Jeremy のことが知りたくて ~ ジェレミー・ブレット(Jeremy Brett)を愛するかたへ

英グラナダ・テレビでシャーロック・ホームズを演じた俳優の人生を言祝いで

私は007シリーズ(ジェームズ・ボンド)の映画は一本もみていないので、ぴんと来ないのですが、ジェレミーに演じて欲しかった役としてジェームズ・ボンドを挙げる人が、フォーラムには何人かいます。ジェレミーは実際、ジェームズ・ボンド役のスクリーン・テストを受けています。

そのことが最近またフォーラムで話題に上りましたので、ジェレミーがこの時の話をしている記事をご紹介しようと思いつきました。その記事を最初に私がみた場所は、"For Fans of Jeremy Brett" 2007年の投稿です。

http://jeremybrett.livejournal.com/121126.html

ここの下から7番目に記事の切り抜きがあります。

ジェレミーの話はおもしろいのです。これは60年代のできごとだそうですが、ショーン・コネリーの後をつぐ俳優のオーディションということですから、第5作の後、60年代の終わりではないかと推測します(コネリーは第7作で復帰しています)。第5作の後なら、ジェレミーは30代半ばです。以下は、記事の一部のジェレミーが話しているところです。


「スクリーン・テストのためにPinewoodスタジオに行く前に時間があったので、友達何人かとおちあってお昼を一緒に食べることにしました。でもポートワインを飲み過ぎて、酔っぱらっていたわけではないのですが格闘シーンではりきってしまって、スタントマンを本当になぐってしまったんです。
 結局その役はもらえなかったのですが、正直に言うとジェームズ・ボンド役の俳優についてまわるようなライフスタイルを、好きにはなれなかっただろうと思います。私にはあわないんです。」



いい気持ちでボンドになりきって、手加減せずに相手役をなぐってしまった、ということでしょうか。それが理由かはさだかではありませんが、テストには落ちちゃいました。でもジェレミーがボンド俳優になっていたら、ホームズ俳優としてのジェレミーはいなかったかもしれませんね。ぜーったい、ホームズの方がいいです!(といっても、私は007シリーズの映画をみていないので、この評価は不公平かもしれませんが。)

David Stuart Daviesがどこかでこう書いていたように思うのですが、私もあらためて同じように思います。若い頃のジェレミーは、その実力と魅力と容姿にもかかわらず、大スターになるチャンスには不思議と恵まれなかった、それはジェレミーがホームズを演じる時が来るのを、ホームズ自身が待っていたかのようだ、と。

RM
関連記事

コメント

RMさん、みなさんこんにちは。
007シリーズは何本か観ましたが、やっぱりジェレミーには合わないσ(^_^;)ですね。
ボンドのようなライフスタイル…最初に浮かぶのは『女ったらし』です(笑)
ジェレミーがそんなライフスタイルになったらです(>人<;)
『ジェレミーがホームズを演じるのをホームズが待っていた』
私も同感です。
だから今もジェレミーホームズは受け継がれているのですよね。

トビィさん、007シリーズをご覧になったのですね。

>ボンドのようなライフスタイル…最初に浮かぶのは『女ったらし』です(笑)

なるほど、ジェームズ・ボンドって女性にもてるだけじゃなかったんですね!

>だから今もジェレミーホームズは受け継がれているのですよね。

はい、ジェレミーはホームズを演じたことで大変なこともたくさんあったけど、でもやっぱりジェレミーにとってホームズは本当に大切な存在で、ホームズにとってもジェレミーはかけがえのない存在で、そしてジェレミーのホームズはずっと受け継がれていくと思います!

こんにちは♪
映画は大好きなので幅広く見ています、と言ってもまだまだですけれど;;
007は全て見ていますが、ジェームズ・ボンド役の『俳優についてまわる』ようなライフスタイルというのは、
映画そのものからは伺い知れようもなく、どういう意味だったのか…とても興味があります。
イギリス在住の人やゴシップに詳しい人なら、すぐにピンと来るのでしょうね。。

ところで、ジェレミーならボンド役も相当素敵にこなしたはずと私は思いますが、
役者の中には、その人の当り役の持つイメージと本来の自分の性格や生き方が違い過ぎて、苦しくなってしまう人もいるようです。
ジェレミーは、やはりホームズでいてくれて、それが1番良かったですよね!

文月さん、こんにちは!ブログ、時々お邪魔して、乗馬のお話など拝見しています。

映画がお好きなんですよね。私は映画館に行ったのはいつだったかしら、というくらいなんです。

ジェームズ・ボンド役の『俳優についてまわる』ようなライフスタイル、というところ、実は訳にちょっと自信がなくて、それでも書いちゃったのですが、原文はこんなです。"But to be honest with you, I don't think I'd have liked the kind of lifestyle that goes with playing Bond. It's not me." 私が間違っていたら、文月さん、あるいは他の方も、どうかご指摘下さいませ。

この訳で意味がそう違わないとして、ボンドを演じることで女性に追いかけられる、といった漠然とした印象から言ったのか、それとも何か具体的なことが思い浮かんでいたのか、どちらでしょうかね。

>ところで、ジェレミーならボンド役も相当素敵にこなしたはずと私は思いますが、

私はボンドってどんなか正確にはわからないのですが、ジェレミーならプレイボーイのスパイ(ですよね?)も素敵に演じてくれそうですね!

>ジェレミーは、やはりホームズでいてくれて、それが1番良かったですよね!

はい、そう思います!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://upwardjb.blog112.fc2.com/tb.php/397-ee6da60d

 RM

Author: RM
コメントは承認後に公開されます。古い記事へのコメントも大歓迎です。2010年8月7日に始めました。
私の記事へのリンクはどうぞご自由になさって下さい。
和訳には間違いがあるかもしれません。最近は必ず英語原文を併記・またはアドレスを書いて読めるようにしていますので、どうぞそちらも参考になさってください。

全ての記事を表示する

05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

QR