Jeremy のことが知りたくて ~ ジェレミー・ブレット(Jeremy Brett)を愛するかたへ

英グラナダ・テレビでシャーロック・ホームズを演じた俳優の人生を言祝いで

前回グラナダシリーズのレストレード、Colin Jeavons(コリン・ジェボンズ)のポートレートをご紹介した時に、そういえば、と思い出したのが今回の2枚の写真で、Steve Shipmanという写真家が撮ったジェレミーのポートレート、そしてRupert Graves(ルパート・グレイブス)のポートレートです。ルパート・グレイブスというと、BBC版「SHERLOCK」をご覧の方はぴんと来るでしょうが、BBC版でレストレードを演じている俳優です。

2枚の写真をみることができるSteve Shipmanのウェブサイトはこちらです。
http://steveshipmanphotography.com/celebrity-portraits-steve-shipman-london-portrait-photography

上のページで説明していますが、Steve Shipmanは現在は結婚式を専門に撮る写真家ですが、以前は俳優やコメディアンなどのポートレートを雑誌のために撮影していたそうです。雑誌のためにはカラー写真を撮っていましたが、可能な場合はそれとは別に白黒写真を撮っていて、その内の何枚かは前回ご紹介したThe National Portrait Galleryにおさめられています。そしてこのページには白黒写真の一部がアップロードされています。

今後アップロードされる写真の枚数がふえると場所がかわるかもしれませんが、現在はページの下の部分に並んでいる写真のうちで、一番上の並びの右から3番目にジェレミーの写真があります。クリックすると大きくなります。

そして同じ一番上の並びの右から7番目がルパート・グレイブスです。美青年ですね!今49歳だそうですが、これは20代でしょうか。ちなみに私は、新橋のガード下でルパート・グレイブス演じるレストレードを囲む会の一員です。(うふふ、これが何のことかは、ナツミさんのブログの「レストレードについて」の記事のコメント欄をお読み下さい。)前回の写真の中の、「昭和のアイドル」のようなコリン・ジェボンズも、新橋のガード下が似合いそうですね!(これが何のことかは、「National Portrait Galleryにある写真」の記事のコメント欄をお読み下さい。)

ジェレミーの写真についての感想は、またあらためて書くつもりです。

RM
関連記事

コメント

RMさんこんばんわ。
ルパート・グレイブス男前ですね。
前回から引き続き男前祭り(笑)
私には嬉しいかぎりです( ̄▽ ̄)
ルパートさんはsherlockで初めて知りました。
原作のレストレイド警部(イタチ?ブルドッグ?)とは違いますが、コリンさんと同じく出番も少なめなのに、存在感がありますね。
落ち着いた頼りがいある感じが好きです。
私も『新橋のガード下』にぜひお邪魔してみたいです( ´ ▽ ` )ノ







トビィさん、こんばんは。

>ルパートさんはsherlockで初めて知りました。

私もです。そして若い頃は美青年として名を馳せていたとは知りませんでした。見事に年をかさねた俳優の一人ですね。

>コリンさんと同じく出番も少なめなのに、存在感がありますね。

そうなんですよね。「シャーロック・ホームズ映像読本」のインタビューで、スティーヴン・モファット(「SHERLOCK」のプロデューサー)が彼のことを「主役級の俳優だ」、「ベーカー街にシャーロック・ホームズが現れなかったとしたら、ドラマの中心は、主役を張るのは、彼ですよ。」と言っているのを読んで、ひそかに喜んでいました。

>私も『新橋のガード下』にぜひお邪魔してみたいです( ´ ▽ ` )ノ

わーい、お仲間がふえました!

男前祭り!

RMさん、年明けから華やかな記事が続いて嬉しいです!トビィさんのおっしゃるように、男前祭りですね!

そしてトビィさん、「新橋のガード下でレストレードを囲む会」にお仲間が増えて嬉しいです!今後の活動としては、ぜひコリンさんも囲みたいです。

私も「シャーロック・ホームズ読本」のモファットさんの言葉がうれしかったです。スピンオフの可能性もあり!?なんてつっこまれていましたね。

どちらのレストレードも、作中の描写はほんの少ししかないのに、他のキャラクターとの描かれていない人間関係が見えるような気がするんですよね。それも、俳優さんの力が大きいんでしょうね。

ポートレートというのは、個性をはっきり感じられて面白いですね。その人にしかないきらめきを表現できる俳優さん、まっすぐに経験を重ねて、いい顔になった人間を演じられる俳優さん、その人のキャラクターや年齢によってさまざまなのですね。

ガード下で新年会

いや〜久しぶりのレストレードの話題。嬉しくて何も書かずに投稿するところでした(慌て者です・・)。

昨日もNHKBSでミス・マープルに出ていて「えっっ、もしかして・・」、「やっぱり〜!・・若い・・?」あまり変わっていないと思ったら2009年の作品でした。登場シーンが半裸でセクシーでした。

ジェレミーの写真、目が大きくて猫ですね。真っ直ぐにこちらを見ているようで思わず背筋が伸びてしまいました。(正月のだらだら生活を反省しました)

ようこそ、男前祭りへ

ナツミさんもモファット氏の言葉をよろこんでいらしたのですね。「シャーロック・ホームズ読本」のインタビューを読んで、プロデューサーがルパート・グレイブスも含めて、それぞれの俳優の演技をとても評価していること、惚れ込んでいることが私にも感じられました。

>スピンオフの可能性もあり!?なんてつっこまれていましたね。

そうでした。想像すると楽しいですね。

>ポートレートというのは、個性をはっきり感じられて面白いですね。

本当にそう思います。ジェレミーに関しては、ホームズとしてではなくジェレミーとして、こういう表情でうつっている写真はあまり記憶になくて、興味深いと思います。

そして「新橋のガード下でレストレードを囲む会」については、

>今後の活動としては、ぜひコリンさんも囲みたいです。

大賛成です!

新年会、いいですね!

だいさんも「新橋のガード下でレストレードを囲む会」の会員ですものね!

>昨日もNHKBSでミス・マープルに出ていて
>登場シーンが半裸でセクシーでした。

え、そうだったんですか、ちょっとみてみたかったです、うふふ。2009年ですか、

>ジェレミーの写真、目が大きくて猫ですね。真っ直ぐにこちらを見ているようで思わず背筋が伸びてしまいました。

本当に目が大きくて、力がこもっていますね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://upwardjb.blog112.fc2.com/tb.php/384-68996f0e

 RM

Author: RM
コメントは承認後に公開されます。古い記事へのコメントも大歓迎です。2010年8月7日に始めました。
私の記事へのリンクはどうぞご自由になさって下さい。
和訳には間違いがあるかもしれません。最近は必ず英語原文を併記・またはアドレスを書いて読めるようにしていますので、どうぞそちらも参考になさってください。

全ての記事を表示する

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

QR