Jeremy のことが知りたくて ~ ジェレミー・ブレット(Jeremy Brett)を愛するかたへ

英グラナダ・テレビでシャーロック・ホームズを演じた俳優の人生を言祝いで

先日の記事「Steve Shipmanが撮影したジェレミーのポートレート(感想)」で、「この頃のジェレミーとしての写真で私の印象にあるのは、微笑んでいるようなやわらかい表情か、少しメランコリックな表情のものです」と書いたのですが、そういえば昨年の12月に、舞台芸術や映像作品を専門とするイギリスの写真ライブラリ、ArenaPALのサイトにアップロードされた2枚の写真がちょうどそういう表情だったのを思い出しました。まだあまり知られていない写真だし素敵なので、ご紹介しましょう。これは舞台の写真ではなく、ポートレートです。(今回もまた横道にそれちゃいますが、こういうぶらぶら歩きも好きなので。)

撮影時期はあきらかではなくて、1980年代半ば、となっています。先日ご紹介したSteve Shipmanの写真よりも数年前のものだと思います。

透かし(watermark)があるのが残念ですが、1枚目は顔が透かしに邪魔されずにちゃんと見えるので、うれしいです。ちょっとメランコリックな表情のものです。
http://www.arenapal.com/imageflows/preview/t=arenapal&f=ARP1291439

2枚目は透かしに邪魔されてしまっていますが、微笑んでいるのがわかりますね。
http://www.arenapal.com/imageflows/preview/t=arenapal&f=ARP1291440

検索結果の画面では透かしがないサムネールで写真をみることができます。とても小さいですが。それからライブラリにあるジェレミーの他の写真をご覧になれます。それぞれのサムネールをクリックすると、透かし入りの少し大きな写真になります。
http://www.arenapal.com/imageflows/grid/?s=%22jeremy+brett%22&Submit=search

(2月1日追記:今現在は上の"Jeremy Brett"での検索結果がみられなくなっています。理由はわかりません。引用符なしでの検索ではジェレミーではない写真が含まれますが、以下のアドレスです。
http://www.arenapal.com/imageflows/grid/?s=jeremy+brett

ホームズ以外は、1枚を除いては、舞台作品かその舞台裏の写真です。ハムレット以外はあまり知られていないかもしれませんね。いつか知っている範囲でご紹介しましょう。

RM
関連記事

コメント

RMさん、みなさんこんにちは。
前回のコメント表示されないなぁーって思っていたら、大変なことになってたんですね。
全部の内容は覚えていませんが、私もエドワードさんと同じくジェレミーを思い出すときは、沈んだ顔ではなく、笑顔です。
それもとびっきり最高の笑顔!
ジェレミーを思い出したり写真を見たりすると不思議ですが、自分も笑顔になれるのです。
なので、こういう微笑んでいるジェレミーも素敵です。
そして、いま私はニヤけながら文書を打っているので、はたから見たら危ない人に見えるかも(⌒-⌒; )
私も寄り道ブラブラ好きですよ、
ちょっとした冒険が出来るので。

トビィさん、こんにちは!
ああよかった、教えていただいて。前回のコメントはやっぱりこちらの手違いで消えちゃったんですね。申し訳ございません。改行などが元とは違うと思いますが、復活させていただきますね。

>私もエドワードさんと同じくジェレミーを思い出すときは、沈んだ顔ではなく、笑顔です。
それもとびっきり最高の笑顔!

>こういう微笑んでいるジェレミーも素敵です。

わーん、私もです!優しい笑顔も、そして無邪気な笑顔も。そして、いつも思い出す表情という訳ではありませんが、もう一枚の雰囲気のある写真も好きです。若い頃はこういう表情をして写真にうつっていても、違う感じだっただろうと思います。年齢を重ねて経験を経て、誠実に生きてきた人ができる、いろいろな表情なのですね。それには悲しみも含まれているだろうけれども、喜びも悲しみも含めてすべてがジェレミーなのだろうと思います。

ぶらぶら歩きを楽しんでくださって、うれしいです!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://upwardjb.blog112.fc2.com/tb.php/390-814caecc

 RM

Author: RM
コメントは承認後に公開されます。古い記事へのコメントも大歓迎です。2010年8月7日に始めました。
私の記事へのリンクはどうぞご自由になさって下さい。
和訳には間違いがあるかもしれません。最近は必ず英語原文を併記・またはアドレスを書いて読めるようにしていますので、どうぞそちらも参考になさってください。

全ての記事を表示する

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

QR