います。

(中略)

私たちはフレンチレストランに移動して、テーブルにつきました。そこはジェレミーのいつもの席のようで、壁を背中にしていて、まわりが何でもみえる場所でした。レストランのスタッフ全員のことをジェレミーは知っていて、スタッフもよく気を配ってくれて親切でした。体重がふえないように、特別に頼んだサーモンの料理をジェレミーは食べ、おいしい白ワインを頼んでいました。それから、今まで飲んだことがないほど濃厚で、いやな苦みのないフレンチロースト(深煎り)のコーヒーを楽しみました。



「いないいないばあ」をしているジェレミーって、想像するだけでうれしくなってしまいます。そして、ジェレミーはまわりのことを気にかけて、よく気がつく人だった、ということはいろいろな人の言葉で知っていますので、まわりがみわたせる場所にすわったというのも納得です。料理については、体重が増えてしまったのは薬の副作用が原因だったので、体重を気にかけていたことに胸が痛みますが、それでもおいしい食事を楽しむことができたのを喜びたい気持ちです。

今日の部分はLinda Pritchardの "JEREMY BRETT, The Definitive Sherlock Holmes" の"Letters"の章からの引用です。この本は2001年に出版された写真集で、絶版のため入手が難しくなっていましたが、最近になってBlurbから新しい版が発売されました。すべてのページをブラウザ上でみることができますので、購入せずとも写真を楽しむことができますし、もちろん"Letters" の中身も読むことができて、今日の引用元は第二版では102ページです。

http://www.blurb.com/books/3634107

私がはじめてみた写真が二枚ありました。また、第二版ではホームズの項の写真もかなり差し替えられ増えていますが、こちらは、新しく掲載された写真のほぼすべてが、この1年ほどの間にBlurbから発売された本と共通の写真でした。またドラキュラの写真がかわっていますが、これは以前こちらでもご紹介したNew York Public Library所蔵の写真への差し替えです。

RM
関連記事

コメント

犯人は二人の撮影時は精神的にも体力的にも辛かった時期だったでしょう…。
ジェレミーは日々の中で何気ない優しさ、人を楽しませてくれたのですね。
いないないバーをするジェレミーが直ぐに浮かび、ほっこりしました
(⌒▽⌒)

トビィさん、こんにちは。

>いないないバーをするジェレミーが直ぐに浮かび、ほっこりしました

そうなんですよね!私もすぐに思い浮かびました。

>ジェレミーは日々の中で何気ない優しさ、人を楽しませてくれたのですね。

しかもこういう時全然無理している感じじゃなくて、自分も楽しんでいるところがすごく好きです。

ジェレミーと子どもたち

RMさん、トビィさん、皆さん、こんばんは。

ジェレミーに出会った人は皆、彼のことを好きになりますが、私が特に気になるのは子どもたちです。
何かこう、特別に通じるものがあるような気がするのです。
私がそう思いたいだけかもしれませんが(^^;)
ベーカーストリートイレギュラーズの皆に、ジェレミー・ホームズとの思い出を聞いてみたいなあ、なんて思います。

本当ですね!

たまごさん、こんにちは。

>ベーカーストリートイレギュラーズの皆に、ジェレミー・ホームズとの思い出を聞いてみたいなあ、なんて思います。

本当ですね!私もきいてみたいです。今は三十代後半くらいでしょうか。

ジェレミーは子供達に人気がありそうですよね!子供の頃ジェレミーと会って、その時の思い出を話してくれたもので私が今思い浮かぶのは、(すでに読んで下さったかもしれませんが)1965年に13歳の子役として共演した人の言葉です。
http://upwardjb.blog112.fc2.com/blog-entry-8.html

それからBBCのSherlockのベネディクト・カンバーバッチも子供の頃ジェレミーに会っていますね。具体的なことは話していませんが、いつかききたいですね。


初めまして♪

こんばんは。
いきなりでぶしつけとは存じますが、私のブログにリンクさせて頂いてもよろしいでしょうか?
ブログ内容はまだ、馬や猫のことばかりですが(時間が無くて)、ジェレミーさんやホームズが好きです。
ご迷惑でしたら、遠慮なくおっしゃって下さいね。

ありがとうございます!

こんにちは、文月さん。
リンクして下さるとのこと、うれしいです!

ブログにうかがいました。馬に乗っていらっしゃるのですね、うらやましいです。私はたった一度、それも数分なんです。それでも、またいつか乗りたいなあと思っています。映画がお好きと書かれていましたが、どんなジャンルでしょう。ジェレミーやホームズもお好きなんですね。よければまた、いらして下さいませ。

はじめまして。

RMさん、はじめまして。
シャーロック・ホームズの冒険データベースというサイトを運営していますyotchと申します。

ジェレミーで検索していたら、この度素敵なブログを発見出来て、いろいろ読ませて頂きました。
貴重な写真や映像とかも紹介されていて、とても感激しました。

それと、私のサイトからリンクもさせて頂きました。
http://jeremybrett.client.jp/link_01.html

もしよろしければ、サイト更新は滞りがちですが、相互リンクをお願いしてもよろしいでしょうか。
もちろんご無理でしたら結構です。

ジェレミーの事をもっと知りたいので、またブログ訪問させて頂きますね。
記事の更新も楽しみにしています。

もちろん、知っています!

yotchさん、こんにちは。わあ、もちろん以前から「シャーロック・ホームズの冒険データベース」にうかがわせていただいていました。私が3年と少し前にグラナダ・ホームズを「再発見」した時に、お世話になった日本のウェブサイトが3つありますが、その一つです。2006年11月4日オープンとのことですから、数日前に7年目に入ったのですね。おめでとうございます。

素敵な紹介文をつけてくださって、ありがとうございます。こちらからもリンクさせて頂きました。またお話できるのを楽しみにしています。

いい話ですよねー

シャンパンをバーで飲んで、それからフレンチレストランへ移動。そして、そこでもまた白ワインを。
イギリス人らしいお酒の飲み方が素敵です。
本当にイギリス人ってシャンパンから始まるんですよね♪
そして食事でもじゃんじゃん飲みます。
日本はレストランにソムリエはそんなにいませんが、イギリスは有名レストランでは給仕の半分がソムリエ、みたいな感じです。

赤ちゃんをあやすジェレミーも素敵ですし、ジョアンさんを思いだし、涙ぐんだりする様子も、本当に人間味あふれていて繊細で優しいですよね。
他にもオリビエやハードウィックとのお話もジェレミーのプライベートを感じれて嬉しいエピソードでした。

ちなみに私がミッドランドホテルに行ったときも、ロビーラウンジがあってその横にフレンチレストランがありました。
そこはジェレミーが行った当時と変わってないかもしれません。
フレンチは無理でしたが、ロビーラウンジは見に行きました。
円い天井が素敵な感じだったと思います。
子連れの私は、バーでバーガー食べてたんですが、「ザ・イギリス」って感じのまずいお食事でした(笑)
でもフレンチは美味しそうでしたよ♪

よかった!フレンチは美味しそうで

りえさん、こんばんは。りえさんのブログでのこの本のご紹介(http://blog.goo.ne.jp/rie_002/e/a8a82b6f6c2df89491483e338540cb4a)、すごく良かったです。それから私のこの記事のアドレスも書いてくださって、ありがとうございます。後でりえさんのブログにもお邪魔しますね!

ああ、こうやってブログを紹介しあって、お話ができて、本当にうれしいです。

イギリスでの食事って、そんな感じなんですね。シャンパン、私は1年に1回飲むか飲まないか、そしてそれはもしかして厳密には「シャンパン」じゃなくて「スパークリングワイン」なのかもしれません。

一部のみ引用しましたが、あの文章にはいろいろなエピソードが書かれていて、嬉しかったですね。そしてその時のジェレミーの様子が想像できますね。

>子連れの私は、バーでバーガー食べてたんですが、「ザ・イギリス」って感じのまずいお食事でした(笑)

うふふ、りえさんがイギリスに滞在していらした時のブログ、すべてにわたって弾むような文章だったけど、お食事だけは別でしたね!

>でもフレンチは美味しそうでしたよ♪

ああ、よかった!ジェレミーも多分、美味しいお食事ができましたね!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://upwardjb.blog112.fc2.com/tb.php/366-07efba14

 RM

Author: RM
コメントは承認後に公開されます。古い記事へのコメントも大歓迎です。2010年8月7日に始めました。
私の記事へのリンクはどうぞご自由になさって下さい。
和訳には間違いがあるかもしれません。最近は必ず英語原文を併記・またはアドレスを書いて読めるようにしていますので、どうぞそちらも参考になさってください。

全ての記事を表示する

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

QR