Jeremy のことが知りたくて ~ ジェレミー・ブレット(Jeremy Brett)を愛するかたへ

英グラナダ・テレビでシャーロック・ホームズを演じた俳優の人生を言祝いで

イングランドで一番古い歴史を持つと言われるアーチェリークラブの会員になった21歳のジェレミーの、クラブでの最初の日のことです。これは前回触れた、お父様と会うことがなかった4年間をすごした後のことだと思います。

元の記事が読めるのはこちらです。
http://jeremybrett.livejournal.com/38599.html

ただしこれは、記事の切り抜きの画像の小さい文字を判別して書き出したものなので、途中でクエスチョンマークがついていたりします。そういう細かいところは無視しつつ、飛ばし飛ばし訳していきます。

この日のために猛烈に練習してきたジェレミーは、アーチェリークラブでの最初の日、マイケルの燕尾服を借りたそうです。ここから抄訳で続けます。


緊張しながら、100ヤード(約92メートル)先をめがけて矢を放ちました。矢はゆれながら飛んでいって、驚いたことに、まさに的のまん中に命中したのです。最高のはじまりだっただけでなく、はじめてのその日にMaster Forester(森林監督官の長)の称号を与えられました。 Master Foresterは、食堂の一段高い所にもうけられたテーブルの席にすわるという名誉を与えられます。

その日のランチでは12回乾杯がおこなわれました。鹿肉とサマープディングでおなかが一杯になり、ポートワインでピンクの頬をしながらふらついて、はじめての嗅ぎ煙草で鼻をひくひくさせていたのを覚えています。

春や夏には1,2ヶ月の休みをとってMeridenに行って、もう一度あの頃のようにクラブに参加して、毎日的を射る生活をおくりたいと、時々思います。時間がなかなか取れないのが残念です。

でも実はクラパム・コモンで、アーチェリーの腕が落ちないようにしているんですよ!



ここから、ジェレミーの住まいのすぐ近くのクラパム・コモンで、アーチェリーをする話が出てきますが、それはまた次回。今回は、最初の日に栄えある称号を与えられた、というところです。Master Foresterを「森林監督官の長」と訳すのが適切かどうかわかりませんが、The Woodmen of Ardenというこのクラブは、Ardenの森の管理人の集まりとして始まったようですから、弓矢の腕が優れた者が、その名誉ある長に選ばれるということでしょう。High Tableの席につくというのは、例えばオクスフォードの学寮で教授達が一段高い所にある食卓に座るような、そういうイメージを持ったのでそのように訳しましたが、さてあっているでしょうか。

上では訳さなかったのですが、お兄様の燕尾服は肩幅がジェレミーには狭かったそうですし、会員には見事な腕を持っている人が多く、少し気後れもしていたと言っていました。そんなジェレミーが最初の矢を的にあてて称号を得たのですから、嬉しかったことでしょう。このアーチェリーの腕前はお母様譲りなのでしょうね。その時ご両親も参加していたのだったら、末の息子のことが誇らしかったでしょう!



さて、今年はこれが最後の記事になると思います。ここに来て読んで下さる方、どうもありがとうございました。一度お休みをした時には、こころのこもった言葉を何人もの方から頂き、おかげさまで、今年もまたここで年末のご挨拶をできることになりました。来年も無理をせず直感に従って、別の言葉で言えばのんびりぶらぶらと、続けていきたいと思っています。来年は、この国があぶない道をたどらないように注意をしながら、そして自分がどんなかたよった思いにとらわれているかに、その時その時に気がつきながら、過ごしていきたいと思います。

あ、来年と書いて思い出しました。この10月からはじまっていたBSプレミアムでのホームズが、来年の2月から再放送されることが決まりましたね!
http://www4.nhk.or.jp/sherlockholmes/

2月19日(水)午後4:00 から「ボヘミアの醜聞」の再放送だそうです。視聴率や評判がよかったのででょう。嬉しいですね。

では皆様、どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。

RM
関連記事

コメント

RMさん、こんにちは。

アチェリーの腕前はまさしくお母様譲りですね。
ジェレミーの一つひとつの行動はまるで映画みたいです。

>食堂の一段高い所にもうけられたテーブルの席にすわる

とても名誉なことなんですね。
恥ずかしそうに、でも嬉しそうな顔のジェレミーが浮かびます。

ランチでの乾杯が12回だなんて、お腹タプタプになりますね。

グラナダ版の再放送!
年末は「最後の事件」で終わってしまい少し寂しかったのですが、嬉しいですね。

今年もRMさんにはお世話になりました。
まだまだ知らないジェレミーの事がいっぱいわかった1年でした。

>来年も無理をせず直感に従って、別の言葉で言えばのんびりぶらぶらと

今年は無計画に過ごしてしまいましたが、来年の目標にしたいと思います!

RMさん、皆様。
お身体には気を付けて、新しい年をお迎えください。
来年もよろしくお願いします。

トビィさん、こんにちは。

>ジェレミーの一つひとつの行動はまるで映画みたいです。

そういえば、短編映画になりそうですね!「絵になる」という、まさにそんな感じです。姿も表情も、想像できますね。少しきつい服をきて緊張した若いジェレミー。そしてクラブの重鎮にかこまれて、頬をピンクにして乾杯をくりかえすジェレミー。

再放送が決まって、嬉しいです。やはりジェレミーのホームズは人気があるのですね!

トビィさん、今年も本当にありがとうございました。トビィさんとお話できて、どんなに嬉しかったことでしょう!どんなふうに読んで下さるかしら、どんなことを書いて下さるかしら、といつも楽しみにしていました。ここを読んで下さるかたも、私と同じ気持ちだったと思います。トビィさんとの会話がもとで書き始めた記事もたくさんありました。

無理をお願いすることにならないように願っていますが、来年もまたここで、たびたびお話できたら、とても嬉しいです。どうぞよいお年をお迎えください。

2月から再放映!

やった!私はBSの契約が遅れてしまったので、再放映とっても嬉しいです!

今年最後の記事は、続けてジェレミーと家族のお話でしたね。素敵な笑顔と、温かいエピソードに出会えて、うれしいホリデイシーズンになりました。

駆け込みになってしまったのですが、やはり年の最後にひとこと伝えたくて。今年も、たくさんのジェレミーに出会わせてくださって、本当にありがとうございました!
ここにくればジェレミーに会えること、そしてその人生の輝きに触れられること、いろいろな人の心の拠りどころになっていると思います。(もちろん、私も!)
RMさんにとってもここに集まる皆さんにとっても、新しい年が良い年になりますように!

あと7分で新しい年が!

ナツミさん、お忙しいところをありがとうございます。そして今年一年もありがとうございました!

はい、この時期にと選んだわけではなかったのですが、ジェレミーが家族のことを楽しそうに話しているのをご紹介できて、私も嬉しかったです。

ジェレミーに出会えたおかげで、ナツミさんや、ここに来て下さる方と出会うことができました。読んで下さる皆さんに感謝です。

ナツミさんにとっても良い年でありますように。そしてシャーロックとジョンにとっても!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://upwardjb.blog112.fc2.com/tb.php/512-e50b7b4d

 RM

Author: RM
コメントは承認後に公開されます。古い記事へのコメントも大歓迎です。2010年8月7日に始めました。
私の記事へのリンクはどうぞご自由になさって下さい。
和訳には間違いがあるかもしれません。最近は必ず英語原文を併記・またはアドレスを書いて読めるようにしていますので、どうぞそちらも参考になさってください。

全ての記事を表示する

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

QR