Jeremy のことが知りたくて ~ ジェレミー・ブレット(Jeremy Brett)を愛するかたへ

英グラナダ・テレビでシャーロック・ホームズを演じた俳優の人生を言祝いで

ジェレミーがレジオン・ドヌール勲章を受けることについてマンチェスターで打診され、喜んで承諾した、ということを私がはじめて知ったのは、ここで先日もご紹介したジェレミー・ファンのフォーラムの、2008年3月の投稿記事からでした(「Photo from 1994」と「More photos」)。ここにも、ジェレミーがレジオン・ドヌール勲章を受けることを承諾した時の写真が何枚かあります。

前者の投稿につけられた説明は「これは1994年、マンチェスターでの写真だそうです。」これに対して右の男性は誰かとの質問が出て、再度投稿された後者につけられた説明は「この写真はティエリ・サン・ジョアニが私に送ってくれたものです。もっともすばらしいホームズを演じた俳優として、レジオン・ドヌール勲章を授与されることを承諾するか、ここイギリスでジェレミーに尋ねているところです。ジェレミーは承諾しました。でも彼は亡くなってしまったので、記章を受けとることができなかったのです...。」この投稿には、出典は書いてありませんが、新聞か雑誌の記事もついています。

このフォーラムの参加者もはじめて知ったようでしたし、もちろん私もそうでした。そして、この時マンチェスターに来て、「レジオン・ドヌール勲章を受けることを承諾してくださいますか」とジェレミーに尋ねたティエリ・サン・ジョアニが、ジェレミーにBAFTA賞をという運動に今回支持を申し出た、というわけです。

支持の手紙には、レジオン・ドヌール勲章の記章の授与が間に合わなかったということは書いてありませんが、別のウェブサイトにも、ジェレミーの死によって実現しなかった、という記事があるのをみつけました。確認したところ、残念ながらメダルの授与は間に合わなかったそうです。でも実際の授勲は間に合わなかったとしても、マンチェスターで、ジェレミーが愛したグラナダスタジオの人達もおそらく多くいた席で、勲章を受けることを承諾するか打診を受け、ジェレミーが喜んで承諾したことはとてもうれしいことだと思いました。ジェレミーは勲章そのものよりも、皆の気持ちがうれしかったはずです。それで、ジェレミーを愛するかたにこのことをぜひおしらせしたいと思っていました。

次回は上記フォーラムに投稿された、当時の記事の内容を紹介します。

RM
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://upwardjb.blog112.fc2.com/tb.php/42-542030c9

 RM

Author: RM
コメントは承認後に公開されます。古い記事へのコメントも大歓迎です。2010年8月7日に始めました。
私の記事へのリンクはどうぞご自由になさって下さい。
和訳には間違いがあるかもしれません。最近は必ず英語原文を併記・またはアドレスを書いて読めるようにしていますので、どうぞそちらも参考になさってください。

全ての記事を表示する

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

QR