Jeremy のことが知りたくて ~ ジェレミー・ブレット(Jeremy Brett)を愛するかたへ

英グラナダ・テレビでシャーロック・ホームズを演じた俳優の人生を言祝いで

ネット上のphoto archiveにある、ジェレミーの写真をご紹介する5回目です。前回までの記事はこちらです。
ネット上のphoto archiveから(1);ArenaPALとMirrorpix
ネット上のphoto archiveから(2);Corbis
ネット上のphoto archiveから(3);Photoshot
ネット上のphoto archiveから(4);TopFoto


今日ご紹介するのは、ANP Historisch Archiefという名前のサイトで、オランダ語で書かれているようです。なんとなくネット上の写真サイトをふらふらとしていて、ここをみつけたのが1年数ヶ月前でした。アドレスはこちらです。
http://www.anp-archief.nl/

そして"Jeremy Brett"でいつものように検索したら、2枚の写真がヒットしました。これが検索結果のページですが、うまく飛ばないようでしたら、右上の検索窓に"Jeremy Brett"と入れて下さい。
http://www.anp-archief.nl/search?q_mm=jeremy+brett

2枚の写真は下の二つです。
http://www.anp-archief.nl/page/196086/nl
http://www.anp-archief.nl/page/206445/nl

嬉しいことにwatermark(透かし、ロゴ)なしの、とてもよい画質の写真です。1枚はすでにみたことがありました。以前このブログでも紹介しましたが、私の知る限りでは、ジェレミーのファンサイトにおいては "For fans of Jeremy Brett"というフォーラムに最初にアップロードされたもので、"The Rivals (1970)"の写真です。"The Rivals" については、最近「第四の壁を破る;The Rivals (1970)」で内容を少し書きました。

1枚目は "786×800px 101kb"と書いてあるところをクリックすると、最大の大きさになります。そうして最大にした時のファイルのアドレスがこちらです。
http://www.anp-archief.nl/attachment/196086
2枚目では "800×568px 105kb"と書いてあるところをクリックしますと、こちらです。
http://www.anp-archief.nl/attachment/206445

この2枚目は "Country Matters: An Aspidistra in Babylon (1973)" からで、私は当時、この写真をはじめてみました。フォーラムに投稿して喜ばれたので、私も嬉しかったのですが、何かが意識下でひっかかっていました。その翌日、はたとあることに気がつきました。

それで、急いで再度書きました。「これは裏焼きだと思います。皆さんはどう思いますか?」

そしたら「どうしてこれが裏焼きだと思うのですか?私が思うのは、ジェレミーは水平にひっくり返してもそうでなくても、ものすごくハンサムだ、ってことだけですけど。」

それで私はつたない英語を並べて説明しました。「ジェレミーのあごには、ポツンとなにかあるでしょう。あごの左側のはずなんです。それから眉の間のしわは右の方が深くて、そして三つ目には、ジェレミーは鼻の骨を折ったので、鼻の形が少し非対称なんです。」

みんな、同意してくれました。もう一つその時には気がつかなかったのですが、帽子についているリボンの結び目(と言っていいのでしょうか)が、本当は左にあるべきなのに、右にありますね。やはり裏焼きです。

それで、お問い合わせ係のようなところのメールアドレス宛にメッセージを送ったのですが、1年4ヶ月たった今も「梨の礫(なしのつぶて)」です。私の英語は多分とても変だし、一度アップロードした写真を修正するのも面倒なので、相手にされなかったのでしょう。それはそれで仕方ありません。

実は裏焼きの写真はたくさん見かけます。多分10種類くらいは見たことがあって、表と裏と両方のバージョンをみるものと、裏しか見ないものとがあります。ビデオテープ・DVDの表紙の写真、宣伝用写真としてプリントされたもの、デジタルファイルで右左ひっくり返っているものなどです。今回のような若い頃のものは気づきにくく、年を重ねた後のものは、比較的よくわかります。やはり誰でも年をとると、顔にもその人の表情の癖が蓄積していくのでしょうね。ホームズでは髪の分け目がわかりませんが(追記:あるいは、わかりにくいですが)、それがわかる写真では、分け目の位置も何か違和感を感じる元になります。ジェレミーの髪の分け目は一般に左に寄っていますから。

意識下で何かひっかかるものがある写真は、写真修正ソフトなどで水平方向に反転してみると、「ああ!こちらが私の知っているジェレミー!」とお思いになるかもしれません。

RM
関連記事

コメント

RMさん、こんにちは!

パソコンからは見れなかったのですが、iPhoneから行って見ることができました。

RMさんご指摘の「これは裏焼きだと思います。皆さんはどう思いますか?」

眼で見るだけでなく、観察してみました。(ホームズふうに^^;)

RMさん凄いです!!鼻の角度や顎のポツンや顔の左右シワまでわかるなんて。
今度からはジェレミーを見る時は見惚れていないで目を皿のようにします。

裏でも表でもハンサムなのは変わりませんが、やっぱり、むずかゆい感じがしますね。
水平方向に反転してスッキリしました♪

連投失礼します

RMさん、更新嬉しいです。

ボルサリーノ帽の写真、今回初めて拝見しましたが、
当初私も『?誰?』と感じました。右頬がなんだか広く見えて、
でもジェレミーだよ、と言われれば、あぁそうですかぁ、眼がそうですねぇ、
太ってた時期なのかなぁ、ただのライトの具合かなぁ、
ネットを渡ってる間にアスペクト比が加工されたのかなぁなどと一瞬納得しました。

なるほど、裏焼き!よく見てらっしゃる。
自分の違和感て無視したらダメなんですね。

裏焼きが出回ってしまう理由。
ジャケット全体のデザインとして裏焼きの方がバランスが良いから裏焼き使う→ジャケットがネットに出回る→素敵な写真ならそのまま拡散する、てことでしょうか。

この辺も想像の域をでないのですけど。

トビィさん、こんにちは。

>パソコンからは見れなかったのですが、iPhoneから行って見ることができました。

そうだったんですね、私は携帯もスマートフォンも持たない化石のような人間なので、携帯などからでもちゃんと見えているのだろうか、と時々思っていたのですが、今回は環境によってはPCで見えなかったのですね。お手数をおかけしました。

>RMさん凄いです!!

うふふ、ありがとうございます。本当にぼんやりと、何かがひっかかったんですが、その時までは記事に書いた三つの点は意識していなかったんです。ひっかかったので、他の写真とくらべてみたら、わかっちゃいました。

>裏でも表でもハンサムなのは変わりませんが、やっぱり、むずかゆい感じがしますね。

そう、むずかゆい、そんな感じです。

>水平方向に反転してスッキリしました♪

反転した時に、あ、これだ、と思いました。といっても、わずかな違いなんですけどね。

>今度からはジェレミーを見る時は見惚れていないで目を皿のようにします。

いやあ、やっぱり普通は見惚れちゃいますよね。

あ、その名前、知りたかったんです!

midoriさん、「ボルサリーノ帽」、その名前を知りたかったんです、ありがとうございます。

>右頬がなんだか広く見えて、

頬は気がつきませんでした。ああ、言われてみればそんな感じですね。

>自分の違和感て無視したらダメなんですね。

そうなんですよね。私は裏焼きに気がついたのはこの時が多分最初で、それからは違和感を感じたら三つの識別点(!)を確認、それでもわからなかったら反転してみることにしています。そうやっても確信が持てないときもあるのですが。

>ジャケット全体のデザインとして裏焼きの方がバランスが良いから裏焼き使う→ジャケットがネットに出回る→素敵な写真ならそのまま拡散する、てことでしょうか。

はい、ビデオやDVDの表紙は、私もmidoriさんと同じように考えました。文字とのバランスとか。でもやっぱり、ちゃんとした向きにして欲しいですね。

マイ・フェア・レディのDVDの表紙に二種類あるので、あれっ?と思っていました。ブルーレイ版のジャケットにも使われている向きが多分裏焼きですね。オードリーのファンの方は、すぐに気がつくのでしょう。ネットで調べたら、そう書いてありました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://upwardjb.blog112.fc2.com/tb.php/527-bd990b6a

 RM

Author: RM
コメントは承認後に公開されます。古い記事へのコメントも大歓迎です。2010年8月7日に始めました。
私の記事へのリンクはどうぞご自由になさって下さい。
和訳には間違いがあるかもしれません。最近は必ず英語原文を併記・またはアドレスを書いて読めるようにしていますので、どうぞそちらも参考になさってください。

全ての記事を表示する

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

QR