Jeremy のことが知りたくて ~ ジェレミー・ブレット(Jeremy Brett)を愛するかたへ

英グラナダ・テレビでシャーロック・ホームズを演じた俳優の人生を言祝いで

前回の記事で、アメリカで"Piccadilly Circus" という番組のホストをつとめた時の宣伝用写真をご紹介しました。今日は、その同じ写真が使われている、アメリカの新聞記事をご紹介しましょう。ジェレミーがこの番組について話しています。

"Piccadilly Circus"という番組については、以前こちらに少し書きました。
ジェレミーの悲しみと、あたたかさ(5); 1991年のDesert Island Discsから(2)

一部繰り返しますと、ジェレミーの二度目の奥様 Joan Wilson(ジョーン・ウィルソン)は、イギリスのテレビ番組をアメリカに紹介する、いくつもの番組のプロデューサーをつとめました。彼女がはじめたのが "Mystery!"、"Classic Theatre"、"Piccadilly Circus"で、プロデューサーを引き継いだのが "Masterpiece Theatre" です。グラナダ版は "Mystery!" の中で放送されましたし、この番組はその後 "Masterpiece Mystery!"となって、この枠でBBC版のSHERLOCKが放映されています 。

ジェレミーがホストをつとめた"Piccadilly Circus"は毎月1回約1年間、全14回の番組で、最初の回が1976年1月19日、最後が1977年2月8日のようです。(http://www.tv.com/shows/piccadilly-circus/episodes/

ところで、ジェレミーとジョーンの結婚の年については、ジェレミー自身の言葉でもさまざま、新聞記事でもいろいろだということは以前書きました。1976年、1977年、1978年の3つの年が出てきます。以前も書いたとおり、私は1977年が正式な結婚の年だと推測しています。でもジェレミーが1976年という年をあげることがあるのは、人生のパートナーとして生きることを決めたのがこの年だったからではないでしょうか。

いつ結婚を決めたかはともかく、ジョーンがプロデューサーの番組 "Piccadilly Circus"のホストを1976年から1年間ジェレミーがつとめるなかで、二人は互いをより理解してより愛し合うようになったのは確かでしょう。

ジョーンがどんなひとだったか、私なりのイメージがあって、その元になったのはジェレミーの言葉や、ジョーンに関する記事、Google Booksでみつけた本の中の記述などですが、それはまたおいおいご紹介しましょう。仕事に関しては、有能で前向きでエネルギッシュでリーダーの気質を持つとともに、そのユーモアとウィットで同僚や部下に愛された人だと思っています。

記事の内容まで今日は行き着かなかったのですが、タイトルと場所だけ記しましょう。記事本文の右側に前回の写真が使われているのがおわかりになると思います。

'Junk' on British TV?
The Morning Record - Jul 3, 1976
http://news.google.com/newspapers?id=XPtHAAAAIBAJ&pg=2216,503227

この項、続きます。

RM
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://upwardjb.blog112.fc2.com/tb.php/563-faa9efde

 RM

Author: RM
コメントは承認後に公開されます。古い記事へのコメントも大歓迎です。2010年8月7日に始めました。
私の記事へのリンクはどうぞご自由になさって下さい。
和訳には間違いがあるかもしれません。最近は必ず英語原文を併記・またはアドレスを書いて読めるようにしていますので、どうぞそちらも参考になさってください。

全ての記事を表示する

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

QR