Jeremy のことが知りたくて ~ ジェレミー・ブレット(Jeremy Brett)を愛するかたへ

英グラナダ・テレビでシャーロック・ホームズを演じた俳優の人生を言祝いで

クリスマスを前にして何を書こうかなあと考えて、そうだ、私たちの大好きなハドスン夫人、Rosalie Williams(ロザリー・ウィリアムズ)のインタビューから少し引用しよう、と思いつきました。

ハドスン夫人とホームズの関係について語っている箇所の一部分をご紹介します。このインタビューはそれ以外の話題についても話していて、かなり長いのですが、それはまた後日。

ロザリーが、ハドスン夫人は単なる家政婦ではない、家主・女主人で、彼女なりの暮らしのルールを持っている、と語ったあとです。RWはロザリー、SSはインタビューアです。


Holmes' Sweet Home
An Interview with Rosalie Williams
by Richard Valley

Scarlet Street, pp.24-29, No.8, 1992

SS: 彼女のルールのもとであの家が動いているのですね。ホームズが自分の部屋で書類をあちこちに投げ散らかすこと以外は。

RW: そのとおりです!ハドスン夫人とホームズの関係について、それでわかることがあります。まず第一に、ハドスン夫人はホームズのことがとても好きなのだと思います。もしもそうでなければ、夫人はホームズと一緒に暮らすなんてできないでしょう。あの気性で、かんしゃく持ちなんですもの。でもホームズも家の中のことに関しては、夫人のやりかたにある程度は従わなければなりません。女主人にね。夫人はホームズのことをとても好いていて、そして彼のことをとてもよくわかっているので、ホームズが次にどううごくか予想がつきます。ホームズのお母さんみたいな人、ホームズの世話をして、身のまわりのことを全部やってあげて、でもホームズに、「だめです!」と言える人なんです。わかってくださると思いますが、二人は仲のよい喧嘩相手なんだと思います。



俳優は演技で全てを語るものだとも言えますが、でもこうやってロザリーがハドスン夫人のことを語ってくれるのをあらためてきくと、演じている時の気持ちが感じられる気がしてうれしくなりました。

このインタビューを読むと、ロザリーがとても知的で、そしてあたたかい人だということがわかります。そしてジェレミーとロザリーが友人として、仕事仲間として、お互いに大好きだったことも感じられます。

グラナダシリーズはこのハドスン夫人を得て幸せでした。そして、ホームズにこんな「お母さん」がいて、ジェレミーにこういう友人・シリーズ全部にわたる共演者がいて、本当によかったとあらためて思います。

(英語の原文は後で書き写すつもりです。)

RM

追記:ハドスン夫人のやさしい顔とおこった顔と、両方載せたくなりました。「青い紅玉」からです。おこった顔も大好きです。

MrsHudson1.jpgMrsHudson2.jpg

関連記事

コメント

RMさんMerry Christmas!
ロザリー・ウィリアムズさん、数いるハドスンさん役でこんなにピッタリの方はいないですよね。

ハドスンさんがいなければ221-Bの部屋はとんでもない事になってますよ~!
私が大家なら部屋で射撃練習した時点で追い出します!!

「入院患者」だったでしょうか、大掃除で部屋を追い出された(?)
ホームズがワトスンと一緒に床屋にいる(なぜついて行ってるのか不思議だったのですが)
彼女のルールに素直に従ったからなのですね。その後また書類を散らかしてましたけど(^^;

ジェレミーもロザリー・ウィリアムズさんの事を本当の母親のように思っていたから、
演技の中でも現れていたんでしょうね。

Merry Christmas!

そうそう、忘れていました!「入院患者」で床屋に行っていたのは、「大掃除するから出ていってください」とハドスン夫人に言われたからなのですね、多分。考えてみればとても素直ですよね。かわいいなあ、ホームズ。

>ジェレミーもロザリー・ウィリアムズさんの事を本当の母親のように思っていたから、
演技の中でも現れていたんでしょうね。

はい、若い頃から知っていて、とても大事に思っていたのだと思います。

みなさん、Merry Christmas!

どんなクリスマス・イブをお過ごしになられましたか?
我が家はとても久しぶりに鶏のモモ肉(できあがっているやつです・笑)を買いまして、子どもの頃を思い出しました。

ハドスンさん、素敵ですよね。
優しくて、お茶目で、勇敢で、大好きです。
怒っても、愛情があって怒っているというのがよく分かります。
ロザリー・ウィリアムズはとても可愛らしくて、ハドスンさんと重なりますね。

グラナダ版のオリジナル場面ですが、「もう一つの顔」の冒頭で、ワトスンが出かけた後、ハドスンさんがケイト・ウィットニーと話しているところがあります。
ケイトが「男の人って、どうして大人にならないんでしょう?」みたいなことを言って、ハドスンさんが確か「だから、私たちがいるんですよ」と応えるのですが、このやり取りを聞いて、ああ、ホームズもワトスンも、ハドスンさんの手のひらの上だなあと思ったんです(笑)

ホームズの物語の中で一番強いのはハドスンさん、ハドスンさん最強説というのはどうでしょう?(笑)

Merry Christmas!

私からも、RMさんとお集まりの皆さんにメリークリスマスを言わせてください。
私は七面鳥を食べました!いつか、ホームズみたいに山鴫を食べてみたいです。

そして、クリスマス・イヴの更新に大好きなハドスン夫人のお話で嬉しいなあ。物語の性質上、殺伐としたお話がどうしても多くなりますが、ハドスンさんが出てくるといつも温かい気持ちになりますよね。

ハドスンさん、怒った顔もどこか優しいですね。
でもホームズとワトスンにとっては、ハドスンさんを怒らせる以上にまずい状況はなかったのかも!
たまごさんのハドスンさん最強説に大賛成です!

皆さん、ハドスンさんのお気に入りエピソードを披露されているので、私からもひとつ。ワトスンへのクリスマスプレゼントに何をあげたらいいか悩んでいるホームズに、ハドスンさんがアドバイスをしてあげる場面が好きです。
手のかかる男の子たちを育てているお母さんみたいですよね。

たまごさんもMerry Christmas!

子どもの頃を思い出すクリスマスって、幸せなクリスマスですね!私はごくごく普通にクリスマス・イブもクリスマスも過ごしています。でもその中でも小さな出来事があったり、いろいろと感じることがあったりして、ああこれも今年のクリスマスの巡り会いなんだなあ、と思っています。

>怒っても、愛情があって怒っているというのがよく分かります。

そうなんですよね!だから怒っている顔も大好きなんです。

>グラナダ版のオリジナル場面ですが、「もう一つの顔」の冒頭で、ワトスンが出かけた後、ハドスンさんがケイト・ウィットニーと話しているところがあります。

ああ、そうでした!本当にホームズもワトスンも「大人にならない男の子」なんですね、ハドスンさんにとって。確かにハドスンさん、最強ですね!

そしてナツミさんもMerry Christmas!

>私は七面鳥を食べました!いつか、ホームズみたいに山鴫を食べてみたいです。

七面鳥ですか!いかにもクリスマスという感じで素敵ですね。そして山鴫はどこに出てくるのかしらと調べたら、「青い紅玉」の原作(延原訳では「青いガーネット」)では、新聞広告の手配を頼んだ後、「食事は七時、山鴫のご馳走があるはずだ」とホームズがワトスンに言っているのですね。どんな味なんでしょう。それから「花嫁失踪事件」にも出てくるのですね。ホームズのお気に入りのご馳走みたいですから、おいしいんでしょうね。

>ハドスンさんが出てくるといつも温かい気持ちになりますよね。

本当にそうです!ハドスンさんが出てくるだけでうれしくなるのは、別にニコニコしていなくても、愛情を感じるからでしょうね。

>ワトスンへのクリスマスプレゼントに何をあげたらいいか悩んでいるホームズに、ハドスンさんがアドバイスをしてあげる場面が好きです。

それは多分「ボール箱」ですね。「多分」と書いたのは、私はまだ観ていないからです。グラナダシリーズの最後の作品、いつかしみじみとした気持ちで観ることになると思います。その中にそういう場面があって、本当によかったです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://upwardjb.blog112.fc2.com/tb.php/379-e5ea23af

 RM

Author: RM
コメントは承認後に公開されます。古い記事へのコメントも大歓迎です。2010年8月7日に始めました。
私の記事へのリンクはどうぞご自由になさって下さい。
和訳には間違いがあるかもしれません。最近は必ず英語原文を併記・またはアドレスを書いて読めるようにしていますので、どうぞそちらも参考になさってください。

全ての記事を表示する

05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

QR