Jeremy のことが知りたくて ~ ジェレミー・ブレット(Jeremy Brett)を愛するかたへ

英グラナダ・テレビでシャーロック・ホームズを演じた俳優の人生を言祝いで

先日は1961年6月24日にスコットランドのグラスゴーの新聞に載ったハムレット評を引用しましたが、それ以外にネットで読める比較的長文の劇評としては、雑誌The Spectatorの1961年6月29日付けの記事があります。下記アドレス中には"30th-june-1961"という文字が含まれていますから、30日発売の雑誌だったのかもしれませんね。

"Not Single Spies"
By BAMBER GASCOIGNE
The Spectator, June 29, 1961
http://archive.spectator.co.uk/article/30th-june-1961/15/theatre

記事では、まずこの作品全体、特に演出についての評価が書かれています。その後の、ジェレミーの演技について触れているところを引用します。この劇にくわしくないので、ハムレットの特質の描写での訳語に不安があります。大きな間違いがないことを願っています。

ジェレミー・ブレットのハムレットは、この作品全体やその演出と同様に理知的でまっすぐだ。彼はこの戯曲の現代の読者がハムレットの中にみるであろう特質を、その演技の中にすべてあらわしている。探究心に富んだ若者が持つ知性、陰に惹かれるこころ、何の役にもたたない自己批判、自己顕示欲、突然の愛情の発露、そして何よりもその情熱とエネルギー。もしも19世紀のハムレットが青白い顔をしたロマンチストであるなら、20世紀のハムレットは躁鬱的だ。宮廷で欺きをしかける時の気持ちの高揚から、気鬱に満ちた独白へと感情が揺れ動き、そして再び気持ちの高ぶりへと跳ね上がる。(略)このハムレットという若者をジェレミー・ブレットは完璧にあらわしている。これまでに高名な俳優たちが自分の考えるハムレットを私達に示してきたが、ブレットは私達自身のハムレットを目の前にみせてくれる。

Jeremy Brett's Hamlet is as intelligent and straightforward as the production. He plays those qualities which a modern reader finds in Hamlet—his probing student intelligence, his taste for gloom, his bouts of ineffectual self-criticism, his exhibitionism, his talent for sudden and unexpected bursts of affection, and, above all, his exuberance. If the typical nineteenth-century Hamlet was a pale romantic, the twentieth-century is a manic depressive, plunging from his hectic baiting of the court to the dejection of the soliloquies and then soaring back again. [...] Jeremy Brett catches perfectly this creature. Where greater actors have given us their Hamlet, Brett presents ours.


昔の悲劇の中のロマンチックな主人公としてではなく、現代の若者にも通じる複雑さを持つ、生きた人物として我々がとらえるハムレットそのものを、ジェレミーが見事にあらわしている。名優と言われる人たちからハムレットを与えられるのではない。私達が考えていたハムレットが私達の目の前で生きている。そういう評価です。

ジェレミーは若い頃から、その演じる姿をみたとたんに、自分がこころに描いていた人物そのものだと多くの人に思わせる、希有な俳優だったのですね。ホームズに関して、文字で読んでいたシャーロック・ホームズがまさに私達の前で生きていると感じる、それと同じように。

RM
関連記事

コメント

あけましておめでとうございます

今頃新年のご挨拶ですが,確か寄席では一月いっぱいはお正月,と言っていたように思いますので,今年もよろしくお願いします。

今回もまた,素敵な記事を紹介してくださってありがとうございます!
ジェレミー「マクベス」のおかげで,初めてシェイクスピアを少し読んで,おもしろいなあ,と思っていたところなのです。
そして,ジェレミーのハムレットはどんな舞台だったのかなあ,と。
そんなわけでうれしくてうれしくて。

貴重な情報を素敵な日本語にして紹介してくださるRMさんに,心から感謝です。

さきさん、あけましておめでとうございます

>確か寄席では一月いっぱいはお正月,と言っていたように思いますので

そうそう、そう言えば私も寄席に1月に行ったときにききました。お客様を楽しませて、幸せな気持ちでお帰ししたい寄席では、できるだけ長く「おめでとう」のご挨拶を使うのでしょうね。さきさんの「おめでとう」に、私も幸せな気持ちになりました。

シェイクスピア、筋は知っていてもちゃんと読んでいないものがほとんどです。さきさんは読み始めていらっしゃるんですね。ジェレミーのハムレットの劇評を読んで、ジェレミーの姿と表情と声を想像しながらハムレットを読みたくなりました。

>貴重な情報を素敵な日本語にして紹介してくださるRMさんに,心から感謝です。

ありがとうございます!
意味を取り違えている可能性もあると思ってあまり意訳になりすぎないように訳すので、時々自分の日本語の質が気になります。「素敵な日本語」と言ってくださるとほっとします。

RMさん!
寄席へ行かれるのですね!!!

私は寄席へ行った回数は今すぐ数えられる程度ですが,でも好きでぽつりぽつりと聞いています。
聞くのもつらいニュースの続く毎日ですから,せめて落語とジェレミーで一息つかないと。

RMさんの御贔屓の噺家さんはどなたでしょうね。
私はなにしろ聞いたことのある噺家さんが限られているので,その狭い範囲内では市馬,喬太郎,権太楼,白酒,小ゑんなどなど。
亡くなった志ん朝さんが別格で大好き,といったところでしょうか。

あまり書いているとジェレミーからどんどん離れてしまいますね。
でも,一年ほど一生懸命ジェレミーホームズを眺めていて,再び落語を聞き出したら,以前より楽しめるように感じるのですよね。
こんなにすてきな効果があるのなら,よりいっそうジェレミー鑑賞に力を入れようかなあ,と思っているところです。

さきさん、落語のはなしも大歓迎ですよ!

>寄席へ行かれるのですね!!!

はい!最近は上京する機会がなくて行くことができないのですが。私は東京から遠く離れたところに住んでいます。お弁当もって寄席に行く、神保町の古書店めぐりをする、ブリヂストン美術館でルオーの絵のピエロと再会してティールームでお茶を飲む、というのが私の東京での三つの大きな楽しみです。あと、NHKホールの一番安い席の当日券でN響の演奏を聴く、というのもあったなあ。

>あまり書いているとジェレミーからどんどん離れてしまいますね。
>でも,一年ほど一生懸命ジェレミーホームズを眺めていて,再び落語を聞き出したら,以前より楽しめるように感じるのですよね。

はい、わかる気がします。私も3年前のお正月の記事で落語にふれていて
http://upwardjb.blog112.fc2.com/blog-entry-236.html
ここに「落語もまた言葉と声と仕草の芸で」と書いていました。この半年ほど、特に言葉と声の持つ力というものにひかれているので、その時よりもさらに、さきさんの書かれたことがわかる気がします。

落語についてはこちらのコメント欄でも、はまぐりさんと楽しくおしゃべりしました。
http://upwardjb.blog112.fc2.com/blog-entry-617.html

私も志ん朝さん大好きです。小学校の頃に好きだった落語に、志ん朝さんのおかげで数十年ぶりでもどりました。残念ながら、志ん朝さんが亡くなったというしらせがきっかけだったのですが。

それから亡くなった噺家さんの録音をいろいろきいて、好きな噺家さんばかりですけど、志ん朝さんの他には特に馬生さんが好きになりました。さきさんが名前をあげられたお一人の白酒さんは、馬生さんの孫弟子にあたりますね。私も寄席で一度ききました。真打に昇進してまだ数年でしたが、とてもよかったです!それでCDも買ったくらいです。

市馬さん!今の噺家さんで一番好きです。あの、いい声、いい調子、いいお人柄、軽すぎず重すぎない、気持ちのよい芸。国立演芸場から鈴本へと寄席をはしごして移動する途中の地下鉄の電車の中で、市馬さん、三三さんと同じ車両に乗り合わせました。お二人も移動中でした。ここで声をかけなかったら一生後悔すると思って、私、ご挨拶したんですよ!ほんの少しの会話でしたが、お二人ともとてもやさしいかたでした。大切な思い出です。2008年くらいだったでしょうか、三三さんが真打昇進してまだ二年くらいの時でした。市馬さんはその後、鈴本での独演会にも行きました。よかったなあ!

ああ、とまらなくなってしまいました。

RMさんは本格的な落語ファンなんですね。

市馬さんはいいですよね!高座に出てくる様子からして、大好きです。
聞いたことのある噺はすべて楽しみましたが、お侍が出てくると特にうれしいです。市馬さんの雰囲気が武士にぴったりだと感じるようです。
技術的なことは少しもわからないんですけど。

普段は穏やかに人と接する方かなあと想像していたのですが、そうですか、優しい方なんですね、三三さんともども。
うれしい話をありがとうごさいます!
ちょっとしたお年玉気分です。もう二月になってしまいましたが。

お弁当を持って寄席見物、いいですねえ。
今わたしの住んでいるところは、どちらかというと市馬さんの出身地のほうが近いかな、というところなので、のんびりと寄席へ行くのはちょっとした憧れですね。
できれば遠からず実現したいものです。


馬生師匠も好き、というか志ん生ファミリーは三人とも大好きです。
馬生師匠も聞いた噺の数は限られますけど、「笠碁」が好きなんですよ。RMさんが以前のコメント欄に書かれているとおり、地味にじわっとおかしいなあと思っていると、突然その場をひっくり返すような笑いがあったりして。
ちょくちょく、聞き返したくなる噺です。

本当にとまらなくなりますね。
ここらへんで無理矢理ジェレミーに話をつなげて・・・

ジェレミーの演技やRMさんの文章に接していると、今まで言葉について考える、ということをしてなかったんだなあ、とつくづく思います。
きっとこれは、ジェレミーとRMさんが、少し落ち着いて物事を見るといろいろと楽しいよ、と誘ってくれているのではないか、と自分に都合良く考えることにしようと思っているんですよ。

今さら、などと思わないで(結構いい年なんですよ、内緒ですが)のんびりとやってみましょう。
とりあえず?今日は市馬さんの「松曳き」を聞き返そうかな?



ああ、落語はいいなあ

市馬さんの雰囲気、なるほど武士にもぴったりですね。剣士だからということもあるかもしれませんね。市馬さんが小さん師匠から「稽古だ」と言われて待っていると、それは落語ではなく剣道の稽古、というネタがありましたね。

>そうですか、優しい方なんですね、三三さんともども。

はい!お二人ともあのままのお人柄でしたよ。記憶はだんだんかわっていくものですが、今思い出すのはこんなです。

鈴本の最寄り駅まであと一つというところで、お邪魔にならないように少しだけ、と思って私はどきどきしながら席をたって、並んですわっていらっしゃるお二人の方へ歩いていきました。まず三三さんが気がついて、誰かが声をかけようとしているということを市馬さんに知らせてくださいました。こんにちは、私も国立演芸場から鈴本へ行く途中です、とお二人に話しかけました。三三さんは終始控えめで、私が市馬さんとしゃべれるようにして下さる感じでした。市馬さんはびっくり顔でにこにこ笑って、同じような顔ぶれですよねえ、と二つの寄席に出るもう一人の噺家さんの名前をあげました。「**から来ました」「このために?」「ほとんどこのために。」「あそこは豚骨ラーメンがおいしいですよね」という会話の頃には鈴本の最寄り駅について一緒に電車をおりて、お二人は私の方を振り向いて、待ってくださる感じだったので、私はにっこり笑って、ありがとうございます、でもどうぞ先にいらしてくださいという身振りをしました。お二人の後を、離れてゆっくり目に私も寄席へ向かいました。こんな思い出です。

>どちらかというと市馬さんの出身地のほうが近いかな、というところなので

うふふ、私は市馬さんの出身地のすぐ近くですよ!だからお弁当もって、といっても家から持っていくわけにはいかず、お店やデパートで買っていきます。もうずいぶん寄席に行っていませんが。

>馬生師匠も聞いた噺の数は限られますけど、「笠碁」が好きなんですよ。

「笠碁」、いいですね!

ジェレミーの演技と私の文章、並べてくださってありがとうございます。私は絵や音楽も好きだけど、言葉も大好き。声、言葉、しぐさ、表情というものは日常的であるとともに、特別なものにもなり得て、とても幅が広いものですね。私の言葉はごくごく普通のものだけど、でも言葉で何かをあらわすことができるのは、なんて幸せなんだろうと思います。素直な言葉をひらいたこころで伝える、そういうことができる自分でありたいし、そういうことができる世の中であってほしい。乱暴な言葉がとびかうのはかなしいです。

ジェレミーは自分はbecomerだといつも言っているけれども、ジェレミーのホームズにはやはり、ジェレミー自身もあらわれていましたね。表現するというのは、そういうことなのでしょう。

そして私はひととしてのジェレミーのことを知る過程で、ジェレミーのこころと言葉にいつも魅了されています。

ところで、えへへ、私とさきささんと、同じくらいの世代かもしれませんね。

ありがとうございます!

詳しく市馬さん達の様子を教えてくださってどうもありがとうございます!
おかげでその場の様子を思い描いて楽しんでしまいましたよ。
そして、この話のことを考えていると、市馬さんの噺が聞き返したくなります。
もう少し市馬さんの噺を手に入れたいなあ。

RMさんは普通の言葉で、と言われるけど、私にはなかなか難しい。英語ができないのはよくわかっていたけど、日本語も怪しいみたい!と実感している私がRMさんと同世代?
うーん、でも、そうかもしれませんねえ。
ちょっと情けない気もするけれど、でもうれしい気もします。

ところで、RMさんは案外ご近所さんかもしれませんよ。
私が住んでいるところは本州ですが、近くの小高いところに上がれば、すぐそこには九州の山が見えていますから。
海峡を挟んだおとなりさん?

久しぶりに上京するかも

さきさん、楽しんでくださってありがとうございます!

>海峡を挟んだおとなりさん?

はい、そのようですね!ほんと、ご近所さんですね。

ところでここ数日でこころが動いて、久しぶりに上京するかも、という状況になってきました。まだ宿だけしかとっていないのですが。もしも上京することになったら、寄席にも行きたいなあ!

いいですね!

いいですね。
いいですね。
上京が実現するといいですね。
そして寄席へ行く時間がとれると、なおいいですね。

ついでのことに、その時の寄席の顔ぶれがRMさんのお好みにぴったりだと、さらにいいですね。
もっとも、寄席へ行くんだ、と考えるだけで楽しくなってきますよね。

rmさんの東京行きが実現したら楽しい滞在になりますように。
東北からお祈りしています。

今はちょっと用事があって、こちらに来ているのです。
吹雪いたかと思うと日が射してくる、今日はそんな一日らしいです。


さきさん

応援してくださって、ありがとうございます!

>ついでのことに、その時の寄席の顔ぶれがRMさんのお好みにぴったりだと、さらにいいですね。
>もっとも、寄席へ行くんだ、と考えるだけで楽しくなってきますよね。

そうですね、好きな噺家さんが出てるといいなあ!そして寄席のいいところは、券をあらかじめ買っておく必要もないし、お休みの日もないから、ふらっと飛び込めるところですよね。毎日毎日の芸。でもその芸は長い修行が培った芸なんですよね。

>東北からお祈りしています。

おお、そんな遠くからだったんですね。ありがとうございます!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://upwardjb.blog112.fc2.com/tb.php/648-64f71200

 RM

Author: RM
コメントは承認後に公開されます。古い記事へのコメントも大歓迎です。2010年8月7日に始めました。
私の記事へのリンクはどうぞご自由になさって下さい。
和訳には間違いがあるかもしれません。最近は必ず英語原文を併記・またはアドレスを書いて読めるようにしていますので、どうぞそちらも参考になさってください。

全ての記事を表示する

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

QR