Jeremy のことが知りたくて ~ ジェレミー・ブレット(Jeremy Brett)を愛するかたへ

英グラナダ・テレビでシャーロック・ホームズを演じた俳優の人生を言祝いで

グラナダシリーズの221Bの、二人の居間兼応接間で使われている食器、いつも同じセットでしたね。二人が使うコーヒーセット(あるいは時にティーセット)、朝食がのっているお皿、それから「犯人は二人」でハドスン夫人がレディ・イヴァにスープを持ってきてあげるシーンでのスープ皿など、すべて同じ柄でした。

ジェレミーとあのコーヒーカップ(ポットがティーポットにかわっても、カップはティーカップとしても使っているようです)の写真です。「六つのナポレオン」でワトスンが "Two minutes!" というあのシーンです。
Holmes 221B coffe cup

「4つの署名」から、コーヒーポット、シュガーボウル、ミルクジャグ、コーヒーカップ、そしてお皿です。
SignOfFour_201311242102268d5.jpg

以前カーテンの柄のことでご紹介したのと同じ掲示板に、この食器のことも書かれています。
http://www.therpf.com/f9/sherlock-holmes-granada-brett-props-77333/index2.html
それを元に調べたら、これはMason's Ironstone(メイソンズ硬質陶器)の食器で、Wikipediaによるとこのブランドは1968年にウェッジウッドのグループに入ったそうです。
http://en.wikipedia.org/wiki/Wedgwood

1796年にMiles Masonがロンドンで陶磁器輸入業をはじめ、後に工場を作って生産もはじめました。1813年に息子のCharles James Masonが“ironstone china"の特許をとり、それ以来ここが作る食器は、高価で壊れやすい中国からの輸入磁器に劣らず美しく、硬くて丈夫ということで、日常に使う器として広く使われたそうです。
参考:http://www.replacements.com/mfghist/masons.htm
http://www.little-eternity.com/wj0001.html

ですからメイソンズ硬質陶器は、ホームズの頃にもとてもよく使われた食器なのでしょうね。その頃にもこの柄が使われていたことを示す資料はみつからなかったのですが、グラナダのチームですもの、多分当時もつくられていた柄を選んだのでしょう。

この柄はBlue Mandalay(ブルー・マンダレイ)と言うのですが、マンダレイはミャンマー(旧ビルマ)最後の王朝時代の首都(1860年ー1885年)の名前だそうです。
参考:http://blog.livedoor.jp/brisee/archives/50767174.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/マンダレー

221Bのカーテンの柄もそうでしたが、この食器の色使いもパターンも、東洋趣味を感じさせます。そしてその上で西洋的な華やかさもありますね。

この柄の食器をたくさん扱っているウェブサイトのいくつかです。それぞれの食器の大きな写真をみることができます。
http://chinasearch.co.uk/buy/masons/mandalay---blue/
http://www.chinacraft.co.uk/hst-5849-blue-mandalay-dinnerware.aspx



さて、次にお見せするぼんやりした写真は、携帯電話もスマートフォンもデジタルカメラも持たない私が、以前友人が贈ってくれたトイカメラ(ファインダー、フラッシュ、ピント合わせ無しで撮る写真の味を楽しむための、おもちゃのようなカメラ)で夜撮ったものです。

cup3.jpg

ご覧のとおり、アップルのノート型コンピュータの上に、ほうじ茶(!)を入れて載せた、ブルー・マンダレイのカップです。ソーサーはありません。うふふ、10日ほど前から毎日のように、マグカップのようにして使っているのです。

想像していたより重さがあって、丈夫です。日常使いの食器だったということが納得できます。ぼてっとしているという感じの重さではなく、中がつまった重さです。真っ白ではなくきれいな乳白色で、映像では気がつきにくいのですが、外側の底に近い部分に浮き彫りのような模様があります。

これは映像でもわかりますが、内側の縁に近い部分にも模様が描かれていて、紅茶やコーヒー(やほうじ茶やウーロン茶)が入っていると、この模様が引き立ちます。牛乳ではぼやけます。カフェオレならよいかも。カップの縁にも模様にも金が使われていますので、電子レンジは使えません。

ソーサーなしの2客のカップが、本体も送料もそれほど高くなくeBayに出ていたのを買いました。しまっておいたり戸棚で飾っておくのではなく毎日使おうと思っていて、私はコーヒーにも紅茶にも何もいれないので、ソーサーはあっても普段はしまったままになるであろうこと、そして海外に発送しなかったりとても高い送料を要求する売り手が多い中で妥当な額だったことなどから、決めました。私は贅沢品としてではなくお客様用でもなく、毎日のカップとして欲しかったのです。

2個の内1つはとりあえずしまっておけば、使っていて万一欠けても大丈夫と思っていましたが、これは本当に丈夫です。それで家と職場とで一つずつ使っています。今は使うたびにニコニコとしていますが、もう少ししたら慣れて、普通の顔で使うようになるでしょう。でも時々ゆっくり眺めてニコニコしたいと思います。

RM

追記:日本のヤフオクにもこの柄の食器が時々は出ているようで、現在大きな角形のプレートが驚くほど安く(今のところ入札一人、500円で)出ています。明日(26日)午後9時過ぎが競売終了時刻です。私はこんな大きなプレートは必要ありませんが、興味がある方は「アンティーク、コレクション」のカテゴリを「Mason's」で検索してみてください。Mason'sの他の柄も、いくつか出品されています。
関連記事

コメント

これは欲しいですね!

きゃー、これは素敵ですね!
しかもジェレミーがセットで使っていたものと同じ柄を持つことが出来るなんて!
お茶の時間の度に心躍りますね、これは!!

そんな高くもなく、買えるんですね。
私も買おうかなぁ♪
ビクトリアンな柄が、とても素敵です。

そういえば、「Supernatural」今日来ました。
まだ見てませんが、ジェレミーはどれくらい出演しているんでしょうか、楽しみです。

Mason`sで一緒にお茶会を♪

RMさん、こんにちは。

このカップいつ見ても素敵ですよね。

一時、ホームズの影響でティー・セットが欲しくて探し周りましたが、
見つけても、元々の品が良いのとアンティークという事で、
それはそれはお値段も素敵でした。

>ノート型コンピュータの上に、ほうじ茶
大丈夫ですか?!
そそっかしい私なら確実に溢してしまいます(汗)

ほうじ茶。
夏は冷たくして。冬はホットで。美味しいですよね
私は職場に水筒に入れて持って行ってます。

思わずにっこりするカップです

りえさんはロンドンのフィルム・ミュージアムでこのセットをご覧になったのですよね!私ははじめて実際にみて、映像の時の印象と同じだったり、少し違ったりしました。映像どおりだったのは、この柄の美しさです。思っていたよりカップが大きかったこと、柄のないところは真っ白ではなくうすい乳白色だったこと、とても丈夫なことなど、違うところも新鮮でした。

ティー・セット全部ではなくカップだけなら、そんなに高くないと思います。(私はソーサーなしなので、もっと安かったのですが。)

「Supernatural」、届いたのですね。私ももうすぐでしょう。記事をまた楽しみにしています!

焙じ茶でお茶会も、いいですね!

トビィさんもこのカップ、お好きなんですね。ティー・セットとなるとやはりお値段が張りますよね。特にポットが高いですね。私はシュガー・ボウルも素敵だなあと思っているのですが、カップよりも数がとても少ないし、高いです。コーヒーにも紅茶にも砂糖をいれないので、シュガー・ボウルにかわりにチョコレートを5,6個入れたりしたら、もう頬が緩みっぱなしになるだろうと思ったのですが。

コンピュータのご心配ありがとうございます!いつもはコンピュータは膝の上、カップは棚の上です。これは撮影用のとっておきショット(?)です。
トビィさんもほうじ茶お好きですか!私も大好きです。時には、(高くない)お煎茶を自分で焙じたりもします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://upwardjb.blog112.fc2.com/tb.php/499-8a867b5b

 RM

Author: RM
コメントは承認後に公開されます。古い記事へのコメントも大歓迎です。2010年8月7日に始めました。
私の記事へのリンクはどうぞご自由になさって下さい。
和訳には間違いがあるかもしれません。最近は必ず英語原文を併記・またはアドレスを書いて読めるようにしていますので、どうぞそちらも参考になさってください。

全ての記事を表示する

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

QR