Jeremy のことが知りたくて ~ ジェレミー・ブレット(Jeremy Brett)を愛するかたへ

英グラナダ・テレビでシャーロック・ホームズを演じた俳優の人生を言祝いで

フォーラムに投稿があるまで気づかなかったのですが、「ジェレミーの木」がジェレミーの友人達によって Clapham Commonに植えられて、今日(3月30日)で6年だそうです。覚えていられるように、ここに書いておきます。

りえさんのブログに、りえさんがClapham Commonにいらして、この木をご覧になった時の記事がありましたね。

木の種類はhorse-chestnutということですから、マロニエの木ですね。2007年3月30日金曜日の午後2時半から、植樹のための会がはじまったそうです。Edward Hardwicke と David Burkeが、 Peter Howellによって書かれた、ジェレミーをたたえる文章を読みました。 私は知らないのですが、Peter Howellも俳優のようです。
Source: http://www.jeremybrett.info/factfile.html

"A toast to Jeremy Brett" という、この文章へのリンクが上記サイトにありますが、リンクは切れていて、現在はこちらで読むことができます。

エドワードとデイビッドが、遠くの木に霧がかかってみえる Clapham Commonの原っぱに立ち、デイビッドが紙を手にして多分読んでいて、エドワードが横にいてデイピッドの手元をみている写真が以前はネットにあったのですが、現在は鍵付きの場所以外にはみつかりません。エドワードとデイビッドはその時、ジェレミーとのいろいろなことを思い出していたのでしょうね。

RM
関連記事

コメント

RMさん、みなさんこんにちは。
もう6年。
まだ6年。
ジェレミー・ブレットにはお墓がない。
と言うのを知った時はとても淋しく思いましたが、『ジェレミーの木』画像でしか見た事はありませんが、それを植える事を考えた方々には感謝しきれません。
これから先何十年とずっとあってほしいですね。

トビィさん、こんにちは。

私は「ジェレミーの木」が植えられた頃はまだ、グラナダシリーズと2度目の出会いをする前でした。そしてその頃はもちろん、エドワードがまだお元気だった頃ですね。

どういう経緯で木が植えられるようになったか、詳しくは知らないのですが、ジェレミーの仕事仲間・友人たちが、ジェレミーのためにClapham Commonに木を、と考えてくださったこと、本当にうれしいですね。いつか行ける日が来たら、と思います。

ジェレミーの木

シャーロッキアンのみなさま、こんにちは。
2015年4月から GYAO! で配信されているグラナダ版のシリーズを見て、すっかりジェレミーファンになりました。

「ジェレミーの木」があることを知り、国内外のサイトや動画なども探しましたが、なかなか見つかりませんでした。
既にご存知でしょうが、これが私が初めて見た「ジェレミーの木」の画像です。

http://www.sherlockian-sherlock.com/in-memory-of-jeremy-brett.php

エドワードも他界しましたね。
ジェレミーがお墓を残さなかったのは、彼の遺志だったろうと思えます。



ばぅさん、こんにちは

GYAO! の配信をご覧になってファンになられたとのこと、ジェレミーの魅力を発見なさったかたとお話できてうれしいです。そして、このブログをみつけてくださって、ありがとうございます。

元々シャーロッキアンでいらしたのでしょうか?それともBBCのSHERLOCKから、それとも以前からグラナダ版は観ていたけれども、今回特にジェレミーのホームズに魅了されたということでしょうか。

私の場合は三つ目でした。1980年代からのNHKでの最初の放映を観ていて、懐かしい記憶の中にジェレミーのホームズはいたけれども、こんなに好きになったのは2009年にDVDで久しぶりに観たときでした。

「ジェレミーの木」の画像のご紹介をありがとうございました。私がこの木のことを最初に知ったのは、"For Fans of Jeremy Brett"というフォーラムの記事で、でした。
http://jeremybrett.livejournal.com/70851.html
もうご覧になったかもしれませんが、植えられてすぐの、まだ葉っぱがない木です。

>エドワードも他界しましたね。

5月でしたね。

>ジェレミーがお墓を残さなかったのは、彼の遺志だったろうと思えます。

そうですね、私は詳しい事情は知らないのですが、お墓にお参りできないことで、かえって私達はこころの中でジェレミーをおもえるという面もあるように感じて、いかにもジェレミーらしいという気がします。

よければこのブログにも、またおいでくださいませ。

ポワロを通して…

こんにちは!
多少長くなりますが…

NHK放送の頃、実家で吹き替え版を見たかも知れませんが、全く覚えていません。
小学校の図書館で児童書の「まだらの紐」とかを読んだ記憶はありますが、さほどホームズが好きだったわけではありません。

中学校の頃に、最初にお小遣いで買った文庫のミステリーが、アガサの「ABC殺人事件」で、その後、XYZの悲劇とか、映画でも「オリエント急行殺人事件」とか…
長じて会社の組合で「ナイル殺人事件」も同僚と見に行った記憶があります。

高校の同級生が大のポワロ好きだったので、ポワロ最後の事件「カーテン」の単行本を贈った記憶があり、そのNHK放送が、25年かけて完結したのが昨秋だったことを知りました。
単行本を贈ってから40年も経っており、同級生を懐かしく思い出しました。
同時に、私もすっかりおばさんになったな─────と思いました。


GYAO!では、4月12日、本当に偶然ホームズの1回目を発見して見ました。
別に何てことはありませんでしたが、どちらかと言うと、今も同時配信中のポワロが、少し先行していたので、最初の6本を見逃したのが惜しかったくらいでした。

けれども…
ポワロを見ているうちに、なるほどポワロだわ、と思うと同時に、ジェレミーのホームズは凄い!と思い始め、にわかにネットを漁り始めたのは5月に入ってからです。

NHKは、「大草原の小さな家」を実家で毎週見た記憶はあります。
東京に上京してから、「人形劇三国志」を録画していましたし、日本で最初の三国志メーリングリストを作ったのが私でしたから(笑)、どちらかと言うとネットおたく、かつ三国志おたくでした。
眠っていたおたく虫を起こしてしまったようです。
マスグレーブ家の堀を渡るホームズを、まるで三国志の曹操ぢゃないか!と思ったのは私だけだろうか。


ポワロを完結させたスーシェを見ると、大病しないことも役者としては大切なことなのだと思い、今井雅之さんの最後の舞台挨拶の動画を見て、「本当は、自分は、今日ここの舞台に、病人としてではなく、役者として立ちたかったです。」と語っています。

ジェレミーは完結できなかったことをどんな風に思っているのだろうと…
でも!一作一作、全身全霊で演じ切り、全く悔いもなかったようにも思います。

グラナダ版が完結しなかったのは、ジェレミー以外の主役は、世界中の誰も認めなかっただろうと言うのが結論かなと思える程です。
だから、「緋色の研究」を踏まえた現代版を制作したのだろうと勝手に思っています。

「第二の血痕」の大好きなBGMは、首相は首相でも日本の首相向きではないし、大統領でもなく、やっぱりイギリスの首相を思わせますし、セリフにも「女王陛下」が出て来ます。
ジェレミーのセリフを聞いても、これがクイーンズ・イングリッシュなのか、女王さまの国なんだとしみじみ思います。
大好きなビートルズもイギリスですね。

NHKの吹き替え版は少しだけ、「海軍条約事件」のバラを手に語る場面を見ましたが、ジェレミーのあの口調でないと見る気もせず、何と言っているのかセリフの英語原文を知りたくて、KEEP版の対訳を全巻一括落札したり、シャーロッキアンになりつつある気もします。


ジェレミーのお墓がないことについては、
「(ジョアンと)お骨として別々に眠るより、魂として共に眠ることを選ばれたような気もします。」
と書いたことがあります。
ジェレミーは、別居婚でも、どちらかと言えば拘束されない別居婚だからこそ幸せだっただろうと思えますし、ボンド役にはなれなくとも、俳優として、文字通りの不朽の名作を残せた幸せ者だと思います。


リンクフリーを頂いているので、今度は私がブログをご紹介させて頂きますね。
今一番大好きなカット集の動画です。

Read My Mind (Holmes & Watson)
https://www.youtube.com/watch?v=Bq8_MaWpv9A

長々と失礼致しました。
また。

ジェレミーの木 めっけ!

2年でこの大きさだから、今ならもっと大きいんだね!

http://www.jeremybrett.info/jb_tree.html

私の推測は三つともはずれましたね

ばぅさん、こんばんは。

ポアロを通じてでしたか!私が三つ書いた推理(というか推測)はどれもはずれてしまいました。ホームズにはなれないなあ。

>小学校の図書館で児童書の「まだらの紐」とかを読んだ記憶はありますが、さほどホームズが好きだったわけではありません。

これは私も一緒で、少年少女文学全集のようなもので読んだけど、特にどうということもなかったです。

>中学校の頃に、最初にお小遣いで買った文庫のミステリーが、アガサの「ABC殺人事件」で、その後、XYZの悲劇とか、映画でも「オリエント急行殺人事件」とか…

私も中学校の友人たちが本が好きな人ばかりで、いろいろ貸し借りした中に、クリスティもありました。これは借りた方。貸した方としてエラリー・クイーン。

>けれども…
ポワロを見ているうちに、なるほどポワロだわ、と思うと同時に、ジェレミーのホームズは凄い!と思い始め、にわかにネットを漁り始めたのは5月に入ってからです。

私は映像の中にポワロをおくとき、もうデヴィッド・スーシェのあのイメージ以外には考えられないです。ホームズは人によるし年代にもよるでしょうが、やっぱり今でも多くの人がジェレミーをあげるでしょうね。

>日本で最初の三国志メーリングリストを作ったのが私でしたから(笑)、どちらかと言うとネットおたく、かつ三国志おたくでした。

おお、それではネットの人形劇三国志ファンの間で知られたかただったんですね。私は残念ながら、みていなかったのですが。

>ジェレミーは完結できなかったことをどんな風に思っているのだろうと…
でも!一作一作、全身全霊で演じ切り、全く悔いもなかったようにも思います。

はい、私もそう思います。ホームズを演じ終わったあと、亡くなる少し前のインタビューで、あそこはこうすべきではなかった、こうすればよかった、ということは言っていますけれども、それは悔いというのではなく、いつもよりよいものを目指す役者の本能から来る言葉のように思えます。

動画と写真のご紹介もどうもありがとうございました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://upwardjb.blog112.fc2.com/tb.php/413-1b5404e1

 RM

Author: RM
コメントは承認後に公開されます。古い記事へのコメントも大歓迎です。2010年8月7日に始めました。
私の記事へのリンクはどうぞご自由になさって下さい。
和訳には間違いがあるかもしれません。最近は必ず英語原文を併記・またはアドレスを書いて読めるようにしていますので、どうぞそちらも参考になさってください。

全ての記事を表示する

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

QR