Jeremy のことが知りたくて ~ ジェレミー・ブレット(Jeremy Brett)を愛するかたへ

英グラナダ・テレビでシャーロック・ホームズを演じた俳優の人生を言祝いで

以前の記事を読み返していると、リンクが切れていることに時々気がつきます。申し訳ないと思いつつ、そのままにしています。写真も、当時よりも画質のよいものがネット上にあらわれているものもあるのですが、これもそのままです。

でも今日は、YouTubeのビデオで、ちょっと珍しくて素敵な映像なのですが消えてしまって、今となっては由来を知らない方は探すのが難しいだろうと思われるものについて、ひとつご紹介しましょう。

Edward Hardwicke(エドワード・ハードウィック)が亡くなったときに、エドワードを偲んで書いた記事の一つに、ビデオクリップを二つご紹介したものがあります。
Edwardが素敵な、番外編のビデオ
このうちの最初のビデオは、"The Disappearance of Lady Frances Carfax"(レディー・フランシスの失踪)撮影の時の、エドワードの失敗シーンでした。

これはずいぶん以前に、あるファンがジェレミー目当てというわけではなく失敗映像総集編のテレビ番組をYouTubeで観ていて、たまたまみつけて大喜びで報告してくれて、別のファンがその箇所を切り出してあらためてアップロードしたものです。そのアップロードしたクリップを前回ご紹介したのですが、これがしばらく前になくなってしまいました。でももとの総集編の映像はまだYouTubeに残っていますし、DVDになっていないようですから、ここでご紹介できます。クリックすると該当箇所から始まります。1分11秒から約10秒間と短いですけど、どうぞお楽しみください。

It'll Be Alright On The Night 6 - pt4


直前までのジェレミーのシリアスな演技、エドワードのワトスンがピストルを取り出し、ジェレミーのホームズがちらりと目をやる、そして...。音にちょっとびっくりした後のジェレミーの密かな笑みと、エドワードのなんとも複雑な表情。何度みても笑ってしまいます。こういう瞬間が、撮影の時にはいろいろとあったのでしょうね。撮影の様子について、想像の翼を広げるよすがともなります。

RM

追記:今年になってアップロードされたこちらのファイルも同じ番組の録画でした。28分48秒からです。
It'll Be Alright on the Night 6 (1st December 1990)
https://www.youtube.com/watch?v=0zKWruJJK2A&t=28m48s

画質は変わらないようにみえるので、アップロードファイルの元となったビデオは同じものかもしれません。これによれば、1990年12月1日に放映されたようですね。「レディー・フランシスの失踪」自体のイギリスでの放映は、1991年2月です。
関連記事

コメント

素晴らしいNG!!

やっぱりこういう番組、イギリスにもあったんですね-!
素敵すぎます!!
なんて貴重な映像なんでしょう♪♪

ハードウィックの可愛い照れ笑いも素敵ですが、ジェレミーの包み込むような笑顔がまた最高!
「誰にでもあるよ」「次頑張ろうね」みたいな、優しさに溢れた笑顔ですよねー。
素敵な表情で、魅了されちゃいます♪
ああ、グラナダはこういうのをまとめて、次こそ映像特典を出して欲しいです!

「ENGLISH JOURNAL」では、すったもんだがあったんで(苦笑)
今回のジェレミーの表情に癒やされましたー。
有り難うございます、RMさん。

こちらも微笑みがこぼれますよね!

りえさん、こんばんは。これ、私も大好きです。二人ともさりげなくて、でもそれぞれに、その時の気持ちが推し量れるんですよね。

ジェレミーは演技をとめて落ちたピストルを見た目で、エドワードの方向にもちょっと目をやって、その時にはもう口元が微笑んでいるんですよね!

こういうフィルムがもっと残っていることを願っています。そしていつか私たちも観ることができますように。

「ENGLISH JOURNAL」についてのりえさんの記事、すごく楽しみました(「楽しんだ」なんて言っていいのかしら?)でも、ちゃぶ台ひっくり返すくらいの怒りだったんですね。これからもあつく語ってくださいね。

現場のふたりの様子を感じられるNG!!ですね

すてきなNG!! ありがとうございます。
シリアスな表情で演じるジェレミー。
エドワードのしぐさに微笑んでいます。
きっと現場では和気藹々のムードで進行していたのでしょう。ふたりの関係の暖かさを感じられる映像ありがとうございました。

すてきでしょう!

さくらさん、喜んでいただいてうれしいです!
真剣な撮影場面から一転して素の二人にもどった、それぞれの表情をみることができて、うれしいですよね。

>エドワードのしぐさに微笑んでいます。

そうなんです。何回みても、こちらも一緒に微笑んでしまいます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://upwardjb.blog112.fc2.com/tb.php/552-03c3a134

 RM

Author: RM
コメントは承認後に公開されます。古い記事へのコメントも大歓迎です。2010年8月7日に始めました。
私の記事へのリンクはどうぞご自由になさって下さい。
和訳には間違いがあるかもしれません。最近は必ず英語原文を併記・またはアドレスを書いて読めるようにしていますので、どうぞそちらも参考になさってください。

全ての記事を表示する

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

QR