Jeremy のことが知りたくて ~ ジェレミー・ブレット(Jeremy Brett)を愛するかたへ

英グラナダ・テレビでシャーロック・ホームズを演じた俳優の人生を言祝いで

前回の記事のコメント欄で、ジェレミーがドイルに対して強い責任感を持っていたこと、デイム・ジーンを通じてドイルとつながっていることを嬉しく、そして誇りに思っていたのではないかと感じることをナツミさんとお話しました。

そう思わせることはいろいろなインタビューで話しています。たとえば以前「Jean Conan Doyleとジェレミー(4)」でもご紹介した、このような言葉があります。

デイム・ジーン・コナン・ドイルに「私の父を大切にしてくださいね」と言われたことがありました。それをとても重く真剣に考えています。

Dame Jean Conan Doyle once said to me 'take care of my father.' I have taken that very seriously.


"Why I adore playing Holmes"
The Sherlock Holmes Gazette, No.3, 1991-2


今日は別の記事からです。1985年4月にNew Yorkで行われたインタビューなので、「最後の事件」の収録が終わってJoan Wilson(ジョーン・ウィルソン)が住むアメリカにもどって仕事をしていた頃で、この時にはアメリカのPBSでもホームズの放映が始まっています。Herbertとあるのがインタビューアです。

Herbert: あなたは素晴らしい成功をおさめましたね。シャーロック・ホームズを演じたあなたにとって、何が最高の勝利だと感じますか?

Brett: 原作にそってホームズを演じて私が一番わくわくどきどきするのは、人々がドイルを発見したか、ということです。この経験すべてをとおして私が追い求めている人物は、サー・アーサー・コナン・ドイルです。ですから、もしもこのすばらしい経験の中でドイルがよみがえってくれれば、何よりも嬉しいことです。観ている人が読書にかえって、ホームズの本を読むようになれば。


Herbert: There was your triumph. What would you regard as your triumph in playing Sherlock Holmes?

Brett: The most exciting thing for me, having done the original stories, would be if people discovered Doyle. The person I feel very much for out of all this experience is Sir Arthur Conan Doyle. And so if Doyle comes winging through this immense experience that's what I would love most of all. To have people actually reading, going back to the books.


"Interview with Jeremy Brett"
By Rosemary Herbert
The Armchair Detective, Vol.18, No.4, 1985

こういう責任感というのは、ホームズを演じるにあたってまず原作と真剣に向き合ったからこそ生まれるのでしょう。演じることに真摯で、「不器用なほどまっすぐ」とも言えるかもしれません。

そしてドイルのお嬢さんと個人的に知り合う中でも、ドイルとその物語を大切にする気持ちをさらに強くしていったのでしょう。

どのインタビューだったでしょうか、アメリカのある学校では国語の時間に、グラナダ版鑑賞を導入部分として、ドイルの本を読ませて教えているということを、とても嬉しそうに話していました。私自身も、原作を読むようになったのはもちろんジェレミーのおかげです!




ところで、りえさんのブログを読んでいらっしゃる方も多いでしょう。とってもうれしいお知らせがありましたね!まだの方はぜひどうぞ。
「マイ・フェア・レディ」50周年記念ブルーレイ

RM
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://upwardjb.blog112.fc2.com/tb.php/615-44862d3f

 RM

Author: RM
コメントは承認後に公開されます。古い記事へのコメントも大歓迎です。2010年8月7日に始めました。
私の記事へのリンクはどうぞご自由になさって下さい。
和訳には間違いがあるかもしれません。最近は必ず英語原文を併記・またはアドレスを書いて読めるようにしていますので、どうぞそちらも参考になさってください。

全ての記事を表示する

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

QR