Jeremy のことが知りたくて ~ ジェレミー・ブレット(Jeremy Brett)を愛するかたへ

英グラナダ・テレビでシャーロック・ホームズを演じた俳優の人生を言祝いで

ジェレミーが、お互いがお互いの結婚式でベストマンをつとめた、若い頃からの大切な友人Robert Stephens(ロバート・スティーブンス)と映像作品で共演していないのは残念だ、と先日書きました。

でもオーディオブックでは、少なくとも3つの作品で共演しているのを知っています。その内の一つがシェークスピアの"King Richard III"(リチャード三世)で、ロバートがリチャード三世を、ジェレミーがそのすぐ上の兄のクラレンス公を演じています。ジェレミー演じるクラレンス公は、全五幕の芝居の内の第一幕の最後で殺されてしまいます。それでもこの作品、この録音が、私には貴重なものに思えます。

クラレンス公ジョージはロンドン塔に引かれていく途中で、弟のグロスター公リチャード(後のリチャード三世)に会って、兄弟の会話をします。自分が兄のエドワード四世の命で幽閉されるのは、エドワード四世が自分に疑いを持つよう仕向けた弟リチャードのせいであることも知らずに。そしてロンドン塔で悪夢をみたクラレンス公は、ロンドン塔指令にそれを語ります。その後リチャードから差し向けられた二人の刺客が現れ、自分を殺そうとしているのが、信じていたリチャードであることを知ります。嘆願もむなしく惨殺されてしまいます。

ジェレミー演じるクラレンス公は才知にたけた方ではないかもしれないですが気品があって、ロバート演じる弟リチャードの心の中にある底知れぬ沼に気づかず、彼に対して無防備で、最後には無惨に殺されてしまいます。リチャードとの会話の時の、ロンドン塔へ連れて行かれる途中でも気持ちはしっかりしていて、事態の解決への弟の力を信じている様子、悪夢の後での、感情に揺さぶられながら品格も感じられる語り口、そして恐怖にかられながらも刺客にまっすぐに相対した後での、リチャードの本心を知った時の驚きと絶望。

ジェレミーの声は感情を映し出して、この長くない登場時間のあいだで流れるように変わっていきます。音楽的でもあるし、視覚的でもあります。場面を想像して目の前に感じる聴き方もできるし、声の調子だけが音楽のようにからだの中を流れていく時もあります。

ああ、やっぱり私は、ジェレミーの声と台詞回しににじみ出る何かが好きなのだなあと、あらためて思いました。そしてそれは、音だけのオーディオブックで、より純粋に感じられます。映像があると、表情と動きに目が釘付けですから。もちろん、これを実際に目の前でみられたらどんなにいいだろう、という思いは常にあるのですが。

BBCの"Sherlock" でシャーロックとジョンを演じているBenedict CumberbatchとMartin Freemanがそれぞれ、リチャード三世を演じるそうですね。ジェレミーがリチャードを演じていたら、どんなだったでしょう。ロバート・スティーブンスのリチャードは、恨みから来る暗さを突き抜けて、自分の企みのままに進んでいくのを皮肉な目つきで楽しんでいるような印象を受けました。

1967年発売のLPですから、収録は66年頃、ジェレミーは32か33歳といったところでしょう。LPのボックスセットはこんなです。
http://www.amazon.com/dp/B002LLHBIK

これはその後カセットテープになり、デジタルファイルとしての販売も現在ではおこなわれています。しかしカセットテープになった段階で、出演者の名前は3人しか書かれなくなったために、ジェレミーの名前で検索してもみつからなくなってしまいました。オーディオブックにはそのようなものが多いのです。

私はAudibleが扱っているデジタルファイルを購入しました。アマゾンのページでもAudibleのファイルのサンプル音声を聴くことができます。
http://www.amazon.com/dp/B00005484R
左側の画像の下、Listenの横の三角をクリックすると、すぐに聴こえるのがジェレミーの声です。その後ロバートの声が続きます。それからしばらくはロバートともう一人の台詞なのですが、ジェレミーの鼻で笑う声が入ります。それからまた短いですがジェレミーの台詞をきくことができます。

同じ音源を使って、別の会社が音声ファイルとして販売していて、やはりAudibleで購入できます。こちらの方がサンプル中にジェレミーの台詞が少ないです。
http://www.amazon.com/dp/B006HNT1JA

iTunesでもこの作品の購入が可能ですが、Audibleよりも値段が高いです。
https://itunes.apple.com/jp//audiobook/id323643608


興味のある方がいらっしゃるようでしたらと思って、今までこのブログでオーディオブックについて書いたものをあげます。うーん、個人的趣味に走り過ぎでしょうか。いえ、このブログ全体が個人的趣味以外の何物でもありませんね!
詩の朗読のCD (1969年のLPより)
Troilus and Cressida のオーディオブック (1961)
Troilus and Cressida のオーディオブック (1961) , その2
Troilus and Cressida のオーディオブック (1961) , その3
Troilus and Cressida のオーディオブック (1961) , その4
Love's Labours Lost (1974) のオーディオブック再発売
Richard II (1961) のオーディオブック再発売;その1
Richard II (1961) のオーディオブック再発売;その2
Puss in Boots のオーディオブック (1972)

Troilus and Cressida のオーディオブックは、記事に書いたInternet Archiveのページはなくなっていて、現在はJeremy Brett Informationで聴くことができます。
http://jeremybrett.info/media.html

RM
関連記事

コメント

ビリー・ワイルダー版

お久しぶりです。ロバートの記事、たくさんUPされたのですね。
興味深く読ませていただきました。
不人気だと言われるビリー・ワイルダー版、私は巨匠と気が合うみたいで、結構気に入ってます。ここで映るお風呂はhipbathという、とわざわざ検索して覚え、ドールハウス用の品物の映像をTwitterのプロフィール画像に使ってます^^;
この作品の嫌われる原因はネス湖のネッシーなどの荒唐無稽なエピソードより、ホームズの私的な部分をセリフだけとはいえはっきり描いたからかなー、と思います。
これ以上の詳細は避けますね。タイムリーなことに7/6(日)10:00からイマジカBSで無料放送あります。ケーブルTV引いてなくても、BS放送映る環境のテレビなら観れるんじゃないかな。
ではまたの更新楽しみにしています!

ホームズは今、もてもてですね!

midoriさん、こんにちは!

ロバートの記事、読んでくださってありがとうございます。ジェレミーにとって本当に大切な友人だったことを、書いていてあらためて感じました。育った環境も性格もずいぶん違ったようですが。

>不人気だと言われるビリー・ワイルダー版、私は巨匠と気が合うみたいで、結構気に入ってます。

この作品、不人気のように私もきいていたのですが、Mark Gatissにとってはとても重要な作品だったということで印象がかわりました。今日、midoriさんもお好きと知って、さらに好感度が急上昇です!

>ここで映るお風呂はhipbathという

そうなんですか!Gatissのインタビュー記事(http://www.theguardian.com/film/2010/nov/07/mark-gatiss-sherlock-holmes)の写真にもみえる、あのお風呂ですね。Twitterをなさっていること、ナツミさんのブログのコメント欄に書いていらっしゃったので知っていましたが、そこにあのお風呂があるんですね。

>ホームズの私的な部分をセリフだけとはいえはっきり描いたからかなー、と思います。

ほー、人によってはあまり好きになれないような部分なのでしょうか。

>タイムリーなことに7/6(日)10:00からイマジカBSで無料放送あります。

おお、そうでしたか!可能なら観てみようと思います。今、ホームズはいろいろなところで大人気ですね!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://upwardjb.blog112.fc2.com/tb.php/572-946aa398

 RM

Author: RM
コメントは承認後に公開されます。古い記事へのコメントも大歓迎です。2010年8月7日に始めました。
私の記事へのリンクはどうぞご自由になさって下さい。
和訳には間違いがあるかもしれません。最近は必ず英語原文を併記・またはアドレスを書いて読めるようにしていますので、どうぞそちらも参考になさってください。

全ての記事を表示する

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

QR