Jeremy のことが知りたくて ~ ジェレミー・ブレット(Jeremy Brett)を愛するかたへ

英グラナダ・テレビでシャーロック・ホームズを演じた俳優の人生を言祝いで

まずはお知らせです。「ワトスンのガウンと喫煙服」の記事にも「追記」として書きましたが、るあるあさんのブログの記事「シャーロックはガウン、ジョンはバスローブ」で、私の上記の記事も紹介してくださいました。るあるあさんの記事はすごく充実した内容です!ナツミさんのブログ記事「シャーロックのガウン」への連動企画で、お二人の文章を読むと原典、グラナダ版、BBC版と時をこえてかわるものとかわらないものを感じることができます。おすすめです!


さて、一つ前の記事「Colin Jeavonsのこと(4)」のコメント欄で、トビィさんが「ジェレミーはいたずらっ子」と書かれていたので、今日のこの記事を書きたくなりました。

Colin Jeavonsのこと(4)」で載せた、ジェレミーが撮影したという写真は、コリンとデイビッドが寝ているところをジェレミーがみつけて、いたずらっ子の目をしてシャッターをきった、というのを最初は想像していたのですが、ある時、ちょっと別の姿が思い浮かびました。コリンが寝ているのをみつけたジェレミーとデイビッドが目くばせしあって、ジェレミーはカメラをかまえ、デイビッドはコリンのそばで寝顔をつくってみせた...。

この写真はコリンが主役ですよね。椅子の背にだらーんともたれて、髪はちょっと乱れたままのコリンを真正面から撮っています。デイビッドは顔の一部がフレームの中に入っていますが、体全体はどういう姿勢なのでしょう?そう思った時、デイビッドもいたずらっ子の目をして、この写真に急遽参加したとも思えてきました!さて、私の推理(?)はあたっているでしょうか。


ジェレミーとデイビッドは、いたずらっ子仲間のようなところが感じられます。Michael Cox著 "A Study in Celluloid" のこの二枚の写真もそんな感じです。画像はいずれもJeremy Brett Informationから頂きました。(Jeremy Brett Informationでは、新しい画像を加える時に、それまであった画像につけれらた番号がかえられたことが以前ありました。ですから下のアドレスも今後かわるかもしれません。)画像の下の文章は、本の中で写真のキャプションとして添えられた文章です。

064.jpeg
Source: http://jeremybrett.info/behind/images/064.jpg

"Jeremy and David Burke clowning between takes on The Solitary Cyclist."
(ジェレミーとデイビッド・バークが、「孤独な自転車乗り」の撮影の合間にふざけている。)

JBasHolmes_bw20(6).jpeg
Source: http://jeremybrett.info/Holmes_Bw/images/JBasHolmes_bw%20(6).jpg

"Jeremy and David in an uncharacteristic pose on location for The Naval Treaty."
(ジェレミーとデイビッドが「海軍条約事件 」のロケ現場でホームズとワトスンらしからぬポーズをとっている。)

ね、いたずらっ子仲間、という感じが出ていますでしょう?

ちなみに1枚目でふざけあっている二人が本来撮っていた写真はこれじゃないかしら、と思います。英国で売られていたDVDのパッケージ写真にも使われていて(追記:同じ構図で、少しだけ違う写真でした。http://ecx.images-amazon.com/images/I/51273M05MNL.jpg)うってかわって真面目な顔の二人です。さすが!でも上の写真とみくらべると、ちょっと笑っちゃいます。
Colour_Holmes20286329s.jpeg
Source: http://jeremybrett.info/Holmes_C/images/Colour_Holmes%20%2863%29.jpg
(少し小さく写真を変換しています。)


こんなふうに頂いたコメントが元で、あるいは先日のように他の方のブログを読んで、書きたいことができたり、連想が広がって新しい記事ができるというのは幸せで楽しいことです。読んで下さっている皆さまも、どうぞよければ時々お話にいらしてくださいね。

RM
関連記事

コメント

RMさんこんにちは。
いつも貴重な画像ありがとうございます。
私のジェレミーフォルダはRMさんから頂いた画像でいっぱいです。
(もちろん白塗りコリンさんも!)

「いたずらっ子ジェレミー」のお話早速ありがとうございます!!
RMさんの推理どうり、もしかしてイタズラの瞬間を撮ったのでは?!
コリンさんはともかく、ディビットがあの姿勢で寝てるのは不自然ですもんね。

1枚目と3枚目の画像でジェレミーとデイビットが拳銃で遊んで(?)いますが、
SHERLOCKのコメンタリーでB-Cumberbatchが「拳銃と爆破は男の子の憧れ」と言ってましたけど、
ジェレミーとデイビットもそうですよね。幾つになっても男の子なんですね(笑)

2枚目は何気なく立っている2人ですが、紳士服のポスターみたいで格好いい(//ω//)イャン♪

トビィさん、こんにちは。

画像のご紹介、喜んでいただけてうれしいです。まだ「画像載せたい病」途中です。インタビューの紹介を文字ばかりでずっとしていると、私はこんなふうになります!

>RMさんの推理どうり、もしかしてイタズラの瞬間を撮ったのでは?!

賛同してくださって、ありがとうございます!コリンは絶対、ちゃんと寝ていると思うんです。デイビッドはもしかして、と思いますよね!

>SHERLOCKのコメンタリーでB-Cumberbatchが「拳銃と爆破は男の子の憧れ」と言ってましたけど、
ジェレミーとデイビットもそうですよね。幾つになっても男の子なんですね(笑)

おお、そんなことを言っていたのですね!面白いですね。そう、本当に「男の子」っていう感じでふざけあっていて、かわいいです。

>2枚目は何気なく立っている2人ですが、紳士服のポスターみたいで格好いい(//ω//)イャン♪

「決めのポーズ」というところが、かっこつけてて、かわいい!

Baker Street Boys

RMさん、トビィさん、みなさんこんにちは。

「いたずらっ子」で「男の子」!
ひょっとしたら、ホームズとワトスンの全ての冒険の出発点は、そこにあるのかもしれませんね。

表題にした「ベーカーストリート・ボーイズ」は、ずいぶん前だと思いますが、SHERLOCKを特集した雑誌の見出しだったと思います。こちらの二人は、劇中でも"boys"と呼ばれることが多いようです。

「男の子」という言葉を使う時、やれやれ、と呆れるような、それでいていとおしいような、不思議な感慨がありますね。端正な紳士という印象があるグラナダ版の二人ですが、「男の子」の部分を発見するとうれしくなってしまいますね!

RMさんの「ジェレミーとデイビッドのいたずら説」にも、うれしくなってしまいました。
わたしもタヌキ寝入り説に一票です!

"boys" っていいですね!

ナツミさん、こんばんは。

BBCのSHERLOCKの二人は"boys"と呼ばれているんですか。グラナダ版の二人はさすがに作品中では"boys"とは呼ばれていませんが、「男の子」の顔もちゃんと持っているのですね。ジェレミーとデイビッドとしても、ホームズとワトスンとしても。

>RMさんの「ジェレミーとデイビッドのいたずら説」にも、うれしくなってしまいました。
わたしもタヌキ寝入り説に一票です!

わあ、もう一票、うれしいです。この二人、いたずらしそうですものね!

こんにちは。
いつも貴重な写真や記事をご紹介下さって有難うございます。

私はずっと以前(ホームズシリーズがTVで放送されていた頃に)、ジェレミーを追いかけていましたが、当時は殆ど何も分かりませんでしたので、こんなに沢山の資料があったんだなぁと思うと感慨深いです。

私のブログで、ジェレミーの名前は伏せていますが、彼に関する文章を書かせていただきました。
実はヒプノセラピーのブログなので、「?」と思われるかもしれませんが、この記事はヒプノとはあまり関連はありません。
もしよろしければと思い、URLを記載させていただきます。

1回目
http://ameblo.jp/nrosey/entry-11404845673.html

2回目
http://ameblo.jp/nrosey/entry-11404859797.html

3回目
http://ameblo.jp/nrosey/entry-11405460974.html

コリンのレストレード、好きでした!
何となく可愛らしい、なんて言ったら失礼でしょうか。

RMさんの「画像載せたい病」は皆さん大歓迎されていると思います(笑)。

NRさん、こんにちは。コメントを寄せてくださって、ありがとうございます!

ホームズが放映されていた頃からのファンで、ロンドンに何度もいらして、実際にジェレミーにお会いになったかたとお話できるのは、また格別です。ロンドンの煙草屋さんに飾ってあった(もしかして今もある)ジェレミーの写真のことを以前書いた時にも、その煙草屋さんとジェレミーの写真をロンドンで実際にご覧になったことを教えてくださいましたね。

NRさんがまとめてくださった当時の写真が、りえさんのブログで紹介された時もうれしく拝見しましたが、今回のブログの記事で、マンチェスターのホテル(ミッドランドホテルですね?)でお会いになった時のこともうかがえて、いろいろとその時のジェレミーを想像して楽しみました。NRさんにとって、懐かしい大切な思い出でしょうね。

それと、楽屋口での "You must be Naomi" も、ジェレミーらしいですね!お花はたくさんあったかもしれないのに、ちゃんとそれぞれの贈り主の名前を覚えているところも、NRさんをみて、そうに違いないと思って口にするところも。

次の記事、またはその次の記事の最初に「お知らせ」として、NRさんの記事へのリンクをあらためて書いてもいいでしょうか?このコメント欄だけだと、時がたつと人の目に触れにくいので。でもおいやでしたら、この場所だけにします。

レストレード、最初はちょっといやな奴だったけど、憎めないし可愛いですよね。

そして、私の「画像載せたい病」を擁護してくださって、ありがとうございます!

NRさんのお話に納得

RMさんお邪魔します。
NRさん、初めまして。
NRさんの文章を拝見しました。素晴らしい出会いと経験をされたんですね!こちらもワクワクしながら読ませていただきました。
私も同じ舞台を見たことがあるのですが、あまり知識もなく、英語もわからず、熱い思いもなかったので、途中で居眠りしたりしていまさら少し後悔しています・・・。

でも周りの方との出会いも含め、行動をされたからこその展開なんですよね。
人生ってそういうものですよね。
とても納得させられました。
それとブログのくまモンの写真にも「きゃーっ」ってなりました。私もくまモンの大ファンなのです。

>RMさん

コメント有難うございます。
あの煙草屋さん、まだあるかな(笑)。
私が最後にロンドンに行った時(5~6年前?)はまだあったと思うのですが。
あのへんもどんどん店が変わっていっていて、たまに行くとショックを受けたりします・・・。

ジェレミーは、ホームズのイメージで会うと、ちょっとびっくりします、服装に^^;。
私も「ここホテルなんだけど、いいのかそれで」と思いましたので(あはは・・・)。

> 次の記事、またはその次の記事の最初に「お知らせ」として、NRさんの記事へのリンクをあらためて書いてもいいでしょうか?

こちらこそ、ご紹介いただけたら嬉しいです。
宜しくお願い致します。

> 私の「画像載せたい病」を擁護してくださって、ありがとうございます!

この「いたずらっ子」に(1)とあるからには、シリーズとして続く、という事ですよね!?



>YOKOさん

うちのブログも見て下さり有難うございます。
YOKOさんのブログにも伺いましたが、すごいですね!
またゆっくり拝見させていただきます。

そして、くまモン。
可愛いですよね。
たまらないものがあります(笑)。

YOKOさんもあの舞台をご覧になったんですね。
あまり知識もなく・・・と書かれていますが、どういういきさつでご覧になったのでしょう。
やはり何かの縁がそこにあったのでしょうね。
私も正直言って、1幕はホームズの原作を知っていれば分かりますが、2幕はオリジナルだったので、内容は殆ど分かりませんでした(笑)。

YOKOさん、NRさん、コメントありがとうございます。

YOKOさん、いらっしゃいませ!

>でも周りの方との出会いも含め、行動をされたからこその展開なんですよね。
人生ってそういうものですよね。

私もNRさんの記事を読んでそう思いました。自分が動くからまわりも動く。そのこと自体は当然のようでもあり、でも結果として、時に奇跡のようなことが起きたりもするのでしょうね。

YOKOさんのイギリスでのご経験も、その他の国でのお話も(「絶対にお勧めできないケド」の記事、http://blog.goo.ne.jp/travel_diary/e/cac46813019eb3fa2b1b038b69a3efb8)、私にとってはびっくりすることばかりで、素敵だなあと思います。私は引っ込み思案で冒険しないたちだったのです。(最近はいろいろと小さな冒険をしていますが。)

それからYOKOさんが"The Secret of Sherlock Holmes" をご覧になった時の記事のURLも、ここに書かせてくださいね。

「The Secret of Sherlock Holmes(舞台劇)」http://blog.goo.ne.jp/travel_diary/e/8d558dd8b0e907b511ed3b447de44d5e

NRさんの記事のURLをこのブログの本文であらためてご紹介する時に、よければ今回こちらに書かせていただいたYOKOさんの記事のURLも、もう一度載せてもいいでしょうか?



NRさん

URL掲載を承諾してくださって、ありがとうございます!

>ジェレミーは、ホームズのイメージで会うと、ちょっとびっくりします、服装に^^;。

わあ、そういうお話をうかがうのが、すごくうれしいです。「ここホテルなんだけど、いいのかそれで」には笑っちゃいました。ジェレミーは撮影現場を離れたら、ホームズの対極にあるような格好がしたかったのでしょうか?それにしても、NRさんがそこまでお思いになるというのはどんな服装だったのか、想像しちゃいます。

>この「いたずらっ子」に(1)とあるからには、シリーズとして続く、という事ですよね!?

シリーズというほどでないのですが、もう一回書きたいことがあるんです。でもまた新たに記事か何かを発見したら、(3)も書きますね!NRさんがお書きになったように、昔なら考えられなかったことですがネットのおかげで、今でも新しい写真や新しい記事に出会うことができます。

でもNRさんやYOKOさんのように、何も情報も資料もなくイギリスにいらして、そこで"The Secret of Sherlock Holmes"の上演と巡り会ったというのは、ネット以前の時代だったからこその素晴らしい体験だと思います。



そして、YOKOさんとNRさんは、くまもんが好きという共通点もおありになったのですね!私も偶然、今日職場でくまもんの可愛いマグネットを見ました!

ご紹介ありがとうございます。

私のブログの記事ご紹介いただきありがとうございます。
自分でこちらに書きにこようかと思っていたところでした。
とりあえずご連絡まで。またゆっくりおじゃましにきます。

こちらこそありがとうございます。

YOKOさん、それでは後日、記事本文中でもう一度紹介させていただきますね。どうぞお時間のあるときに、またおいで下さいませ。

NRさん

私が、あの舞台劇を見に行ったときのことは、RMさんがリンクしてくださった自分のブログにも書いておりますが、たまたま旅行でロンドンに行った時に同じ宿の人から、お芝居に誘われて一緒に行ったんです。もともとシャーロックホームズの足跡を訪ねる旅ではあったのですが、グラナダホームズはほとんど見ていなかったこともあり、もったいなかったといまさらながら思っています。
それと当時の敗因の大きな原因は、ホームズ物語を翻訳でしか読んでいなかったことです。固有名詞も何もかも英語で全くわからなくて、すやすやと・・・・眠りに誘われました。
今見に行くことができたらどんなに素晴らしいかと思います!

ホームズじゃないときのジェレミーがどんな服を着ていたのか。私も興味津々です。

RMさん
「絶対にお勧めできないケド」ご覧いただいてたのですか!イヤはやお恥ずかしい限りです。
「小さな冒険」いいですね。わたしも小さな冒険を忘れないようにしていきたいと思います。

ネット以前の世界は、いまよりもっと「奇跡」を感じることが多かったのかもしれませんが、ネットの世界になってもやっぱり出会うものは出会うし、出会わないものは出会わないのでは?と思っています。やっぱりそこに奇跡みたいなものはあるんですよね。

あまたあるブログの中からこうやって皆さんと知り合えることも、やっぱり行動を起こした結果なんですものね。

RMさん

YOKOさんのブログ記事をご紹介下さり有難うございます。
詳しく書かれていたのですね、失礼しました。
こうしていろいろな方のお話を伺えるのもネットの有難い所です。

ネット以前は、とにかく自分が動かなければならなかったので、今よりずっと活動的でしたが、やはり出会える人や得られる知識には限りがありました。
でも、だからこそ一つ一つが貴重だったのでしょうね。


YOKOさん

確認したら、2月25日から3月3日までのチケットがあるので、私はYOKOさんと同じ時に英国内に滞在していたようです!
これもまた奇跡?

同じ宿に、その舞台を見に行こうとしていた人がいて誘われた、というのも、偶然のように見えるけど、やっぱりそれだけじゃないように思います。

NRさん、YOKOさん

さっき新しい記事を書いて、NRさんとYOKOさんのブログの記事を紹介させていただきました。差し障りや間違いがありましたら、どうぞお知らせくださいませ。


YOKOさん

YOKOさんのブログを拝見すると、YOKOさんには好きなものがたくさんあって、そのすべてに対して情熱と柔軟さがほどよくまざりあっているのを感じます。だから「絶対にお勧めできないケド」を読んでも、わあ素敵だなあとは思うけど、なんてあぶないんでしょうとは思わないんです。私もそんな感じの旅や人との出会いを、いつかできたらなあと思います。

>ネットの世界になってもやっぱり出会うものは出会うし、出会わないものは出会わないのでは?と思っています。やっぱりそこに奇跡みたいなものはあるんですよね。

本当にそう思います!YOKOさんとお会いしたのはナツミさんのブログ、そしてナツミさんのブログにお邪魔するようになったのも、うれしい巡り合わせでした。そもそも自分がブログをはじめるなんて、私にとって奇跡のようなものです。


NRさん

YOKOさんと同じ頃に英国に滞在していらしたとは!NRさんの旅も素晴らしいですね。予定をあらかじめ決めずに、自由に英国内をまわっていらしたのですね。私は若い頃は特に恐がりで、自分で自分の世界を狭くしていたところがありました。今は少しずつ、新しい(小さな)冒険を楽しんでいます。NRさんもまた、新しいことをおはじめになっていらっしゃるご様子ですね。

温かいお言葉に感謝☆

RMさん
>OKOさんには好きなものがたくさんあって、そのすべてに対して情熱と柔軟さがほどよくまざりあっているのを感じます。

わぁ~なんて温かなお言葉。嬉しいです。ありがとうございます。
新しい記事も拝見しました。
人の名前昔はよく覚えられましたが、最近は聞いたそばからわからなくなってしまって、困ります。役者さんって台詞を覚えるお仕事だから、記憶力はいいのでしょうけど、人の名前をおぼえるのは、やっぱりその人への関心の高さからですよね。

それから、RMさんの冒険はブログを書いてらっしゃることもなのですね。
確かにこういう活動してると世界がどんどん広がって行きますよね。それに全世界に向けて自分の思いをどんどん語るわけですから、かなり勇気のいることなのかもしれませんね。

NRさん
なんと同じ時期にいたのですね!!
すごい偶然と言うか、なんという出会いでしょう。どこかでニアミスしてませんか?
http://blog.goo.ne.jp/travel_diary/e/e6f7ad8491b5c82c0d76c587c8d4eb35
に当時の旅程を書いてますよ~。
劇場以外にも同じ場所にいたかもしれませんね^^。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://upwardjb.blog112.fc2.com/tb.php/372-af00c979

 RM

Author: RM
コメントは承認後に公開されます。古い記事へのコメントも大歓迎です。2010年8月7日に始めました。
私の記事へのリンクはどうぞご自由になさって下さい。
和訳には間違いがあるかもしれません。最近は必ず英語原文を併記・またはアドレスを書いて読めるようにしていますので、どうぞそちらも参考になさってください。

全ての記事を表示する

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

QR