Jeremy のことが知りたくて ~ ジェレミー・ブレット(Jeremy Brett)を愛するかたへ

英グラナダ・テレビでシャーロック・ホームズを演じた俳優の人生を言祝いで

昨日急に思い立って "David Burke" でネットを検索してみたら、いまちょうど公演中でした。お元気で仕事を続けていらっしゃるのがうれしくて、劇場のウェブサイトとそこにある写真をご紹介します。

ウェブサイトがこちらです。
http://www.donmarwarehouse.com/whats-on/donmar-warehouse/2013/roots

Arnold Weskerが1959年に書いた "ROOTS" というお芝居です。公演は10月3日に始まっていて、11月30日までだそうです。各紙の劇評もよいようで、このウェブサイトのページで短く引用されている3つの批評では、星が4つ、5つとついています。

このページには写真があって、その中でデイビッドが写っているのは、リハーサルと公演、それぞれ1枚ずつです。

公演の時の写真はこちら、リハーサルの写真がこちらです。(この二つのリンク先のアドレスの最後の6文字を削ると、ものすごく大きな写真になります。コンピュータのコードに無知でよくわからないのですが、大きな写真をアップロードしているけれども、この6文字を加えることで、普通にネットでみる時には大きさを制限しているということでしょうか。)

1枚目、がっしりしたからだつきが、よくわかりますね。2枚目、ぼんやりした表情ですが、これは役の上でしょう。

舞台のお芝居では、劇場の隅々まで舞台上の表現を届けることが要求されて、それはおそらくとてもエネルギーがいることなのだろうと想像します。デイビッドが今もコンスタントに舞台に立ち続けていらっしゃるのは、なんと素晴らしいのでしょう。昨年の秋と2009年のお芝居については、「David Burkeのお誕生日です」の記事でご紹介しました。



同じ劇場での2010年の芝居もご紹介しましょう。"THE PRINCE OF HOMBURG" という1809-10年の戯曲からの芝居で、上の劇とは違ってコスチューム劇なので、また違った格好よさがあります。

写真が載っているページはこちらです。

これが公演時の写真、これがリハーサル時のものです。リンク先のアドレスの最後の6文字と写真の大きさの関係については、先程のページと同様です。1枚目、堂々とした姿です!2枚目、衣装はつけずに、手に台本とペンを持ったリハーサル風景です。

今日の4枚の写真を見て、お年を召してさらに格好よくなられたと感じました。どうぞこれからも、私たちにお元気な姿を見せて下さいますように。

RM
関連記事

コメント

RMさん、こんにちは!

David Burkeさん相変わらずお元気そうで安心しました。

今年79歳とは思えない(マッチョな)たくましい体つき!!
若い時の面影たっぷりで歳をとってもハンサム。
これからも無理せずお芝居続けて欲しいです。

日本でまたグラナダ版ホームズを放送しているのはご存知なのかしら?
そしてRMさんやナツミさんのブログでみんな一緒に大盛り上がりしたことや(ウフッ)

共演した方のお元気な姿を見るとやっぱりジェレミーに会いたくなりますね。
もうすぐお誕生日だからかな?

トビィさん、こんにちは!

>今年79歳とは思えない(マッチョな)たくましい体つき!!

本当にそうです!がっしりした体つきですよね。節制して体力を維持できるように頑張ってきた、というよりは自分のペースでここまで仕事を続けてきたらこうなっていた、という感じじゃないかしらと想像しています。励まされるし、嬉しくなります。

日本の今のこと、ご存知ないでしょうね。日本でグラナダ版ホームズが人気があることは知っていらっしゃるかもしれませんが。思いきって、お手紙を書いてみましょうか(うふふ)。

私も、ジェレミーが今も元気だったら、舞台の上でどんなふうかしら、と思いました。以前は悲しくなった時もありましたが、今回は楽しく想像しました。ちょうど、若い時の舞台上のジェレミーがどんなだったか思いを巡らす時と同じように。

もうすぐジェレミーのお誕生日ですね。

お久しぶりです!

本当にご無沙汰しています。
10ヶ月ぶりにネットに戻ってきました。
私が落ちている間、なにがあったんでしょうか。
色々商品とかでているんでしょうか、とりあえずRMさんのブログでしばらくお勉強させていただきますね。
よろしくお願いします♪

デービット頑張ってますね。
共演していたデービットが今も現役というところが、本当に嬉しいです。
劇場の場所、だいたい分かりました。
ああ、もうロンドンに飛んでいきたい気持ちになります!

わーい!

りえさん、お久しぶりです!来て下さって、ありがとうございます。

私、りえさんのところに一日一回、時にそれ以上行ってました!更新なさっていましたね、これからご挨拶にうかがいます。ここに来て下さるかたも、りえさんのところ経由の方も多いですから、喜んでいらっしゃると思います。

半年くらい前に、以前にお会いしてお昼をご一緒した場所に行く機会が一度あって、またお話できたらうれしいなあと思っていました。

もうすぐSupernatural (1977) のDVDが出ます。http://upwardjb.blog112.fc2.com/blog-entry-456.html 「名作」とは言えないかもしれませんが、私たちファンは絶対楽しめると思います。それから去年(追記:一昨年の誤りでした)の12月にマイ・フェア・レディのBlu-Rayが出ていました。http://www.amazon.co.jp/dp/B005SYZX46 ご存知かもしれませんね。私は後で気がつきました。特典映像はDVDと同じ解像度ですが、本編はよりきれいになっていました。

デイビッド、今も舞台に立つ現役って、すごいですよね。劇場の場所、おわかりになるのですね!

早速情報を有難うございます!

RMさん、すぐに情報を有難うございます。
たった今、両方ともオーダーしてきました!

「マイ・フェア・レディ」のブルーレイ!!
素敵すぎます!!
あの若いハンサムでギリシャ神話みたいなジェレミーがブルーレイで。
なんかもう興奮がとまりません。
Supernaturalは、画質のほどはどれくらいなんでしょうか。
通常配送なので11月末に届くみたいなので、楽しみです♪
いずれも来ましたら、ブログでレビューさせて頂きます。
本当に素敵な情報を有難うございました。

それと、こちらに来られていたんですね!
しかも同じレストランに。
私ももちろん、お会いしたいです!
次回はいつになりますでしょうか、できれば赤ちゃんを預けて、お話しに参りたいと思います。
ぜひいらっしゃる時は、お声かけよろしくお願いします!

住んでたラッセル・スクエアから近いので、なんとなくここかなぁ、というのは心当たりあります!

「戦争と平和」も出ていました!

りえさん、今日はジェレミーのお誕生日、更新していらっしゃいましたね!

りえさんにブルーレイのことで喜んでいただいて、はたと思ったのです、もしかして「戦争と平和」もブルーレイになっているかしら、と。そしたらありました!今年の9月発売でしたが、まったく気づいていませんでした。http://www.amazon.co.jp/dp/B00DACL7A2

私はまだ持っていないのでくわしくはわかりませんが、解像度は間違いなく上がっているでしょうね。もしもお買いになるようなら、「2枚3000円」のセールだったのに1枚ずつの注文で118円ずつ高くなって、申し訳ないです。

今度大阪へ行った時、お声をおかけしてもいいのですね!嬉しいです!

デビットバーグ元気そうでうれしい

デビットバーグ お元気そうですね。舞台は観客の反応が直接伝わってきますね。表情・声・しぐさすべてに全身に緊張が走ります。がっしりした体つき、ジェレミーホームズ時代のワトソンが思い出されます。愛妻家だったのでしょうね。ジェレミーがセレナーデを歌ってあげたことを思い出しました。

がっしりしていますよね!

お元気そうで、グラナダ・ファンとして、すごくうれしいですよね。息子さんのトム・バークも活躍していて、それもうれしいです。

>舞台は観客の反応が直接伝わってきますね。表情・声・しぐさすべてに全身に緊張が走ります。

さくらさんは、舞台もご覧になりますか?私は残念ながら、あまり観たことがないのです。だから例のごとく、もっぱら想像の翼を広げる、ということになります。

>ジェレミーがセレナーデを歌ってあげたことを思い出しました。

うふふ、そうですね!

ジェレミーの舞台見たかったなあ

ジェレミーの舞台見てみたかったです。俳優が言葉とかしぐさをすると観客は声援を送ります。観客の反応がすごいと俳優はテンションがあがって、どんどん役に入り込みます。声なんかその人の音域以上にゆとりをもって力強く出したり、前で見ていると表情もはっきり見えます。動きのあるシーンだと流れる汗が見えます。映画やテレビの俳優さんだと、動作も表情もあまり大きくないけれど舞台だと全身を使って表現します。ジェレミーは舞台の人だったのですね。
ミュージカルの舞台でも素晴らしい歌声が響くと惜しみなく拍手します。最後はアンコールとスタンドオペレーション。俳優としての喜びを生で味わえます。テレビとか映画ではわからない感覚でしょうね。ジェレミーがドラキュラとかホームズとか演じていたらどんなにか熱狂したでしょう。

私もです!

>観客の反応がすごいと俳優はテンションがあがって、どんどん役に入り込みます。

なるほど、俳優と観客とで一緒につくっていくようなところがあるのですね。

>声なんかその人の音域以上にゆとりをもって力強く出したり、

最近私は、特にひとの「声」にひかれているので、ジェレミーの舞台での声を生できいてみたかったです。録音の質はよくないけれども、"The Secret of Sherlock Holmes"の録音のジェレミーの声をきいて想像しています。テレビの時とはやはり違いますね、ジェレミーもエドワードも。

>ジェレミーは舞台の人だったのですね。

はい、そう思います。でもカメラの前での演技も楽しんでいたようですね。

>ジェレミーがドラキュラとかホームズとか演じていたらどんなにか熱狂したでしょう。

本当ですね!どちらもロングランでしたものね。ファンの間で、タイムマシーンがあったらどの舞台をみたいか、という話題になると、ホームズ、ドラキュラ、そしてハムレットがトップ3です。

絶対 ドラキュラの舞台です

ジェレミーがドラキュラになっていく過程をどんなにか楽しんで演じていたでしょう。足音を忍ばせて(爪先立って)ふわりと歩いて近づいていたでしょう。女性をあの欲情をむき出しにした表情で誘い(これはホームズでもハムレットでもなく)夢見心地にさせていくのでしょうね。危険な感じが出ています。マントを翻し大きく見えるジェレミー。舞台を見た観客の反応にジェレミーは高揚感を感じたでしょうね。その場にいて最後は何度もアンコールとスタンドオペレーション。
最前列で舞台を見ると俳優の汗や感極まった表情まで見えてそのまま伝わてきます。舞台でもミュージカルでもできるだけ前列でみるのがすきなので。もう俳優の中に入り込んでしまいます。(鑑賞は前から7番目の席がよいといわれますが)

さくらさんは、ドラキュラ派ですか!

>絶対 ドラキュラの舞台です

うふふ、そうですか!

>ジェレミーがドラキュラになっていく過程をどんなにか楽しんで演じていたでしょう。

いつもながらバックストーリーを想像するなど、becomerぶりを発揮していたようですね。それ以外にも、ドラキュラを演じた時のことを話しているインタビューもあるので、いつかご紹介しましょう!

>足音を忍ばせて(爪先立って)ふわりと歩いて近づいていたでしょう。

ドラキュラの歩き方は、ホームズを演じるにあたって助けになったようです。

>最前列で舞台を見ると俳優の汗や感極まった表情まで見えてそのまま伝わてきます。舞台でもミュージカルでもできるだけ前列でみるのがすきなので。もう俳優の中に入り込んでしまいます。(鑑賞は前から7番目の席がよいといわれますが)

そうなんですね!たしかに最前列だと自分の前には客はいなくて俳優だけ、その世界に入り込めそうですね。さくらさんは舞台芸術がお好きでおくわしいんですね。うらやましいです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://upwardjb.blog112.fc2.com/tb.php/488-1025f573

 RM

Author: RM
コメントは承認後に公開されます。古い記事へのコメントも大歓迎です。2010年8月7日に始めました。
私の記事へのリンクはどうぞご自由になさって下さい。
和訳には間違いがあるかもしれません。最近は必ず英語原文を併記・またはアドレスを書いて読めるようにしていますので、どうぞそちらも参考になさってください。

全ての記事を表示する

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

QR