Jeremy のことが知りたくて ~ ジェレミー・ブレット(Jeremy Brett)を愛するかたへ

英グラナダ・テレビでシャーロック・ホームズを演じた俳優の人生を言祝いで

(一番下に追記があります)

Mr Binksのことを少し書いてみましょう。(そう書きながら、そこまでほとんど行きつきませんでした!)

私が知っているうちで、ジェレミーがMr Binksのことを話している最初のインタビューは、イギリスの "Diana" という雑誌の1967年3月号に掲載されたものです。これは、ティーン向け、少女向けの雑誌のようです。ウェブサイト "Brettish Empire" で読みました。
http://www.brettish.com/JB_Meets_Diana.htm

1967年春というと、ジェレミーは33歳ですね。「The Three Musketeers(三銃士)」のダルタニャン役で注目されたのが、少女向けの雑誌がジェレミーにインタビューした理由のようで、ダルタニャンに扮した時の写真もついています。それにしても、ダルタニャン役のジェレミーはあいかわらず若くみえます。もともとはダルタニャンは、野心を持って都会に出て行く18歳の若者です。(http://www.online-literature.com/dumas/threemusketeers/

ちょっと脱線して、「The Three Musketeers(三銃士)」についての情報を書きます。この作品はアメリカでDVDになっています。
http://www.amazon.com/dp/B000GDIBSY
日本のアマゾンでも購入できますが、日本のアマゾンでは、画像とASINはアメリカのものと同じですが、なぜかタイトルが書かれていません。他のDVDが送られてくることはないと思うのですが、購入をお考えの方はお気をつけ下さい。
http://www.amazon.co.jp/dp/B000GDIBSY

それからもう一つ脱線で、David Burkeの息子のTom Burke(トム・バーク)が、2014年にBBCで放映される「三銃士」でアトスを演じるそうです。私はトムのことを応援しているので、うれしいです。笑顔がとてもよくてあたたかい感じがして、でも「いい人」ばかりではなくさまざまな役を演じていて、経歴をみたりインタビューを読んだりすると、堅実に着実に役者としての階段をのぼっている感じがします。

このニュースを知ったLiveJornalのページ:
http://andoneforall.livejournal.com/102342.html
このドラマの製作を発表したBBCのニュースページ:
http://www.bbc.co.uk/news/entertainment-arts-21577251
製作中のドラマの初の公式写真の一枚で、一番左がトム:
http://www.bbc.co.uk/mediacentre/latestnews/2013/the-musketeers-image-release.html
そしてこれは、トムの2010年の写真です。クリックすると元のサイト(Flickr)に飛んで、もう一度クリックするともう少し大きい写真になります。
Third Star red carpet
(あるいはこちらをクリックしても、上のものよりも少し大きめの写真になります。)
http://farm5.static.flickr.com/4100/4735955305_02fe954615.jpg
http://www.edfilmfest.org.uk/gallery/photos/124/2837より)
もう一枚ご紹介します。2012年の写真です。
http://www2.pictures.zimbio.com/gi/24+Hour+Musicals+After+Party+4IizdmocZOhl.jpg
http://www.zimbio.com/photos/Tom+Burkeより)

今でも少し痕跡が残っていますが、トムは口唇口蓋裂(cleft lip)だったそうです。LEFT CLIPという雑誌の2006年の5月号に載ったインタビューが読めるサイトのアドレスを記します。口唇口蓋裂は自分の人生にとって、ポジティブな意味しか持っていない("For me, it's only been positive.")と言っています。
http://cleftaware2013.wordpress.com/bullying-and-self-image/interviews-and-case-studies/interview-tom-burke/
この雑誌のPDFファイルはこちらで、上記サイトとは違う写真をみることができます。
http://www.clapaedge.com/images/uploads/left_clip/leftclip_may2006.pdf

このインタビューでは、こんなことも言っています。


インタビューア:あなたはタンゴを踊るのが得意なんですよね!仕事で役にたったことがありますか?

トム:まだ踊る役を演じたことはありません。日本の劇で「タンゴ・冬の終わりに」というのがあって、もう少し年をとったらぜひ演じたいです。そのためにタンゴを習いはじめたという面もあります。タンゴは、胸破れた時にもこころをなぐさめてくれます。

I believe one of your special skills is tango! Does that ever come in handy?

I've never had to tango in a job yet. There's a Japanese play called Tango At The End Of Winter that I really want to do when I'm older. I partly started learning for that, it's also a great healer for a broken heart.



調べたら、この劇は1991年にエジンバラとロンドンで上演され、Alan Rickman(アラン・リックマン)が演じているのですね!アランはトムの名付け親・教父(godfather) です。多分トムはこの舞台をみたのでしょう。(2014年8月補足:godfatherを、たとえばウィズダム英和辞典でひくと最初に「名(付け)親」と出てくるのですが、実際には名前をつけるとは限らないようです。誤解を招く書き方になったかもしれません。)

なんだか、トムと日本との縁ができたようでうれしいです。

ジェレミーがインタビューでトムの名前を口にしてにっこりしたことを思い出します。ジェレミーが亡くなったとき、1981年6月生まれのトムは14歳ですね。デイビッドがワトスン役を降板する前には、ジェレミーはトムと会ったかもしれませんが、その後はどうだったのでしょうね。会っているといいなあ、と思います。

トムのことについては、以前この記事でもふれました。
いろいろな写真、その1(David Burkeの息子、Tomのことも少し)
今日はDavid Burkeのお誕生日です

上記記事でも少し書きましたが、トムはBBCのSherlockでモリアーティを演じたAndrew Scottと、舞台 "Design for Living" で一緒でした。また映画"Third Star"では、シャーロックのBenedict Cumberbatchと共演しています。

Mr Binksのことは次回からになります!

RM

追記
http://mug7.com/2012/04/24/thursday-october-15th-2009/
この写真が素敵で、内容が面白いので、忘れないようにアドレスを書いておきます。"Third Star"のプロダクションノートで、1枚目の写真は一番右がベネディクト、その左がトムです。このプロダクションノートを読むと、どうもトムはいわゆる「天然」みたいで、おおらかでマイペースの性格のようです。撮影中トムが台詞を言う前にドラマチックな沈黙が続き、カメラはまわり続けて、でもトムは実は寝ていた、とか、撮影が終わってこの映画のプロデューサー兼ライターである筆者が、ベネディクトと共に車でもどる途中に電話が鳴り、トムがチケットを財布ごとなくして、家に帰れなくなったということで(ちなみにこれは、トムにとって珍しいことではないことが、その後の2年間でわかったそうです)、トムを拾って3人で車で帰る途中、筆者が「トム、この撮影は君にとってどうだった?」と尋ねると、ベネディクトが後部座席をみて、「寝ている...」と言った、とか。
関連記事

コメント

こんばんは~

たくさんの楽しい情報をありがとうございます!
Davidの息子さん、トムはとっても真面目そうな雰囲気なのにちょっと抜けてるんですね(笑)
なんか可愛いです!(*^^*)
自国の話が俳優からでてくるとハッピーな気分になれますよね!まるで自分が褒められたような。

それから、アラン・リックマン!!
私の中のあの方は、ハリーポッターの「スネイプ教授」です(笑)
素顔のイメージが全然違っていてびっくりした覚えがあります。名付け親だったのですか!

ベネディクトさんのお家は、ジェレミーと家族ぐるみで付き合いがあったというような話をちらりと耳にしたのですが…やはりご両親が演技の方面の方ですからそういう縁があったのでしょうか…??

連投すみません!

ベネディクトさんのお母様がジェレミーと友人だったというお話はRMさんの記事にもありました、すみません!

なんだか素敵な話ですよね♪
シャーロック・ホームズ役という共通項が出来たということベネディクトさんにとっても嬉しいことですよね。
SHERLOCKは一見、原作をぶち壊しているようですっごく細かいところにシャーロキアンを唸らせるような工夫やネタがあって一気に引き込まれました。
ベネディクト演じるシャーロックもまた、ジェレミーのホームズと同じように内側に気品と無邪気さ、人間味が感じられて大好きです!(*^^*)

Mokaさん、こんばんは。

>トムはとっても真面目そうな雰囲気なのにちょっと抜けてるんですね(笑)

今回、そういう面をはじめて知りました。明るくて素直な性格だろうなあというのは、以前の写真の笑顔からわかりましたが。デイビッドからは飄々としておおらかなところが感じられますよね。それと共通したところと、もっと抜けている(うふふ)ところとがあるみたいですね。

>自国の話が俳優からでてくるとハッピーな気分になれますよね!

私もです!"a Japanese play" というところでびっくりして、うれしくなりました。

私にとってもアラン・リックマンは「スネイプ先生」で、気になる俳優の一人です。アラン・リックマンがトムの名付け親・教父(godfather) になったのは、トムの両親(デイビッドとアナ・カルダー・マーシャル)と親しいからなのでしょうね。ちなみに、アラン・リックマンはジェレミーの最初の奥様のアナ・マッシーとも親しくて、アナの葬儀では弔辞を読んだそうです(http://upwardjb.blog112.fc2.com/blog-entry-171.html)。

そして、ベネディクトとジェレミーに関する私の記事を見つけて下さって、ありがとうございます!ジェレミーと縁のある俳優がシャーロックを演じているのは、ジェレミーのファンにとってもうれしいことですね。

RMさん、皆さん、こんにちは。

デイビッドの息子トム。
RMさんのお力でちゃんと見ることが出来ました。
父親譲りの男前ですね!
ベネディクトも両親が俳優なので、どことなく性格が似ている所がありますよね。
おおらかと言うか、マイペースというか(笑)
Mokaさんもビックリするジェレミーの「友達の輪」(いいとも!みたいですが)これからも輪が広がるといいですね!

トビィさん、こんばんは。
トム、男前ですよね!目はお母様似で、顔の輪郭と愛嬌ある笑顔はお父様似のように感じました。

あ、ベネディクトの性格は知らないのですが、そんなところもあるのですね。シャーロックと違って性格がいい(うふふ)という話はきいたことがありますが。

>Mokaさんもビックリするジェレミーの「友達の輪」(いいとも!みたいですが)これからも輪が広がるといいですね!

そうなんです。私も今でもいろいろと、グラナダ・ホームズ関係の俳優の思わぬつながりにビックリしています。

たとえばRupert Graves('Sherlock"のLestrade、そう、新橋のガード下でいつか私たちが会うことになっている彼です)と我らが Edward Hardwicke が共演していたのを、つい先日知りました。"The Soldier's Leap"という30分の短いフィルムなのですが、Edwardが会社か事務所でのRupertのボスなんです。Edwardは特別出演のような形なのでしょうか、IMDbにも載っていないので、今までこの共演に気づきませんでした。(http://www.youtube.com/watch?v=Vpu_DYsswD8、6分8秒あたりからが最初の共演シーンです。)

トム・バークの映画

RMさん、皆さん、こんばんは。

ベネディクトのファンの方に教えていただいたのですが、Third Starは秋に日本でも劇場公開されるのですね。
(こちらは、教えていただいた映画.comという情報サイトへのリンクですが、貼ったのがよくなかったらコメント非承認にしてください!)

http://eiga.com/news/20130713/5/

皆さんのおうちの近くでも上映されるでしょうか。それぞれのお立場で色々なことがあると思いますし、そうでなくても毎日暑くてぐったりしてしまいますが、皆さんが元気になるようなことが他にもたくさん起きますように!

わあ、知りませんでした

ナツミさん、情報をありがとうございます。Third Starが日本の映画館にやってくるのですね。行けるかどうかわかりませんが、とてもうれしいニュースです。観たら、絶対泣いてしまうと思います。でも、トムが寝てしまって撮り直しになった、死後のことを皆で話しているという場面では、泣きながらちょっとだけ笑みを浮かべるかもしれません。

ナツミさんも、この暑さですから、どうぞご自愛くださいませ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://upwardjb.blog112.fc2.com/tb.php/448-58cfa6d6

 RM

Author: RM
コメントは承認後に公開されます。古い記事へのコメントも大歓迎です。2010年8月7日に始めました。
私の記事へのリンクはどうぞご自由になさって下さい。
和訳には間違いがあるかもしれません。最近は必ず英語原文を併記・またはアドレスを書いて読めるようにしていますので、どうぞそちらも参考になさってください。

全ての記事を表示する

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

QR