Jeremy のことが知りたくて ~ ジェレミー・ブレット(Jeremy Brett)を愛するかたへ

英グラナダ・テレビでシャーロック・ホームズを演じた俳優の人生を言祝いで

ここはそういうことを書くところではない、そういうことを読みに来てくださっている訳ではない、家族に友人に話しても、ここに書くようなことではない。そう思っていました。

私はTwitterは使っていませんが、内田樹さんがRetweetしていらしたゴッチさんという方のブログの記事「暗闇の中でも」に背中を押されて、書き始めています。

http://6109.jp/akg_gotch/?blog=311556
「あなたが感じたこと、思っていること、それを表出させることが表現だ。友人に手紙を出すことも、ブログに日々を記すことも、あるいは140文字の単文も、街角で声を上げることも、立派な表現だ。」

特定秘密保護法案の強行可決に、憤りと大きな不安を覚えています。慎重な議論を求める声、あるいは廃案を求める声が日々上がる中で、反対の声がすべて無視されたこと、こんなことが民主主義国家の日本で起こるなど、考えてもいませんでした。

百歩譲ってこの法律が必要だとして、なぜこんなにも強権的に、重要な法律を十分な検討なしに強行採決しなければならないのでしょう。

「お国のために」の時代と日本の敗戦を経験した親の世代と、社会に出た、あるいはこれから出て行く甥や姪の世代。私はその間の世代であることをこれからも意識して、今回のことを忘れずにいようと思います。過ぎたこととして忘れてしまうことを現政権は期待しているはずです。この法律が恣意的に使われないように、日本がこれ以上復古的で民主主義を否定する道へ進まないように、関心の扉を開いていなければなりません。

でも一方で、毎日怒りに駆られたり暗い気持ちでいる必要はないし、そんなことは到底できないし、何の益もなく害になるだけです。やっぱり次回から、おだやかで幸せな気持ちでジェレミーのお話をしたいと思いますので、どうぞおつきあいくださいませ。

今頃、NHK BSで「ノーウッドの建築業者」を放送中ですね。いくつものシーンが目の前に浮かびます。

RM
関連記事

コメント

RMさん、おはようございます。

テレビからの情報しか私にはわかりませんが、そんなに大事な法案を話し合いや何の説明もなく簡単に(殆ど強制的に)決めて良いのか?
と言う事です。
それならば、もっと早く決めなければならない事があるはず。
拉致問題や震災。もう、本当に時間がないのです…

こういう鬱々した気分の時こそ「やさしくて、おかしくて、美しい声で歌う」人に癒されますね。

トビィさん、こんばんは。私も詳しいことはわかりません。でも一番怖いのは、議会で議員の数が多いということだけで、市民の声をここまで無視できる国になってしまったということです。そのすぐ向こうには市民の無力感と、「お国のために」互いが監視し合い、自己規制しあう社会があるように思います。

>こういう鬱々した気分の時こそ「やさしくて、おかしくて、美しい声で歌う」人に癒されますね。

ああ、本当ですね!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://upwardjb.blog112.fc2.com/tb.php/504-a745a3da

 RM

Author: RM
コメントは承認後に公開されます。古い記事へのコメントも大歓迎です。2010年8月7日に始めました。
私の記事へのリンクはどうぞご自由になさって下さい。
和訳には間違いがあるかもしれません。最近は必ず英語原文を併記・またはアドレスを書いて読めるようにしていますので、どうぞそちらも参考になさってください。

全ての記事を表示する

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

QR