Jeremy のことが知りたくて ~ ジェレミー・ブレット(Jeremy Brett)を愛するかたへ

英グラナダ・テレビでシャーロック・ホームズを演じた俳優の人生を言祝いで

11月3日は、ジェレミーのお誕生日です。そしてジェレミーが深く愛した二度目の奥様、Joan Wilson(ジョーン・ウィルソン)のお誕生日でもあります。ジェレミーは1933年生まれですから81歳ですね。

私事なのですが、このところものすごく久しぶりに、気持ちの上で取っ散らかった日々を送ってきました。「取っ散らかった」というのは、とても深刻というわけではないけれども、こころが千々に乱れている、という感じのことです。でもこころのどこかで、こういうのもたまには面白いなあと思い、そしてこの乱れた気持ちもまた来ては去るものである、と思っています。

こういう時に気持ちをささえてくれたり、気づかせてくれるもののひとつがここであり、そしてジェレミーのことであったりします。どんなこともどんな気持ちも、来ては去るものであるということ、それを思うとき、ジェレミーが亡くなる9日前に放送された"The Week's Good Cause"の中のジェレミーの言葉を思い浮かべます。"It comes and goes and in between the bouts of illness people are well." (この病気は来ては去って行くものであり、症状が一時的にあらわれる期間以外は健康にすごせるのです。)
The Week's Good Cause (1995) その1

感情の変動が激しい病をかかえて、どんなに苦しかったことでしょう。それは私たちの通常の気持ちのゆれ動きとはまったく違うものなのでしょう。それでもなお、耐えがたい振り幅を持つ感情も含めて、来ては去って行くものとしてすべてをとらえる視点をジェレミーが持っていたということ、そのことを思い出します。

そして、あまり後ろ向きにならずに「これだから生きることは面白い」と面白がっている(面白がろうとしている)とき、ジェレミーの"Upward and onward!"という言葉を思い出します。この言葉は、グラナダ版のプロデューサーのMichael Coxが雑誌 "The Sherlock Holmes Gazette" のジェレミー追悼号に、ジェレミーのモットーとしてあげた言葉です。

どんなことについて話していても、その会話はしばしばジェレミーのモットーの"Upward and onward!"で終わった。人生に対するジェレミーの態度をあらわす、これより明快な表現を思い浮かべることは難しいし、ジェレミーのことを思い起こすよすがとして、これ以上の言葉はない。

Whatever the conversation was about, it would have ended with Jeremy's motto, "Upward and onward!" It's hard to think of a simpler expression of his attitude to life or a better clarion call to remember.


"Upward and Onward!"
By Michael Cox
The Sherlock Holmes Gazette, Issue 13, 1995

"Upward and onward!"は訳さずにそのまま書きましたが、単純に直訳すれば「前へ、上へ」でしょう。困難をかかえた最後の10年でも、ジェレミーの人生に対するまっすぐな姿勢は変わらなかったのですね。

余談ですが、"Upward and onward"と同じ意味でこれもよく使われる"Onwards and upwards"という表現があって、これはジェレミーのモットーではないとする人をみたことがありますが、Michael Coxは1986年のロサンジェルスからの便りのことを本 "A Study in Celluloid"に書いていて、その葉書ではジェレミーが"Onwards and upwards"と最後に記しています。またeBayに出品されたジェレミーの短いメッセージにも"Onwards & Upwards"と書かれたものがありました。ですから両方とも使ったのだと思います。

私は"Onwards & Upwards!"という言葉を思い浮かべて、ああいろいろあるけど、うつむかずに前を向いていよう、いろいろなことがあるから生きるのは面白いのだ、と思い出すのです。

なんだか今日はちょっといつもと書き方がかわりましたが、いちばん言いたいのはこれです。
「ジェレミー、お誕生日おめでとうございます!」

RM
関連記事

コメント

ジェレミーお誕生日おめでとうございます

そう、奥様のジョーンも同じ誕生日でしたね。
奥様の死、役の重圧、躁うつ病、心臓病を抱えてすごく苦しかったでしょうね。そんな中でも"Upward and onward!"をモットーに頭を上げて頑張ったのでしょうね。俳優という仕事にありながら、病気のことを勇気を出して告白し演じ続けること。すばらしいと思います。

私もモットーにさせて頂きます

"Onwards and upwards"良い言葉ですね。
私も真似っこしてモットーにします。
ところでNHK BSで字幕データ付き再放送が始まりました。
今まで吹き替えで観ていたので、ワトソンのナレーションがなくて驚きました。日本の吹き替え製作は大胆ですね。
原作はほとんどがワトソンの一人称で書かれているので、ナレーションを入れたのでしょうね。

さくらさん

>そう、奥様のジョーンも同じ誕生日でしたね。

僕たちは同じ誕生日です、と言う時も、ジェレミーは嬉しそうでしたね。

>そんな中でも"Upward and onward!"をモットーに頭を上げて頑張ったのでしょうね。

困難なことを抱えていても、ジェレミーは前を向いていた、そしてそのまわりにはやさしさと笑いがあふれていた。そのことをジェレミーのまわりの人たちのいくつもの言葉から感じることができますね。

>俳優という仕事にありながら、病気のことを勇気を出して告白し演じ続けること。すばらしいと思います。

当時も多くの人が、ジェレミーの存在から力を得ていたことでしょうね。

カミーノさん

>"Onwards and upwards"良い言葉ですね。
私も真似っこしてモットーにします。

わあ、うれしいなあ、お仲間ができました。

>ところでNHK BSで字幕データ付き再放送が始まりました。

字幕データ付きというのは、英語字幕付きということでしょうか?英語の元音声と日本語吹き替えの二カ国語放送という点では、今までと同じなのでしょうね。

>今まで吹き替えで観ていたので、ワトソンのナレーションがなくて驚きました。日本の吹き替え製作は大胆ですね。

これは英語音声と英語字幕では、日本語吹き替えではあったワトスンのナレーションがなかった、という意味ですね?(わかりが悪くて申しわけございません!NHK BSをみていないので。)元の音声でのワトスンのナレーションというと思い浮かぶのは、「ボヘミアの醜聞」「最後の事件」「空き家の怪事件」ですが、それ以外の作品でも日本語吹き替えではナレーションがあったのですね?それは知りませんでした。最初にNHKで放映された時は吹き替えで観ていたのですが、それ以降は英語音声をきいていたので、忘れてしまっていました。

>原作はほとんどがワトソンの一人称で書かれているので、ナレーションを入れたのでしょうね。

なるほど、そういうことなのですね。教えてくださってありがとうございました!

RMさん、言葉足らずでごめんなさい。
吹き替えた音声の字幕データです。
もともとワトソンのナレーションが入った作品もあるのですね。
今回の再放送は何故か「六つのナポレオン」からで、「ボヘミヤの醜聞」などが観られそうもないのが残念です。

カミーノさん、ありがとうございます!

>RMさん、言葉足らずでごめんなさい。

いえいえ、私の方がわかりが悪くて、ごめんなさい。でも教えてくださってありがとうございます。なるほど、日本語吹き替え音声の字幕データなんですね。

>もともとワトソンのナレーションが入った作品もあるのですね。

ナレーションといっても、全体にわたってではなくて部分的にですが。たとえば「最後の事件」はワトスンの"When I returned to Baker Street from a short holiday in the spring of 1891, I had seen little of Holmes for some time."というナレーションからはじまります。

>今回の再放送は何故か「六つのナポレオン」からで、「ボヘミヤの醜聞」などが観られそうもないのが残念です。

そうなんですね。今回の再放送が終わったらまたはじめから、なんていうことがあるといいですね。

ジェレミーおめでとう

遅くなりましたが・・・。
毎年、紅葉のシーズン(私の地域では)なのですが今年は早々に終わってしまって・・・ジェレミーに見えたかしら?

RMさん、毎年更新ありがとうございます。
遅くなりましたがブログ4周年おめでとうございます。
私もUPWARDS AND ONWARDS好きです。
もちろんジェレミーの影響です!!
色々なことが起きたり、色々なことを感じたりしますが、力をもらえます(私の脳内ではジェレミーが私に語りかけてくれます・・苦笑)
RMさんのブログからもいろんな事感じさせてもらったり、力をもらったりしています。

本当、ジェレミーに出会えて良かった(*^_^*)

わあ、来てくださっていたのですね

だいさん、こんにちは。またお話できてうれしいです。

>毎年、紅葉のシーズン(私の地域では)なのですが今年は早々に終わってしまって・・・ジェレミーに見えたかしら?

秋のいい季節の頃の、晴れの特異日ですよね、11月3日は。だいさんは北のほうにお住まいでしたね。

>遅くなりましたがブログ4周年おめでとうございます。

ありがとうございます!

>色々なことが起きたり、色々なことを感じたりしますが、力をもらえます(私の脳内ではジェレミーが私に語りかけてくれます・・苦笑)

わあ、すてきすてき!
私にとっても同じです。いろいろな時に、ジェレミーのことを思い出したりします。

>RMさんのブログからもいろんな事感じさせてもらったり、力をもらったりしています。

わーん、うれしい!
今回は「とても深刻というわけではないけれども、こころが千々に乱れている」状態だったのですが、3年前の10月、深刻なことがおきてこころが乱れていた時に、だいさんとナツミさんが何かを察してくださって声をかけてくださったのをよく覚えています。「ジェレミーの笑顔」というタイトルの記事を書いたときでした。ここで私もたくさんの力を得ています。

>本当、ジェレミーに出会えて良かった(*^_^*)

私もです!

お礼

はじめまして.
去年のNHKのグラナダホームズの放映から,ジェレミー・ブレットとホームズにはまりました.
以来,こちらのブログには本当にお世話になりました.
なにしろ英語の苦手な私のジェレミー・ブレット情報のあらかたが,こちらで教えてもらったものなのですから.
お礼ぐらい書き込まなければ,と思っているうちに一年近くたってしまいました.
急いでお礼申し上げます.
本当にどうもありがとうございます.

これからも心配りのある情報が得られる上に,暖かい気持ちになれるRMさんのブログをのぞかせてくださいね.

さきさん、ありがとうございます

こんにちは。そしてあたたかい言葉をかけてくださって、ありがとうございます!

>これからも心配りのある情報が得られる上に,暖かい気持ちになれるRMさんのブログをのぞかせてくださいね.

ここに来て見守ってくださる方がいらっしゃるということをあらためて感じて、幸せな気持ちになりました。

ジェレミーのことを書く時は、すさんだ気持ちになんて絶対なれなくて、やっぱりあたたかい気持ちになります。読んでくださるさきさんも、同じように感じてくださっているのですね。

さきさんのようなかたが来てくださっていることを感じながら、ここを続けていきたいと思います。

さらにお礼

本当に簡単なお礼だったのにわざわざお返事,ありがとうございました!
うれしくなってしまって,お礼の続きを書いてしまいます。

最初は221Bのカーテンや食器について知りたいな,と思っているうちにこちらにたどり着いたのだと思います。
そして私が知りたいと思っていた以上のことが書かれているのにびっくりして,ちょくちょくお邪魔することになりました。

初めてのお宅なのに,ちょっとおじゃましたら居心地が良くて居続けしている,そんな感じでしょうか。

これから先も教えて頂くばかり,ですが,よろしくお願いします。

遅ればせながら

私からも、「ジェレミー、おめでとうございます!」

私もこのところ、仕事で忙しかったり、疑問に思ったりすることが多く、心乱れる毎日を送っていました。
そんな時にここに来てRMさんの言葉に触れると、波立っていた心がすこし穏やかになるのを感じます。
一日の終わりに立ち寄れる場所があるというのは、私にとっては本当にありがたいことです。ジェレミーがいてRMさんがいる、そのことに感謝します!

そして、コメント欄に初めてお目にかかる方、懐かしい方、最近お世話になっている方と、さまざまな方々ががあたたかく魅力的な言葉を寄せていらっしゃることも、とてもうれしく、心弾むことです。
まだまだたくさん人生からの宿題を抱えている私ですが、こんな風に誰かの心のかたちをそっとのぞいて、自分の心を重ねさせていただくひとときがあれば、"Onwards and upwards"という気持ちになれます。

さらにお返事

さきさん、こんにちは!私もうれしくなって、さらにお返事しちゃいます。

>最初は221Bのカーテンや食器について知りたいな,と思っているうちにこちらにたどり着いたのだと思います。

そうだったんですね!カーテンや食器、印象に残りますよね。今でもほぼ毎日仕事場で、あのカップでコーヒーを飲んでいます。私のはソーサーなしなので、マグカップのような感じで本当に気軽に使っています。

カーテンについては、あの記事で書いたこと以上にはまだ情報がなくて、あの後一度eBayにあのカーテン生地が出品されたので、出品物の説明欄を期待しながらみたのですが、私が記事で引用したのと同じ、以前のeBayでの説明文をそのままコピーしていて、新たな情報はありませんでした。これだけ出品が少ないことから察するに、どうも現在はつくられていない生地のようですね。

>初めてのお宅なのに,ちょっとおじゃましたら居心地が良くて居続けしている,そんな感じでしょうか。

わあ、ありがとうございます!居心地が良いと言っていただけるのが、いちばんうれしいです。どうぞお好きなだけずーっと居続けてくださいね。

ナツミさん、こんにちは!

さきさんに、「居心地が良い」と言っていただいてとてもうれしかったのと同時に、その言葉で真っ先に思い浮かんだのはナツミさんちでしたよ!

ナツミさんもこのところ、心乱れる日をおくっていらしたのですね。そんな時にもジェレミーのことと私のことを忘れずに、ここに来てくださっていると思うと、私もこころがあたたかくなり、ひとりじゃないなあ、と思います。

>そして、コメント欄に初めてお目にかかる方、懐かしい方、最近お世話になっている方と、さまざまな方々ががあたたかく魅力的な言葉を寄せていらっしゃることも、とてもうれしく、心弾むことです。

本当ですね!ナツミさんだけではなく、たくさんのかたが読んでくださっていて、ここを始めたときには思いもしなかったことでした。不思議なご縁をいただいています。

>こんな風に誰かの心のかたちをそっとのぞいて、自分の心を重ねさせていただくひとときがあれば、"Onwards and upwards"という気持ちになれます。

ああ、とても美しい表現ですね。ジェレミーも「ジェレミー語」がすてきですが、ナツミさんもとてもすてきです!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://upwardjb.blog112.fc2.com/tb.php/627-c5264b3a

 RM

Author: RM
コメントは承認後に公開されます。古い記事へのコメントも大歓迎です。2010年8月7日に始めました。
私の記事へのリンクはどうぞご自由になさって下さい。
和訳には間違いがあるかもしれません。最近は必ず英語原文を併記・またはアドレスを書いて読めるようにしていますので、どうぞそちらも参考になさってください。

全ての記事を表示する

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

QR