Jeremy のことが知りたくて ~ ジェレミー・ブレット(Jeremy Brett)を愛するかたへ

英グラナダ・テレビでシャーロック・ホームズを演じた俳優の人生を言祝いで

"A Study in Scarlet" を読みました!」の記事で、著作権が切れているので無料で読めるホームズのeBookと、英国の俳優が朗読していて無料でダウンロードできるaudiobookをご紹介しました。でもその後、挿絵つきで読みたくなりました。パジェットの挿絵も(全部かどうかは知りませんが)パブリックドメインになっていますので、挿絵付きの無料のeBookがあるのではないかと思ったのですが見つかりませんでした。そこでAmazonで購入したのがこれです。
http://www.amazon.co.jp/dp/B00C2YEVV6

北米アマゾンの同じ本は中を覗けるようになっていますので、そちらのアドレスも参考までに。
http://www.amazon.com/dp/B00C2YEVV6

なんと300円で、全作品をイラスト付きでKindleで読むことができます。Sidney Pagetとそれ以外の画家がストランド誌に描いた全イラストが含まれていること、その他にアメリカでのFrederic Dorr Steeleのイラストが17枚ついていること、事件の年代順のリストがあって、そこから簡単に該当する作品に飛べることなどが魅力です。

楽しく読んでいてある時びっくりしたのですが、"The Speckled Band"にパジェットが描いた挿絵の一枚で、ホームズが右腕を背中にまわしていました。

Spec-04.jpg
Source: http://commons.wikimedia.org/wiki/File:Spec-04.jpg

片方の腕を背中に軽くまわすのは、ジェレミーのホームズで印象的で、この仕草についてはトビィさんがコメント欄に書いて下さったのがきっかけで、「あっ、これ、癖だったみたいですね!」に書いています。ジェレミーが20代の頃にも映像の中でこれをしていたことは、「ジェレミーの仕草;Girl in the Headlines (1963) から」で触れました。また「ジェレミーの仕草(3); The Prodigal Daughter (1975)」で書いたように、その後の作品でも同様です。でも、パジェットの挿絵でこの仕草のホームズを描いたものがあるということを、私は知りませんでした。

映像の中では、この挿絵のシーンそのままは出てきませんでした。ロイロット博士が部屋に入って来てホームズと対決した時、ホームズとワトスンは並んではいませんでしたから。でも宣伝用のスチルにはこのシーンの写真があります。アメリカのアマゾンで、北米版DVD全集のページ(http://www.amazon.com/dp/B000RPCJB6)に6枚ある写真の内の1枚です。以下は写真への直接のリンクです。
http://g-ec2.images-amazon.com/images/G/01/dvd/Sherlock/sherlock-center-bottom-LARGE.jpg

挿絵と同じ位置から撮るためには、カメラの位置に無理があるので、逆から、つまりホームズの右手側から撮っていますね。そして挿絵ではホームズは左手を前に出し、右手を背後にまわしていますが、写真ではジェレミーは右手を前に出しています。これはカメラの位置が逆になったためでしょう。そして写真での左手は、と見ると、ちょうどワトスンに隠れて見えないのです。残念!でも挿絵にあわせて、腕を背中にまわしていたのではないでしょうか。ここはそう思いたい気持ちです。

この写真は以前からよく知っていましたが、ジェレミーのホームズの見えない左手が、背中にまわされていたかもしれない、と思ったことはなかったので、この挿絵は私にはちょっとうれしい発見でした。ジェレミーも、自分の以前からの仕草を挿絵にみつけて、喜んだでしょうか。これ以外にこういう挿絵があるか、今後も気をつけながら読んでいこうと思います。

RM
関連記事

コメント

大発見ですね!

RMさん、皆さん、こんばんは。

「パジェットが描いた挿絵」が作中でもどこかしら必ず出ていますが、
私が知らないだけで、パジェットが描いた挿絵全てジェレミーは演じているのでしょうか?!(ジェレミーならやりそうですが・・)

この挿絵、私も嬉しいです!!
ジェレミーもきっと「あっ!同じだ」と思ったはずです(ウフフ)

今まで何気に見てた挿絵ですが、私も今度からは気を付けて見てみます。

宣伝用スチル良いですね♪
足元に映っているのはカメラのコードでしょうか?
それとも221-Bの部屋にあったかな?

今日は「自転車乗り」「バスカヴィル家の犬」を立て続けに観て、
やっぱり、ジェレミーは素敵だな・・・。と惚れ直しました(笑)
2人のワトスンも最高に素敵です!

わーい!

トビィさん、ありがとうございます!大発見かどうかは別にしても、この絵を見た時はビックリしてうれしくなりました。

>私が知らないだけで、パジェットが描いた挿絵全てジェレミーは演じているのでしょうか?!(ジェレミーならやりそうですが・・)

初期シリーズでは、思っていた以上に挿絵に対応する写真があるような気がしてきました。作中ではいろいろな制約から、挿絵そのままを撮るのが無理な場合も多かったと思うので、かわりにジェレミーやスタッフは宣伝用のスチルを使って、楽しんで再現したのではないでしょうか。パジェットの挿絵も私はまだ全部は見ていないし、宣伝用写真も知らないものがたくさんあるはずなので、これから新しくみつけるのが楽しみです。

>足元に映っているのはカメラのコードでしょうか?

トビィさん、私も同じ疑問を持ちました!でもコードだとしたら、あんなにはっきり足元にあって、ジェレミーもデイビッドも踏んでいるようにみえるのに、気づかないなんてことがあるかしら、あの頃は絨毯がずれるのを防ぐ絨毯止め(?)がはやっていた(??)のかしらと思いながら、いま「まだらの紐」をみました。下までは写らなかったり、写っているけどソファに邪魔されたり、が多い中で、ホームズに起こされたワトスンが階段を駆け下りて二人の居間に入ってくる時に、足元がみえました!あのコードのようなものは、何もありません!

ということは、おっしゃるとおりカメラか、または照明器具のコードでしょうか?足元まではフレームに入れない予定だったのでしょうか?それとも、写っちゃったけど絨毯とお似合いの色の赤いコードだから良しとした、あるいは写ることを前提にコードをわざわざ赤くしたのでしょうか?どれにしても面白いですね。

昨日はホームズ2本立てだったのですね。

>やっぱり、ジェレミーは素敵だな・・・。と惚れ直しました(笑)
>2人のワトスンも最高に素敵です!

本当に、素敵ですよねー!

あ、大切なことを

書き忘れていました。

>この挿絵、私も嬉しいです!!
>ジェレミーもきっと「あっ!同じだ」と思ったはずです(ウフフ)

それを想像すると楽しいですよね!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://upwardjb.blog112.fc2.com/tb.php/487-6b6c7f41

 RM

Author: RM
コメントは承認後に公開されます。古い記事へのコメントも大歓迎です。2010年8月7日に始めました。
私の記事へのリンクはどうぞご自由になさって下さい。
和訳には間違いがあるかもしれません。最近は必ず英語原文を併記・またはアドレスを書いて読めるようにしていますので、どうぞそちらも参考になさってください。

全ての記事を表示する

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

QR