Jeremy のことが知りたくて ~ ジェレミー・ブレット(Jeremy Brett)を愛するかたへ

英グラナダ・テレビでシャーロック・ホームズを演じた俳優の人生を言祝いで

(署名場所の変更にともない、リンク等を修正しました。2010年11月7日)
「ジェレミーにBAFTA賞を!」という活動がはじまって、約半年がたちました。現在3000名を越える署名が集まっています。最近ではジェレミーを愛する日本の方の署名もみることができて、とてもうれしいです。ここにおいでの方も署名をしてくださっているかもしれません。国をこえたゆるやかなつながりの中にいられることを、うれしく感じています。

今日は、署名をお願いする文書の日本語訳をご紹介します。なお、署名してくださるかたは、こちらに署名方法を書いていますので、どうぞご覧ください。英語が得意でなくても大丈夫だと思います。署名簿をご覧になれば、世界中のさまざま国の人がジェレミーを愛していることを実感できると思います。最近50名の署名者の国名をあげると、アメリカ、イギリス、カナダ、フランス、ウクライナ、ロシア、ポーランド、インド、セルビア、ドイツ、アイルランド、日本、アイスランド、スペインと、14カ国にものぼります。

ジェレミーはたくさんの人々のこころの中で生き続けています。皆がそれぞれにジェレミーを愛しているというのも、とてもすてきなことですけれども、こうして「ジェレミーにBAFTA賞を!」という活動を通じて、ゆるやかなつながりの中にいるのもまた、すてきなことだと思うのです。そして、まだジェレミーを知らない人も、この活動の成功によってジェレミー・ブレットという俳優に注目するようになってくれたら、こんなにうれしいことはありません。

今署名簿を見たら、ジェレミーの俳優仲間が署名をしていて、素敵なメッセージも書かれていました。後日ご紹介しようと思います。

以下が署名をお願いする文書の和訳です。

 「BAFTA 4 JB」は国境を越えたメンバーが協力して活動しているグループです。私たちは、人々に深く愛されたイギリスの俳優で1995年9月にこの世を去ったジェレミー・ブレットが、彼の41年におよぶ舞台・テレビ・映画での演技によって当然与えられるべき栄誉を今こそ手にすることができるようにと願って活動しています。私たちはジェレミー・ブレットにBAFTA(英国映画テレビ芸術アカデミー)賞を追贈(故人に授与)してほしい、とBAFTAに請願するための署名を集めています。この活動をはじめてから3週間の内に、500以上の署名が世界中から集まりました。このことは、ジェレミー・ブレットが俳優として生前なしとげたことがいかに人々から愛され、敬われているかを示すあかしです。特に注目すべきことは、この活動を多くの個人や団体が支援しているということです。その中には社会的に影響力のある個人や団体が含まれます。その一部を紹介します。俳優のスティーヴン・フライ、エドワード・ハードウィック、デーヴィッド・バーク、ティモシー・ウェスト、作家のポール・D・ギルバート、そしてシャーロック・ホームズ愛好団体のいくつか。これにはロンドン・シャーロック・ホームズ協会、ベーカー街不正規連隊、フランス・シャーロック・ホームズ協会とその会長であるティエリ・サン・ジョアニ氏が含まれます。サン・ジョアニ氏は1993年から1994年にかけて、ジェレミーにフランスのレジオン・ドヌール勲章が授与されるようにと活動し、成功しました。

 私たちの活動ははじめから順調であったために、その初期の段階でBAFTAの注意をひきました。BAFTAは、亡くなってから一定期間たった場合はBAFTA賞を追贈しない、と返答してきたのです。BAFTAが最近亡くなった人にのみ賞を授与して、以前亡くなった人の場合はその栄誉をたたえない、というのは、間違ったことだと私たちは考えます。演劇・映画・テレビ・ラジオなどにかかわるすべての人をおとしめるものであり、平等の考えに背くものです。特に注目すべきなのは、アカデミー賞やフランスのセザール賞など、イギリス以外の国の賞では、故人への授与の前例がすでにあることです。セザール賞の1987年の受賞式では、傑出した俳優ジャン・ギャバンに賞が与えられていますが、彼は1976年にすでにこの世を去っていました。

 ジェレミー・ブレットが生前なんの賞も授与されなかったことについて、世界中の多くの人が、多くの思いを抱いていることを私たちは知っています。そしてファンだけではなく、俳優達も同様に思っていることを強調したいと思います。エドワード・ハードウィック氏はグラナダ・テレビの世評の高いシャーロック・ホームズシリーズで、ジェレミーとともに主要な役を演じました。ハードウィック氏は、ジェレミーの長年にわたるすばらしい演技に、BAFTAが何の賞も授与しなかったことへの失望と驚きをたびたび口にしています。私たちは皆さんに、ジェレミー・ブレットが舞台・映画・テレビに貢献したことを認めるようにBAFTAにはたらきかけるのを助けてほしいのです。人々に深く愛されたイギリスの俳優がこの世に遺したものを、今こそほめたたえるべき時だと思います。


RM

追記:原文はこちらです。
http://www.bafta4jb.com/the-petition/petition-letter/
http://www.ipetitions.com/petition/jbbafta/
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://upwardjb.blog112.fc2.com/tb.php/63-8055fb44

 RM

Author: RM
コメントは承認後に公開されます。古い記事へのコメントも大歓迎です。2010年8月7日に始めました。
私の記事へのリンクはどうぞご自由になさって下さい。
和訳には間違いがあるかもしれません。最近は必ず英語原文を併記・またはアドレスを書いて読めるようにしていますので、どうぞそちらも参考になさってください。

全ての記事を表示する

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

QR